スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有権者の声もいろいろですね

街を歩いていると、いつも選挙準備期間に入ると公明党党首のポスターを掲げるお宅の玄関に、吸い込まれるように初老の女性たちが何人も入っていきました。
 フレンド票を求めて選挙活動中でしょうが、くたびれてひと休みかな、それとも作戦の立て直しかな? なんて、つい考えてしまいます。

 で、さる店舗に入ると、

 私など、民主党の話を聞けば、そうだな、って思うし、自民党の話を聞けば、なるほど、って思うンですよ、と若い店員が70前後の女性客に言ってました。

 思わず聞き耳を立てていると、話題は鳩山兄弟に。

 そりゃあ、弟の方が頭良い。お兄さんの方は嫉妬してるのよ、と年配女性客。

 へえ、弟の方が頭がいいんですか? と店員。

 そりゃあそうよ、お兄さんは嫉妬してるだけよと、いかにも知ってるような口調で断定。

 そこのおば様、何でそんなに簡単に言えるの? と聞いてみたい気がしましたが、自民党支持者のイメージ作戦でしょうか?

 一方下関では、とくらさんを激励してくれるおばあさんが何人もいました。
 体に気をつけてくださいね、という優しい語り口に、ほろっとします。
 正直言って高齢者の支持がそれほど多いとは思ってませんでしたので、以外でした。今、年配の方も、安心して暮らすことに不安を覚えているのかもしれませんね。

 下関在住の友人は、私の周りでもね、とくらさんていい人だよ、って言う人が多いよ。投票日? もちろん!分かってるよ! と。

 これを聞いて、うんうん、とくらさんはおばあさんにも若い人にも好かれるよね、と悦にいる私。

 かと思えば、

(とくらは)憲法改正反対だろ!? 
 自衛隊は軍隊にしなければいけないんだよ、(今のままでは)中国と朝鮮にやられるだけだ、改正に反対するやつには入れん! と、さも憎々しげに言い放つ男性もいたり。声からすると、5、60代かな。

 こうした人は、アベ氏の言辞に共鳴するんでしょうね。

「通常、民衆は戦争を望まないが、人々を指導者の言いなりにするのは簡単です。国が攻撃にさらされてると国民を煽りなさい。平和主義者のことを、国に危機をもたらし、愛国心がないと公然と非難しなさい。どの国でも同じように効果があります」
 という言葉が評判になっているそうですが。

 同じぐらいの年代の男性でも、今まで自民に入れていたけれど、今度は違う! と明るく話す人もいますが。

 いろいろですね。

 
       人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[希望のトポス]『小泉ヤクザ改革劇場』と『B層作戦=竹中平蔵式バカの作り方』のアンチテーゼ

(プロローグ) ◆持続的資本主義のカギは「民衆(国民)と法の下の企業」への回帰にある 我われは、1901年12月3日の議会で、セオドア・ルーズベルト(共和党員ながら平和主義者で独占資本規制主義者でもあった)が次のように述べたことを想起すべきである(出典:ラリー・エリ

国民審査 その2

アクセスに 深く感謝いたします。   さて お約束通り 最高裁判事 国民審査の第二弾を 行ってみましょう! 日本民主化法律協会 が 詳細なまとめを説明して下さっています。 当然 kimeraが突っ込んだように 最高裁の判事が 時の政権寄りの方が選ばれてい...

明日は、投票日。子供に、選挙の大事さを教えるのは親の務めです。

明日は、第45回目の衆議院選挙の投票日です。 出来る限り多くの方に投票をしていただきたいと思う。 何処の誰に投票をしたらいいかなどとは口が裂けてもいえませんが、最高裁の国民審査に関しては選挙違反にはなりません。 期日前投票を済ませた方もおると...

歴史的総選挙に寄せる、秋水氏の名文三作 ~その参 『選挙の標準』~

 さて、明日はいよいよ、この歴史的政治戦の決着と、日本がここから変わるであろう運命の刻を迎えます。  三連作の“取り”を飾るのは、...

日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年8月30日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・今日は投票日{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・しかし日本の国は{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

惨敗の自民&民主+野党の勝利 ・・長かった・・・

アクセスに感謝いたします。 そして ランキング応援に 併せて お礼申し上げます。   さて ついについに 政権交代がなりました! ここまで なんと長かったことか・・・・。 結果を! ? 自公  140 自民:119公明:21 ? 野党  322 民主...

感動!テッド・ケネディの壮麗なる葬儀

  ||| Fairwell the Last Kennedy |||  ボストンで行なわれたカトリック教会の壮麗な葬儀で、ケネディに最後のお別れ    ケネディ家と言う場合、単にKennedy Familyと言うよりも、  よく「Kennedy Clan=ケネディ一族」という言い回しをする。  たしかに、

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。