スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚インフルエンザとWHOと日本政府の張り切りよう

突如、降ってわいたかのような豚インフルエンザ。

 年金問題がメディアを賑わしていた頃しきりに登場していたマスゾエ氏が、ここに来てまた張り切ってます。
 石破氏も、そしてタロー氏も、

「国家の危機管理上の重要な課題だ。政府としてきちんと対応しなければならない」

 と。

 この方たちが騒ぐとどうも信用できません。
 メディアもまた連日の報道で、これまた眉につばをつけたくなりますから、半信半疑どころか疑いの目で見ていたのですが、とうとうWHOが、「フェーズ4」に警戒水準を引き上げましたね。

 私、以前の経験もあって、WHOは信用しているのです。それで、実は私用で米国行きを計画していたのですが、取り止めました。

 その経験というのが、ボランティアでタイへ行ったとき、海のような、沼のようなところに足を踏み入れたことに始まります。
 かゆみはそれほど強くないのですが、くるぶし周辺に赤いぶつぶつがたくさんできました。

 ホテルの医務室に行っても原因が分かりません。ただかゆみ止めの軟膏をくれるだけ。
 帰国してすぐに公立総合病院の皮膚科で診察を受けましたが、珍しい、と言って写真を撮られただけで病名すら分かりません。
 我が子は「住血吸虫なら経皮感染だよ」と電話の向こうで言ってましたが。

 やむを得ずネットでいろいろと検索した結果、WHOに行き当たりました。
 そこで、自分で患部の写真を撮り、メールとともにジュネーブのWHOに送ったのです。

 半ばあきらめていたところ、1週間後に、なんとまあ、米国の医師から返事が来ました。
 WHOが、私のメールを専門医のところに転送してくれたのです。

 私のブツブツは、オーストラリアなどで「ペリカンイッチ」と呼ばれる住血吸虫の症状に酷似している。
 鳥類につく住血吸虫だから人間の体では生きられないので、そのまま放っておいても大丈夫だ。

 と、まあ、そんな内容でした。

 血液検査も薦められましたからその通りにしました。
 で、そのまま放って、いつの間にかブツブツもなくなり、そのあといつもの肌の色に戻るのにはちょっと時間もかかりましたが、結局、何事もなく終わったのです。

 多分、世界中から届く無数のメールの中の、たった1通だった私のメール。
 それにきちんと対応してくれたWHOの職員、そして医師。

 私ばかりか、診察した医師にとっても未知の症状で、つい何かしら怖い病気を想像して不安になっていたところですから、WHOからの返事にどれだけ安堵したことでしょう。 

 そういうわけで、私はWHOを信用しているです。


 それにしても、

「国民に申し上げたいのは、第一に、正確な情報に基づき冷静に対応することが最も大切。第二に、メキシコなど発生国への渡航を避けることの検討。第三に、マスクや手洗い、うがい、人込みを避けるといった個人予防策が極めて重要ということだ」

 と語るマスゾエ氏。

 ふん、これまでどれだけ正確な情報を国民に流してきた? 
 たいへんだ! 大ごとだ! と大声で言われても、にわかには信じられなくなってしまったのよ、と心の中で吠えまくったことでした。


      人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

豚インフルエンザ 備えておくこと、忘れてはいけないこと

日本の通常のインフルエンザによる年間の死者数は、500人くらいと発表されているけれど、実はこの数の中には、他の病気を併発して亡くなった...

北野誠の処分原因の発言内容を隠した謝罪会見

芸能界から追放と申し渡されたと聞いていた北野誠が、昨日TVニュースに出ているのを見てオヤッと思っていたら、丁度主人が買っていた週刊ポストに、北野誠の記事が載っていた。 理由も言わずに芸能界追放処分という事で、「若者を中心に相当数の抗議や電話が、松竹や降板

水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年4月29日 水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・関西朝日新聞・4P政治編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・関西朝日新聞・5P政策編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・インフルエンザ海外の対応{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・三つの物語{/...

[参考情報] 民主化の象徴的トポス、ドナウ・ベントに共鳴する伸びやかなララ・ファビアンの歌声

[副 題] カナダのヒューマンな歌手、ララ・ファビアンをご存知ですか?(2009-04-26記事の修正・リメーク版) 【画像】ドナウ・ベント辺りの風景(2009.3.24、撮影) ・・・この画像は、「ドナウ・ベント」へ入る直前のナジマロス(Nagymaros)辺りのドナウの風景をヴィシ

続、北野誠の無期限追放と北九州市選挙違反事件

北九州市議選の偽投票:容疑者、候補に応援申し出 次点落選者「断った」   北九州市議選(2月1日投開票)で偽の投票用紙66枚が見つかった事件で、詐欺容疑で逮捕された同市小倉北区井堀2、建設業、山村速人容疑者(33)が選挙前、特定の候補者(当時)に「応援し...

噂をしていると

豚インフルエンザ→新型インフルエンザと最近は呼称が変わったようです。マスコミは。 サッカーの観戦をしながら親同士でメキシコ・アメリカでインフルエンザに感染したまま、沖縄嘉手納基地に直接来る兵隊もいるんだろうなあ・・・・ 基地間の移動はフリーパスなのかな・...

ついに豚インフル日本上陸か?

ついに豚インフル日本上陸か? 新型インフル:成田乗客「A型」陽性 ニュースを紹介します。 そしてとむ丸さんの新型インフルへの疑問と「メキシコにもうひとつ感染を重くしたファクターがあるんじゃないか」 とお玉さんの豚インフルエンザ 備えておくこと、忘れてはい...

豚インフルエンザ、メキシコの社会的危機を深める

wsws.org Bill Van Auken 2009年4月30日 豚インフルエンザの流行に対する恐れが、世界中で広まる中、ウィルスが最初に発見されたメキシコ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。