スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イラク転用」否定のウソと新たに発見された「沖縄核密約」

石破茂防衛相は7日のテレビ朝日サンデープロジェクトで、「イラク転用」疑惑について、「今、米国からいろんな資料を取り寄せて防衛省内で分析している。現時点で目的外使用はないという心証を得つつある」と、

 高村外相はフジテレビの番組で、「(補給を受けた艦艇が)イラク作戦に行ったことはないと思う。米国からもそういう回答を得ている」

 と説明したそうです。

 35年前毎日新聞西山記者の暴いた「沖縄返還を巡る密約」を裏付ける米側の公文書が、2000年、02年と相次いで、見つかり、さらには沖縄返還交渉を進めた最高実務担当者の吉野文六元アメリカ局長が2006年にその存在を認めたというのに、今だに政府はこれを認めていませんね。

  あくまでもシラを切るつもりのようです。


 イラク転用疑惑も、疑惑どころか、とうの昔に政府は転用を承知していたのだと思います。でも、この「沖縄返還を巡る密約」同様に、どうしても認めるわけにいかないのでしょう。


 事実は“密約あり、イラク転用もあり、”にもかかわらず。


 いったん認めれば、これまでの政府の主張がことごとく正当性を失います。
 ウソと分かっていてもウソをつき続けなければならない。


 沖縄返還を巡るに密約については、西山記者(当時)のスクープである土地の原状回復費四百万ドルを日本側が極秘に肩代わりする密約の以外にも、


「四百万ドルは機密のごく一部。VOA(米国の政府系ラジオ局)の移転費用など協定に書かれていない負担は、すべてが密約といえる」

ベトナム戦争で経済的に疲弊していた米国では、

「議会は『なぜ沖縄をただで返すの か』と反発した。だから(日本政府は)早く協定をまとめようという流れだった。三億二千万ドルを協定に入れてくれと持ってきたのは大蔵省だった。大蔵大臣 も外務大臣も(首相の)佐藤さんも認めているから、入れざるを得ないと。(佐藤栄作首相が国民にアピールしたように)沖縄は無償で返還されるという先入観 が日本側にあったから、ああいうこと(密約)になったのだろう」
 
 と吉野氏は証言しています。

 何度も言いますが、それでも政府はけっして認めない。

 インド洋で海上自衛隊が無料で給油したものがイラク戦に転用されてきたことも、政府はけっして 認めない。

 とにかくウソにウソを重ねても、有権者が信じてしまえばいい、大きな声で、ぶれずに主張し続ければいい。ウソをつくのが悪いのではない。ウソを信じる方が悪いのだ、と考えているのかな? なんて。

*「イラク戦転用」を否定するウソについては、拙ブログ「またウソをついた外務省」をご覧下さい。

 なお、この沖縄返還を巡る密約については日刊ベリタ「沖縄返還密約『吉野文六証言』の衝撃と米軍再編」に詳しく掲載されています。

 そしてここに来て、「沖縄核密約」の存在を示す公文書が、米国立公文書館で発見されたというニュース

「返還に合意した六九年十一月の日米首脳会談に向け、米大統領補佐官だったキッシンジャー氏が当時のニクソン大統領にあてたメモで、佐藤栄作首相との密約締結手順を記載している」

「沖縄返還時の核密約の存在を明示した交渉当事者の公文書発見は初めて。日本政府が依然否定している密約の存在を米公文書が裏付けた形だ」

 等と説明されています。

「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という三原則を最初に示したのは佐藤栄作首相(当時)で67年衆議院予算委員会、そして68年の施政方針演説で明言したそうです。さらにこの原則を、返還される沖縄にも適用されるべきだ、と決断しながら、一方では米国へ「いざ、というときには持ち込んでぜんぜん構いません」と言っていたわけです。

 うーん、日本の外交を調べていくと、否が応でもこの2枚舌を操る政府・外務省の姿を目にすることになります。
 国民への説明と、米国や他の国々への姿勢が食い違う……あっ、この核密約については、米国以外はだまされたのでしょうね。だから、ノーベル平和賞まで貰ってしまった……。

 キッシンジャー氏がニクソン大統領(当時)にあてたメモで、「返還に伴う沖縄からの核兵器撤去に触れた共同声明文について交渉の進め方を進言している」といいますから、交渉当事者以外の目をいかに誤魔化すか、知恵袋のキッシンジャー氏がいろいろと働いたのでしょうか。

 これについては、当時佐藤首相の密使を務めた若泉氏(故人)が『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』という自身の著作で秘密交渉の一部始終を暴露したということです。

 そしてこの沖縄核密約問題は、今回米国側からも存在を裏付ける文書が発見されたわけです。
 
 うーん、それでもやっぱり政府はやはり否定するのでしょうか。

    
人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。
    よろしければ、クリックをお願いいたします。m(_ _)m


スポンサーサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2007/10 | 11
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。