スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やりきれない話

驚きました。
「ゲンダイ的考察日記」さんの記事。「血だらけの紙オムツ一枚で取り調べを受けた屈辱は絶対忘れない」。

 腎臓がんで右腎を摘出し、前立腺肥大で手術を控えている当時の大阪府枚方市の副市長小堀氏を大阪地検特捜部が逮捕拘留した話です。
 昨年小堀氏が無罪を勝ち取ったことをニュースで知りましたが、折しも小沢氏の秘書大久保氏が逮捕拘留の最中でしたから、特捜部は東も西も何かやってるな、とは思ってました。
 それにしても、酷い取り調べ状況です。

 その上、小堀氏が保釈後に読んだ新聞記事のデタラメぶりに愕然とした話からすると、新聞は戦前からちっとも変わってないんですね。扇情的で、書けば書くほど真実から遠ざかる……なんて、ちょっとぶって言ってみたくなる。

 私が思い出してしまったのは、ちょっと場違いな感じがしないでもないけれど、「朝焼け 小焼けだ 大漁だ 大場鰯の 大漁だ。 浜は祭りの ようだけど 海のなかでは 何万の 鰯のとむらい するだろう」の詩で知られている金子みすゞの死を報じた80年前の新聞記事です。

 俗物で遊び人の卑小な男と結婚し、詩作を禁じられ、夫からうつされたいわゆる花柳病にむしばまれながらも一人娘ふさえを支えに懸命に生きていたみすゞ。
 離婚後、子どもを引き渡せ、できなければ金をよこせ、という元夫の執拗な要求にあってます。
「3月10日にふさえを連れに行く」という元夫の手紙を受け取ったみすゞがカルチモンを飲んで自死を図ったのが3月9日。死亡は10日午後1時、まだ26歳でした。

 元夫の手から我が子を守るために自らの命をかけたこのみすゞの死が当時の防長新聞にどのように報じられたかというと、「カルチモンを嚥む 女の自殺 男に捨てられて」の見出しに、「金子てるは……自殺を遂げた。てるは同店員宮本某と内縁を結んでゐたが捨てられたので悲観したためである」という記事。

 当時の記者・編集者の頭の中がのぞけるような内容です。典型的な男尊女卑の考えに縛られて、これ以外の価値観なんて世の中にあるのか、という感じでしょ?
 今は記者クラブ制に手足を縛られているみたいですね。

 そんなメディアのニュースの作り方をうまく利用したのが、前記事の主役、あのコイズミ氏。

 人間って、理念とか理屈とかではなく好き嫌いの感情に動かされることが多いけど、そんなところに付け入ったのもこの方の狡猾なところでしたね。なんで私はあの元首相が嫌いなのか、と考えると、どうも人間の愚かな部分を刺激して己の利にする人だと思うから。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【大手メディア勤務の方々に】 大手メディアの行く末:拍手コメント

【大手メディア勤務の方々に】 大手メディアの行く末 2010/2/10 2:45 こんばんは。毎度お騒がせいたしまして、どうもすみません。また失礼いたします。 年初の頃の早朝のテレビのニュースショー番組で、ある野球チームが、純金の寅年のカレンダーを作ったという、訳の判...

小沢一郎氏を不起訴処分。CIAの犬、東京地検特捜部の敗北確定。

東京地検特捜部って、例えるならば宿り主の身体を食い破ってしまう寄生虫みたいなもんですね。 これを機会に東京地検特捜部の事業仕分けと売国メディアのクロスオーナーシップ禁止の実施を希望!

『論文盗作』問題(6人への質問状)

   第7弾=「論文盗作」問題に係わる          6人への質問状  今回の登場人物   ・「論文盗作」3人組       事件前所属        事件後所属 婁 小波     東京海洋大教授      東京海洋大教授 中原 尚知   近畿大・水産研究所...

オバマ大統領の「大統領令」の中身

日本で報道されない「大統領令」の驚くべき中身 堀田佳男の「オバマの通信簿」【28】 1月11日、オバマ大統領はある「大統領令」に署名した。内容は「知事評議会の設立(EO13528)」というもので、タイトルだけを見ると地味である。 (前置き部分省略) オバマ大統領が1月に...

政策の最優先課題は何か?

「小沢問題」に一区切りがついた状態だが、民主党政権の支持率は、落ち続けている。まぁ、そうなるように、自民党と、その陣傘マスコミが結託して、「小沢問題」の喧伝に努めているからだが。 だが、国会はこれから予算審議であり、それにより、予算がついた政策が実行さ..

“検察の片棒担ぎ”だと言われはじめている共産党w

 先日の日刊ゲンダイとしんぶん赤旗のバトルは面白かった。それを記事にしたのがJーCASTである。タイトルも 「赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」 というものであった。 まぁ~記事の内容は、しんぶんの赤旗の記事と日刊ゲンダイの記事を引用したした程度の...

審判が出てきて勝手にルールを変える国

   もうすぐ、バンクーバーで冬季オリンピックが開催される。長い間、「日の丸飛行隊」などと言われるように ジャンプ競技がいつも冬季オリンピックでは日本が上位をしめていた。 ところがある日を境にメダルが獲得できなくなっている。 今朝、テレビ朝日で北海道の企業...

行間を読むとこうなった これでいいのかよお!

アクセスに 深く感謝 いたしております。 本当にありがとうございます。 さて 週明けの気温に 花々は勘違いしたようで あっちもこっちも 咲きほころんでまいりました! でも 水曜夕方からは冷え込んできて 可愛そうな騙された花々達・・・。 ん? 騙されたの...

【人権侵害】取調べの全面録音・録画及び弁護人の立ち合いの実現は喫緊の課題だ【冤罪】

 ・足利事件  ・志布志事件  ・枚方談合事件  上記に挙げた事件は、いずれも冤罪が確定もしくは確実な事件ばかりである。そしてこれらに共通して言えることは、 捜査段階で不当な自白強要、人権や尊厳を全く無視した「踏み字」拷問などが行われたという事実 である! ...

まともな国会中継  自民・公明はいかに国賊なのか?恥を知るがいい 検察は反省がない!

久しぶりにまともな国会を見た。これは是非見ていただきたいですね。長いです。あしからず・・・。

過去の記事を読んでみる。 大嘘を書いていた産経

     今朝、朝日新聞から ロッキード事件「中曽根氏がもみ消し要請」 米に公文書 とのタイトルの記事が流れてきた。 先日の朝生で、元産経の記者の山際澄夫が事もあろうに田原総一朗の前で、ロッキード事件を口にしてきつく窘められ、又周りからも失笑をかったのをご

さらば日本共産党 @ 何の罪もない弱者すら踏みつけにする権力の無法や非道と戦わない日本の左翼・革新政党はもう駄目かもしれない

 日本共産党や社民党など、いわゆる「左派」「革新」などと言われた人たちがおかしい。  大手マスゴミは報じないが、ネットなどそれ以外...

ドーピングと大相撲、疑惑の歴史

8年前の2002年当時、 休まない横綱の朝青龍が活躍する以前の大相撲は、上位力士の休場者が目立ち11月の九州場所では2横綱、2大関が休場する目を覆いたくなるような悲惨な状態になっていた。 多発する力士の怪我の原因のひとつに『筋肉増強剤』の使用が疑われてい...

詐欺論者誕生

やった事の証拠は出せても、やってない事の証拠を出す事は難しい。 [騙され続けた民主主義」という記事に寄せられたコメントに対して書いた、私の返事コメントの一部を御紹介させていただきたいと思います。 {/kaeru_wel/}{/usagi/}{/kuma_wel/} 何度も言いますが、人はや...

貧すれば鈍する・・あの自民には珍しい良識派がここまで落ちるとは・・・

まぁ、これ見てね、小学校の討論会だったならば 「妻をめとらば才たけて みめうるわしく情(なさけ)ある 友をえらばば書を読みて 六分(りくぶ)の侠気(きょうき) 四分の熱

『論文盗作』問題(近大O Sと婁の上下癒着〓)

第8弾=近畿大のO S教授と東京海洋大の婁教授との繋がり  今回の登場人物   ・低レベルの拡張主義者集団とその仲間たち         (癒着時代所属)    (「盗作」時代所属) O S(お○ せ○○○○○)         東京水産大学教授   近畿大学・...

規律と『品格』が最優先される日本のスポーツ界

2回目の謝罪記者会見の冒頭で頭を下げる国母和宏選手(右)。左は日本選手団の橋本聖子団長 『国母和宏選手、服装の乱れを理由に』 『一回目の謝罪会見』 開幕まで2日の2月11日、橋本聖子日本選手団団長ら30人が出席して選手村への入村式を行ったが、スノーボード

火星、戦争をもたらす者(Mars, the Bringer of War) 「惑星」より

火星、戦争をもたらす者(Mars, the Bringer of War) 「惑星」より

捜査方法にメスを

 なみいるマスコミが異口同音に洗脳報道を繰り返す中,「週刊朝日」の報道がひとり輝いている.3月5日号は「検察政局の果て」と題して,石川知裕氏へのインタビュー記事「新聞・テレビはデタラメだらけ」,松田光世氏による記事「検察は政治資金規正法を勉強しているのか...

[机上の妄想] 利己的な“情報の非対称性の罠”に堕ちた日本のマスメディア

<注記>右上の画像(サラ・ベルナールがモデルのミュシャのポスター)はhttp://plaza.rakuten.co.jp/Swell...3060000/より (『モナリザ』の視線が意味すること) 【画像】レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ・ゲラルディーニ(ラ・ジョコンダ)』 Leonardo da Vinci.(145

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。