スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑制度をめぐる世論


  論理を旨とするイメージのある役所で、どうみても道理に合わないことが平然と主張されているのを見て、素人としてその意図を考えあぐね、疑問にとらわれるときがあります。

 共謀罪もその一つで、そもそも「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」締結のために整備される国内法で対象とされる犯罪の中に、たとえば、なぜお酒を無免許で造ることまで入っているのか、分かりませんでした。

 おもしろいのは、「市町村の合併の特例に関する法律(昭40法6)」の「合併協議会設置請求の署名権者等に対する暴行等」「宣誓関係人の虚偽陳述」等も対象になっていることです。市町村合併と「国際的な組織犯罪」にどんな関係があるのか、さっぱり分かりません。

 そうした中で、先日のクリスマス当日、4人への死刑執行に対する法務省の弁に首を傾げてしまいました。

続きを読む

スポンサーサイト

日本の民主主義の成熟度をもう一度検討

EIUの民主主義成熟度テストについては、「具体的採点基準と項目別スコアが報告書に書いてない」等々、村野瀬さんが指摘するとおりです。

 日本の実情に合っていないような項目もありますし、いつかこばふみさんもいわれていたように、どのように考えるべきか、じっくり取り組むと、ますます分からなくなるところも出てきます。結局、現時点での自分の感じていること、考えていることから判断せざるを得ない、というはなはだ独断的なものになりました。

 なお、得点については以下のような注意があります。

 Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴの各カテゴリーの得点は、カテゴリーごとの設問から得られた総得点を10点満点のスケールに換算したもので、総得点は、その平均値。

 ただし、次の場合は、調整が行われる。

1.国政選挙が自由で公平になされるか
2.(身の危険を感じることなく)安心して投票ができるか
3.外国勢力が政府に影響を及ぼすか 
 等を問う設問で 、

 得点が0点か0.5点の場合、そのカテゴリーの得点から1点、あるいは0.5点を差し引く(対象となるカテゴリーは、Ⅰ.選挙プロセスと社会的多元主義の実現、Ⅱ.政府機能。該当する設問は第1、2、5、17問)。

(ここで、英文の解釈を巡って少々悩みました。結局、上の3つの内容を問う設問の得点の合計点が0点か0.5点の場合に、この得点調整を行う、と判断しました。統計学ではどのように扱うのでしょうか、ご存じの方がいらしたら、お教え下さい)。

4.政策実行するための市民サービスの可能性
 を問う設問で、       

 得点が0点の場合、カテゴリーの得点から1点を差し引く(この得点調整の対象になるカテゴリーは、Ⅱ.政府機能。該当する設問は第23問)。

 また総合得点から、世界の国々を次の4種に分けています。

民主主義国の発達した国 :得点8~10
不完全な民主主義国   :得点6~7.9
ハイブリッド体制の国   :得点4~5.9
独裁国            :得点4未満

続きを読む

日本の民主主義の成熟度を採点してみたら

日本の民主主義成熟度テスト、みなさんの採点結果はいかがでしたか?

 私は今朝、60問まとめてやってみました。そのとき、分かりにくい表現を手直ししたところが少しありますが、設問の趣旨は分かっていただけたのでは、と勝手に思っています。ちょっと冷や汗ものですね。訳がまずくて申しわけありません。m(_ _)m

 もともと、民主主義の成熟度を数値を使って表す方法については、専門家の間でも意見の一致をみていないようです。

 また米国政府内でも、なにをもって民主主義とするか、合意はできていないといわれています。それでも大統領は、「民主化」を大義名分にして、イラクで軍事力を行使してきたわけです。米国の民主主義推進外交は、体制転換をして自国に都合の良い政権をつくるだけではないか、と憤ってみると、イラクだけではなく、私たちの国でもそうだったことを思い出します。

 今回のテストの設問項目にも見られたように、政権交代が民主主義政治には大切であるにもかかわらず、戦後の日本は事実上自民党などの保守政権独裁でしたし、それを後押ししたのは、ほかでもない米国でした。

というわけで、民主主義自体はっきりと定義されているわけではありませんが、エコノミスト・インテリジェント・ユニットEIU(『エコノミスト』の付属シンクタンク)では、最低限、以下のような点で大方の賛意は得られるだろう、と言ってます。

 つまり、民主主義の基本特性には、 多数決原理と統治される側の同意、自由で公平な選挙、少数派の保護と基本的人権の尊重等にもとづく政治が含まれる。

 さらに、法の前での平等、しかるべきプロセス、政治的多元主義が民主主義の前提であるとも説明しています。

続きを読む

日本の民主主義の成熟度を採点しよう 5

25日、午後、車で外出中に4名の死刑囚に刑が執行されたことをニュースで知りました。
 
 1日のうちに4人を処刑か!
 思わず、背中のあたりがぞーっとします。こわい政治だなあ、アベ内閣の性格をよく物語っているな、とあらためて思います。

 
 死刑問題については、以前、次のリレーエントリーでとりあげられました。 

第1回: とりあえず
第2回: お玉おばさんでもわかる政治のお話
第3回: とむ丸 第1部第2部
第4回: 華氏451度
第5回: doll and peace
第6回: 薫のハムニダ日記
第7回: 村野瀬玲奈


その他、以下の方々も。

アルバイシンの丘
美しい季節とは誰にも言わせまい
Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen
死刑廃止を望む被害者遺族の方のブログ
東京拘置所のそばで死刑を考える「そばの会」

 私が死刑制度を考えるきっかけになったのは、村野瀬玲奈さんに訳していただいた1981年のフランス国民議会におけるロベール・バダンデール演説全文を読んだことです。

 それにしても、車に同乗していた夫に、今の法務大臣は誰か? と訊かれて、即座に「長勢!」と答える私って……。

 さあ、今日も、日本の民主主義の成熟度を採点してみましょう。
 これが最終回です。すべて回答し終わりましたら、ぜひ結果と感想を教えてください。

続きを読む

日本の民主主義の成熟度を採点しよう 4

アベシンゾー氏が首相になったとき、地元下関の商店街はずらーっと提灯を掲げたという話しを聞きました。そういえば、唐戸市場には、2ヵ月後でも横断幕がかかっていましたっけ。

 50年前の1957年、病気で辞任した石橋湛山氏の後を継いでシンゾー氏の祖父岸信介が首相に就任したとき、そのお国入りを祝って、自宅のある田布施町では自治会ごとに町民がちょうちんを手に岸邸前まで行列を作ったそうです。それを岸氏が目を細めて見たのだといいます。

 提灯行列は、1890年(明治23年)2月の憲法発布の祝賀が始まりだったことを書いたのは永井荷風。「国民が国家に対して『万歳』と呼ぶ言葉を覚えたのも確かにこの時から始まったように記憶している。」とも荷風は言いました。

 そうか、愛国心とは国家にバンザイすることなんだ、と納得。

 提灯行列したり、提灯を掲げたりは岸にバンザイ、安倍にバンザイか。

 あのバンザイが、やがてサイパンのバンザイクリフにつながったことを、忘れない。
 
 さあ、今日も、日本の民主主義の成熟度を採点しましょう。

続きを読む

アベ家の資産の源泉と結果は?

首相になってはいけない人間がなってしまった、とつくづく思います。

 官房長官時代には岩国の住民投票に疑問を投げかける発言を繰り返して、その後もみえみえのパフォーマンスにきゅうきゅうし、強行採決で突破して無理矢理成立させた改悪教育基本法を「国民が望んだ」と言い放つのを見ては、政治家以前に人間として、人格を疑わせるのに十分でした。

 この男なら、ねつ造した民意を錦の御旗に掲げるのも平然とやってのけるのではないか。まだ“若い”からぎこちなさが目に付くけれど、あと少し経験を積めばファッショ政治家の面目躍如、妄想のような嘘も板について、祖父がそういわれたように、まさに「平成の妖怪」といわれるようになってもまったくおかしくない、とこの頃思います。

 就けてはいけない人間をなぜ首相の位に就けてしまったのか? というのが素朴な一国民としての私の疑問です。

続きを読む

日本の民主主義の成熟度を採点しよう 3

今日、2006年12月22日は、数の横暴で成立した改悪教育基本法の公布・施行日です。今日、官報に掲載されて、即日施行されるとのこと。

 何を焦って急ぐのでしょう。

 国民の求めにはほおかぶりして、やりたい放題。

 この民主主義成熟度テストに「立法府では、与党が数を頼んでたびたび強行採決を行う」という項目を入れたい気分です。

 ところで、20日に内示された07年度政府予算の財務省原案では、3月の住民投票で米軍基地の機能拡大・強化にNOを突きつけた岩国へは新庁舎建設の補助金なし。

 一方、米軍再編で負担が増える自治体への交付金は約72億円計上されました。

 まさに、札束で頬を叩く、とはこのことでしょう。

 今回の在日米軍再編問題で、地元住民の思いが投票を通じて示されたのは岩国が初めてです。投票率は58.68%で、その90%近くが日米両政府の中間報告合意案にNOを表明したのです。

 アベ総理が、改悪教育基本法の国会通過を国民が望んだようにいうのはまったくの間違い。しかしこの人は確信犯ですからねえ。

 岩国の民意にも、無視するどころがかえっていやがらせをして、虐めていますね。

 ベトナム戦争真っ盛りの頃、私も岩国に、おまけに米軍基地のすぐ近くに住んだ経験があるだけに、この民意も納得がいきます。米軍はこの岩国からベトナムへ出撃していたのです。おまけに、ここには核兵器も貯蔵してあったと、駐日大使だったライシャワー氏は証言しています。

 つけたしていうならば、父の前任者は私を見て、「女の子は暗くなったら外出してはいけないよ、(米軍)基地があるから」といったものです。

 曲解と悪意に満ちた総理の言動が「美しい」というのであれば、日本語はどうなってしまうのでしょう。

 さあ、今日もEIUの世界基準で、日本の民主主義の成熟度を採点してみましょう!

続きを読む

日本の民主主義の成熟度を採点しよう 2

tom12.21
 昨日に引き続き、日本の民主主義の成熟度を採点しよう!

 恐れ入りますが、初めての方は昨日のエントリー、第1問からご覧ください。

続きを読む

日本の民主主義の成熟度を採点しよう 1

『エコノミスト』の付属シンクタンクEIUが世界167ヵ国の民主主義の成熟度を評価して、日本を台21位としたことは前の記事で書きました。が、この結果は私たちの実感とかけ離れているような気がします。

 そこでもう一度、私たち自身の目で見た評価が世界基準ではどうなるのか考えてみませんか。

 5つの大きな項目の下に計60の詳細な項目があります。各項目について、それぞれ「1点、0.5点、0点」、あるいは「1点、0点」のどれに該当するか答え、大きな項目ごとに合計点を見るものです。

 では、やってみましょう。

続きを読む

民主主義成熟度ランキング

とむ 12.18

 独立系メディア「今日のコラム」に載る池田こみちさんの記事によると、英国週刊誌『エコノミスト』の付属シンクタンクEconomist Intelligence Unit(EIU)が民主主義成熟度ランキングとでも言うべきDemocracy Index 2007を発表したそうです。

 池田さんの記事から要約。

 評価項目は次の5つだが、この下には60項目の指標がある。

選挙プロセスと社会的多元主義の実現(ひとつの共同体の中に、民族・文化・宗教の異なる集団が存在している状態)
政府機能
政治的参加
政治的文化
市民の自由

 ちなみに、一位にランクされたスウェーデンと20位の日本、31位の韓国について、上記の5項目ごとの評点をみると、

続きを読む

反体制派ブロガーのために 国境なき記者団の手引き書から 3

国境なき記者団の『ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック』に載る匿名ブログの運営方法の要約、第3弾。

 5. ネットサーフィンに高い匿名性を提供する比較的新しいシステムであ るTor (匿名インターネットコミュニケーションシステム)を使う。

 Torとはthe onion routing(オニオンルーティング) のことで、匿名通信を実現するためのソフト。
 従来の匿名通信を実現する方法 として,現状ではmixとproxiesの2種類が存在し,この2つを組み合わせたメッセージ ルーティングの方式をオニオンルーティングというらしい。

 オニオンルーティング・ネットワー クを通じてなされる要求は、世界中からランダムに選ばれた2~20台のPCを経由するので、発信元のPCを追跡するのが難しくなる。 さらに、通信内容も経路も暗号化されるため、当局が投稿内容を見ることは困難である。

続きを読む

宙を見て何想う、アベ総理

今日12月16日の朝刊。  改悪教育基本法が成立したことを伝えています。   基本法報道

下方には来年1月9日の「防衛省」発足の記事も。

続きを読む

権力者の孫たち

教育基本法改悪案が特別委員会で強行採決されましたね。

 朝からテレビやネットで審議を見ていましたが、野党議員の質問や指摘にアベソーリと伊吹文科相は終始いらだちを隠せません。公明党議員の発言にはにこやかに対応していましたが。
 あれほど露骨に不愉快さを顔と態度いっぱいに表して答弁するものでしょうか。

 印象に残ったのが、お金で済まそうという言い方は失礼である、と興奮して早口で語るソーリの姿と、伊吹大臣の「ですから、何度もお答えしました」とか「ですから何度もいいましたが」といったせりふでした。ほんとうに、審議する気持などないのでしょう。感じられるのは、「何が何でも通してやる」の意思だけでした。

 可決直後、少々脱力状態の私がみつけたニュースを少し。

続きを読む

民主党の国会対策

民主党の国会対策が腰抜けの理由が、わかりました

とは、「
関組長の東京・永田町ロビー活動日記blog版」の作者、関さんが民主党議員にばらまいたビラのタイトルです。

何でも、
自民党衆議院議員馳(はせ)浩さんの「 永田町通信 76 『二階マジック』」に以下のような文面があったそうです。

安倍晋三総理が誕生した。
期待?していた人事も終わり、秋の臨時国会も始まった。
注目すべきは、自民党の国会対策委員長をつとめる二階俊博だ。
与党と野党、両陣営の国会対策委員長を任されることになったわけで、
その人脈と調整力と勝負カンの鋭さと気配りは、衆目の一致するところ。
昨年の郵政民営化騒動のとき、こんなことがあった。
郵政民営化特別委員会の委員長を任されたのが二階さんだった。
私は、国会対策副委員長として、この特別委員会が円滑に運営されるように
と連絡役をつとめることになった。
衆議院での審議時間が100時間を超えた頃だ。
野党民主党の筆頭理事をつとめるA代議士が、それまでさんざん審議引き延
ばし作戦と採決反対で抵抗していたにもかかわらず、そして野党全体が反対
反対のシュプレヒコールだったにもかかわらず、あっさりと採決に応ずると
理事会で言明してしまったのだ。

続きを読む

西山事件 恥を知らない国家

 10日のエントリー「西山事件 植草さん」への非戦さんのコメントが、同じ番組についてもうすこし丁寧に伝えてくださっているので、あらためてここでとりあげさせていただきます(NHKとしていたのは間違いでテレビ朝日系列でしたから、同じ番組を見ていたことになります)。

(なお、赤字で強調したのはとむ丸です)。
 
国の隠し事~沖縄返還協定の密約、34年目の真実~

○西山記者
「沖縄密約は、司法も行政も一体となった犯罪
「国家の情報操作、国家のうそは、許せない」
「吉野さんの暴露は、クーデターです」

続きを読む

反体制派ブロガーのために 国境なき記者団の手引き書から 2

前回の続き、国境なき記者団の『ブロガーとサイバー反体制派のためのハンドブック』第2弾です。

  さて、PROXYとは「代理」の意味で、内部ネットワークや外部ネットワークに接続する際の代理接続として仲介する役割をし、有効活用している例では学校や会社などのネットワーク構築が挙げられます。

 そこで次は、さらに匿名性を高めるためのプロキシ利用法が出てきます。

4.circumventor を、インターネット検閲がなさそうな国の友人にインストールしてもらい、その友人のPCをプロキシサーバーとして使う。

続きを読む

西山事件 植草さん

家人がつけっぱなしにしていたテレビで、久しぶりに納得いく番組を見ました。

 残念ながら気づくのが遅くて途中から見て、メモもしませんでしたが、それでも重要なところを見ることができました。午後2時に始まる「サンデープレゼント」です。

 トピックはいくつかあったようですが、私にとっては何といっても35年前の日米の国家間密約をめぐる一連の動きとその深層に興味を引かれました。

 日本の400万ドル肩代わり密約の存在を指摘した西山太吉さん元毎日新聞記者は、現在国家賠償請求裁判の原告となっています。そして現在の在日米軍再編に際して日本側が米国側に 見せる譲歩、甘さは、この35年前の対米交渉から始まる、言われています。

続きを読む

反体制派ブロガーのために――国境なき記者団の手引き書から 1

20061209134431.jpg

国境なき記者団Reporters Without Borders」はご存知ですね。こちらにも説明があります。

 1985年にパリで設立され言論(報道)の自由の擁護を目的としています。

 フランス外務省の支援を受けているとされていますが、当のフランスは報道の自由度で世界35位。でも、日本の51位アメリカの53位よりはるかにいいですね。ちなみに韓国は31位。1、2、3位は、フィンランド、アイスランド、アイルランド、と続きます。

 *フィンランドは、その他に、国際競争力1位(日本は21位)、「汚職指数」の政官「清潔度」も1位(日本は23位)。

 この国境なき記者団は、昨年2005年9月『ブロガーとサイバー反体制者のためのハンドブック』を作り、ネット上で公開し、「主流メディアが検閲されたり圧力の下にある国々では、往々にしてブロガーたちが真のジャーナリストである」と言っています。

 目次を見ると、「ブログとは何だ?」からブロガーの守るべき倫理や匿名ブログの運営方法、インターネット検閲世界選手権まで、いくつか項目があります。このうち、匿名ブログの運営方法の前半を、要旨をまとめながら見ていきましょう。

続きを読む

たった3人のデモ 主役は警察?

はなゆーさんのところで知りました。

 たった3人のデモ。  WE ARE THE THREE(ONLY!)
 
 3人のデモ隊の周囲を警官、不審者、警察車両が囲み、特別警戒中。プラカードもシュプレヒコールもない。

 途中デモ隊は特別休憩中 ← これを、「いつまで休んでいるんだ。ちゃんと、デモしろよ」と警官がハッパをかける。

「やる気あんのか? デモなんだぞ、デモ」
 
……

続きを読む

民主党のトロイの木馬?

沖縄知事選後、 「面舵いっぱい! 方向転換する勇気…… 沖縄で「反基地」を掲げて6派連合を組んで、左のエースといわれた糸数女史を立てて戦った。それで、敗れたのだ。
つまり、野党共闘路線は破綻したといわねばなるまい…… かくて、私たちに残された選択肢は方向転換しかない、と思う」といって、ひんしゅくを買った長島昭久議員のプロフィールを見て、ちょっと驚きました。

 23年間慶應義塾に学んだのはまあいいとして、 博士課程在学中の1990年28歳のとき、石原伸晃の公設第1秘書となり、「石原父子との交流や、新人代議士の地元責任者として地道な後援会づくりに汗を流した」と言ってます。

 

続きを読む

植草さんの裁判報告――NHKも嘘放送をした

本日午前、植草さんの裁判に行かれた雑談日記SOBAさんが、阿修羅に投稿されています
 

 植草さんの裁判の傍聴に行ってきたよ。植草先生の無罪を確信した
 NHKのお昼のニュースの前にアップしようと焦ってます。
 ネットウヨが嘘だとかなんだとか言うだろうから。
 東京地裁で22の傍聴席に対して希望者289だった。もちろん抽選で当たった。無神論者だが神さまの粋なはからいを感じたよ。
 報道陣の撮影の後、10:00から開廷。
 閉廷は10:50だった。
 NHKが平気で嘘放送をするのにビックリした。「天に誓ってそのようなことはしていません」だと。「私はそのようなことはしておりません。無罪を確信しております」といったのだ。
………
 ご自身のココログの方は昨日から長期メンテに入って明日までは管理画面にアクセスできないため、阿修羅になったようです。


是非、SOBAさんの報告を読まれてください。

 阿修羅の記事はここ

頭数のために、「厳しく飼い慣らす」

先日のエントリーで、委員会採決を欠席した片山さつき・佐藤ゆかり両氏のバッシングをとりあげましたが、5日の新聞で、ふたりとも党から厳罰を受けたと報道されています。

 ゲンダイネットでは、それを「見せしめ処分」といってますね。

 もっとも、出席状況が悪いと注意した10月についで11月30日にも、河野洋平衆院議長が、議運委の逢沢一郎委員長に対し、議場内のマナーを守るよう注意したといいますから、「総スカン」をくっているふたりと他の議員たちとがどれほどの違いがあるのか分かりません。

 審議を尽くし、真剣に意見を戦わせることは、採決と同じ重さがあるのではないでしょうか。

続きを読む

国会審議の記録ビデオさえ、見れなくなるのか?

 そんな馬鹿な!!

 そんな政治って、とても信じられない! いったい政府は何を考えているんだ! と無性に腹が立ってしまった。

 社民党の保坂さんのブログ、どこどこ日記によると、12月1日の文部科学委員会での「著作権法改正案」審議の際、文化庁は、

 国会TVのインターネット中継、とりわけ過去の審議記録映像へのアクセスが「参考人質疑など被写体となった当 事者の許諾を得ることが必要となる」という
見解を語り、驚くべきことに多くの国民が事後的に見ている委員会審議のライブラリーの存在は、現行 の著作権法違反との認識を示した、ということです。

 おまけにわずか2時間10分のスピード審議の上、
自民・公明・民主の賛成、社民・共産の反対で可決してしまったとのこと。

 防衛庁「省」昇格法案についで、ここでもまた民主党ですか。

続きを読む

バッシング構造がよく分かりました、の巻き

気分が悪くなるからつけないで、という私の懇請にもかかわらず家人のつけたミノ某の「朝ズバッ」。何でもこの御仁は、テレビ暴露時間の多さで、ギネスブックに載ったとか。

 ただならぬ雰囲気に思わず首を横に伸ばして画面をみると、片山さつき・佐藤ゆかり両議員が写真とともに話題にあがってました。
 
 おふたりが29日の衆院経済産業委員会の法案採決を無断欠席した件でひとしきり批判した後、したり顔の城内実氏が登場。

続きを読む

チデジ? 地デジ?

20061201131959.jpg

昼前頃から、チデジ、地デジ、とテレビがやかましい。


 記念番組か式典か、司会をする各局アナウンサーの紹介に始まって、ソーリの挨拶。地方のテレビ局まで、踊り踊って浮かれている。
 なにか、違和感がぬぐえない。多分、騒いでいるのは放送関係だけでしょ。

 いいことずくめのように騒いでいるけれど、そんなに良いの?

 日本には良質のテレビ番組がたくさんあります、とソーリは言っていたけれど、これには異議を唱えたい。

 ソーリにとっては良質かもしれないけれど、知りたいことは伝えないし、365日お祭り騒ぎのテレビには、ちっとも魅力を感じない。

 それよりも、地デジってなにか怪しそう

 おまけに、ワンセグ、ワンセグって言ってるけど、外出先でまたテレビを見るの?
 
 

復党・土下座・謝罪

「白旗揚げて土下座したのに等しいのだから復党を認めていい」と、小泉前首相は29日自民党新人議員との懇親会で、郵政造反組の復党を容認する考えを示したそう。

 土下座については、以前ここでも話題になりました。

「政治家が有権者に対して土下座したとしても、絶対服従する筈はありえません……謝っても本当は謝っていない。日本では抗議や非難や責任追及には直ぐに謝 罪します。しかも謝罪は責任を認めた事には成らない……日本では責任追及を逃れる為に、土下座して謝罪する例も有るようです。謝罪すれば責任を免れると考 える日本人は多くいます」とは、布引さんのコメントです。

 土下座の形については、You Tubeに詳しく載っています。
 アベソーリ、森喜朗自民党新憲法起草委員会の委員長、山谷えり子首相補佐官、稲田朋美氏らの好きな「日本の伝統」The Japanese Traditionシリーズの1つです。

続きを読む

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    11 | 2006/12 | 01
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。