スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口から新しい風を!

「森田健作当選のシコリで『自民』『公明』空中分解」、そして「公明は一転 民主に接近していく」とゲンダイネットが伝えています。

 なんでも、千葉県知事選で自公が担いだ白石氏を支えたのは公明党だけで、自民党議員たちは、結局、森田氏応援に回ったうえ、麻生首相が当選後の森田氏を歓待したため、公明党が怒って、千葉市長選では動かなかったそうです。

 そして「麻生自民の大劣勢で、都議選も総選挙も『連立与党維持』は絶望的」で、「与党でいなければならない体質が染みついた公明が、今の危機的状況を黙って見ているはずがない」とゲンダイネットでは断言されてます。

 で、これとは別に、アソウ太郎氏らが有権者に隠しておきたいことを、公明党関係者が創価学会員を前に講釈しているのではないか、と疑われるようなことがありました。

 東京から同党関係者が地方に出向き、それを明かしたらアソウ太郎首相のそもそもの立ち位置が矛盾だらけであることを、お年寄りにも分かりやすく説いているのかもしれません。
 今度の総選挙では、自民党候補は学会員の票を当てにはできないでしょう。多分。

 民主に接近していくのも、有権者/納税者にしてみたら迷惑な話。
 先ずはF票を投じていた方々に、連立与党の悪政を思い出していただきたいものです。   

 
 さて、とくらさんのシンボルマークをあしらったうちわ ↓

      スマイルうちわ表    
     
  持ち手部分を除くと長さ15cmほどのかわいいうちわです。
  ちなみに裏は↓ 

   スマイルうちわ裏

 まだまだ安倍さんの地盤は強固ですが、首相就任時にかけた期待を裏切られた有権者の心が晋三氏から離れているのも、また事実。

 土日の休みもなく、とくらさんは走り回ってます。
 この春、下関市長も変わりましたし、山口から新しい風が吹くと、ほんとにいいですね。

 そうそう、市長選から選挙に興味を持ったと、中学生がとくらさんの選挙事務所を訪問してくれました。頼もしい中学生ですね。そんな話は、聞くだけでもうれしくなります。

 みなさんも下関にお越しの折は、ぜひ、とくらさんの事務所にお立ち寄りくださいね。

 absentiaさんに教えていただきましたが、こちらの英文サイトでは「『衆議院において政治改革,世代交代の双方を実現してくれるのではとの期待を抱かせる』候補者として,栃木1区の石森久嗣氏と共に山口4区のとくらさん」が紹介されています。

 absentiaさんの訳で、どうぞ。 

 3人の子供を持つ精力的な母親,戸倉多香子は安倍晋三元首相に挑戦している。山口4区は自民党にとって真に最後の砦のひとつだ。

 戸倉は,夫が周南市で中小企業を経営するのを手伝っていた。周南市は東京の約450マイル西方に位置する工業都市である。彼女の政治への関心は,地元住民のチームを率いて地域再生を計画したときに始まった。

 戸倉は私に,多くの契約者が日本の急激な景気悪化に屈する様を見てきたこと,一方でますます多くの地元住民が商売のシャッターをおろさざるを得なく なっていることを話してくれた。彼女によれば,安倍は世襲議員として目につく好例であり(父の晋太郎は外相,祖父の岸信介は首相だった),大部分の時間を 東京で過ごしており,地域の苦闘とは無縁のところにいるという。

「ここでは多くの方々が,収入内で暮らしていくことに困難を感じていらっしゃいます。 [先週承認された] 補正予算は,富裕層のためのものでしかありません」初挑戦の民主党候補は私にそう語った。「教育と社会保障サービスに投資する必要があります」

 日本の多くがそうであるように,山口には縁故びいきが蔓延している,地元住民は私が訪問した際にそう話していた。うまくやっていくためには,安倍そ の他の政治指導者たちにつながる一派におもねることが必要なのだ。しかし戸倉によれば,安倍家の裏庭でさえ,変革を欲するという人々は増える一方であると いう。

 

 ***absentiaさん、ありがとうございました***

 

     人気blogランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[原理主義の罠]“政権与党&司法”蜜月の日本! そのザマで“イラン国策大統領選”を嘲笑えるか?

[副 題] 検察審査会“法改正”に漂う「小泉⇔検察」蜜月が漏らしたスカシ屁の名残 <注記>右上の画像『カレル橋とプラハ城の風景』はhttp://home.hiroshima-u.ac.jp/ias/soukain/introduction/section/civilization/domain/area.htmlより。 【画像1】「プラハ城、聖ヴィ

『脳死』は人の死か

『臓器強奪法案?』 8時間の委員会審議で今までの『人の死は心臓死』を変更。『脳死は人の死』とする臓器移植法改正案A案が18日衆院で可決される。 翌19日には、海外での自衛隊の武力行使に道を開く「海賊対処」派兵新法、租税特別措置法、改定国民年金法が参議院

命の問題なのに棄権してはいけないと感じました。

にほんブログ村 移植法のこと書いてきましたけれど、お玉の根底にある本音はね、ドナー制度の確立を目指してほしいと願っているのね。 ...

三人の学者が語る、創造科学・インテリジェントデザインはカルト

「プロテスタントの創造科学・インテリジェントデザインはカルト」 「進化論に対する恐れから出発 歴史と神との関係を断絶させよ」 科学と宗教の重畳地帯などを模索 ?キム・ユンソン(上)韓神大教授、シン・ジェシク(写真中央)教授、チャン・デイク(下)同徳女

産経のいちゃもん記事

 ワシントンの有元隆志氏・産経新聞編集委員兼論説委員の高畑昭男氏・東京特派員だった?湯浅博氏・産経新聞論説委員中静敬一郎氏・【一筆多論】のも寄稿をしていた石井聡氏・モスクワ支局長・内藤泰朗氏の 同人誌である産経新聞の諸氏が、 6月16日から21日 まで 民主党

支離滅裂?どうにも止まらないのか迷走自民!だから保守維持のため新聞で世論誘導開始?

アクセスに感謝してはいるのですが TB・コメント返しと申し訳ございません。 ごめんなさい!!!!   と言うことで kimera以上の混乱が自民に! ******「時事通信」************総裁選前倒し賛同108人=自民・山本氏  自民党の山本拓衆院議員は22日...

マニフェストに国会議員定数削減?

民主党・・どうするつもりなの? 「マニフェストに議員定数削減」     いつも、ご訪問&応援をありがとうございます! 毎日新聞 20...

曇りの日の海は美味しそうなものだらけなのだ(笑)

一昨日の夜からヤップのまわりを雲が被いはじめ、ときに激しい雨が降ったり止んだりのお天気になった。さっきJoint Typhoon Warning Centerのサイトを見たら、それが熱低(04W)になってて、これから真西のフィリピンに向かうようだ。 それで昨夜来から激しい雨が降り

6.20 イラン 血の土曜日 デモ隊弾圧で死者19名以上

   ||| 6.20 テヘラン血の土曜日 |||  イランの主要都市でデモ隊と武装警察が激突、死者19名以上、負傷者数百名  6.20テヘラン血の土曜日 ハメネイ・アフマディ体制抗議デモで流血の惨事 ただ今ハワイ時間で20日土曜の午前11時45分、東部時間で夕方5時45

儲かっていないように見せかけて、民営化をすすめたのか?

 ブログの更新ができないのは、毎日、いろんな問題がおこって、それに対応するだけで精一杯だからですが・・・。何を書いても愚痴になるので、あまり書きたくありませんが、ホントに世襲候補はうらやましいです。(笑)  今、毎日、私が苦しんでいるようなこと(まさに...

都議選は自公が過半数を取る!アホな民主の馬鹿戦略を叱る!

アクセスに 深く感謝いたします。 今日は 政権交代を叫びながら 自己中心的戦略で自爆する確立100%の 馬鹿な東京民主の反国民的行為を ここで叱ります。 そして 改善を申し入れます。 戦略の未熟さを叱ります! 馬鹿!東京都民主党!   6/23の朝日新...

市民焼香所、黒い服を着た何者かによって破壊される

黒い制服・軍服、大漢門の盧前大統領焼香所を破壊し、逃亡 ?黒い制服を着た保守団体の構成員が24日朝、大漢門にある盧武鉉前大統領の焼香所を破壊する場面をある市民が撮影し、動画サイトYouTubeにアップした。 ソウル徳寿宮大漢門前に設けられた故盧武鉉前大統領の...

水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年6月24日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・官僚とは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・東国原知事と自民党物語・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・東国原知事と自民党物語・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

[机上の妄想]小泉ヤクザに怯え、お笑い東国春のヒトラー型“恍惚劇場”で国民を誑かす自民党の腎虚・老化政治

<注記1>当内容は、下の記事★を時局に合わせて換骨奪胎(リライト)したものです。 ★[民主主義の危機]タレント知事でヒトラー流“政治の恍惚化”の代用へ傾く連立与党の腎虚・老化的右傾化、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20080130 <注記1>「腎虚」については下(U

[芸術の価値] 「ヴェネツィア派の誕生」と歴史的リアリズムの現代的意味(改訂版‐2/3)

第二章 初期ヴェネツィア派の誕生 (ヴェネチア派、事実上の開祖アントニオ・ヴィバリーニ) 【画像1】アントニオ・ヴィヴァリーニ『玉座の聖母子と聖者たち』1446 Antonio Vivarini(ca.1415-76or84)「Triptych」Tempera on canvas 339×200cm(central) 、339×138cm(eac

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。