スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚インフルエンザ+より貧しい国へ大規模な養鶏・養豚場が進出していったこと+感染者に近づけば警告メール?

テレビから「新型」インフルエンザと聞こえてくるたび、新聞に「新型」の文字が見えるたびに、わざわざ「豚」と言い換えて考える私。。“ほんとうの”新型と区別するためです。

 もともと豚肉を不浄とするイスラムの国々では感染者が出ていないにもかかわらず過激対策に走り、エジプト政府は感染予防を名目に全土で30万頭以上とされる豚の処分を決定、イラクでは首都バグダッドの動物園で飼育されているイノシシ3頭の処分を決めたのだとか。

 人のこと、というか他国のことも笑えません。我が日本でも五十歩百歩のことをしています。

 すわっ、新型インフルエンザだ! とマスゾエ氏らが張り切った、疑いをもたれた方々は一応「Aソ連型」と判定されたようですね。
 このニュースを聞いて、「なあんだ」と思うか「ほれ、やっぱり」と思うか、いろいろあろうかとは思います。

 まあ、AH1N1型のインフルエンザを「Aソ連型」と言いますが、HとかNとかいうのはウィルス表面上にある分子の頭文字をとったものだそうです。
 現在、Hの方は16種類、Nの方は9種類ほどの大きな変異が見つかっていると言われますが、これって、要するにバリエーションみたいなもの?

 で、デモクラシー・ナウでは豚には罪はないと、豚インフルエンザではなくNAFTAインフルエンザだ、といわれてます。
 米国ミネソタ大のロバート・ウォレス先生が語ります(以下は、大まかなまとめ文です)。

(なお、NAFTAとは北米自由貿易協定のこと。これについてwikiでは「NAFTA成立以降、域内の貿易は拡大し、特にメキシコの発展に伴いアメリカとメキシコの貿易が大幅に拡大している」とあります)。

 豚インフルエンザ、鳥インフルエンザ、ヒト・インフルエンザはそれぞれ、主として豚、鳥、人が感染するということで、豚インフルエンザの場合、発生原因が豚、というわけではない。

 第2次大戦後、家禽や豚の飼育の形が大きく変わった。家禽革命the livestock revolutionだ。

 それまでは基本的に米国の至る所で、家禽類は裏庭で飼われていた。規模としては鶏70羽ぐらい。

 それが第2次大戦後、こうした独立した農場経営が特定企業の管理下にどんどん置かれるようになった。産業のありさまががらっと変わった。
 国中に見られていたものが、南東部の数州に限られ、規模も3万羽にまで膨れあがるようになった。

 70年代にはこのやり方が東アジアにもたらされ、今や、タイのCPグループは世界の家禽企業の中でも4番目に大きい。
 
(ふむふむ。このCPグループは明治乳業との合弁会社も設立してますし、ケンタッキーフライドチキンも経営している。日本とも関係が深そう)。

 こうした現象はIMFや世界銀行の後押しによって可能になった。(またもやIMFだ、世界銀行だ!)つまり貧しい国が経済を立ち直らせるためにIMFの融資を受けようと、外国企業に門戸を開けざるを得なかったのだ。

 もちろんこれは、国内農業に悪影響を与える。
 貧しい国々の小さな企業は太刀打ちできず、労働契約か土地を与える契約を結ばざるを得ない。だいたいが事業から手を引いて進出してきた大企業に土地を売る。

 NFTAは1994年に設立され、メキシコでの養鶏・養豚等に影響を与えてきた。
 このH1N1型の発生施設の可能性があるとと告発されているのは、スミスフィールドの子会社。

 パンデミックになる可能性はある。
 長い間に、毒性が強くなるかもしれない。

 1918年のパンデミックは、春に発生し、その年の秋にずっと多くの死者が出たという特徴がある。
 日に日に変わる状況を見ていく必要がある。


 と、ロバート・ウォレス先生は、きわめて常識的な結論を出しているわけです。

 この“可能性”があることを、いかにも“今ここにある危機”として煽ったのが、アソウ氏以下マスゾエ氏らの日本政府ですか。。

 やっぱり信用できないなあ。

 で、お粗末なのが、現在の検疫体制ではとても対応できない、検疫官が足りずに防衛省からも応援を頼み、それでも人手が足りない、という話。

 ほら、自分たちの人気浮揚しか考えずに実行に移すからこういうことになるんですよね。
 政府のどたばたにつきあわされる人たちも気の毒。

 先週、定額給付金の申請書が届きました。印刷代から整理代等、往復の郵送料がバカみたいにかかってるよねぇ、とご近所さんともおしゃべり。
 後先のことを考えないから……

 うわあ、恐ろしい。

 総務省が「感染症の世界的大流行(パンデミック)を防ぐ」という名目で、GPS機能を活用して感染者に近づけばメールが届くサービスの実験を行うそうです。

「実験は都市部と地方の2カ所で計2千人程度のモニターを募って実施。GPSの精度や費用対効果を見極め、実用化できるかどうか検討する。

 具体的には、携帯電話会社などがモニター全員の移動履歴をデータベースに蓄積。その後、1人が感染症にかかったとの想定で全モニターの移動履歴をさかの ぼり、感染者と同じ電車やバスに乗るなど感染の可能性がある人を抽出し、注意喚起や対処方法を知らせるメールを送る試みだ」

 ですって。

「新型インフルエンザ感染者が、あなたと同じ通勤電車に乗ります!」なんてメールが届くんでしょうか!?

 これって、利用、いや、悪用しようとすればいくらでもできますね。今回の騒動の狙いはこれだったのでしょうか?


 
      人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年5月3日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞の憲法に関する記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・各紙の憲法に関する社説{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・朝日新聞・裁判員関係記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

官僚制度は日本の最大の問題点か?

『官僚制度の問題点』 今の日本のキャリア官僚に問題が有るのは事実ですが、ただこの事に対する全てのマスコミの主張が余りにも横並びすぎる。 官僚の不祥事が、これでもかこれでもかと全てのマスコミから色々と指摘されて、今では日本の官僚に問題が有るのは誰でもが知...

農業自給率を問題にするのは?

今朝の朝日放送「スーパーモーニング」で、食料自由率の低い日本の現状を考えるという事で、色々検証して見せていた。 諸外国では農業の補助金は、フランスでは(たしか)80%、スイスでは100%、アメリカはお米だけだけれど80%と言っていた。 「これに比べて日

月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年5月4日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞4P国際編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞2P総合面{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・三つの映像{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

新型豚インフル・・感染者に近づけばメールが届く~?

恐い世の中っていうのは・・ こうやってはじまるのかも? 便利なものは・・「諸刃の刃」。 かならずや悪用する輩が でてくるのが、この世...

アメリカン航空感染か?ロス>成田169便の40名隔離

  ||| AAロス帰国便 成田で40名隔離 |||   ロス発成田着アメリカン航空169便で乗客発熱、成田で乗客・添乗員40名隔離 米国時間で今朝10時42分、日本時間で5月5日早朝5時42分、MSNBCの通常番組に速報で「成田空港でAA(アメリカンエアライン)が着陸時点で、新

豚インフルエンザの世界的流行に関する政治的うそと、マスコミの歪曲

Michel Chossudovsky Global Research 2009年5月1日 下記は、首題記事の、ごく一部の翻訳であることにご留意頂きたい。冒頭に

隠蔽された発生源、養豚汚染の村ラグロリアの秘密

   ||| エピデミックのグラウンドゼロ |||  メキシコ政府がふれたくない、インフルエンザ・エピデミックのグラウンドゼロ  豚インフルエンザの発生源は、スミスフィールズ養豚工場の排泄物ため池汚染? ただいま、ラビットホール降下中。新型フルーは感染国と患...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。