スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学生が覚醒剤容疑で逮捕って……

政治の態勢にはまず影響ないけれど、当事者や関係者にとって一生を左右するほど意味の大きいものってありますよね。

 中学3年生の女の子が覚醒剤使用容疑で逮捕されたというニュースで、何年か前の出来事を思い出しました。
 いわゆる難関大学に通っていた女子学生の話。
 
 今でも健在だろうか、いや、“健在”というのは違う。
 一度は親の庇護の元に戻ったのに、そこから逃げ出してしまったのだから、健康な体でいることはたぶんない。
 今でも、生きているだろうか? 

 話に聞くばかりで一度も会ったことはなかったけれど、若い人の惨い話は胸を突きます。
 おそらく勉強のことしか知らなかった、おとなしい、まじめな女の子だったのでしょう。

 念願かなってさる難関大学に合格。同じ大学にはすでにもう一人のきょうだいも通っていました。
 きょうだいそろっての合格に、親御さんはさぞかし鼻が高かったに違いありません。

 これっといって友人も作らず、日課をこなし単位を取って1年、2年と過ごすうち、きょうだいは卒業。

 そんなとき、心に吹くすきま風に誘われたか、どういうわけか、パチンコ店に足を運びます。
 はじめてパチンコに行ったときのことか、それとも何回か経験した後かどうか、知りません。
 とにかくパチンコ店で若い男性が近づいてきて、いろいろ親切にパチンコを教えてくれたのだそうです。

 そうしてパチンコから、というより問題の男性から抜け出せなくなったとき、覚醒剤に誘われたということでした。
 覚醒剤の提供者はその男性。

 以後、親が送金する学費は覚醒剤を入手するために使われます。
 もう卒業する年だろう、と親が言えば、大学院に行くから、となおも学費を要求。
 そのうち、大学の学生課は学費未納を親元に通知。

 その段階でも、万事優秀でまじめに学校生活を送ってきた姿しか知らない親は、覚醒剤におぼれる我が子のことは想像だにつきません。そして下宿先をすでに変えていた我が子に連絡がつかないことを心配するばかり。

 そのとき、当の子どもは何回かの転居の後でした。
 アパート代に手をつけるようになって、さる宗教団体が運営する無料の寮に入るも、そこでのお勤めを守ることができずに、結局、某パチンコ店の寮に入る結果になっていたのです。

 このとき、この女子学生の生活がどんなものであったか本人が話したわけではありませんから分かりませんが、第三者には疑念を抱かせるのに充分なものでした。

・午前中の講義に出てこられない。
→ 夜のバイトをしているという話でしたが、毎回出てこれないというのはおかしい。

・親からは十分な送金があるはずなのに、全くというほどおしゃれをしていない。むしろかまわないほど。
→ 女の子がおしゃれにもお金を使っていないとすると、いったい、何に使っているのか。
  趣味に使っているという話は聞いていない。
  同級生の間では、男性に貢いでいると噂されていた。
   

・顔色は土色。浮腫んでいるのか、ほおのところには眼鏡の跡がついている。
→ 覚醒剤をとっていれば、脳ばかりか、肝臓や腎臓だってやられてしまうのではないか。
  一生で一番きれいな年頃、二十歳前後の女性が、つやもない肌でべたっとした土色の顔をしているのはやはりおかしい。どこかで健康が損なわれている。

 この女子学生はその後親元に帰ることができ、入院治療もしました。病院の鉄格子を見て、さぞ親御さんは衝撃を受けたことだろうと思います。

 そして何ヶ月かして、退院後、親の目がなくなったとき、出奔。

 その後のことは知りません。
 入院治療しても、覚醒剤摂取で一度壊れてしまった人格は元に戻るのでしょうか?
 再び覚醒剤に手を伸ばしていたら、命だってどうなるか分からないのでは?
 あれからご両親は、我が子と再び会うことができたでしょうか。

 ……

 できればこんな出来事、単なるお話であれば良かった、と思うのですが。


     人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来る解散・総選挙に向け、忘れまい3年半前の日本の9・11とあの時の悔しさを、言いようのない怒りを。ブログ記事を収集す。

 間もなくやってくる解散・総選挙、それにつけても思い出すのは3年半前の2005・9・11郵政選挙です。まんまと小泉のワンフレーズに国民が騙されました。  その結果がその後の日本に大きな傷跡を残したことは、去年からの年越し派遣村に見られる格差の問題、また

26年前の中川一郎怪死事件

1983年1月9日 前年には自民党総裁選に出馬したほどの自民党の大物政治家であり、泥酔会見で国際的に超有名になった中川昭一前財務大臣の実父でもある中川一郎元農相(当時57歳)が宿泊先の札幌パークホテルの浴室で死んでいるのを発見される。 当初、死因は「急性...

火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年2月24日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・アカデミー{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞記事から厚生年金{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・目に付いた記事三つ・他{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護

泡瀬干潟・大浦湾イベントのご案内

2/26(木)夜のTBS NEWS23必見です。泡瀬干潟の特集が報道されます。今回はお知らせするイベントがたくさんあります。泡瀬干潟を守る東京連絡会という会が出来ました。とても心強いです。1)泡瀬干潟シンポジウム 3/15 沖縄********************************************

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。