スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな事件だけれど、なんともやりきれない

社会の片隅の小さな事件かもしれませんが、なんともやりきれない話です。

 「両親が離婚して私は不幸。金持ちはむかつく。かわいい服や私立中の制服を着た幸せなやつは許せなかった」と、女子中学生が同世代の子どもたちに暴行を繰り返していたとか。

 今の時代、私の周りにも両親が離婚している子どもは何人もいます。
 それぞれ、大なり小なり傷を負っているようですが、それでもこうしたねたみをその子たちに感じたことはありません。

 そうした子どもたちを、お母さんは、あるいはお父さんはどれだけ大切に思い、辛抱強く育ててきことでしょう!

 あるお母さんは、親の経済力に頼ろうとすればできたけれど、それは嫌だった、離婚を選び取った私の矜持です、と言い切りました。
 私のちょっと年下のお母さんですが、古き良き日本人の、けっして豊かではないけれど清々しさを感じさせる言葉ですね。

 ですから、おいおい、自分を不幸だと断じ、さらにそれを親の離婚のせいにするなよ、と言いたくなります。

 しかし、今のような都会の消費生活の中で経済的に苦しいのは、かなりのストレスを生むのは確かでしょう。
 おまけに、ワーキングプアという言葉に表されているように、これまで満足とまではいかなくとも一家をなして何とか生活してきた層がいよいよ追い込まれていくかもしれない、そんな社会が現に目の前に広がっていて、今のところ好転の兆しが見えそうにない。いや、状況はもっとひどくなるのではないか、とみんなが感じてる。

 で、私立中学の制服を着た子を”おじょうさま”ととらえて憎悪の対象にする、そんな精神構造は子どもだけではなさそう。

 また、”おじょうさま”に見える人だっていろんな人がいて、いろいろな問題を抱えていたりするわけですが、露骨に「他人の不幸は蜜の味」的な言動を見せる人もいます。

 人間感情のいやらしさは洋の東西を問わずに存在するとみえて、アメリカにはプレッピーPreppy、Preppieなんて言葉があります。
 大学進学のために名門私立学校に通う子供たちを指しているようです。

 この言葉を私は、70年代初頭の日本で流行った『ある愛の詩』の解説で知りましたが、映画は見ておりません。
 が、いちおう、お坊ちゃん育ちの男性とイタリア移民の貧しい女性の運命的な出会いと彼女の死による別れのストーリだ、ぐらいのことは知ってます。
 この女性が、初めこの大金持ちの息子をプレッピーと呼ぶのだそうです。侮蔑の意味も込めて、ちょっと強がって見せたのかもしれません。 

 さて、私が子供を育てながら、あるいは老親を看ながら、良くも悪くも目にしてきたのは、日々、地を這うような生活をして子どもたちの成長を楽しみにする、自分も含めたこの国の庶民の姿。

「ドングリの背比べ」という言葉が昔からありますが、競争心を燃やしながらもみんながドングリだと結構心穏やかにしていられるようです。
 けれどそこに異質なもの、刺激的なものが現れると、たちまちにして心の均衡が破られる。

 人は馬鹿にされることを嫌いますから、警戒心という鎧を着て、憶測で様々な場面を想定してこれに備えますが、さらに尾ひれ背ひれがついて憶測を膨らませることもあります。

 子どももきっと同じなのだと思います。金持ち層に見えて幸せそうに見えるのが癪に障る。
 それで馬鹿にされるのがいやだから、不必要に大きな声や態度で相手を威嚇して弱みを見せまいとする。
 傍から見るとその状況はよく分かるのですが、当の本人は必死です。

 それはそれで仕方ないにしても、群れて多勢を頼み、暴力で憂さを晴らす、これはいけないでしょ。
 昔から言い古されたことですが、貧しくとも、心まで貧しくなってはいけないでしょ。

 両親の離婚はそれぞれの事情があることでなぜ離婚をしたのか私がとやかく言うものでもありませんが、なぜ離婚した母親と子の家庭が貧しいのか、どうして自分を不幸だと思うのか、考えてほしかったと思います。

 
   人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

消費税論議は霞ヶ関の謀略だ!

消費税上げ、法案付則案を自民部会・政調審が了承 自民党の財務金融部会と政調審議会は22日午前、政府が提示した2009年度税制改正関連法案の消費税に関する付則案を了承した。  政府は、23日に自民党の党内手続きが終了した後、臨時閣議で同法案を決定する...

”ChaNge the WoRLd” 減税が必要なのに増税を叫ぶ馬鹿と軍備を自慢したい馬鹿=麻生

昨日 増税の基本スタンスと 海賊退治を装った 軍備の海外披露について 言及した! ? 今やるべきコトは減税! 減税要求をされるとまずいので 増税という言葉でマスコミをリードしている。 乗っかっているマスコミもまた愚かであるが。 ? 内政がうまくいかないの...

ドタバタ劇が語り草のテサロニケ氏STKよりもまだお粗末な晴天とら日和さんの【政権交代】を目指すブログ結集!リスト。

 このリストはちょっと見ただけでも突っ込みどころ満載、ドタバタが語り草のSTKリストよりもまだお粗末だ。 1、「結集リスト」じゃなくて勝手に収集しただけなんだから「収集リスト」でしょう。(笑) 2、阿部知子氏、岡田かつや氏、辻元清美氏、鳩山由紀夫氏、福島...

旧約聖書の神とユダヤ・キリスト教の犯罪性

『無茶ぶりな旧約の神』 宗教書として旧約聖書ほど、これ程あからさまに内集団と外集団とを差別しているものは有りません。 実は新約聖書の福音書のイエスの言葉「汝の敵を愛せよ」の意味も本来はユダヤ人「内集団内の敵」の意味で外集団の人々は「人間」の範疇に入れて

土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年1月24日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・わたりの証言{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・消費税と付則{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・新聞の切り抜き三つ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループ...

写真展 大浦湾の生き者たち&SAVE サンゴ・イベント

関東での写真展のご案内です。多くの方に見ていただければ幸いです。以下、転載歓迎です。=============================================【写真展】 ワッター海の写真展III 大浦湾の生き者たち【開催期間】2009年1月28日(水)~2月2日(月)10:00am~5:00pm (2月2日の

「管理教育は、連帯せず分断しやすい国民を作る」 (by 秋原葉月さん)

『「年越し派遣村」への「批判」が日本を崩してゆく』と題した記事を書きました。その中で、kechackさんの「政治に関心の薄い層に残る自己責...

滅べ自民!治れぎっくり腰!消えろ石原!

※ 写真は時事通信よりお借りしました  ありがとうございます。http://www.jiji.com/jc/p?id=20090124202218-7663465&n=1 ************************* なんだかやりにくい とっても寒かったり とっても暖かかったり 腰痛+気温の変化に 体が順応できない。 そし

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。