スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「無罪推定」を知らない人が総理?!


 そういえばハリソン・フォードの主演で映画にもなった法廷小説に推定無罪がありました。
 あれはもともと「無罪推定」を意味する原語を、訳者が「推定無罪」としたものです、たしか。

 この本は、

「わたしは検察官です。
 わたしがここにいるのは、この州を代表して、犯罪の証拠をあなた方の前に提出するためです。そして、あなた方全員が、これからこの証拠の重さをはかり、慎重に考え、これが被告人の罪を立証するものであるかどうかきめるのです」

 という主人公の冒頭陳述で始まります。
 有罪かどうか、犯人かどうか、まだ決まってません。

 ついでですが、この本には、タツオ・クマガイという日系の監察医が登場します。この監察医は、私たち日本人にとってはかなり不快な表現で描写されていて、めっぽうおもしろいこの小説の中で唯一の汚点かも。
(おまけに、私の記憶に間違いがなければ、60年代の日本で、日系の監察医が米国(サンフランシスコ市警だったか、ロス市警だったかな?)で活躍していると、けっこう評判になっていたのです。
 この日系人の扱いに、田中良紹さんが時々語る米国人の日本人理解を垣間見る気がします。
 

 まあ、この本が例にもち出される以前に、遅くとも国会議員になった時点で、いえ、もっと遅く、もっと大目に見て、総理になった時点で、「無罪推定」は知っておくべきではなかったか、と思います。


      人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シロアリ産経】企業献金禁止に及び腰なのは利権談合体質なジミンの方だろうが!【提灯記事】

 以前から何度か触れているが、 「何人も有罪と宣告されるまでは無罪と推定される」という「推定無罪」は近代刑事法の基本原則 である。ましてや起訴すらされていない状況であれば尚更である。  準大手ゼネコン西松建設による巨額献金事件に関して、東京地検特捜部に問

火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年3月17日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今朝の新聞記事から・1{/arrow_r/} (ここからお入り下さい) 2・今朝の新聞記事から・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・海外問題{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護

何か問題でも

東京は一気に春になった感じですが朝晩はやはり寒いです。 季節の変わり目に風邪をひ

めくそが笑うはなくそが

後輩ブログの大脇道場に以下の私の川柳と短歌を紹介していただいた。

ありがとう、そしてさようなら六本松

六本松九大跡地を考える連絡会から頂いた明日の行事の案内です。 あと数日で母校九州大学の六本松キャンパスが無くなります。

同窓会

今夜は大学時代の仲間とのクラス会があった

拝啓 小沢一郎様

小沢一郎さんにメールを送りました。 そして写しを地元の民主党の候補に送りました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。