スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の民主主義の成熟度を採点しよう 3

今日、2006年12月22日は、数の横暴で成立した改悪教育基本法の公布・施行日です。今日、官報に掲載されて、即日施行されるとのこと。

 何を焦って急ぐのでしょう。

 国民の求めにはほおかぶりして、やりたい放題。

 この民主主義成熟度テストに「立法府では、与党が数を頼んでたびたび強行採決を行う」という項目を入れたい気分です。

 ところで、20日に内示された07年度政府予算の財務省原案では、3月の住民投票で米軍基地の機能拡大・強化にNOを突きつけた岩国へは新庁舎建設の補助金なし。

 一方、米軍再編で負担が増える自治体への交付金は約72億円計上されました。

 まさに、札束で頬を叩く、とはこのことでしょう。

 今回の在日米軍再編問題で、地元住民の思いが投票を通じて示されたのは岩国が初めてです。投票率は58.68%で、その90%近くが日米両政府の中間報告合意案にNOを表明したのです。

 アベ総理が、改悪教育基本法の国会通過を国民が望んだようにいうのはまったくの間違い。しかしこの人は確信犯ですからねえ。

 岩国の民意にも、無視するどころがかえっていやがらせをして、虐めていますね。

 ベトナム戦争真っ盛りの頃、私も岩国に、おまけに米軍基地のすぐ近くに住んだ経験があるだけに、この民意も納得がいきます。米軍はこの岩国からベトナムへ出撃していたのです。おまけに、ここには核兵器も貯蔵してあったと、駐日大使だったライシャワー氏は証言しています。

 つけたしていうならば、父の前任者は私を見て、「女の子は暗くなったら外出してはいけないよ、(米軍)基地があるから」といったものです。

 曲解と悪意に満ちた総理の言動が「美しい」というのであれば、日本語はどうなってしまうのでしょう。

 さあ、今日もEIUの世界基準で、日本の民主主義の成熟度を採点してみましょう!
Ⅲ.政治参加

27.国政選挙への有権者の投票、もしくは動員。
(2000年以降の、国会議員選挙と大統領選挙、またはそのどちらかでの平均動員数。有権者数に対する動員数の割合)。

1: 常に70%を超える場合
0.5: 50~70%の場合
0: 50%未満の場合

 投票が強制的なものであれば、得点は0点。第1問・第2問で0点の場合も得点は0。

28.民族、宗教等々の少数派の人々には、政治的プロセスで納得できるだけの自主性と発言権がありますか?

1: はい、あります。
0.5: ありますが、重大な欠陥が存在します。
0: いいえ、ありません。

29.議会において女性が占める議席数の割合は

1: 20%以上
0.5: 10~20%
0: 10%以下

30.政治的参加の広がり。政党および政治的非政府組織のメンバー数が

1: どちらかが人口の7%を超える場合。
0.5: 4~7%の場合。
0: 4%未満の場合。

 強制的な参加の場合、得点は0。

31.国民の政治への関わり

1: 大きい
0.5 中ぐらい
0: 小さい

 World-Values-Survey 世界価値観調査)の結果が分かれば、政治に大変興味を持っている人や、多少とも政治に興味を持っている人の割合を見て

1: 60%を超える場合
0.5: 40~60%の場合
0: 40%未満

32.合法的デモに参加するつもりの人の割合

1: 高い
0.5 中ぐらい
0: 低い

 World-Values-Survey 世界価値観調査)の結果が分かれば、合法的デモに参加してきた人や、参加を考えている人の割合を見て、

1: 40%を超える
0.5: 20~40%
0: 20%未満

33.成人の読み書き能力

1: 90%を超える
0.5 70~90%
0: 70%未満

34.成人人口が政治ニュースに関心を示している程度。

1:高い
0.5: 中ぐらい
0: 低い

 World-Values-Survey 世界価値観調査)の結果が分かれば、毎日のメディア(印刷物、テレビ、あるいはラジオ)の政治ニュースに興味を持つ人の割合を見て、

1: 50%を超える
0.5: 30~50%
0: 30%未満

35.当局は政治参加を促す努力をしている。

1: はい、しています。
0.5: 少ししています。
0: していません。

 教育システムやたの政治参加を促進する取り組みの機能を考慮する。外国人移住者の投票を促進する手段等を考慮する。

 強制的な参加の場合、得点は0。

(以上)

 第36問以降は次回に回します。

    ↓ ランキングに参加しました。よろしかったらクリックをお願いいたします。

ランキング
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

冬至~今日からどんどん明るくなってくる/高齢者犯罪

 今日は冬至です。 最も夜が長く昼が短い日です。 1年中で最も暗い日だということですが,見方を変えると,陰から陽に転じる日であり,今日が「底を打つ」転機ということです。 折しも,本日は「改定・教育基

アメリカ産牛肉からダイオキシン検出

(まめ)たぬきさん、コギトエルゴスムさんから教えていただきましたが、アメリカから韓国に輸入再開された牛肉から、今回はナント、発がん性物質でもあるダイオキシンが検出されたそうです。いったい、アメリカの方々はどんな牛肉を食べていらっしゃるんでしょうか。ヨーロ

昨年の「9月11日の怒りと脱力感」を また来年も体験するつもりか!

 最近、時間がなく、言葉も失い、それでも更新しなければ、と心があせるので、昔の記事の一部を再掲しておきます。それにしても、いろんなことのあった1年なのに、あっという間だったような気もします。 以下は、昨年の12月12日に書いたメディアコントロールは止めら

「安倍内閣支持率@2006年12月」調査投票

 「師走」とは良く言ったもので,ようやく愚痴だけ書くひまができました。コメントの幾つかはまだ返事が書けてないので「保留」にしてますし,トラックバックも未だ読む時間がないものは同様「保留」にしています。体力的な限界ですので,何卒ご理解の程。もうちょっと待っ

ノスタル爺がつくる世界(2)ダーウィンの悪夢

今日はのっけから、怖いバナーが貼ってあるが、映画の紹介である。それにしても、このバナーほんとに怖い。「これが現実だ!」と、首根っこを掴まれて言われているようで、思わず引いてしまいそう。う~ん、まさに現実は本当に小説より怖いのかもしれない。

民法改正10周年(2)

「民法改正運動の展開」-「2006年」の下の、 「民法改正運動10周年」に、加筆修正する。 3月16日と3月17日のエントリでご紹介した、 『読売スキャナー』(3月14日)の内容をもとに、書き加えました。 (読売新聞は、民法改正に関しては、 わたしが注目している、反対論者や

覚書「米軍基地再編の促進に補助金」

昨日のエントリー(閑話休題 14 -米軍基地再編の促進に補助金)に関して、以下を覚書風に追加しておきたい。今年5月1日、アメリカの国務・国防長官、日本の外務・防衛長官による「2+2」(ツー・プラス・ツー)の日米安全保障協議会で、米軍再編の日米合意が発表さ

時事アレコレ・・・小泉メルマガ、本間ピンチ、中川昭が新発言、靖国修正、田氏引退、青島氏訃報など

  気になるニュース(主にこのブログで扱ったことの続報)が色々あるので、今回は資料保存目的も兼ねて、まとめてアップしておきたい。* * * * * ☆ 小泉官邸HP&メルマガの費用  <*1> コチラの記事の続きである。『政府の「首相官邸ホームページ」や

コメント特集~戦争反対の小さな声

一昨日のエントリ「戦争反対の小さな声を集めよう」に、多くのコメントをいただきました。今回は、いただいたコメントをそのまま紹介します。但し、明らかな誤変換や誤記は、当方で勝手に訂正させていただきました。ま

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大変ためになりました。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。