スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワシントンを買い占めた米国金融業界は、東京も買い占めた?!

おお! すごい!と思わずうなった(?)、日刊ベリタに載る記事「ワシントンを買い占めていた金融業界 なんと50億ドル、3000人のロビイスト」

 要は、昨年2008年までの10年間で、アメリカの金融業界は莫大な金を費やし、びっくりするような人員を投入して国の法規制を自分たちの都合の良いように変えてしこたま儲け、一般納税者が今そのつけを払わされている、ということ。

 なるほど、自分たちの国でこれだけのことをするのだもの、この日本にも同様なことを仕掛けるのはいとも簡単だっただろうな、これほどまでの金額と人員を使わないまでも、コイズミ-竹中路線に狂喜するように日本人を踊らすのは、とつくづく思いました。

 怒濤のごときアメリカ政界への攻勢は、あのAIG・アリコのテレビCM攻勢の規模を大きくしたものだろうな、日本政界への工作がどの程度やられたかは分からないけれど、日本のメディアを札束で動かすことぐらいは朝飯前、赤子の手をひねるようなものだろうし、日本ではロビイスト自らが丸投げ総理の命を受けて経済財政担当大臣になってしまって、ウォール街としては笑いが止まらない状況だっただろうな、と思わせるのに十分。

 従来語られてきたコイズミ-竹中路線は売国政策だ、という話がいよいよ真実に思われてきました。

 ふー。

 なお、金融業界のお好みのロビイストは元政府関係者だ、ということについては、デモクラシー・ナウでトーマス・フランク氏も言及していました。

 昨日BSに登場したバンク・オブ・アメリカの創設者の孫の女性は、現在の同行の姿勢を嘆き、祖父は融資の際相手の手を見た。実直な働き手の手かどうか判断して融資をきめたものです、と語ってましたっけ。


 以下は、Wall Street Watchにある日刊ベリタの記事で省略されていた米国の政策変化(これを日本では「構造改革」と称してました)を12の段階に分けて追ったもの。拙訳でどうぞ。
 なお、( )内は私の付け足した説明です。

1.1999年、議会はグラス-スティーガル法を撤廃したが、これは普通銀行業務と投資銀行業務を同一銀行が行うことを禁止していた。

(なお、このグラス-スティーガル法は1933年に成立したもので、銀行の証券引受業務や株式の売買を禁止するなど、銀行業務と証券業務の分離を定めた4カ条を指すことが多い。世界大恐慌の反省から、預金者保護・銀行経営の健全性確保を目的として制定された。しかし、1999年のGLB法(グラム=リーチ=ブライリー法)によって、この銀行と証券の分離条項は廃止された)。

2.貸借対照表に記載しない決算が取締諸規則で可能になった――銀行が負債を隠蔽することができるトリックだ。

3.クリントン政権は商品先物委員会CFTCが金融派生商品を規制するのを阻止した――これは大規模投機が発達するのに大きな役割を果たすことになった。

(Commodities Futures Trading Commission CFTCは、米国の政府機関のひとつ。米国内におけるオプションや先物の取引所ならびその会員に対する監査権限を持つ。商品先物取引委員会。
NFA(National Futures Association)が行う活動における監視機関でもある)。

4.商品先物近代化法CFMAが2000年議会を通過して、金融派生商品の規制が禁じられた

(この法案を通すのに大いに力のあったフィル・グラム氏は元上院財政委員会の共和党のトップで、 金融サービス近代化法the Financial Services Modernization Act FSMAを通すことにも尽力した。彼は、5万人の米国人の課税のがれを手助けした世界有数の投資銀行UBSのスタッフの一人)。

(なお、新規商品の上場について、2000年以前は、取引所の申請に基づくCFTCの事前認可が必要であり、認可基準として、「重要な経済的意義」及び「公共の利益に反しないこと」が定められていた。
 2000年の商品先物取引現代化法CFMAにより、新規上場に係るCFTCの事前認可制が廃止され、原則として各取引所の判断に委ねられることとなった)。

5.2004年、証券取引委員会SECは、投資銀行が従来に比べずっと高レベルの債務を負うことができる自主規制構想を承認した。

6.金融業界の依頼によってグローバルな規制当局が承認した諸規則によって、普通銀行が自行の資本準備金の要件を、自行内のリスク評価モデルに基づいて決定することが可能になっただろう。

7.連邦政府の規制当局はこの10年間の初期に蔓延した略奪を目的とした融資の履行を阻止しようとしなかった。

8.連邦政府の銀行監督機関は、略奪を目的とする融資等不正な慣行の影響を弱める国の消費者保護に関する法律に優先する権限を要求した。

9.連邦政府の諸規則によって、不正な融資の犠牲者が最初に融資した銀行からその融資を買い取った企業を訴えるようとするのを妨げるものだ。

10.ファニーメーとフレディー・マックは、それまでの事業範囲を超える業務に手を広げ、サブプライム市場に参入し、最終的に何千億ドルも納税者に負担をかけることになった。

11.独占禁止・関連規制主義を放棄することによって、大きすぎてつぶせないメガバンクを作り出すことが可能になったが、それは小規模な銀行よりもずっとリスクを抱えた。

12.利権争いがつきまとったため、不動産担保証券の質についての民間信用格付け会社の査定は不正確だった。つまり、2006年の法によって証券取引委員会SECは企業を適切に規制することができなくなった


 さあて、こうした米国での法改定が今日の金融危機を招く大きな要因になったようですが、日本でも規制緩和、構造改革のかけ声に乗ってずいぶん色々な法改定がされましたね。
 あらためて、その検証が必要だ、と思いました。

(小沢-西松問題の米国陰謀説が、ちょっと真実味を帯びてきたかな?)

    人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イチローくん狙い撃ちを「陰謀論」で読み解く

僕らは「新自由主義・改憲VS反新自由主義・護憲」の戦いを 戦っており、後者だ。前者は、この戦いに勝つために大きな罠を仕掛けた。 戦いの構図を「自民VS民主」にダミー化したのです。この仕掛けは、 まんまと図に当たった。自民党政治に対する国民の不満は、 民主党...

火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年3月24日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 ブログを始めて二年半ほどになります。 併し、歳と共に継続することに体力がついてこず、診察を受ける診療科目も一つ二つと増えて老いを痛感するようになりました。 明日から10日ほど体力が回復するまでブログ

民主党よ、冷静になれ!

民主・小沢代表、続投の意向を表明 小沢一郎・民主党代表の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は24日、同会の会計責任者で小沢代表の公設第1秘書・大久保隆規容疑者(47)らを同法違反(虚偽記入、企業献金の受領など)の罪で東京...

笑うた~♪♪ 『当たるわけがない』 by 「政府筋」

→来月初旬、ヤップから日本上空へ打ち上げ予定の弾道ミサイル人工衛星です、な~んちゃって^^ しっかし、こんなのなら平和でいいなあ。モノはこっちの子供たちの遊び道具にもなってるハナショウガ(Zingiber zerumbet)、別名シャンプー・ジンジャーとも言うみたいで

説明責任が十分でない小沢氏と検察

公設秘書起訴 小沢代表続投後のイバラの道(3月25日付・読売社説) 民主党の小沢代表が続投を表明したことを、すんなり納得する人は少ないのではないか。民主党の行く先には険しいイバラの道が待っている。  東京地検が、小沢代表の公設第1秘書を政治資金規正法

小沢続投を支持する

 本日、民主党の小沢代表が秘書の国策起訴をうけて代表続投を表明した。心からその決定を支持する。  国民に支持されない政権党が警察権...

ムペンバ効果の何が問題か

ムペンバ効果について今まで何回も詳しく書いてきたが、長すぎて何が問題なのかを理解出来ない人がいるようなので、『何が問題点であるか。』?概要を少し説明したいと思います。 当該のNHK放送では、 『高温の水の方が、低温の水より早く凍る』 と明確に断定する。...

拝啓 小沢一郎様へのコメントについて

昨日の記事 拝啓 小沢一郎様http://ootsuru.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-d5bb.html に対してこんなコメントを頂いた。

なあんだこれ?寒いkimeraと社会保障と自民

アクセスを深く感謝いたします。 少しだけ状況が良くなってますが 4月7日から 完全なネット接続環境に戻る予定。 新しいルーター設定は6日夜になります。 無線ランの設定がありますので これから女房との攻防です。 所有の無線機はXP止まりで Vista用のドライ

凌雲会の仙石・前原・枝野・小宮山の豚どもと、蓮舫、横光のノータリンは、白川勝彦さんのこの言葉をかみしめよ。

 以下、必読です。 (以下転載始め) 天は自ら助く者を助く。【永田町徒然草(白川勝彦さんのBlog)】 http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=961#morehttp://www.asyura2.com/09/senkyo60/msg/776.html 09年03月26日 No. 昨日、WBCで優勝し

小沢さんどうする!7二階さんどうする?4

03月27日)の日経の春秋 毎日新聞によると二階氏問題で新たな問題が発生したようだ サンデー毎日4月5日号 週刊朝日4月3日号 西松建設とイオンの深い関係 buhikunの日記の記事

小沢秘書は容疑否認!じゃあサンケイ記事はでっち上げだ!やらせだ!世論誘導だ!

記憶に間違いがあるかもしれないので 一応調べてみたが 小沢秘書の大久保氏が 容疑を認めたという記事は これが一番でないにしても かなり先行した記事だと思っている。 この後でスポーツ紙には出てきた。 その記事はこれ! ******「サンケイ」**************【西...

新興カルト宗教化した『ニセ科学批判』

『NHKムペンバ効果に見る社会の幼児化』 水の結氷の様な単純な現象でも外気の温度だけではなく風の向きや風力、結晶の核と成る埃や不純物の有無、過冷却を止める振動なんかまで影響してきます。 ましてや秋葉原無差別殺人の原因なんかは無数の要因が複雑に絡み合って

厳しい緊張関係を持った友誼関係を

このブログではブログ紹介と言うカテゴリーがあっていくつかのブログを紹介してきた。 今回は「カナダde日本語」を紹介します。

サンデープロジェクトを見ての感想

今朝(3月29日)のサンデープロジェクトを見ての感想です。 (いろんな人の発言が入っています。)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。