スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑廃止演説から考える

 山の中腹のとむ丸邸へ、日頃見かけぬ3人組が急いでおります。


ばあや:お玉邸が曲がりくねった道をくねくね行ったかと思いましたら、またとむ丸邸も、ひたすら山の斜面をどんどん登って……ばあやはもう息切れがしそうでございますよ。まったくお嬢さまときたら気まぐれで、お玉さんのところまで来たのですから、ついでにとむ丸ちゃんところにも行きたいわなんて。ふー、きついこと。


麗子:後もう少しよ。もう少しで、かわいいとむ丸ちゃんに会えるわよ。


 山のあたりは、そろそろ紅葉も始まっています。 


とむ丸:麗子さんにばあやさん、うわぁ、玲奈ちゃんまで、いらっしゃい。うれしいな~♪♪~


麗子:こんにちわ。とむ丸ちゃん! ご機嫌いかが?


とむ丸:今日はパパさんが鮎をたくさん釣ってきたから、みなさんもどうぞ、ってママさんが言ってます。


ばあや:今時の鮎は落ち鮎と申しまして、脂が乗ってそれは美味しゅうございますよ、お嬢さまに玲奈さま。おまけに雌は子持ちで、雄は婚礼色といって、それはきれいな朱色を帯びて、格別の味わいでございます。


とむ丸:で、今日は、軽いお食事を召し上がりながら、ママさんが是非お話ししたいことがあるということですよ。玲奈さんがこの間持ってきてくださったロベール・バダンテールの演説を読んで、ママさん、とても感動されてましたから。


ばあや:それはよろしゅうございましたね、玲奈さま。


とむ丸:死刑が何とかかんとかって……こまわり君の「死刑!」 なら私も知っているけれ479665286801 ど……ママさんは何に感動したのかな?


ママ:とむ丸、あなたのような子供でも、「死刑」という言葉は知っているわね。でも、「死刑」という言葉を聞いて、何を思い浮かべます?


とむ丸:がきデカ!


玲奈:ジャンヌ・ダルクなら、十字架状に組まれた柱に手足を固定されて……火あぶり……おお、いやだ。


ばあや:石川五右衛門だったら、煮えたぎる釜の中……


麗子:小塚っ原の磔……あらっ、私としたことが……でも、みんな、昔の話しでしょう?


ばあや:そうでございますね、お嬢さま。今は? どうもイメージが湧いてきません。


ママ:実は私もイメージが湧いてきませんの。子供のときに見た『私は貝になりたい』という映画の印象から、十三階段に明かりがあたっている場面を思い浮かべるのですが、どうもそれからが分かりません。あれ以来、ことさら考えることもありませんでしたし……子供はすぐに忘れてしまいますから。


玲奈:当然ですわ。子供がそんなことを気にしていたら、気味が悪い。


ママ:でも、バダンテールの演説を読んで、アルベール・カミュを思い出しましたの。カミュのお父さんは、ギロチンの公開処刑を目撃しましたね。


玲奈:初めて経験した光景で、気も転倒した様子で家に帰って来た父親は、ベッドに倒れ込んで激しく嘔吐した、とカミュは書いていますね。


ママ:十三階段の先にあるものを何となく知ったのは、私が大人になってからです。それも、はっきりと分かったわけではありませんが。法務省は具体的なことは何も明らかにしていないでしょう?


麗子:ギロチンて、「フランス革命」の象徴のようなイメージで、死刑と結びつきませんでした。でも、考えてみれば、フランスの死刑って、ギロチンで首を落とされることだったのね。


ばあや:見せしめでございましょうねえ。公開なんですから。


ママ:ええ。死刑を執行することとはどんなことか、はっきりと、みんなの前に突きつけられますわ。でも日本では、「死刑の実態」というのはさっぱり伝わってきませんね。死刑制度に賛成する人たちも、「極悪人」のレッテルを貼った人間に、その行為の当然の報いとして「死刑宣告」をしたことで安心してしまい、それ以上考えることはまずありません思考停止思考放棄の状態ですね。


玲奈:想像することさえおぞましいように、忌み嫌われていますね。ひとつのタブーでしょうか。


ママ:そう、タブーですよね。死刑は、普通の人の目に触れないところで執行されますし。最終的には、ひとりかふたりか分かりませんが、直接の執行者の手に委ねられますね。死刑の判決を下した裁判官も、執行にGOサインをだした法務大臣も、直接手を下すわけではありません。また、執行そのものがどういう形をとるのか、正確には私も存じません。想像することさえも、怖ろしい気がいたします。


玲奈:フランスにはサンソン家といって、一族7代にわたって死刑執行人を努めた家系があります。ルイ16世もマリー・アントワネットも、この4代目当主、シャルル-アンリ・サンソンの手にかかって死んでいます。


ママ:人々の冷たい視線を浴びて、つばも吐かれるようなこの職業の過酷さは、「敬虔な信仰心とフランス国王への忠誠心」でなんとか克服してきたといいます。そういう精神的より所がなければ、とっくに狂気に犯されてしまっただろうともいわれています。


玲奈:1793年1月21日の国王の処刑以来、シャルル-アンリはギロチンの刃の前にひざまずき、亡き国王のために祈りを捧げたそうです。


麗子:現代の日本で、この過酷な役目を正当化するのは……


ばあや:「法の執行」ということに尽きるかと……。


 みな、思わずため息をつき、目の前におかれたミントティーに口をつけます。


 しばしの沈黙。


ママ:私たちはこれまで、こうした過酷な役目をごくわずかな執行人の手に押しつけて、「臭い物に蓋をしろ」とでもいうように、死刑執行そのものから目をそむけてきたのではないでしょうか。


 みな、ただ押し黙り、考えあぐねていました。


玲奈: フランスもいつの間にか非公開になって、バダンテール演説の中でも、「天蓋の下で人目をしのんで行われる死刑」という言葉がありましたね…….。


ママ:ええ、そうね、玲奈ちゃん。みなさん、ごめんなさい。シリアスすぎて……。でも、いってみれば、「死の囲い込み」とでもいえるかしら。


ばあや:その昔は、「黒不浄」ともいわれておりましたねえ。出産は赤不浄。


ママ:病院で死を迎えるのが普通になった現代社会では、人間の死も病院の中に囲い込まれてしまった、ともいえますね。犯罪者の死、中でも重罪者の死は、それ以前から塀の中に囲い込まれています。


麗子:現代人からは、人間の死を直視する機会も失われている、とでもいうのかしら。


ママ:かなり昔はエンターティメントでもあったのですが、もし処刑が目の前でおこなわれたら、今の私たちの感性でどこまで耐えられるでしょうか。死刑制度を支持する人たちは、どうでしょうか。そんな場面に立ち会っても、なおかつ死刑判決を下すように要求するでしょうか。

 ママさんのお話は、今日はここでお終い。

 パパさんが釣ってきた鮎の命はわずか1年。子孫を残した鮎は冬になる前に、みな自然の営みどおりに川底に沈みます。その前に、その一部を人間がいただく……少しばかりみな威儀を正し、その後、舌鼓を打つことになりますが、一人ひとり、重い課題を背負わされたのは確かです。


 あしたはママさんが、華氏さんところに行く前のみんなに、もう少し説明してくれるという話しです。  下の写真はパリ、コンシェルジュリの中庭。コンシェルジュリは革命時代には牢獄として使われ、マリーアントワネットも ここに囚われていました。窓の鉄格子、庇の屋根に並んでいる先端が尖った鉄の角材に注目。 20061016180623.jpg



スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

死刑廃止に関する特別法案

さて、韓国の死刑制度はどうなっているんだろう?シリーズの最終回です。って、実はこのシリーズ、下記の通り他のブログからのリレーなんですけれどもね。第1回「とりあえず」第2回「お玉おばさんでもわかる政治のお話」第3回「とむ丸の夢」第4回「華氏451度」第5回

私は死刑制度廃止を望み、今日の死刑執行に抗議します。

クリスマス、12月25日、世界の多くの地域では、平和の中で家族で静かに過ごす一日。この日、日本ではなんと4人もの死刑執行がありました。死刑執行がない年をつくらないようにという日本政府の意思が反映された政治的な死刑執行だと指摘されています。私はこの死刑執行 ..

死刑を考える…死刑に対する反定律?…

始めに… 現在、死刑について、触れることは…特にその是非について、触れることは、魔女裁判のようになっていて…相当躊躇します…ブログの禁忌事項ということかもしれませんが…それでも、裁判員制度が導入されるとなると、私たち自身が死刑の可否判断をすることになりま

コメントの投稿

非公開コメント

実は動物実験用の「ネズミ専用ギロチン」というのがありまして,効率的に大量のネズミを解剖処理するために使われます。私も学生の頃はこれを使って実験に供していました。

阿部謹也さんの『刑吏の社会史』(中公新書)によると,中世ドイツの斬首刑では斧が最初使われていたそうです。結局,人間の首を切り落とすには大量の運動エネルギーが必要だったからですね。剣で斬首しはじめたのは十字軍遠征などでイスラムの工学が輸入されてからの話のようです。ギロチンが考案されたのはそのあとで,首を固定するためというのが目的であり,斜めの刃が取付けられたのはその後だとのことです。

日本においては,実は日本刀はほとんど戦場では役に立ちませんでした。私も居合の練習で持ったことがありますけど,重たくてとても実戦では使えない。つまり,日本刀は「首を取る」つまり斬首する道具として発達したのです。武士の歴史とは首取りの歴史で,それゆえ首取りを行わず暗殺を仕事とする忍者が差別の対象になったという訳ですね。

……何だか,物騒な話になってすみません。

kaetzchenさん、こんにちわ。
いつか弥助さんが言及されていたレディー・ジェーンの処刑図ですが、あそこでも刑吏が斧で斬首するのが分かりますね。
実験用のネズミは、頭と体を持って……やめましょう。

残酷な話はさておき,オウムの松本被告が死刑になっても実感を持てないのは,やはりリアルな松本被告の死が晒されず,拘置所の中で秘かに行われるという実態にあるのかも知れません。

以前,井上章一『霊柩車の誕生』(朝日選書)を拙ブログで取り上げましたけど,実は霊柩車そのものが「死体を隠蔽する一種のポルノグラフィー」だと彼は指摘しているのです。

要するに,生の人間が殺される残虐シーンや生の人間が性交するポルノは倫理的によろしくないから隠す。隠すことでより妄想が増して,さらに残虐かつ艶容な映像が作り出されるといういたちごっこになる訳です。

昨日,たまたま教会で山口県の徳山高専の殺人事件の話が話題になりまして,読売新聞や週刊新潮の主張する,犯人の少年はあと数日で二十歳なのだから少年法は無視して構わないという無茶苦茶な言い方が平気で語られている,あれは被害者にとっても加害者にとっても人権を無視した悪口ではないかと……。

結果としてストーカー少年は自殺したことで法的な刑罰から逃れることはできましたけど,彼の両親や親戚などは一家心中しないかと,その方が心配です。一家心中も社会的な死刑と見て良いでしょう。死刑廃止という思想はどうもこういう視点からも捉え直す必要があるのではないかなと私は思ったりするのです。

# 大学1年の冬休みに北東北を旅しました。下北半島では自殺しに来たのかと間違えられましたけど(笑),単に寺山修司の真似がしたかっただけです。あとは『無知の涙』の永山則夫の原点を見たかったということもあります。

とむ丸さん、毎度ベトナムの話で恐縮なんですが、実はサイゴン市庁のそばに戦争博物館というのがあって、ギロチンの実物が展示されているのです。
台と籠がふたつ。一つの籠は首が落ちるところ、もう一つはその他を入れるもの。同行した兵士に首を入れても良いよ、と言われましたが即座に断りました。ところが同行した女性の一人が、アントワネットの心境になりたいとか言って、入れたのはいいのですが、すぐ顔面蒼白となって、出して出してと叫んでもいったん入ると、なかなか出られないのです。見ていて気持ちの良いもではありませんでした。
ベトナムといえばかつてフランスの植民地でした。フランス帝国主義はベトナムでも、アルジェリアでもこのギロチンを使ってとても醜い事をしましたね。フランスは文化あふれる先進国というのは幻想に過ぎないかもしれません。そういえば自国民を100万人以上殺したとされる、カンボジアのポルボトもフランス留学組み、というのはあまり知られていませんね。

うちに来られるという話があったので「げげげ~」と思っていたら、とむ丸さんのお宅に行かれたのですね。有意義な話をしてくださったので、うちに来られたときはバカ話でお茶を濁せそうです(笑)。「死の囲い込み」という言葉は重い。

kaetzchenさん、おはよございます。
 またまた、回転の速いkaetzchenさんの頭と足がなんだか先に進みすぎたような……。
 こうした種類の重大犯罪の社会的制裁が家族にまで及んでしまう問題ですよね。自分自身がこの家族の立場になったら、と思うといたたまれないです。道義的責任の一種が加害者の家族にまで及んでしまうような無言の圧力、これも確かに考えていかないといけませんね。「道義的責任」そのもののありようも検証が必要かもしれません。

弥助さん、おはよございます。
 東南アジアにおいては、英仏の帝国主義勢力の緩衝地帯としてタイが植民地化されずにすみ、タイの西側がイギリス領、東がフランス領となりましたね。
 カミュのお父さんが公開処刑を目撃したのはアルジェリアですから、植民地のベトナムにギロチンによる処刑があっても不思議ではないですね。
 ロンドンの蝋人形館で見たロベスピエールやマリーアントワネットの頭部はすごく小さいです。私たちの目から見るとまるで幼稚園児の頭ぐらい。革命時まだパリにいた蝋人形館の創始者たちは、処刑人シャルル-アンリ・サンソンと契約して斬首されたものから型を取っていましたから、実物大なのでしょうが。ルイ 16世は太りすぎて、首を固定するところに入りきらずに、1度刃が落ちただけでは済まなかったようです。ふー。
 私もフランス旅行したとき、こうした人たちが2世紀前には血に飢えた民衆と化したのか、と思うと複雑な感情に囚われました。でもロベール・バダンテールの死刑廃止演説、そして現在のフランスの街頭民主主義等々に、私はやはり民主主義が息づいていると思います。そもそも民主主義は絶えず試されていて完成形などはないのですから。
 ポル・ポトがフランス留学組だということは知っていましたよ。それにしてはフランス革命にはじまる一連の革命とそこから生じたさまざまな出来事から彼らは何を学んだのか、と不思議です。人間の生と死に対して何か驕った感覚でもあったのでしょうか。ロベスピエール自身が最高司祭となって国民に強要しようとした「最高存在」を讃える新しい宗教を連想させます。彼が処刑されたのは1794年7月のこと。ポル・ポトは、自身が政権を取る170年前のこの恐怖政治の執行者を手本にしたのかもしれません。ロベスピエールの死から170年の間にフランス人が経験し学んだことをポル・ポトはどう受けとめていたのでしょうね。

華氏さん、おはよございます。

華氏さんのことだから、きっとうまく、さらに発展させてつないでくれるだろうな、と期待しています。

さきほどお玉さんの9月24日のエントリー「死刑廃止論について」のコメントで一つ勉強になりました。

http://dossiers.ouestfrance.fr/dossiers/pdm_france.asp?iddoc=6240

こちらを見ると、フランスでの「最後の公開死刑執行」の写真があり、それは1939年6月となっています。

野瀬さん、わざわざお知らせありがとうございます。この最後の公開処刑については調べて知ってましたが、写真は初めてです。説明は次のエントリーでしておきました。

完成されたイデオロギーは存在しない

とむ丸さん,いつも議論が速くてすみません(学生からも板書と計算が速くてついていけないと文句を言われます。「詰め込み」世代の私から見るとじれったいのですが……)。

| フランス革命にはじまる一連の革命とそこから生じたさまざまな出来事から彼らは何を学んだのか、と不思議です

に関しては,やはり共和制や民主主義が古代ローマや古代ギリシアからの永遠の課題であり,常に変容しつつあるイデオロギーだからだ,という答えになるかと思います。

私のブログで取り上げた戸坂潤『日本イデオロギー論』や『科学論』でも彼はマルクス主義(唯物論)そのものの「進化」(変容)を予言してました。実際,南米では共産主義とカトリックが結合した「解放の神学」がヴァチカンの承認を受けて堂々と布教されているほどです。よく考えれば,新約聖書の使徒言行録でイエスと弟子達またイエス死後の弟子達が生活していた形態は,まさに原始共産制に他なりません。共産主義というのはヨーロッパを徘徊する幽霊ではなく,実はキリスト教が資本主義に対抗してひねり出したイデオロギーだという考え方もできるでしょう。

# また,難しすぎたかな(笑)

もうひとひねりすると……

前発言の「実はキリスト教が資本主義に対抗してひねり出したイデオロギーだという考え方もできるでしょう。」は,「実はカトリックが「プロテスタントが生み出した資本主義」に対抗してひねり出したイデオロギーだという考え方もできるでしょう。」と書き換えることができるかも知れません。実際,中国でもカトリックに関しては鷹揚で,カトリック教会を通じてヴァチカンと国交を結びたがっているほど。ヴァチカンと国交を結べれば,全世界の情報が入ってくるようなものですし。

# 判らない人はすみませんけど,マックス・ウェーバーを読まれて下さい。(^^;)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。