スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラタチのとげとアオガエルの生食

ははははは、と家人と大笑い……お口汚し、うん? お耳汚し、お目汚し……なんといえばいいのか、まあ、どちらにしても大した話ではありませんが、昔の日本人の姿が垣間見えるような。。

 ゆず胡椒を作るために、家人が黄色くならないうちにと思ってゆずの実を採っていると、通りかかったご近所さん。ゆずのとげからカラタチのとげを連想したようで、

「昔は、脱腸の人にカラタチのとげを使ったですもんね」。

 びっくりすると、こういう話でした。

「友達が、カラタチがあるなら、うちの妹が脱腸だからとげを持ってきて、というから持っていったら、その妹さんが出てきて、それを見ると、みるみる間に顔が歪んでねえ」

 という話でした。カラタチのとげをどうするの? と訊きましたが、分からないという返事でした。
 ゆずのとげの数倍の長さはあるカラタチのとげを、いったいどうしたんでしょうね。
 針治療にでも使ったんでしょうか?
 消毒でもしないと、かえって感染が心配じゃないかしら、と思ったりしますが。


 もうひとつは、やはり友人の妹さんが卵巣ガンになったときのこと。

 ねえちゃん、蛙を捕ってきて、と言われてガラス瓶にいっぱい詰めて入院している妹さんに持っていったそうです。

「蛙と言っても、ほら、こんなにちっちゃいアオガエルよ。
 それを瓶いっぱいにして持っていったら、一日一匹でいいんだから、そんなに要らない、と怒られてね」

 で、蛙の何がいいのかというと、あのアオガエルを生きたまま食べるとガンが治るのだそうです。
 きっと、そのまま呑み込むのでしょうが……。寄生虫は大丈夫なのかしら?

 
 ちなみに、カラタチのとげの妹さんは当時10歳ですから、戦前の話。
 アオガエルの妹さんの方は残念ながら亡くなられたそうですが、そうそう昔の話ではなさそう。少なくとも大人になってからの話ですから、戦後のことです。

 迷信だ、と言って笑うのは簡単ですが、藁をもすがる思いで、庶民が病から逃れようと苦心惨憺した記憶です。

 こんな庶民の対極にある発想かな? と感じたのが、昨日の米abcニュースで見た生命保険の売買。

 院内感染で両足を失って車いすで診療している黒人医師が、医学部に通う3人の子どもの学費捻出ために、証券化されている自分の生命保険を売った話です。

 そしてウォール街も、この生命保険の売買に関心を寄せているという話。

 保険金額に比べて買い取り金額はごくわずかなものでした。

 サブプライム問題の後も懲りずに、あらたな手口を見つけた、というところでしょうか。
 
 とげとアオガエルに見られる浅はかとはいえ命への生々しい執念に対して、こちらは何ともあからさまな他人の命への割り切りよう。人の命を金儲けの手段としか見ないのか、と思わず慨嘆しました。まあ、アメリカでもニュースで流すほどですから、違和感があるのでしょうが。

 
 根性ゆり  ← 「根性ゆり」。我が家近くで発見。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

テレビで見た 市井の素晴らしき妻女

関西テレビ「よーいどん」の「となりの人間国宝さん」と言うコーナーで、紹介されていた人に素晴らしい人があった。 今日は神戸線摂津本山駅近辺が舞台で、 「えっちゃん」と言うお好み焼き屋を夫婦でやっている店を訪ねていた。 まずお店の名前の由来を聞いて驚く。 「

木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月8日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治・政策{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・小沢幹事長{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・気になる小記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・貧困率と東アジア{/arrow_r/}(ここからお入り

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月9日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞・1・2頁{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政策・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・政策・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・気になる短記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい...

日本の公職選挙法は公正な選挙も政治活動も禁止?

国民の意思を反映する選挙のために『新政権で公選法改正断行を』 『私の主張』毎日新聞2009年10月8日(抜粋) 『一票の格差』訴訟最高裁判決で、投票価値の大きな不平等を認めるとともに、『国民の意思を適正に反映する選挙制度が民主主義の基盤である』として、 ...

土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

1009年10月10日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・ノーベル平和賞・見出し編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・ノーベル平和賞・小記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・政治・政策{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・返済猶予措置{/arrow_r...

日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月11日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治・政策{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・気になる記事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・テレビ政権物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・政権瓦せんべい{/arrow_r/}(ここからお入り

アフガニスタンのために日本に何ができるのか・・伊勢崎賢治さんに聞いてみたいこと募集

。岡田外相がアフガンへ行きました。岡田さんは、カルザイ大統領に会い、給油活動を単純延長はしないと語り、元タリバン兵士への職業訓練の...

月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月02日  月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治とオリンピック{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・岡田外交と経済界{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・虫(明)と飼い犬・(暗) {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・トットちゃんと・嫁と姑...

オバマ大統領のノーベル平和賞の意味するもの

2009年のノーベル平和賞を、バラク・オバマ米大統領に授与すると発表。 ノーベル賞委員会は授賞理由として、外交と人びとの協調を押し進めたオバマ大統領の努力を挙げ、プラハ演説に始まる『核なき世界』への取り組みをたたえた。 現職の米大統領のノーベル平和賞受

テレビの切り抜き

09年10月13日 火曜日 テレビの切り抜き お願い、 多くの方にTB差し上げています。その多くの方はTB頂いた方々ですが、しかし、中には私の好きなブログにTBした方もいらっしゃいます。 もし、私のTBがご迷惑でしたら、コメントは管理人しか見れないように設定していま

水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月14日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・民主党と朝日の世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・政治と普天間{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ハブ空港・新聞編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・ハブ空港・テレビ編{/arrow_r...

[暴政の予兆]“民主党vs検察の暗闘=情報の非対称性”が蹂躙する日本国民の人権意識

【プロローグ画像1】ミレー『晩鐘』 Jean-Francois Millet (1814-1875)「Abendgebe」Oil on canvas 1857-1859 83.5×110cm Musee D’orsay 、 Paris <注記> …ミレーの絵画の歴史的意義については、下記▲を参照乞う。 ▲2009-10-12toxandoriaの日記/ [暴政の予兆]

[暴政の予兆] 米国の“ダブルスタンダード人権主義”も驚く「日本・民主党vs検察・司法取引」の裏シナリオ

<注記>初出(2009.10.12/05:29:32)の表題が不適切だったので改題し、若干の修正を加えて再UPした(2009.10.13)。 【プロローグ画像1】ミレー『晩鐘』 Jean-Francois Millet (1814-1875)「Abendgebe」Oil on canvas 1857-1859 83.5×110cm Musee D’orsay 、 Paris <

木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月15日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・議員の特権・ハブ空港物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ミシュランガイド京都{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・気になるミニ記事{/arr...

賞味期限切れの捨て場

ブログの更新がのんびりなりがちなのはわたしだけかと思っていたら、ここにリンクさせていただいているブログの中にも、なんとなくのんびり更新モードに入っておられるところが多いようだ。思いおこせば、このブログは2005年の今月が誕生日だった。この2005年というのは、...

金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月06日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日のトップ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・暮らしへの配慮・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・暮らしへの配慮・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 4・政治編{/arrow_r/}(ここからお入

“新時代の到来”を感じさせる、金融担当相と全商連会長の固い握手

 今回は全国商工団体連合会(全商連)発行の『全国商工新聞』最新号の一面を飾った、政権交代による新時代の到来を実感させる出来事につい...

(続)日本だけの特権的談合組織『記者クラブ』の開放

『記者クラブ問題』という問題の存在 『既得権益』とか『談合』とか『キャリア官僚』の問題は国民の多くの皆さんが良く知っている。 しかし、これ等3者が複合した大問題である『記者クラブ』問題は、『これが問題である』こと自体、知っている人は関係者以外では実に少

鳩山外交と日朝交渉

鳩山外交と日朝交渉/李鍾元 鳩山民主党政権が日朝交渉の再開に向けて助走を始めた。最近、日本政府は政権交代後初めて開かれた臨時国会で、当初の方針を変更して北朝鮮の貨物検査特別措置法案を提出しないことを決定した。国連安保理の制裁決議を実行するために、前任

土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月17日  土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・気になる単文{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・インフルエンザ物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

09年10月18日  日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・天下り・賢人会議広島{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・日本の公共工事{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・新報道2001のテロップ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい)

外国人参政権問題で、民主党だけ叩いてもあまり意味が無いと思うが……。(その2)

 最近、外国人参政権問題に関して、やたらと民主党叩きをしている、自民党支持者らしき人たちを見かけます。  でも、そういう人たちに私...

産経社会部『産経新聞が初めての下野』

2009年08月31日 Twitterの書き込み、『産経新聞が初めての下野なう』 『でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。』『これからが、産経新聞の真価を発揮するところ』という産経社会部記者の投稿に読者からの批判が殺到。 流石の産経も批判の多さに堪えきれず、『たく...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。