スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本が手放した南アザデガン油田の権益は中国に? その他雑感

選挙後の某日昼下がり、市の広報か? と思い、思わず聞き耳を立てましたが、なんだか宗教関係の街宣車だったようです。

もうすぐ世界が滅びて、すばらしい世界が開ける……信じないものは……」とか「神が……」とか、若い男の声でいろいろ、語ってました。

 時に右翼の街宣車が軍歌を大音量でがなり立てて行くことはありましたが、まさか宗教団体の街宣車が来るとは予想外。
「20世紀少年」のプロモーション? という説もありましたが、こんな過疎の町に映画の広報車を流してもしょうがないじゃない、とご近所さん。

 まあ、選挙運動中は幸福実現党の街宣車が何回か回ってきてましたから、そのあたりかもしれませんが、外に出て確認はしていませんから、断定はできません。

 いずれにしても、なんだか違和感が残ります。

 やっぱり内向きの論理だけで凝り固まっている典型が、こんな似非宗教団体なんでしょう。
 大したことではないとは思うものの、気色悪いです。
 何しろ、相手の反応がどうであれ、自身が教義に従って行動すれば、それだけで評価されるみたいですからね。


 で、選挙中大活躍した舛添厚労相。

 山崎拓元幹事長の総決起集会で「どういう選挙結果になっても、自民党を再建する必要がある。舛添氏は有力な 総裁候補だ」と山崎氏が言えば、舛添氏も「山崎氏とスクラムを組んで立て直したい」と意欲を示したし、鳩山邦夫前総務相は 「日本一総理にしたい男。舛添総理になったら(私は)副総理でいいからよろしく」と訴えたと報じられています。

 「(逆風だからこそ)厳しいことを言わないとダメなんですよ」と身内批判の理由を話したりして、約7時間で計8カ所の演説をこなすハードスケジュールにも、「体は全然、平気ですよ」と話し、「後半戦へ向けて力をみなぎらせた」(8月23日産経ニュース)とか。

 その後、その党立て直し戦を降りるニュースが伝わってきましたね。

 以前聞いたマスゾエ氏の子ども時代を知る人の話から、クソ生意気なガキ学童が容易に想像できましたから、そのイメージと毎度の言動との一致に、思わず笑っちゃいました。

 さて、前回に引き続き、世間の関心が選挙一色だった頃、こんな話があったんだ、とあらためて日本外交のダメさ加減を痛感したこと。

 森永卓郎氏のコラム「厳しい時代に『生き残るには』」の、イランにある南アザデガン油田の権益70%を中国が獲得する、という話です。

 いつだったか、ブッシュ政権の圧力で、多大な尽力と財力をかけてどうにか獲得したこの油田の権益のほとんどを手放してしまった、という報道があったことを思い出しました。
 おそらく、権益獲得のためにイランと交渉した現場の方々の努力は大変なものだったでしょう。

 それがこうした形、つまり日本にとってかわって中国が権益の大半を獲得する、ということになったわけで、資源獲得に熱心な中国の姿勢を見れば、これは当時から予想されていたことでしょう。

 wikiによると、イランの核開発疑惑が浮上してアメリカ合衆国から要請を受けた最初が2002年頃。その後アフマディネジャド大統領の誕生によって、この要請がさらに強まり、最終的に10%を残して権益を手放したのが2006年10月。

 この3日のロイター配信のニュースでは、

「国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は米科学誌とのインタビューで、イランが核兵器を製造する可能性は当面はなく、同国の核開発プログラムの脅威は誇張されていると述べた」そうです。
 
 う~ん、コイズミ政権の下、日本は疑惑の段階で重大な決意をしてしまったわけか、そして最終的な決定がコイズミ政権を引き継いだアベ政権の下で実行に移されたわけですか。。

 まあ、もともとイランの核疑惑については、たしか民間の1ジャーナリストに過ぎない田中宇さんも疑問を呈していたくらいですから、政府・外務省だってブッシュ政権の主張を鵜呑みにしていたわけではないんでしょう? と思いたいですね。

 でも、結局、恫喝に屈したのか、10%を残すだけにして権益を手放し、そこへ入ったのが中国ということになった。。

 え~っと、よく思うのですが、国内ではまさにいろいろと権謀術数を繰り出されていたりするのですが、それが国際間になるとまるっきりダメになる、というのはどういうことなんでしょうか。

 いえ、権謀術数を推奨しているわけではないのです。が、握手しながらも腹の中では舌を出している、なんて図が見えそうな時ってあるじゃないですか。

 見かけの握手や反目に翻弄されてきた日本って、1939年に独ソ不可侵条約が結ばれたのを見て「欧州の天地は複雑怪奇」という言葉を残して内閣総辞職した平沼騏一郎を思い起こさせます。

 もしかしたら、裏の舌出しや握手に気づきながら、翻弄されたように見せかけたのかも……う~ん、私の乏しい知識では分かりませんが。 でも、結果的には、日本は大損した、ということでしょ?


    人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年9月4日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日の民主党関連記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・特別国会と気になる記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・大物と新人{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

まずは一歩。しかし大きな意味のある一歩である(1)

 先月衆議院選挙の結果は、「自民・公明大敗。民主圧勝」という結果に終わりました。  100%完全な結果ではない。  まだまだ問題を抱...

おこんばんわ。さよならは石原のために!そして自民のために・・・!

アクセスに 深く感謝申し上げます。 さて 昨日のようなエントリィは kimeraは得意ですが 評判はイマイチというのが ここの特徴です。 滑る こける しらけ鳥 というところでしょうか。 では 直球でまいりましょう。   お前が言うか? なら 新銀東京...

40年経過した原発を、更に延長使用許可させる経産省

柏崎原発2号機、配管にひび=外部環境に影響なし-東電  東京電力は3日、新潟県中越沖地震で被災し運転停止中の柏崎刈羽原発2号機で、原子炉再循環系配管の接ぎ目にひびが見つかったと発表した。ひびは管内部の1カ所だけで、放射能漏れなど外部環境への影響はないと

野口悠紀雄『食料自給率40%』の虚構?

元大蔵省官僚でエール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得した野口悠紀雄早稲田大学大学院ファイナンス教授は、 「食料自給率40%」の虚構さえ見抜けぬマスメディアの不勉強、日本のマスメディアは「公衆の番犬」ならぬ「既得権益の番犬」か? として、 『経済政策につい

日本だけがなしえていなかった本格的な政権交代

  産経は、駆け込み天下りや補正予算執行停止には極力触れず、国益・外交問題に関してだけは、「わぁ~わぁ~騒いでいる」。 駆け込み天下に関しては、「面従腹背とも思える官僚機構を、民主党はどう突破するのか。」と嘯いているのだが、本当に空気がよめていない。 ま

ハトヤマ・ショック!米国の見る日本の政権交代

    ||| 米国のハトヤマ・ショック |||  日本初の政権交代で、前代未聞のハトヤマエッセイが米国政府に与えたショック    光陰矢の如し。今年の7月で、米国に移ってから早くも20年になった。  こちらに住んでいると、アメリカが関わっている世界の国々のこ...

自民党の再生は不可能?

  4日に、自民党の都道府県連の幹事長などを集めた全国幹事長会議、5日は地方組織の幹部会などの会合が行なわれた事が新聞・テレビで伝えられている。 はっきりしたのは、自民党総裁選の日程が「18日告示・28日投開票」とする方針で決まったということだけである。 4...

日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年9月6日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 昨日の書き込み 次期政権党に関わる記事から{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 1・民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・不正かドラマとなりの芝生(野党いびり)か{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年9月7日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治欄{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・JNN世論調査とグラフ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・二人のスポーツマン{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・アフガンと軍服{/arrow_r/}(ここからお...

深刻な医師の健康実態、6%が自殺を考えたことがある:日医調査

日本医師会が行った「勤務医の健康の現状と支援のあり方に関するアンケート調査」から深刻な医師の健康実態が明らかとなった。調査は今年2月に会員の勤務医1万人を対象に行われ、3879人から回答を得たもの。それによると6%の医師が死や自殺について1週間に数回以上考えた...

小選挙区制は第一党の助けるセーフィネット

中選挙区制での戦後長年続いた自民党長期政権は、日本の多くの国民の支持の結果である。 今のように『政権交代』の絶対多数の国民世論とは関係ない、少数派である与党自民党が政権を握って放さなかった非民主的選挙制度のお陰だった訳ではない。 当時の国民の多くが、政権...

メディアはメッセージ「鳩山ショック」は媒体選択が原因

    ||| メディアはメッセージなり |||  「メディアはメッセージ」 外交能力の稚拙さを問われる鳩山陣営の媒体選択   今回、鳩山氏の小論文の抜粋が掲載されたのは、 米国を代表する新聞『ザ・ニューヨーク・タイムズ』である。 日本ではリベラルなメディア...

火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年9月8日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・温室ガス削減{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・民主党{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・気になる記事の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・テレビ紙芝居・子育て支援{/arrow_r/}(こ

税率1%の一般取引税を導入することにより,消費税増税が不要になるばかりか消費税そのものを廃止できる.

税率1%の一般取引税を導入することにより,消費税増税が不要になるばかりか消費税そのものを廃止できる.いや,他のすべての租税を廃止して一般取引税に一本化することすら可能である.実際2008年度の税収は39兆2939億円にとどまり,この金額なら一般取引税率...

『夜行雲』太陽、地球系の気候と天気(資料)

国際宇宙ステーションから撮影された中間圏界面(高度80km程度)の夜行雲 『夜光雲』 通常の雲は地上10km以内の濃い大気の有る対流圏内に出来るが、夜光雲は大気が殆んど存在しない地上約75〜85kmの中間圏界面付近にできる。 高度の高い位置に発生するた

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。