スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とくらさん、ごくろうさまでした

残念でした。。

 全国的に民主旋風がかけ抜ける中で、なんだか山口県だけは無風状態。。

 昨年から、いえ、もっと前、参院選の前から懸命に走り抜いてきたとくらさん、ほんとうによく頑張ってきたけれど、力及びませんでしたね。

 おつかれさまでした。

 ちょっとこのあたりでひと休みしてください。

 投票日間近、選挙事務所から下関駅までを歩いて行くと、何カ所か目にしたアベ氏のポスターに対してとくらさんのポスターはたった一カ所。さすがの私も、少々愕然としてしまいました。

 まあ、野に下るアベ氏はこれまでのようにはできません。それを何期か続けないと、この保守地盤の山口は変わらないのかもしれません。

 それにしても、選挙後の情勢は、この山口だけが浮いているというか、沈んでいるというか。。

 
 そのほかの選挙区を見ると、保坂さんが惜敗率79.1%で落ちているのですね。とても残念です。

 嫌な自民党の面々が比例復活で当選しているのもうんざりです。
 目の据わったような稲田朋美氏がまた議員をするというのもうんざり。 

 でも、ひとまずは政権交代が実現できますね。


       人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

有権者の声もいろいろですね

街を歩いていると、いつも選挙準備期間に入ると公明党党首のポスターを掲げるお宅の玄関に、吸い込まれるように初老の女性たちが何人も入っていきました。
 フレンド票を求めて選挙活動中でしょうが、くたびれてひと休みかな、それとも作戦の立て直しかな? なんて、つい考えてしまいます。

 で、さる店舗に入ると、

 私など、民主党の話を聞けば、そうだな、って思うし、自民党の話を聞けば、なるほど、って思うンですよ、と若い店員が70前後の女性客に言ってました。

 思わず聞き耳を立てていると、話題は鳩山兄弟に。

 そりゃあ、弟の方が頭良い。お兄さんの方は嫉妬してるのよ、と年配女性客。

 へえ、弟の方が頭がいいんですか? と店員。

 そりゃあそうよ、お兄さんは嫉妬してるだけよと、いかにも知ってるような口調で断定。

 そこのおば様、何でそんなに簡単に言えるの? と聞いてみたい気がしましたが、自民党支持者のイメージ作戦でしょうか?

 一方下関では、とくらさんを激励してくれるおばあさんが何人もいました。
 体に気をつけてくださいね、という優しい語り口に、ほろっとします。
 正直言って高齢者の支持がそれほど多いとは思ってませんでしたので、以外でした。今、年配の方も、安心して暮らすことに不安を覚えているのかもしれませんね。

 下関在住の友人は、私の周りでもね、とくらさんていい人だよ、って言う人が多いよ。投票日? もちろん!分かってるよ! と。

 これを聞いて、うんうん、とくらさんはおばあさんにも若い人にも好かれるよね、と悦にいる私。

 かと思えば、

(とくらは)憲法改正反対だろ!? 
 自衛隊は軍隊にしなければいけないんだよ、(今のままでは)中国と朝鮮にやられるだけだ、改正に反対するやつには入れん! と、さも憎々しげに言い放つ男性もいたり。声からすると、5、60代かな。

 こうした人は、アベ氏の言辞に共鳴するんでしょうね。

「通常、民衆は戦争を望まないが、人々を指導者の言いなりにするのは簡単です。国が攻撃にさらされてると国民を煽りなさい。平和主義者のことを、国に危機をもたらし、愛国心がないと公然と非難しなさい。どの国でも同じように効果があります」
 という言葉が評判になっているそうですが。

 同じぐらいの年代の男性でも、今まで自民に入れていたけれど、今度は違う! と明るく話す人もいますが。

 いろいろですね。

 
       人気blogランキングへ  

候補者たちのおすすめ本

 選挙1

             ↑ 今日の某紙朝刊には、候補者たちの紹介が。

 
 幸福実現党のふたりの女性候補者の「おすすめの一冊」が『幸福実現党宣言』『太陽の法』(両方とも大川法氏の著作)には、やっぱり引いてしまいますが、けっこう驚いたのが、現日本国首相アソウ氏の「無回答」。

 愛読する本はその人となりを表すのか、みなさん、それぞれ、それらしき書名をあげておすすめの理由も回答しているわけですが、「無回答」とは、"なんともはや"です。

 たしか都心の書店で記者たちを引き連れてかなりの数の書物を買いあさり、勢い余って前回の買い物と同じものまで購入していた、なんてこともありましたけど。

 まあ、「読書」じゃなくて「積ん読」だ、とか、「催眠効果」とか、書物には実にいろいろな効能があることが指摘されていますが、アソウ氏ご自慢のおじいさまの政治を考察した「戦後政治体制の起源 吉田茂の『官邸主導』」など、どう読まれたのでしょうか?

   
     人気blogランキングへ

公示日

所用で名古屋に行っておりました。

 不況と聞いておりましたが名古屋駅周辺の雑踏のすさまじさには呆れ、名物ひつまぶしを食べに行くのも、喫茶店のモーニングサービスを食べに行くのも行列をするのにびっくり。

 そのモーニングサービスでは、赤ちゃん連れ、ジョギング帰りらしき首にタオルをかけたおじさん、背中を丸めたおばあさんと、老若男女がぞろぞろお店に入り、また出てくるのに、妙な感心をしました。

 名古屋の外食文化に万歳。。


 これからとくらさんの手伝いに行ってきます。


     人気blogランキングへ

山口から新しい風を!

「森田健作当選のシコリで『自民』『公明』空中分解」、そして「公明は一転 民主に接近していく」とゲンダイネットが伝えています。

 なんでも、千葉県知事選で自公が担いだ白石氏を支えたのは公明党だけで、自民党議員たちは、結局、森田氏応援に回ったうえ、麻生首相が当選後の森田氏を歓待したため、公明党が怒って、千葉市長選では動かなかったそうです。

 そして「麻生自民の大劣勢で、都議選も総選挙も『連立与党維持』は絶望的」で、「与党でいなければならない体質が染みついた公明が、今の危機的状況を黙って見ているはずがない」とゲンダイネットでは断言されてます。

 で、これとは別に、アソウ太郎氏らが有権者に隠しておきたいことを、公明党関係者が創価学会員を前に講釈しているのではないか、と疑われるようなことがありました。

 東京から同党関係者が地方に出向き、それを明かしたらアソウ太郎首相のそもそもの立ち位置が矛盾だらけであることを、お年寄りにも分かりやすく説いているのかもしれません。
 今度の総選挙では、自民党候補は学会員の票を当てにはできないでしょう。多分。

 民主に接近していくのも、有権者/納税者にしてみたら迷惑な話。
 先ずはF票を投じていた方々に、連立与党の悪政を思い出していただきたいものです。   

 
 さて、とくらさんのシンボルマークをあしらったうちわ ↓

      スマイルうちわ表    
     
  持ち手部分を除くと長さ15cmほどのかわいいうちわです。
  ちなみに裏は↓ 

   スマイルうちわ裏

 まだまだ安倍さんの地盤は強固ですが、首相就任時にかけた期待を裏切られた有権者の心が晋三氏から離れているのも、また事実。

 土日の休みもなく、とくらさんは走り回ってます。
 この春、下関市長も変わりましたし、山口から新しい風が吹くと、ほんとにいいですね。

 そうそう、市長選から選挙に興味を持ったと、中学生がとくらさんの選挙事務所を訪問してくれました。頼もしい中学生ですね。そんな話は、聞くだけでもうれしくなります。

 みなさんも下関にお越しの折は、ぜひ、とくらさんの事務所にお立ち寄りくださいね。

 absentiaさんに教えていただきましたが、こちらの英文サイトでは「『衆議院において政治改革,世代交代の双方を実現してくれるのではとの期待を抱かせる』候補者として,栃木1区の石森久嗣氏と共に山口4区のとくらさん」が紹介されています。

 absentiaさんの訳で、どうぞ。 

 3人の子供を持つ精力的な母親,戸倉多香子は安倍晋三元首相に挑戦している。山口4区は自民党にとって真に最後の砦のひとつだ。

 戸倉は,夫が周南市で中小企業を経営するのを手伝っていた。周南市は東京の約450マイル西方に位置する工業都市である。彼女の政治への関心は,地元住民のチームを率いて地域再生を計画したときに始まった。

 戸倉は私に,多くの契約者が日本の急激な景気悪化に屈する様を見てきたこと,一方でますます多くの地元住民が商売のシャッターをおろさざるを得なく なっていることを話してくれた。彼女によれば,安倍は世襲議員として目につく好例であり(父の晋太郎は外相,祖父の岸信介は首相だった),大部分の時間を 東京で過ごしており,地域の苦闘とは無縁のところにいるという。

「ここでは多くの方々が,収入内で暮らしていくことに困難を感じていらっしゃいます。 [先週承認された] 補正予算は,富裕層のためのものでしかありません」初挑戦の民主党候補は私にそう語った。「教育と社会保障サービスに投資する必要があります」

 日本の多くがそうであるように,山口には縁故びいきが蔓延している,地元住民は私が訪問した際にそう話していた。うまくやっていくためには,安倍そ の他の政治指導者たちにつながる一派におもねることが必要なのだ。しかし戸倉によれば,安倍家の裏庭でさえ,変革を欲するという人々は増える一方であると いう。

 

 ***absentiaさん、ありがとうございました***

 

     人気blogランキングへ

とくら事務所

申し訳ございません。

 カメラを持たずにケータイで撮った写真がどうも気にくわず、いったん記事はおろしました。

      m(_ _)m

とくらさんの「blogosphere で 奇跡をおこして」に応えて+もやいの緊急カンパへのお願い+自見さんの“激しい”演説

とくらさんの山口4区での衆院選立候補が内定しましたね。

 3年前の11月、同じ年の9月11日の選挙結果に衝撃を受け、2か月間の逡巡の末、ブログを始めた私。

 あれからいろいろな出会いがありました。
 とくらさんの真っ直ぐなお人柄に惚れ込んで応援するようになったのも、そうした出会いのひとつ。

 真っ直ぐだけれどけっして硬直はしていない、暖かくて元気な人。
 “改革”という美名の下で、私たちの国と社会がズタズタにされたことを怒っています。
 
 山口4区といえば下関市と長門市。
 あのアベ晋三氏の地元です。

 2000年の火焔瓶事件に限らず、その後も下関市長選での暗闘が囁かれる安倍事務所。

 よく決断された、と頭が下がります。
 とくらさんのひたむきさと真摯な姿勢に共鳴してくれる人は多いはず。

 そんな戸倉多香子さんを、精一杯応援します!!


     人気blogランキングへ  

 
*ホームレス状況にある人の自立を支援するもやいが、今、緊急カンパの協力を求めています。
 苦しい中では、互いに助け合うのが私たちのできることだろう、とよく思います。

 詳しいことはこちらをご覧下さい。

 臨時特別カンパは1口50000円(何口でも)、サポーター会員の年会費は1口5000円(何口でも)。
 
 でも、その他、一般の(金額自由)の寄付も歓迎、ということです。

 カンパ振込先 ↓ 

 ゆうちょ銀行振替口座 No.00160-7-37247
 口座名「自立生活サポートセンター・もやい」

 三菱東京UFJ銀行 新宿通支店 普通 3149899 
 口座名「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい 理事長稲葉剛」
(トクテイヒエイリカツドウホウジン ジリツセイカツサポートセンターモヤイ リジチョウイナバツヨシ)

三菱東京UFJ銀行の口座へのお振込みをされる場合は、連絡先の御住所と御氏名、金額の内訳をメールにて送信の上、上記口座に入金をお願い致します。


*参院本会議の最中、与謝野経済財政担当相と中川財務相が携帯でワンセグを見ていた話し。

 このふたりに「あまりに激しい」と敬遠(?)された自見氏の演説の前半部分、郵政民営化についての発言・質疑の内容は、拙ブログ「郵政民営化についての自見庄三郎氏の質問とアソウ総理・中川大臣の答弁+保守化運動など」に書いてます。興味のある方はご覧下さい。

おめでとう 山口

久しぶりに、門司に行ってきました。

門司 002   めかり公園から門司港を望む

                   門司 007  関門橋。対岸は下関

      合戦  壇ノ浦での源平合戦の壁画
                       左隅には安徳天皇、建礼門院、二位の尼たちの乗る御座船。
                       八艘跳びをする義経も。

     下関を望む 海峡の向こうにかすむ下関。
                     中央左寄りのオレンジ色の2層の屋根は、フク料理(福をかけて、下関ではフグと濁らずにフクと呼ぶそうです)で有名な春帆楼。

 そもそもが伊藤博文のお気に入りのフク料理屋。
 日清戦争の講和条約はこの春帆楼で結ばれました。この時の調度品等は玄関前の日清講和条約記念館に納められています。
 すぐ隣は、先帝祭で有名な赤間神宮。壇ノ浦で入水するところを助けられた平家の女官たちが、安徳天皇の命日にお参りしたと言われています。
    平家物語
  
 ↑ 平家物語の一節。

 
 この下関の山を越えたはるか向うでは今日は衆院補選の投票日でしたね。

 平岡さん、平岡さんを応援された方々、おめでとうございます。

 とくらさんも、きっとご自分のことのように力を尽くされたと思います。
 お疲れ様。
 勝利の美酒を味わって、今日はバタンキューかな?


      人気blogランキングへ

空気を読むに敏な人

「冗談」みたいな選挙が、「悪い冗談」みたいな結果になってしまいましたね。

 ああ、選挙は人気投票か、とため息をつきながら、とにもかくにも「変化」を望んだ府民が多かったのだろう、と思いました。

 何かやってくれそうな期待感がそれを後押ししたのかな、とはたから見て感じていますが、どうなんでしょう。

 空気を見るに敏な人。
 自分が何を求められているか掴み、その役柄にうまく乗ってこられたからこそ、タレントとして成功したのでしょう。
 
 立候補を決めてさっそくチャパツを黒髪に直し、濃紺スーツに着替えるなど世間の空気をキャッチする現実感覚を持っている人ですから、府知事の“役割”をどうこなすか、橋下氏に票を投じた人も投じなかった人も、当然しっかり見ていく必要がありますね。

 この人の当確が出たとき、少々白けた気分で見たフーテンの寅さん。
 画面に漂う“情”の濃さを眺めながら、こうした人の心に分け入っていくと支持が得られるのだろうか、という疑問が頭をよぎりました。
 でも、これって、70年代だものね、当時は庶民が今よりずっと元気だったし、街も猥雑だったし。何より、エネルギーに満ちていたものね……等々ひとりごと。

 エネルギーに引き寄せられた、磁力に引き寄せられた、そんな場面を昨日の大阪に描いてみましたが、どうなんでしょう。

 分別くさいことは要らない! 元気であればいい! なんて声が聞こえてきたような気がします。

「まちづくり」といえば、街に活気を呼び戻そう、街を元気にしよう、というかけ声が聞こえてきます。
 街の元気も人の元気も奪っておいて、その上で、エネルギーに餓えた人びとに幻想を振る舞う……そんな高度な作戦が実行中なんて考えたくありませんが。

 元気なだけで、威勢だけでものごとが進んでいくならば、知恵も良心もいりません。
 でも、威勢の良さに乗って、ジャンプすることを選択したんでしょうね。 

 不安と心配を振り切って、やらせてみようと知事を選んだ府民のみなさんが、その声をしっかりと行政に届け、その目で行政の言うことすることを一つ一つ見ていきますよう、という願いが空しくなりませんように!

 行き着くところまで行くだけかな? と、ちらっと不安が頭をかすめますが。

  人気blogランキングへ

 JAXVNさん、bronksさん、拍手コメントをありがとうございました。
 JAXVNさん、そのまんま氏の当選も、この人の当選も、“仕掛け”になりましたね。
 bronksさん、「信」という言葉も、橋下氏にあっては羽根のように軽いですね。

冗談みたいな選挙

大阪府知事選がもう明日に迫っています。
 事実上、橋下・熊谷ふたりの争い、というところですね。

 ここに来て、いわゆる有名人が応援に駆けつけているらしいのですが、今日26日は宮崎の東国原知事が援軍に入っていることでしょう。かねてから噂のあった丸山和也氏も個人演説会で登場したそうですね。

 東国原知事は、改革派知事が結集した政策集団の広告塔という大きな役目を背負ったばかりですが、ここにきて底が知れたのではないでしょうか。
 もともと感性の面で橋下氏に近いものを感じていました。先入観で見てはいけない、と思っていますが、東国原氏については予想通りです。昨年の徴兵制発言に、彼のスタンスがよく表れていました。

 就任から1年ということですが、これからますます知事の行動が有権者の願いからずれてくる場面が生じてくるのではないでしょうか。広告担当でいる限りはうまくいくのでしょうが。

 熊谷氏の応援は誰かと思ったら、ちょっと驚きました。
 藤田まことさんと西郷輝彦さんだったというのですから。

 藤田まことさんといえば必殺仕置き人、ということらしいのですが、長じてテレビをすっかり見なくなってしまった私は1度もその番組を見たことがないので、なんといっても中学生時分に見た「てなもんや三度笠」です。
 
 この藤田まことさんの言葉、「幼稚園から急に大学に入ったら困る。物には順序がある。もっと勉強して知事選に出なあかん」とは、言い得て妙。

「懲りてるんですわ。ノックさんで。タレントさんを知事にするのはやめましょ。若い彼が知事になって何か起きた時に責任とれますか」
 
 とも言われたようですね。

 西郷輝彦さんの言葉は、「冗談みたいな選挙やってるな」でした。

 若さ以外に光るものがあって若さが力を発揮します。ましてや知事です。若さとタレント性だけでこなせる職務ではないでしょう。

「チャパツのフーウン児」という役割をテレビ局から与えられて、期待に沿う以上に世間の耳目を惹く言動をし、それで名を売ったわけでしょう?
 テレビの世界でフーウン児を演じたけれど、“うつけ”を演じただけで“風雲児”ではない。
 本人もそのあたりを承知していたのかもしれませんが、演じているうちに分からなくなったとか?

 ノックさんに懲りた府民の方々が、また同じ轍を踏みませんように!

  人気blogランキングへ

 愚樵さん、kimera25さん、拍手コメントをありがとうございました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。