スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「9条を語れ」 何のための、誰のための改憲か

大津留公彦さんのところで、You Tubeにアップされたクローズアップ現代「9条を語れ 平和は今」を見ました。

 見逃していたので、大津留さんに感謝! 

 それにしても経済活動を支えるために自衛隊を海外に派遣すべきだ、という経済同友会の高坂節三氏の言葉は衝撃的でした。

 自衛隊に守られながら商売をする。
 守られないとやっていけない商売って何だろう?

 エネルギー、繊維製品、鉄鉱石、紙パルプ、大豆、小麦等々、どれをとっても日本はもはや輸入なくしては経済がまわっていかない。邦人保護も必要だ、と高坂氏は言う。

 私たちの生活は海外からの輸入に頼っている。
 その輸入が滞りなく行われるのには、シーレーンを確保する自衛隊の力=兵器+兵士が必要だ、ということか。

 何から商売を守る必要があるのだろうか? 
 その商売は私たちの生活に、ほんとうに益をもたらすものなのか?
 いったい誰がそんな商売で儲かるのか?

 こんな疑問が頭の中をぐるぐる回ります。

 それにしても不思議なのは、自衛隊に守ってもらえば、場合によっては先制攻撃をすれば万事OK.と考えるところ。
 戦争に負けることは可能性として十分あると思いますし、勝利宣言してからもイラクで続く米軍犠牲者のことを考えると、とてもOK.と考えるわけにはいかない、とても商売どころではないと思うのですが。

 いや、確かに戦争そのものを商売にしている人たちはたくさんいました。

 民間軍事会社PMCが世界各地の戦争で、とりわけ今はイラク・アフガニスタンで莫大な利益を上げていることは、「新植民地主義と国家の民営化 ワーキングプアにもなれない人たち」や「奪われる背景」で述べてきました。

 すでに英国資本のPMC日本支社は昨年発足していますし、さしもの米軍も今ではPMCなしには戦争そのものが遂行できません。
 昨日9日はチェイニー副大統領がイラクを電撃訪問したと報じられましたが、こうした要人も、PMCの警護なしにはイラクに足を踏み入れることさえできなかったのではなかったかしら。

 で、こうしたPMCも、もちろん財界の知恵もの達は視野に入れているでしょうから、これと自衛隊はどういう関係になるのでしょうか。

 先例は米軍にありますから、十分そこから類推できるように思います。
 米軍とPMC、自衛隊とPMCのことを考えていくと、私たちの生活を守るため、つまり私たちの生活を維持するための輸入品を守る、というのはあくまでも表向きの大義で、本音は違うのではないかしら、という疑念が頭をもたげてくるのです。

 戦争によって成りたつ経済、戦争によって成長する経済、戦争によって儲かる経済、そんなアメリカン・スタイルが手本になっているとしたら、これはもう、究極の悪魔の選択でしょう。
  
 そんな悪魔の餌食になるのは、屈強な若者たち。
 
 戦争という名誉的なもので死にたい、という‘破滅的な願望’ を口にする31歳のフリーターもこの番組に登場していました。

 戦争でも起きないと、今の不安定な生活は変わらない、というこの男性は、コンビニのアルバイトで得る収入はひと月12万でした。もう10年間、その生活だといいます。
 軍隊ならば、給料は国が保証してくれる、とも言っていました。

 いろいろな意味で誇りを奪われて、どこかで自信を失い、それでも‘名誉的なもの’で死にたいと「名誉」を口にする若者を、私たちは笑うことはできません。

 30過ぎても、ほんとうに子どもというのは健気です。この若者も、10年のあいだ親元に錦を飾れないことで、さぞ唇を噛みしめる思いを味わったことでしょう。
 名誉なんかどうでもいい、君がいることそのものが私の名誉だ、と断言して受けとめる親がいれば、などと私はすぐ考えてしまうのですが。
 
 貧しさが誇りを奪うということもありそうな最近の日本社会。

 以前にも伝えましたが、私の父は徴兵制の甲種合格で正月明けに入営すると、翌月には2.26事件に遭遇するという経験をしました。
 
 その関係で父のような一兵卒について少しばかり調べたとき、兵士っちの出身家庭があまりにも貧しいのに驚いたものです。

 旧制中学を出た私の父など例外中の例外でした。
 ある部隊の兵士の身上書をみると、出身が「極貧」と記されている家庭の多いことに驚きましたが、それでさえ、実際よりもワンランク上で記録されているのだ、という話しでした。

 この「極貧」のイメージが私にはなかなか掴めませんでした。そこで年寄りに尋ねてやっと分かったのは、住まいでさえ、木造の家があればまだましだった、ということ。

 つまり、山に穴を掘って住まいとしていた人たちがいたというのです。
 もちろん病気になっても医者に見せる金はありませんから、診察を受けられるかどうかは、篤志家が身近にいるかどうかにかかっていたかもしれません。
 そんな生活の中で育って軍隊に行けば、当初は白いごはんも食べられて天国だったといえそうです。

 クローズアップ現代のレポートは、あまりに重い課題を私たちに突きつけてきました。

 ただ、経済同友会終身幹事の品川正治さんの存在に救われる思いをしました。

 20歳で中国に出征、戦後の引き上げ船の中で、戦争放棄を歌った憲法の草稿を初めて読んだというこの方は、9条を変えるな、変えることは日本企業の経済活動にプラスにならない。問題は経済の中で解決すべきであり、外交の中で解決すべきである、と言われています。

 この品川さんが、財界の良心としてさまざまな場で発言されていることを知ったのは結構最近です。

 さあ、少しずつでも、改憲に動こうとする力に抗していこう、と勇気づけられます。

 
↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

  人気blogランキングへ 

スポンサーサイト

アンちゃんって、ぼくのこと?

 日本会議に集結する宗教集団、統一協会、そして創価学会といった宗教勢力に日本の政治がじわじわと浸蝕されていくのを、怒ると共に驚愕して見ていますが、なるほどなあ、と思ったこと。

 日本の帝王は、アベ晋三氏でも小泉純一郎氏でもなく、創価学会名誉会長池田大作氏、その人らしい。

 アベ総理は自身の支持基盤である日本会議に集う宗教右派と、一応「平和を標榜しているらしい」創価学会との間の、今にも転げ落ちそうな細い細い通路を行き来しているようですね。

 中国温家宝首相が来日の時に池田氏に会ったことは記憶に新しく、この時池田氏は自らを「庶民の王者」と称したことが伝えられました。この「庶民の王者」発言も、ネット上では皮肉の効いた冷たい笑いをとっていましたが。

 さて、昨秋の首相選出直前に、アベ氏が自ら出向いて池田氏に会ったことは創価学会側からばらされています。

 『選択』の今月号にはその間の事情も触れられていて、それによると、この時の話の中身は池田氏自身が学会幹部3千人を前にして披露したらしいのです。

 八王子市の牧口記念会館で中国北京師範大名誉教授称号が池田氏に授与された式典が13年ぶりにマスコミに公開され、このとき「中国の環境問題は一段と深刻だ。日中両国が英知を結集し、本格的に取り組むべきだ。アンちゃんにも、そう言ってやった」と言い放ったとか。

「アンちゃん」はあんちゃんでも、隣のアンちゃんではなく、アベ晋三総理その人のこと……。

 池田氏の品のない物言いはこれまでも漏れ伝わってきていますが、はあ、仮に首相でなくとも大の大人、それを公的な場でアンちゃんと呼ぶのか、とその良識の無さと驕りに、しばし言葉を失います。

 母親でなくとも、シンゾー、しっかりなさい! といいたくなりますね。

 さて、そのアンちゃんソーリ憲法記念日の談話「新しい日本の姿の実現に向けて憲法について議論を深め」、「新しい時代を切り拓い」ていくという主張は、アルジャジーラでも「new Japan 」「new era」という語を使って、結構大きく扱われています。

・憲法を書き換える前にすでに拡大解釈によって軍隊の存在を許し、現在世界で6番目に高い防衛費を計上していること、
・自衛隊はイラクにも、またアフガニスタンにおける米軍の軍事行動を支援するためにインド洋で燃料補給活動もしていたこと、
・昨年防衛庁を防衛省に格上げしてこと

 等にも言及。
 最後は、

 多くの日本人は、1945年以来戦争もせず、経済発展に集中できたのは憲法9条のお陰であると考えている、という言葉で締めくくられていて、読みながら心の中で、そうだ、そうだ、と納得。

 が、それだけではありません。
 その前に、日本の近隣関係にもちゃんと触れています。
 
「憲法改革」に依然として残る障壁が、20世紀、日本の軍国主義下で苦しんだ中国と韓国である。戦時中の日本の行動に今だに苦い感情を抱く人も多い両国は、日本の軍隊が復活することをうかがわせるどんな動きにも疑いの目を向けるだろう、と。

 なるほど、カタールからも、ひいてはムスリムの世界からも、こう見られているのでしょう。

 それにしても「憲法改革
constitutional reform」という表現はうまいですね。
 リフォーム詐欺が日本で横行しているのを知っているのかしら?(笑) 
 
 中東歴訪でいろいろと援助の約束をしてきましたが、アベ・カラーを打ち出して支持基盤を固めようと、ひたすら戦前復帰路線を歩もうとする総理の
内向き論理・内弁慶ぶりは、世界から見透かされているのかもしれません。
 
 そして現実主義的な中国指導部が、日本との架け橋に以前から選んでいたのが、アンちゃん総理まで動かしてしまう池田氏……。

「平和の党」を掲げる公明党、そして創価学会というより池田大作氏の目指す平和とは、パックス・アメリカーナならぬパックス・ソーカーナ、創価学会による平和ではないかしら、と考えたりします。

 

↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

  人気blogランキングへ 


政治の基本、憲法の基本を忘れない


 このところずっと生臭いお金に絡む政治の話しをいやというほど聞かされて少々くたびれましたね。もっとも今回の自民党や民主党の事務所費問題に始まった話しではありませんが。

 政治資金については選挙資金の問題も含めてこれまでいろいろ《改革》がこころみられてきましたが、抜け穴だらけのいたちごっこで、さっぱり効果が表れません。浄化されるどころか、カルト臭までしてきているのが私たちの国の政治。
 松岡大臣の500万の浄水器でもこのカルト臭を除くことはできないでしょうね。
 
 とにかく政治には汚いお金がつきものというのが私たち日本人の常識のようになってしまっているのもおかしな話しです。
 金と権力が集まるところに嗅覚鋭い人間がひきつけられていっているのが現状でしょう。お金を持っている政治家、権力をふるう政治家こそ、そんな嗅覚を人並みはずれて持っているのかもしれません。

 そうした政治と政治家に怒りながらも、かえってそのために、腐敗臭ぷんぷんの政治の世界を嫌って自分の視界から排除している人が多いのではないでしょうか。政治にはそっぽをむいて自分の生活・自分の世界に没頭する。政治なんか好きなやつが勝手にしていればいい、とうそぶきながら。
 私の周りでは政治と宗教の話しはよほど気心が知れないとできませんね。そんな話しは、まず嫌がられます。考えてみれば、政治の営みがきちんとなされて、やっと私たちも安心して暮らしていけるというのに。

 戦争に負けて焦土と化した都市や町を目の前にして私たちの先祖は、きっと今度こそ! という思いで民主的な国家を作ろうと意気込んだに違いない、と想像しています。
 そうした中で、たとえば民主主義を担う一人ひとりの人間をどのように育てていくか、きっと悩んだ人も少なくなかっただろう、と想像しています。

 でもこの寒々とした社会の現状に目を向けると、何がいけなかったのだろうか、何が足りなかったのだろうか、と考えざるをえません。《国民主権》という考えを、私たちはどれだけ噛みしめてきただろうか、と。

 luxemburgさん憲法制定権力と憲法改正権力のことを分かりやすく説明してくれています。そこで百地章さんたちが主張する改正憲法はまさしく壊憲にあたるもので、けっして憲法改正権力に値するものではないことがわかりました。

 焦土の中で国土再建と民主的な国家の樹立を誓って立ち上がったときの気概と同じくらいの決意を持って改正にあたろうとしているのか、私たちがもっと安寧に暮らしていけるように、主権者たる国民
の一人ひとりを大切にできるような社会をつくるために改正をしようとしているのか、その問にアベ首相以下の方々は答えて欲しいですね。

 どうせ国外の情勢がそれを許さないようなことをくだくだといいつのるでしょうが、せめて私たち国民がそうした視点をぶれずに持っていたい。
 

  ↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

ランキング
人気blogランキングへ

 たまには自然に接して、すがすがしい空気を吸いたいですね。田舎をめぐってきました。

 でも、そんなところでもなまぐさい話しとは縁が切れないようです。

 大きな縦長の2m以上はあろうかという石に彫られた碑を見つけました。
 ところどころ摩耗した碑文の辛うじて読み取れた文字から、大正5年に建てられたものであることが分かりました。なんでもその里出身の台湾で巡査をしていた25歳のわかものが「中蕃人ノ狙撃ヲ受ケ即死ス」ということでした。

 意気揚々と植民地台湾に赴いて職務に励んでいた青年が現地の人に命を狙われた。殉職を悼んで家族か村人が建立したと思われる、台座を含めてゆうに3mはあろうかという立派な碑。その裏には1895年の下関条約以降敗戦まで日本の植民地になっていた台湾のどんな歴史が潜んでいるのか、気になりました。








Cool Slideshows

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。