スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこまでやるか、東京地検

次から次へとやることができて、すっかり更新を怠ってました。。

 でも、さすがにこのことを知って、黙っていられなくなりました。
 
 現在拘置されている石川知裕衆院議員の女性秘書に対する事情聴取。

 ムネオ日記によるとこの女性秘書を26日の「午後1時から10時半まで事情聴取している」とか。
「小さな子どもがいるから早く返してやってくれと言っても、検察は返さなかった」。。

 体調を理由に聴取日程を日曜日(17日)の党大会の日に延期して欲しいという石川氏に、

「あの女の秘書、小さな子供がいるんだろう。(事情聴取に)呼ばれたら、困るんじゃないか?」

と、検察は言った、という話もありますね。

 13日の議員会館の石川事務所捜査でベビーベッドが置いてあるのを見て、女性秘書が赤ちゃん連れで出勤しているのを東京地検が知った、という事情があったようです。

「呼ばれたら困るんじゃないか?」と恫喝しておいて、やっぱり呼んだ……それも9時間半にわたって……

 この話を読んで、のどの奥がカーッと熱くなり、みるみるうちに怒りがこみ上げてくるのが分かるんですよね、私。

 女性が子どもを産んで、まだいたいけな幼い子をどんな気持ちで世話するのか、分かるかーっ、と。

 それでなくとも、石川議員逮捕について、大いに疑問のあることが明らかになっているというのに。

 母親として、こうした取り調べをする検察官は、いったいどんな風に育てられたんだぁ?! と思ってしまうのよね。それをいちゃあお終いよ、という話ではあるけれど。
 それとも、検事という職業に就いていると、そうした感性というか習性に馴らされてしまうのかな。
 それとも……?

泣くな妹よ 妹よ泣くな
泣けば幼い 二人して
故郷を捨てた 甲斐がない

遠い淋しい 日暮れの道で
泣いて叱った 兄さんの
涙の声を 忘れたか

 ……この歌「人生の並木路」は、確か映画「検事とその妹」の主題歌です。
 その昔、戦後ですが流行りまして、私の親なども口ずさんでおりました。でも、所詮、甘い作り話ですね、大岡裁きみたいな求刑を検事であるこのお兄さんがするようです。

 やっぱり取り調べを可視化するのは、非人間的な取り調べに従事せざるを得ない検事さんたちのためにもいいことではないかな。残酷な取り調べをせざるをえないこと自体、残酷だから。
 
 それにしても、石川議員の秘書さん、大丈夫ですか? 赤ちゃんのことも心配だったでしょうし、ご自身もさぞきつかったでしょうね。私が母親だったら、抱きしめてあげたいけれど。
スポンサーサイト

どうなっちゃってるの? 泣く子も黙る鬼の特捜+メディア

1ヶ月ぶりに日本の土を踏んだ昨年末、鳩山献金で騒がれていたのがいつの間にか鎮まり、「小沢一郎」とか「4億円」とかの語がメディアで飛び交い、関連ニュースでメディア一色。

 おもわず厭な既視感にとらわれました。
 そういえば、小泉郵政選挙の時も、こうしてメディアは郵政改革一色だったよなあ、と。
 あのとき、ネットでさまざまなメディア関連のページを開いても、どれもこれもコイズミ改革大歓迎の言葉ばかりがかきつらなっていましたし。 

 そして御用始めも過ぎて間もなく、小沢氏の関連団体や事務所だけでなく「鹿島」にも「家宅捜査」。

 あれっ、西松建設じゃなかったの? と思っていたら、石原都知事がらみでかつてメディアに登場していた水谷建設の名が再浮上。

 そして通常国会を前にして、元小沢一郎氏秘書を逮捕。。

 そういえば、鈴木宗男氏逮捕のときも、そうだったなあ。世紀の大悪人みたいに報道されてましたっけ。
 水戸黄門で「おぬしも悪よのぉ」という言葉を政商に吐く"お代官さま"の姿に鈴木氏のイメージが重なったりして。

 で、あらためて、「特捜」というのはすごい権力の持ち主なんだな、と感じ入りました。
 泣く子も黙る鬼の特捜、なんて言っちゃって。。

 おかげで他の疑惑はどこかへ飛んでいってしまった……小泉・竹中疑惑とか森善朗とかいっぱいあったじゃないですか。あれ、どうなっちゃうんでしょうか?

 同時に、この国のメディアにはほとほと失望。

 数日前のアメリカのABCニュースも、ひどかった。

 遠隔操作、それもアメリカ、カリフォルニアの基地でボタンを押してアフガニスタンの反政府勢力に爆弾を落とすという超遠隔操作。これへの疑問や批判を払拭するための記者のレポートでしたが。

 結局、アメリカ本土だけじゃなくて、現地でもきちんと確認しているから、間違ってもタリバン以外に爆弾を落とすようなことはないよ、みたいな報道なんですから。
 でもね、イラクでもアフガニスタンでも、これまでもずいぶん間違って民間人を攻撃して、たびたびニュースに取り上げられていたじゃない、と言いたくなりました。メディア・コントロール。

食文化の理解はむずかしい

アメリカでは外食は高いですが、食料品は安かったです。

 豚の肩肉およそ3キロで1,200円前後。鶏肉およそ2.5キロで1,500前後。
 どちらも会員制大量買いスーパーでの話しですが。

 安いのはいいけれど、豚インフルエンザで問題になった豚肉生産工場のような劣悪な環境で肥らされた豚かもしれません。

 その他、

  ラムS   とか パプリカS とか。

 左のラム肉の塊は1.5㌔位で1,500円しませんし、右のパプリカは韓国製のものより一回り大きく、これで5、600円というところ。

 ちなみにラム肉にシーズニング シーズニングS  と塩をすりこんでオーブンで焼いたら、なかなか美味しいごちそうができあがりました。翌日も残りを焼いたところ、ローズマリーの香りばかりが勝って、味の方は少々落ちましたが。

  豚肉や鶏肉はちょっと臭いのでショウガを使ったり油で焼いてから煮込んだりと、一手間余分にかかりましたが、なるほど、こちら風の調理をすると、けっこう食べやすいのかもしれません……郷に行ったら郷に従え、ですか。
 でも、ヘルシーだからと鶏肉を選び、バターとチーズをどっさり使って焼くのは、やっぱり脂肪の取りすぎでしょう。

     りんご  スーパーのリンゴ、妙にテカテカ、ぴかぴかです。

 極めつけは、ジェリービーンズ。

        ジェリービーンズ。    ジェリービーンズ2S

 なんと一袋の中身は30種の味。もちろん、人工着色と人工着香料で作り上げたのでしょうが、ストロベリーとか赤リンゴ、青リンゴに始まり、キャラメル・コーンなんていうのも。
 見るからに毒物、という感じでしょ?

 中でも理解不能なのが、この手 ↓

             ジェリービーンズ3S

 青地に白のごにょごにょは「プラム」、赤地に白のごにょごにょ(上の写真には入ってません)は「イチゴチーズケーキ」、白地に複雑な色合いのごにょごにょは「焼いたマシュマロ」、クリーム地にいろんな色のごにょごにょは「ミックス・フルーツ」……。

 試しにキャラメルコーン味を口に入れてみたら、気持ち悪い。

 単色のフルーツ味が無難でしょうが、そこまでして食べたいとも思いませんね。 

    

帰国・弔問

ロッキー  2009年末某日、帰国。

 帰りは、なんとビジネス・クラスに当たって、ゆったりと空の旅を楽しめました。
 前の席には中学生くらいの子ども3人とご夫婦の家族連れ……家族でビジネスとはリッチなものですね。
 隣の席の女の子は、体こそ大きいもののあどけなさが残り、ぬいぐるみを抱きしめて、家族と離れてひとりで座ってました。ビジネスに当たるのも善し悪しです。

 上の写真は、凍てついて真っ白いカナダの大地をずっと眼下にして、かつて冬季オリンピックが開催されたカルガリーを過ぎ、しばらくして目に入ってきたロッキー山脈。あまりのきれいさにシャッターを切ってしまいました。

 家に帰り着いたのはもう真夜中。

 翌日、留守中荒れ放題になった家の片付けもそこそこにして向かった先は友人宅。

 4、5日前に亡くなったという知らせをもらっていたのです。
 私の帰国まで待ってくれるだろうか、と心配してましたが、やはりその通りになってしまいました。

 ご主人の話では、ひとりで立てなくなって入院した最後の数日間でも、苦しいとか痛いとか、ひと言も言わなかったそうです。
「達観していたからね……」

 今度の抗がん剤でうまくいかなければもう治療の方法がないと医師に言われて、「じゃあ、わたし死ぬんですか」と尋ねたら返事がなかったという話を聞いて涙ぐんだ私に、「しかたないやろ」とぽつんと言った人でした。

 おしゃべりしたり、いっしょに山に行ったり、阿蘇のキャンプで偶然出会ったり、楽しかったね。親が脳卒中の発作で入院したときは丸一日、我が家の子どもたちの面倒をみてくれたりもしたし。

 16年間、よく頑張ったね。またいつか、会えるかもしれない、向こうで。


 新年の挨拶をしようかと思いましたが、やはり年の瀬に亡くなった人のことを思い出してしまいました。
 もうすぐ彼女は61回目の誕生日を迎えるところだったのですが。

 で、これからまた新しい年のスタートです。
 今年もよろしくお願い致します。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    12 | 2010/01 | 02
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。