スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ロードオブウォー」死の商人とその後 

ロード・オブ・ウォーとブラックアフリカ

 ロード・オブ・ウォーを見てきました。シネコンのあの客席に、私を入れてたった3人の観客でした。
 それにしても、戦闘場面はありませんでしたが、すさまじい世界でした。「リベリア船籍」の語でしか知らなかったリベリアという国の病も、かいま見ることができました。

  合法と非合法の隙間をかいぐぐってグレーゾーンで兵器商売に徹する男は、問いつめる妻に、儲けが目的で商売をするのではない、と言下に否定し、才能のため だと言い放ちました。なるほど才能ゆえの商売かと、男の言葉を繰り返しながらも、それを理解する脳の回路を、私は持ちあわせていません。理解しがたい世の 中の現象を、どうにか説明可能な世界に当てはめて何とか理解したつもりになり、それで安堵してきた私たちにとって、才能の発露としての闇の武器取引がある とは、まったく想像すらできない世界です。

 自分の提供する武器によって、国土も、そこに住む無数の人々の心も体も破壊されることに、あくま でも心動かされず、残虐な独裁者の望むまま、ダイヤと引き換えに武器の調達に走る男。車だって、タバコだって、人を殺すことに変わりはないと自己弁護し て、ひたすら商売に励む男。
 でも、最後に言ってくれました。自分が1年間で取り扱う銃を、合衆国の大統領は1日で売ってしまう。冷戦後の(冷戦前も)各地の紛争に使用される武器はすべて、米・仏・英・露・中という国連安保理常任理事国でつくられている、と。

 タミフルでラムズフェルド国防長官が大もうけしたとか、タミフル騒動の背後にいるのはウォルフォヴィッツ国防副長官だとか、鳥インフルエンザ問題を必要以上にあおり立てているのが「世界の黒幕」のひとり、現在の欧米国際金融資本の秘密会議、ビルダーバーグの現議長エティエンヌ・ダヴィニオン子爵だとかいわれていますが、彼等も、私たちの思考回路では理解できないような動機で、結果として大もうけしているのでしょうか。

  それにしても、アフリカの貧困、いつまでたっても解決に至らないのはなぜでしょう。抗争で武器を手にしていがみ合う前に、もっと人の持つ力と知恵を、普通 の生の営みに使えないものでしょうか。あのおぞましいほどの生の現実を見ると、そんな普通の生活を営む文化も伝統も、どこかで断ち切られてしまったような 気がします。

 ほとんどゼロから、いえ、銃や戦車で蹂躙されて荒廃しきった国土では、マイナスから出発して、文化と伝統のひとつひとつを積み上げ、築き直していく必要があるのかもしれません。その気の遠ささに耐えられず、つい武器を手に取る、そんなことを考えてしまいました。

  冷戦終結後の紛争勃発地域のひとつ、ブラックアフリカは、私たちにとっては、いわゆる帝国主義の時代に突如としてあらわれてきた世界です。でもほんとうは それ以前から人々が歴史を刻んできたはずなのです。何しろ、最古の人類の生まれた地なのですから。1985年に発刊されたアナール派マルク・フェローの著 書『新しい世界史』は、書名だけは新しい○○、と似ていますが、編集姿勢はまったく違います。世界史の埒外におかれた民族の歴史を追求するこの本をもうい ちど紐解いてみようかしら。なにか、アフリカの理解に繋がるヒントがあるかもしれない、などと思っています。

「死の商人」のその後

     images.jpg

 モスクワの軍事通訳養成機関を卒業して6カ国語を操り、1993年にKGBを去ってから、世界中の紛争地に飛んで武器を売りつける。かつて、当時 の英国外相ペーター・ヘインが「死の商人」と呼んだヴィクトー・アナトルジェヴィッチ・バウトです。

 映画「ロード・オブ・ウォー」の主人公ユーリーのモデ ルと言われています。ユーリーの商売相手となった暴虐な大統領のモデルは、2003年ナイジェリアに亡命したチャールズ・テイラー前リベリア大統領でしょ う。

 国連が2004年に定めた【資産凍結措置の対象となるリベリア前政権の高官又はその関係者等】のリストでは28名の個人のうち 2番目に名前が挙げられています。肩書きと処分の根拠としては、「武器や鉱物資源に関わる実業家、売買業者及び運搬人。国連安保理決議1343に違反する 武器売買業者。テイラー元大統領政権によるシエラレオネの不安定化やダイヤモンドの不正調達の支援者」と記載されています。

 また、次に見えるコンゴでの写真(一番左の男)から、コンゴの内戦にも関わったことが窺われます。

       imagesコンゴ                       

 さて、この世界で最も名前を知られたロシア人武器商人を取り締まるべく、ブッシュさんは2003年夏に、バウトと米国市民が取引するのを禁止する大統領令に署名しました。

  ところが、ちょうどその頃までに、バウトのフロント企業と目されているテキサスを本拠地にする商用チャーター会社エア・バスが、イラクの米軍基地で燃料補 給を受ける契約を済ませています。同社の飛行機はその年で実に142回も、イラクの米軍基地に着陸をしているということです。

 その飛行理由 は、ハリバートン社のイラクの油田再建を請け負う部門であるケロッグ・ ブラウン・アンド・ルート社が貨物輸送にドバイの会社と契約し、その会社がエア・バスと下請け契約を結んでいたためだと、各企業のスポークスマンは言って ます。(つまり、バウトのフロント企業が、チェイニー副大統領が元最高責任者だったハリバートン社の孫請けになっていたという話です)

 ついでにいいますと、バウト自身は、2002年にベルギー当局とインターポール(国際刑事警察機構)の双方から逮捕状が出されて追われる身です。

 日米共に、負けず劣らずの錯綜した怪しい関係が、政権と企業の間に存在する、ということですね。 

もっと大切な仕事がある――コンドリーザ・ライス

 2002 年に、ニューヨーク・タイムズに寄稿するライター、ペーター・ランズマンはバウトのインタビューに成功しています。国連等の追跡を巧みにかわし、メディア を避けてきたバウト唯一の公衆の目に触れる写真は、前の記事に載せたコンゴで隠し撮りされたもの。そしてこのインタビューで撮ったものが、前の記事にある 最初の写真。場所はモスクワのとあるホテル。

 インタビューは終始寛いだ雰囲気で行われたようですが、バウトはけっして全てを語ることはありません。もし全てを明らかにするようなことがあったら、自分の命が終わることを承知しているからです。
 この時バウトは36歳。180cmを越える恰幅のいい体格です。
 最初はグラジオラスや冷凍チキンの輸送業務を手がけた青年は、次第に鉱業機器、ダイヤモンド、カラシニコフ突撃銃、銃弾、武装ヘリコプター等を積んで、国連の通商禁止下にある国々へを飛んでいくことになります。

  処女飛行はモスクワからデンマークまで。25歳の時です。翌年、活動をアラブ首長国連邦に移しますが、ここはアジア、アフリカ、ヨーロッパ間の通商・輸送 の交差点ともいうべき所です。この地でバウトは盟友ともいうべきチチャクリと出会います。(チチャクリはエア・バスの社長です)所有する複数の飛行機は、 中央アフリカ共和国、リベリアといった国で登録されました。 

 1995年にはベルギーのオスタンド、ウクライナのオデッサまで飛行業務を広げます。
 オスタンドは鍵になる都市の一つで、この11年前にはイラン‐コントラ事件でイラン側に売却された武器はこの地を通過して運ばれました。(同事件はレーガン政権下で起こったものですが、この時の副大統領がブッシュ・
パパです) 。

 ベルギー当局は逮捕状を取りますが、この時の罪状は武器取引ではなく、マネー・ロンダリングとダイヤモンドの密輸です。
 1996年にはバウトはアラブ首長国連邦160の空輸会社の中でも最大規模の、従業員1,000人の会社を経営していました。
 1997年までには、南アフリカまで商売の手を広げています。

 1967 年にタジキスタンで生まれたバウトは、モスクワの軍事通訳養成機関の後、経済学の学位を得るために、ロシア軍事大学へと進みました。その後1991年まで 飛行連隊で勤務しましたが、そのうち2年間はモザンビークですごしています。折しも、同国の内戦が終わる頃です。
 バウトはKGBとは何の関係もないと主張しましたが、それを証明する書類は、偽造されたか購入された可能性がある、とランズマンは考えています。

 バウトの個人的友人は、イラク北部同盟のマスード将軍、ザイールのモブツ大統領、アンゴラのサビンビ大統領、リベリアのテイラー大統領たちを含むと本人が語っていますが、すべて紛争地の指導者です。 

ふたつの超大国の下請け人だった武器商人たちですが、ベルリンの壁が崩壊してからはほとんどのブローカーが自由契約となり、イデオロギー、忠誠、結果がどうなるかといったことなど顧みることなく武器を売りまくります。

  旧ソ連のうちでもロシアを除く共和国の中ではウクライナが最も多くの武器を手に入れますが、それは100万人の軍隊を支えるほどの量です。膨大な量の原子 力兵器はロシアに返されます。が、1992年から1998年の間に、およそ320億ドルの武器がウクライナから消えてしまいました。そこには、バウトたち が関わっていたということです。

 武器商人たちは密輸をごまかすためにうわべは合法的なビジネス活動を装います。武器の注文はクモの 巣状に張り巡らされた人的ネットが使われますが、それを通じて、往々にして現金の受け渡しも行われます。そうした繋がりの最初によく来るのが軍隊で、将校 たちには賄賂が渡されます。
 武器をいっぱいに詰めた箱には「フルーツ」のラベルが貼られることも。「給油」のために停まった所で、積み荷を交換したり、テイルナンバーが、着陸時と離陸時では異なったり。

  彼等の扱った商品の送り状には、たとえば、ロシア製MI-8T武装ヘリコプター2機、ミサイル発射装置4台、爆弾発射装置3台と予備の備品でしめて190 万ドル+9万ドルなどと記載されています。これらの兵器は、表向きは象牙海岸が目的地にになっていますが、実際はリベリアへ運ばれたものだという情報部の 話でした。  

(続き)もっと大切な仕事がある――コンドリーザ・ライス

 映画「ロード・オブ・ウォー」の一場面。

 2001年9月下旬、ジョージア州メーコンの米国企業宛の積み荷の中に、ウクライナ製の300機の地対空ミサイルと100台の発射装置が、米国の空港で発見されました。地対空ミサイルは、軽くて持ち運びができ、隠すのも容易だということです。

 当局は、バウトとの関連を疑いました。これについて彼は、次のように答えています。
「それがどうした? 何を載せているかなんて、私の知ったことじゃない。積み荷を開けて中に何が入っているかなんて知るのは、機長の仕事じゃない」
「殺人は武器のせいじゃない。武器を使う人間のせいだ」

 国連には逮捕権はなく、またインターポールは地元当局の協力に頼らざるを得ません。(ちなみに、映画ではイーサン・ホークがインターポールの刑事を演じていましたね。ちょっと可愛すぎる刑事でしたが)。
 武器売買に関して、世界で最も厳しい法律があるにもかかわらず、米国ではたったの一件も起訴されたことはない、という話です。

 バウトはアフリカで、支払いさえしてくれれば、誰彼となく武器を調達して売りさばきました。ただし、アフガニスタンではタリバンで苦い経験をして、ラバニ政権のみを相手にしたようです。

 2001年9月まで、ロシアは故マスード将軍の北部同盟に武器を調達していますが、大半はバウトの仕事でした。が、それ以上の関係について語ることを彼は拒否しました。
 それ以上語ること、そしてそれ以上知ることは、バウトにとっても、ランズマン自身にとっても、危険なことでした。

  またバウトは、東ティモールとソマリアへ、そしてことによるとシエラレオネにも、国連平和維持軍を運んでいます。1994年のルワンダの大虐殺の間は、 「トルコ石作戦」遂行と難民の避難を手伝うように、フランス政府に依頼されたと述べています。コンゴのモブツ大統領の逃亡を手伝ったのも彼だとか。

  さて、黒海に面した町オデッサは、密貿易の拠点となっている国際港湾都市です。この町の近くを流れるドニエストル川を80kmほど上ると、モルドバ共和国 内の国「沿ドニエストル共和国」があります。ここはヨーロッパの中でも最も貧しい地域で、首都ティラスポリはかつてソビエト第14軍の本拠地でした。その ため、ソ連邦崩壊後4万トンの兵器類が残された、ヨーロッパ最大の兵器庫で、今でも武器の製造が行われている可能性があります。

 この地にもバウトの足跡を見つけることができます。高性能の地対空ミサイルや車両にとりつけた発射台が、ここから中東へ運ばれました。

 ペーター・ランズマンは、多くの当局者や元当局者から話を聞きましたが、もちろんそうしたインタビューは、秘密裏に行われています。そして分かったことは、バウトは、もっと大きな存在の単なる世間向けの顔に過ぎないのではないか、ということでした。

 ヴィクトー・バウトが言いたかったのは、自分は単に身代わりに過ぎない。人間ヴィクトー・バウトよりも、もっと大きく、もっと重要な政治組織の罪をかぶせられているだけだ、ということではなかったのか、とランズマンは結論します。

 2000 年から2001年にかけて、西側情報部はバウトの電話を盗聴します。その結果、バウトがタリバンやアルカイダに武器を売った証拠は見つからなかったもの の、少なくとも飛行機を武器の運搬に供することがあった、と米国政府は確信するに至りました。これは、バウトをアルカイダの共犯者とするのに十分な根拠と なります。

 N.S.C.(米国国家安全保障会議)は英国・南アフリカ・ベルギー政府の当局者たちと協議し、バウトを掴まえる方策を講じて、彼を徹底した監視下に置きます。ところが、土壇場になると、バウトよりもっと大物を追跡しろ、とホワイトハウスに命じられるのです。

 ブッシュ政権は、始まったときから、国家を横断する犯罪を国家安全保障上の問題とみなすことがなかった、とクリントン政権時のN.S.C.高官は語ります。
 当時のコンドリーザ・ライス大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、バウト問題を外交的に処理するように指示してます。

 2001年9月11日の同時多発テロの後、バウト関連の作戦は完全に中止になりました。ライス補佐官が、「もっと大切な仕事がある」と言ったようです。また彼女は、このインタビュー記事へのコメントを拒んだそうです。

  映画を軽く超えるおぞましい悪の世界。映画では、モデル出身の美しい妻、あるいは武器売買で心に深い傷を負った弟(実際は、ヴィクトー・バウトと一緒に武 器売買に携わるのは、弟ではなく、兄であるセルゲイ・バウトです)のように、ハリウッドらしい甘い味付けがされていました。
 
 現実の話には、そんな甘さは微塵も感じられません。見え隠れするのは、大国のエゴと、権力を握ったもの達の表の顔と裏の顔。ジキルとハイドが一つの存在の内に同居していること。神を掲げながら、裏では悪魔と手をつないでいる姿です。


スポンサーサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    11 | 2005/12 | 01
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。