スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモがねぎを背負っていくアソウ首相の訪米

楽しみにしている田中良紹さんの記事。

 18日は5つの「ハ・ズ・カ・シ・イ」でした。

 1つめのハ・ズ・カ・シ・イは、「公」と「私」の区別がつかない政治。

  中川氏が予算の成立に自らの辞職を絡ませたことに対する痛烈な批判。

 2つめののハ・ズ・カ・シ・イは、クリントン国務長官の初のアジア歴訪で真っ先に日本を訪問したことに喜びを隠せない政府と、政府の言い分「日本重視の表れだ」をそのまま報じるより能のないメディア。
 
「大事なことは日本が世界でどう生きていくかを自分の頭で考える事だ。他人の視線ばかり気にする人間が周りからバカにされるように、アメリカの視線を気にする日本はアメリカからバカにされる」と、田中氏は言う。

 3つめのハ・ズ・カ・シ・イは、日本の主権問題であるにもかかわらず、米国に助けを求めに行く「拉致問題」。

「自国の問題でもない事で解決に乗り出す事は出来ない」「ヒラリーは国務長官として拉致家族とは面会しなかった。権力から離れた一人の母親として面会した」と語る。

 4つめのハ・ズ・カ・シ・イは、「危機なのだから早く国会で予算を通すべきだと主張した」、「民主主義も議会も分かっていない」“眉間にしわ寄せキャスター”に見られるような、愚かなジャーナリズムが幅をきかせている私たちの国。

 5つめのハ・ズ・カ・シ・イは、「一生懸命外務省が『お願い』をして24日にオバマ政権初の賓客としてワシントンに招かれる事になった」アソウ首相の姿。

「足下を見られて不利な条件を持ち出される可能性がある」。


 5つのハ・ズ・カ・シ・イのうち、実に3つは米国に関わるものでした。

 歴訪の最初の訪問国ということで、なぜ政府がそんなに喜んでいるのか、私も大いに疑問を感じていました。

 そしてオバマ政権初の賓客になるのがそんなにうれしいのか、ということも。

 これについては、アソウ太郎首相のメンツのために、私たち国民に不利益がもたらされる可能性はないのでしょうか? 
 つまり「足下を見られて不利な条件を持ち出される」のが関の山ではないか、という懸念が消えません。

 だって、オバマさんの方だって必死でしょ?
 
 人類愛のために政治をしようという訳じゃないですから、日本の都合にお構いなく、自国の利益のためにいかに有利に事を運ぶか、それこそ真剣勝負でしょっ。

 そこを同盟国だ、最重要国の証だ、と言いながら、満面笑みを浮かべてのこのこ出かけていく。
 それも、いっとうさいしょに僕を呼んで、とこちらから頼んで……。

 こういう時、昔の人は言ったのじゃないかしら。

 カモがねぎを背負ってくる、と。


   人気blogランキングへ  
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コイズミ再登場 なんかいやらしいパフォーマンスだなあ

沖縄県北中城村での殺人事件・・・・うちのすぐ近くで、何が起きているのか心配です。 テレビではそのニュースを見たかったのですが、アッソー・ナカガワ・コイズミのニュースばかり。まいった。 定額給付金に反対。3分の2を使ってまでの議決には欠席する云々 ロシアの

増税与謝野に丸投げ政権

衆院に確か303人 参院は82人 と認識しているが それだけの自民議員がいるのに 与謝野ひとりのが経済関連独占閣僚! なんか変だ! みんな大臣病のはずなのに 今回は誰も手を挙げなかったのかな? いや 麻生が信用できる議員がいないということか! & 人が...

春闘は誰の為?

春闘:電機業界の労使交渉始まる 認識の差大きく  電機連合傘下の労働組合の09年春闘の要求が19日出そろい、春闘相場作りに大きな影響を与える電機業界の本格的な労使交渉が始まった。各社とも前年(2000円)を大幅に上回る4500円のベースアップ(ベア)を

2月16日の民主松野質疑はGJ⇒個別の簿価と固定資産税評価額表。寺崎等下っ端から犠牲者が出る前に、竹中・宮内を喚問しろ。

(クリックすると拡大。元の画面に戻るには写真右上の×。ココログの仕様変更(苦笑))  まず、2月19日東京新聞一面見出しの写真。「かんぽの宿 税評価額は簿価の7倍」  次に、日本郵政株式会社が衆議院財務金融委員会に提出したかんぽの宿の土地取得・建物費用と...

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年2月20日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・尾を引く中川問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・次の選挙と次の顔{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・医療問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループの...

また戦争プロパガンダが始まったー日本語版によせて

ポンソンビー卿への感謝 ブリュッセル自由大学で『歴史批評』の講義を担当する事になったとき、恩師であるスタンジュール教授が、座右の書として、そして講義の要になるものとして熱心に勧めてくれた二冊がある。 一冊目は、ジャン・クリュが、戦時に行われた証言につい

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。