スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民党の「協力政党」などと言われてはいけない

昨日の夕食時、聞き覚えのある言い草にテレビを見ると、コイズミ氏の姿が。

 1年で老けたものですね。
 不等辺の六角形の顔はますます尖り、目はいよいよ細く、全体としては輝きを失っていました。
 が、舌は滑らかさを増し、“老獪”政治屋の面目躍如。
 NHKがこの時間にこんな放送を流すのには、どんな意図があるのかな? と、つい勘ぐりたくなります。

「民主党の小沢代表や鳩山幹事長らは、かつて自民党に所属してい た。民主党は、自民党と似たような政策でありながら、野党だからという理由で反対しているものもある」
 
「民主党は選挙では対立政党であっ ても、政策論争では協力政党」

「人生には、上り坂も下り坂もあるが、もう1つあるのは『ま さか』という坂だ。安倍前総理大臣が、『まさか』あのような形で退陣するとは思わなかった」。

 と、言いたい放題です。

 アベ退陣をまさかと思ったと、まるで他人事のように責任を放棄していますが、他でもない、あなた自身が強力に推したればこそ総理の位に就けた人ですよ、とひと言も二言も言いたい気分。

 で、民主党は、こんな風に言われて、どう対応するのでしょう。

 この老怪コイズミ氏の誘いの口車に乗れば、次の総選挙で民主党は苦戦を強いられるに違いありません。
 
 戦後60余年の間、事実上自民党の独裁政治でした。そこから生まれた政・官・財のトライアングル
 バブル期までの「政」と「官」を左右の頂点とした逆三角形に「財」がぶら下がる形が、コイズミ以降は「政」と「財」の二つが左右の頂点となって、「官」がぶら下がる逆三角形になっているといいます。

 各種諮問会議等に財界人の進出が著しかったですからね。

 経済同友会終身幹事の品川正治さんは、「叙勲制度をはじめ、財界にある種の『貸し』をつくって彼等をうまく操ろうとするための“仕掛け”がいっぱいあります」という政治との「距離の取り方がわからなくなっている」財界を嘆いておられます。

 そして距離の取り方がわからなさすぎた御手洗経団連会長の国会喚問はいよいよ具体化して、民主党はこの1日、衆参予算委員会で追及する方針を固めたと日刊ゲンダイが報じています。

「御手洗氏は、キヤノンの会長にとどまらず、政府の経済政策ブレーン「経済財政諮問会議」のメンバーとして、経団連をバックに大企業優遇の新自由主義経済路線を推進してきた中心的人物」 

「民主党は『偽装請負』を格差社会の根本にある元凶ととらえ、厳しい追及が必要と判断し、福田政権の格差問題に対する姿勢についても徹底的に揺さぶりをかける構えだ」

 とか。

 しっかりやってくださいよ、民主党。

 二度と、コイズミ円天もどき氏に「協力政党だ」等と言われないように。

( ↑  toxandoriaさんが、6年間のコイズミ・アベ政権とそれをはやし立てたメディアを、<円天なる詐欺師集団>に喩えています)。

 そういえば、自民党25億、民主党1億という昨年の献金実績を持つ経団連が、参院選の民主党勝利で今後これをどう配分するか、むずかしい判断を迫られているらしい。
 
  経団連と腹のさぐり合いをしながら、有権者の顔色をうかがう? 
 こそこそとうかがってばかりいれば、有権者は愛想を尽かしますよ。経団連の協力政党だ、等とも言われないように。

 
人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。
    よろしければ、クリックをお願いいたします。m(_ _)m
スポンサーサイト

民主党前原グループを採点してみると

議員のプロフィールを調べていると、いろいろ興味深いことが出てきました。その中のひとつ、前原グループの総帥前原誠司氏のところで見つけた言葉。
「凌雲会」「国防省設置を早期に実現する議員連盟」「日本会議国会議員懇談会」。

 いずれも前原氏の所属グループですが、世にいう前原・枝野グループとは、この「凌雲会」のことを指したものです。

 凌雲会

 後見人的存在の仙石由人の他、若手30名よりなるといわれ、以下の方々がメンバーと見られていますが、私が確認できていない人も含まれています。
 前原誠司、野田佳彦、枝野幸男、津村啓介、小宮山洋子、安住淳 、玄葉光一郎、細野豪志、渡辺周、古川元久、近藤昭一、泉健太、山井和則、馬淵澄夫、北神圭朗、松本剛明、小川淳也、高井美穂、奥村展三、田島一成(以上衆議院)、
 福山哲郎・松井孝治(参議院)

「偽黄門をそそのかした民主党の妖怪」「その筋が仕事の背景を調べていて、官邸がその情報を握っている」と平野貞夫さんに言われた「阿波狸」とは、この仙石由人のことと思われます。
 枝野氏と前原氏は、日本新党・新党さきがけ以来の同士。
 前原誠司、野田佳彦、玄葉光一郎、福山哲郎、山井和則は、松下政経塾出身仲間。
 
 耐震偽装事件を取り上げた馬淵澄夫氏がこのグループだったとは意外ですが、2005年総選挙後の民主党代表選挙では前原氏の推薦人を務めています。
 前原氏の推薦人は他には
安住淳、泉健太、小宮山洋子、近藤洋介、武正公一、長島昭久、中川正春、野田佳彦、伴野豊、藤村修、古川元久、松本剛明、渡辺周(以上衆議院)、榛葉賀津也、鈴木寛、広中和歌子、松井孝治、蓮舫、若林秀樹(以上参議院)の方々がいます。

 細野氏は、前原氏とは学生時代からのつき合いのようです。 
 奥村展三氏は前原氏と旧さきがけ仲間。

 小宮山洋子氏は決して若くはありませんが、凌雲会の勉強会に参加しています。憲法9条については戦力の不保持を定めた第2項は改めるべきだという考えを持っているようです。

 山井和則氏については、 山口二郎氏が、「松下政経塾出身の政治アニマルとは異なる。もちろん、松下政経塾出身者の中にも、福山哲郎山井和則のようなまともな政治家もいる」と言っています。
 ただし山井氏の2006年毎日新聞アンケートの回答を見ると、問2の1931年の満州事変以降の対中戦争ついて「侵略行為が行われた」と思うかどうかについて、「どちらともいえない」と答えているところが気になります。

 なお近藤昭一、田島一成、山井和則の3氏は「リベラルの会」のメンバーです。

 どうもこの前原グループといわれている凌雲会の性格がちょっと掴みきれません。

 そこで次の表を見て頂きたい。

 
11
12
13
14
15
17
18
19
 
不 
_
_
_
他 
や 
○ 
_
_
_
なし
×
×
×
×
×
×
_
×
×
×
×
×
_
 
*左端は議員名の略。それぞれ、小宮山洋子、細野豪志、渡辺周、近藤昭一、松本剛明、奥村展三、北神圭朗、前原誠司、泉健太、山井和則、田島一成、馬淵澄夫、津村啓介、小川淳也、高井美穂の方々。
 
*2006年毎日新聞アンケートを私が整理した質問番号。
1:1941年の対米開戦について。「無謀」「やむおえない選択」のどちらか。
2:1931年からの対中戦争で、「侵略行為が行われた」と思うかどうか。「○思う」「△どちらともいえない」。
3:第2次世界大戦についての日本政府の謝罪・反省は十分だったかどうか。
4:1951年の極東軍事裁判について。「不当」「正当」のどちらか。
5:軽武装・経済重視の日本の戦後の60年について。「評価する」「評価しない」
6:軽武装・経済重視路線のこれからについて。「○今後の維持していくべきだ」「×再考し、変えるべきだ」のどちらか。
11:憲法9条について。1は「1項、2項とも変えるべきではない」。3は「戦力の不保持を定めた2項だけを改めるべきだ」。5は「その他」
12:集団的自衛権の容認について。「○認めるべきだ」「×現行通り禁じるべきだ」のどちらか。
13:日本の核武装について。1は「将来にわたって検討すべきではない」。2は「国際情勢によっては検討すべきだ」。
14・15は対アジア外交について。今回の分析に、この回答は使用しませんでした。
17:首相の靖国参拝について。「反対」「賛成」のどちらか。
18:A級戦犯分祀について。「反対」「賛成」のどちらか。
19:無宗教の新たな施設建設について。「反対」「賛成」のどちらか。
 
以上の質問から各回答をリベラル色が強いか弱いかで分け、強い方に1点と加算していき、問1、2については、それぞれ、「やむおえない」「△ どちらともいえない」で答えた場合は1点を引きます(赤字の場合が1点になります。青字が-1点)。
採点ルールをそのように決めた上で議員ごとに採点してみました。
 
小宮山洋子、細野豪志、渡辺周、近藤昭一11、奥村展三11、北神圭朗、前原誠司、泉健太、山井和則、田島一成、馬淵澄夫、津村啓介、小川淳也11、高井美穂、という結果が出ました。
 もちろん、採点基準が変われば得点は変わりますが、今回は私の独断と偏見でしてみました。それでもかなり見えてきたことがあります。
意外や意外、耐震偽装事件追及の頃の好感度抜群だった馬淵氏が北神圭朗氏と並んで最低得点獲得。
ソフトムードの小宮山さんが思ったほど点が伸びず、近藤昭一、奥村展三、小川淳也の3氏が最高得点をマーク。
 みなさんそれぞれの採点では、どのような結果が出るでしょうか?
 
     ↓ ランキングに参加しております。よろしかったら、クリックをお願い致します。
ランキング
人気blogランキングへ

民主党衆議院議員たち――アンケートの回答から

昨年6月に毎日新聞が議員たちに行ったアンケートの結果を先月飯大蔵さんからいただきました。飯大蔵さん、ありがとうございました。m(_ _)m

 民主党衆議院113名分のうち回収されたものは81名分(副議長の横路氏を含む)ですが、そのうちには4名は無回答。2名は1問のみ回答して残りは無回答。
 
 第1問:1941年の対米開戦について、無謀な選択だったの回答は65名、やむおえない選択だったは名でした。あの馬淵議員がやむおえない選択だったと答えていたのが目を引きました。

 第2問:1931年の満州事変以降の対中戦争に対して、大半が「侵略行為が行われたと思う」と回答していたのに対し、(侵略行為が行われたとも行われなかったとも)「どちらともいえない」の回答が10名ほどいました。

 第3問:第2次大戦をめぐる日本政府の謝罪、反省について、「十分だった」とするのが36名。不十分32名。そして中には篠原孝渡辺周山田正彦氏のように「謝罪、反省は必要ない」と答える議員も。篠原孝氏、元農水省官僚58歳。私と同じ団塊の世代。渡辺周氏、元読売新聞記者45歳の2世議員。山田正彦氏、弁護士65歳。
 やはり第2次世界大戦をめぐる謝罪・反省は、戦後早い時期に、しっかりとしておかねばならなかった、と思います。

 第11問:憲法9条第1項の「戦争放棄」、第2項「戦力の不保持」について、「1項、2項とも改めるべきでない」が15名、「第2項だけを改めるべきだ」が一番多くて28名、「1項、2項とも改めるべきだ」が石関貴史鷲尾英一郎伴野豊名。石関貴史氏元郵政官僚36歳。鷲尾英一郎公認会3計士30歳。ふたりとも若いですね。そして伴野豊元JR東海社員46歳。
 蛇足ですが、戦後の日本社会が失ったもののエントリーで私が問題にした「地域のきずな」「他人への思いやり」「家族のきずな」の3点を揃ってあげていたのはこの伴野豊氏だけでした(笑)。

 第12問:「集団的自衛権行使」について、「認めるべきだ」としたのが24名、「「現行通り禁じるべきだ」としたのが39名。回答を得られた中では、現行通り禁じるべきだの方が多いですね。

 第13問:日本の核武装について、「将来にわたって検討すべきではない」とする人が64名、「国際情勢によっては検討すべきだ」とする人が名。

 日本のアジア外交に関しては「対米関係を基軸にしつつ、アジア外交をもっと重視すべきだ」とした議員が圧倒的に多いのですが、その中でも「最優先で取り組むべきだ」とする人と「必要性はあるが、最優先課題ではない」の2つの意見に分かれます。
 前者は48名。後者は19名。回答のあったうち7割強は対米関係を基軸にしつつ、アジア外交をもっと重視すべきだ」とした上で「最優先で取り組むべきだ」としているわけです。

 そして最後、靖国神社に関して。首相の参拝に反対する議員は61名。賛成は10名。
 反対する議員のほとんどは、A級戦犯分祀・無宗教の新たな国立施設設立に賛成していますが、伴野豊氏のように、
A級戦犯分祀に賛成、新たな施設には反対している人もいます。またその他と答えている人も何名かいます。なにか別な知恵があるのかも知れません。

「みんなで
靖国神社に参拝する国会議員の会」に所属している原口一博氏はもちろん首相の参拝に賛成していますが、同時にA級戦犯分祀・新たな施設にも賛成。渡辺周氏も同じ。

 沖縄知事選後の発言が問題になった長島昭久氏は首相参拝・A級戦犯分祀に賛成して新たな施設に反対。鷲尾英一郎神風英男氏も似たようなもの。分祀をして外交問題としてのヤスクニを解決しろ、ということですね。

 吉田泉石関貴史氏が首相参拝に賛成して分祀にも新たな施設にも反対しています。あくまでも靖国を貫け、という一番強硬派ですね。吉田氏は元会社員・福島県いわき市議の57歳。
 松木謙公氏は首相参拝に賛成して分祀・新たな施設については無回答。
 岡本充功氏は首相参拝に賛成して分祀についてはその他(どういう選択肢があるのかしら?)で新たな施設に賛成。新たな施設を造って外交問題としてのヤスクニを解決しろ、ということでしょうか。これと似たのが北神圭朗氏。分祀には反対だが、新たな施設を造れ、という方。

 憲法9条についてもヤスクニ問題についてもなかなか強硬な考えを持っていそうな石関氏、そして鷲尾氏。ふたりとも我が家の子供たちとちょうど同じ歳。私たち親は子ども達に何を伝えてきただろうか、とふと考えて、
なんだか胸がちょっと痛くなります。

 私たちの世代は、戦争に行った父親の背中を見て育ってきました。何も言われなくとも、戦争でどんなことがあったか、どんなことをしてきたか、少しは分かりました。でも、孫たちの世代には、黙っていては伝わらなかったでしょう。

 (もっとも、57歳の吉田氏は、対中戦争について、侵略行為が行われたとも行われなかったともいえない、という答えを出しているところを見ると、石関氏よりもさらに強硬。この方は「集団的自衛権行使を認めるべき」で、日本の核武装についても「国際情勢によっては検討すべきだ」と答えています。そこは石関氏とまったく一致。
一概に年齢では括れません)。

 何がいけなかったのか、もう一度検証してみないといけない、と思ってます。

  ↓ ランキングに参加しています。よろしかったら、クリックをお願い致します。

  
ランキング
人気blogランキングへ

えさに釣られるな、民主党

民主党が、25日召集の通常国会で与党が民主党の主張を取り入れた修正をした場合は賛成する方向で党内調整に入ったことが伝えられています。

 鳩山氏由起夫氏が中山太郎衆院憲法調査特別委員に「参院選のことを考えれば、成立は早い方がいい」といったそうですが、ったく、生まれながらの議員さんは、わかってないなあ、と文句を言いたくなりました。

 ついでにいいますと、4世鳩山議員のお相手の中山太郎氏は、これまた父・元参議院議員 中山福蔵、 母・元衆議院議員 中山マサの後を継いだ世襲議員です。

 こうした民の生活をご存じない人の間で、勝手に、選挙へ向けたテクニックの一つとしてこの法案を取り扱おうとすること自体、おかしくありませんか?

 国民投票法案は、あくまでも憲法改悪のために制定しようとする法案でしょう。

 それを民主党が、「国政の重要な問題も含む」ことを主張して与党と折り合おうとすること自体がおかしいのです。

  お宅の言い分は聞きますから、なんてえさに釣られては、サンデー毎日が予想したとおり、参院選は「民主自滅」で「自公」ギリギリ過半数ですよ。

 

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。