スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍性奴隷騒動

(↑ 直訳すると、BBCで上のような言葉が使われています)。
 3月11日にアベ首相がNHKのインタビューで「おわび」を表明してから、日本のメディアで、従軍慰安婦について狭義の強制性はなかったという例の発言が話題にのぼることはあまりないようですね。

 13日のオーストラリアのハワード首相との会談についても安保共同宣言の記事ばかりで、「過去の出来事に対してつまらない言い訳はしてはならない」「強制動員がなかったという主張は、私としては絶対に受け入れることができないことであり、他の同盟国たちも絶対に受け入れることができない主張だ」とハワード氏が語ったことも新聞記事になりませんでした。

 はなゆーさんによると、米紙クリスチャン・サイエンス・モニターが「安倍首相よ、従軍慰安婦問題でウソをつくな! 正直であれ!」という論評を掲載したり、台北では安倍発言に抗議する集会が開かれたり、東ティモールの従軍違反の証言もあればアメリカのCBSテレビでは7日にも18日にもこの問題を報じています。
 シンガポールのリー・シェンロン首相もカナダのマッケイ外相も言及
 グリーン前米国家安全保障会議アジア上級部長は「この問題が人道面で悲劇的な出来事だったことを忘れている。安倍政権が進める外交政策の良い面を台無しにしている」と批判したらしい。

 そしてBBCワールド・サービスのニュースでも、「安倍性奴隷騒動」について東アジアの各地から意見を募りました。
 21日は、ソウル在住の22歳女子学生、シンガポール在住の22歳の学生、台湾の30歳のIT産業で働く女性、フィリピンの54歳のビジネスマンの4人が語っています。かいつまんで訳すと次のとおりです。

*ソウルの女子学生
 自分の祖父母も含めて植民地朝鮮を生き抜いた人たちがまだ生存しているし、この時代の悲痛な記憶が人びとの心に生々しく残っている。日本語や日本文化に興味を持つ若者も多いが、たった2、3世代前の出来事を忘れることはできない。元慰安婦は「日本政府の公式の謝罪と賠償」を求めている。
 安倍は小泉よりも悪い。

*シンガポールの学生
 日本政府が自国の歴史上の犯罪を否定する反応を示すのはほぼ確実だ。中国人の大半は学校で教えられているし、メディアによって補強されている。中国の抑圧された若者たちは自分たちの怒りとフラストレーションをぶつける相手を捜そうとしている。
 若者の大半は日本を経済的先進国としてみているが、
日本が攻撃的な外交スタンスをとることによって、その怒りの鉾先を向ける国として見られることになるだろう。
 結果として安倍首相は、自国を不利な外交ポジションに置くことになった。
 歴史上の犯罪をいつも否定してないがしろにしていると、この東アジア地域の共通の敵になって友人もいなくなるだろう。

*台湾の女性
 日本の首相が公然と慰安婦には強制徴用はなかった、といったのは信じがたいほど愚かだ。
 日本人は台湾で多くのインフラ整備をする一方で、台湾の人々を2等国民として扱った。台湾人は日本に対して入り交じった感情を持っている。
 台湾支配が他の地域ほど残酷ではなかったし、戦後進駐してきた国民党の無秩序なやり方に幻滅した人たちが、日本について良い思い出を持っているのだと思う。
 第2次大戦中の日本の残虐行為について、日本政府の姿勢はいよいよ否定する方向に移っている。
 日本人は自分たちが素晴らしい民族であると考えているので、真実を認めて若い世代へ過去の行為を伝えるのはばつが悪い、という思いを抱えているのだろう。おそらく日本は、時と共に不面目な記憶も消えると考えているのだろうが、そうしている間は中国も厳しい姿勢で臨み、中国にいる日本人ビジネスマンに影響があるかもしれない。
 中国と韓国が強くなればなるほど、両国は日本政府に正義を要求するだろう。

*フィリピンのビジネスマン
 日本が戦時犯罪を認めることを拒否するのは予想通りだ。
 第2次世界大戦中の兵士たちの雄々しさが強調される日本の歴史書が完全に書き直されて、やっと日本の人々は隣人たちがこの問題に強い感情を抱く理由が理解できるのだ。
 アベ氏の発言は日本の政界で優位な立場を保ちたい政治家の特徴を示しているが、この手の発言をするように保守派から圧力を受けているのかもしれない。
 フィリピン人の大多数の関心は
アベ氏の発言よりも今度の選挙の方にある。また日本の援助に依存していることを考えれば、アベ氏の地位にそれほど大きな脅威になる反応は示さないと思われる。
 しかしアベ氏が分かっていないのは、中国や韓国のように、彼の発言に腹を立てた国々が
さらなる政治・経済上の重要性を勝ち得て、日本に影響を与える可能性のある決定をすることだ。 

 ううううう……。みなさん、鋭い……。
 特に社会の第一線で活動されている後ろ二者の言葉には、現実を見て私たちの国のことをよく掴んでいるのがうかがわれます。

 そこで、ひとつ疑問に思うことは、グローバル企業松下電器産業傘下の出版社PHP研究所が発行している『Voice』のことです。

 2005年の中国に最も影響力の大きかったグローバル企業ベスト20に入った松下は6位のソニーに次いで7位を占めています。
2005年3月31日現在の集計によると、松下電器産業及び同グループの在中現地法人は、1統括、51メーカー、6研究開発、6販社、2物流で、合計66社の現地法人を数えることが出来るということです。

 そうしたグローバル企業が、保守を理念的基礎に、日米同盟の強化を最も重要なアジェンダにする反アジア的な雑誌を出しているのに驚きます。

 たとえば、2002年9月号の特集は「靖国参拝の何が悪い?」のテーマで瀬島龍三と上坂冬子の対談、2003年12月号「安倍晋三総理待望論」で渡部昇一と福田和也、2004年9月号「皇室の危機、日本の危機」で福田和也と中西輝政、2005年3月号で「日中友好の終わり」で町村信孝と中西輝政、といった具合で特集が組まれ、それぞれに外国人寄稿家としてオ・ソンファ、金美麗等の名前が見えます。

 1946年に設立されたPHP研究所が『Voice』を創刊したのは1977(昭和52年)12月。日中国交回復から5年が過ぎています。
 ロッキード事件の公判が始まり、大学入試センターが発足して、福田改造内閣がスタートした年。この時の内閣官房副長官は、あの森喜朗です。

CNET Japan によると、
 松下電器の中国進出は、1979年に国際交流基金を通じて、北京大学や復旦大学に語学教育用のLL設備を寄付した活動から始まった。現在、同社は中国で通信機器を開発し、どこでも、いつでも、誰でも利用できるネット社会を整備す ることに力を入れている。松下電器は2006年に中国で700億元(直近の為替換算レートで約1兆270億円)を売り上げることを目標に掲げている、ということです。

 経営の神さまといわれた松下幸之助が創設した出版社が発行する雑誌と、やはり氏が創業し育て、中国へ進出して根を張ってきた企業との間のギャップはどう理解すればいいのでしょうか。

 2006年4月現在で、日本の総合時事月刊誌のうちVoiceの発行部数は35,592部で第6位。ちなみに第1位は『文藝春秋』の626,750部です。
 
 おそらく中国に進出して第一線に立った松下のビジネスマンや技術者たちが地を這う努力を重ねて現在の地位を築いてきたのでしょう。もちろん、その際、Voice的価値観は拭い去る必要があったとは思うのですが、それにしてもこのギャップ、あまりに皮肉がすぎる。

  ↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。
 
ランキング
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

参院選までに公職選挙法の改正を!

今日から統一地方選がスタートしました。そこでおかしな法律が存在します。公職選挙法ですね。今現在の公選法では公示日から選挙終了するまでの間、候補者はHPやブログを更新することが禁止されているのは皆さんご存知

「ゆとり教育」

 三浦朱門氏はゆとり教育について、斎藤貴男氏の取材に対し、こう答えています。 「学力低下は予測しうる不安というか、覚悟しながら教課審(引用者注:教育課程審議会)をやっとりました。いや、逆に平均学力が下がらないようでは、これからの日本は どうにもならんという

Donnaで選択別姓

『イブニングプレスdonna』という番組に出演している、 鈴木美潮記者の日記があって、選択別姓のコラムが載せられていました。 内容は「多様な生きかたに寛容を」と、ふつうに選択制に賛成しています。 「選択的夫婦別姓に寛容さを」 わたしは、テレビを見ないので、わか

「心でっかち」の話

今日は、前々から取り上げたいと思っていた「心でっかち」の話を紹介する。「心でっかち」という言葉を私が知ったのは、昨年10月3日の朝日新聞に掲載された根本清樹編集委員の記事「政態拝見 『心でっかち』 教育再生への

安倍晋三の二枚舌

一部にNYTは大西なる人が書いているから偏っているというわけのわからない批判があるらしい。ちょっと考えれば、「反日主義者で韓国が好きな特殊な人間」がNYTで記事を書きつづけられるわけはないのだが、毎日空襲を受けながら「日本は勝っている。本土決戦でアメリカを撃

コメントの投稿

非公開コメント

囮の鰊

従軍慰安婦問題から拉致疑惑に飛び火しています。
英国の有力経済誌「エコノミスト」は安倍政権の「目玉」の拉致疑惑と日本のマスコミ報道をnational taboo (国家のタブー)と批判しだした。
右翼勢力と広域暴力団と安倍政権の癒着関係を日本のマスコミが報道しない謎の指摘です。
世界(欧米)のマスコミは安倍晋三を叩くことに決めたようです。

ペガサス・ブログ版で911事件に関するBBCの仰天映像問題から目を逸らすための仕掛け、隠ぺい工作か?との記事。
『そこでふと思ったのですが,性奴隷問題に関する安倍弁解は,ひょっとしたら,これを隠蔽するためのred herringのうちの一つかもしれませんね.世界中のメディアが取り上げています.メディアだけでなくブロガーまでも,安倍妄言に引きつけられてしまっています』
時系列に並べると、2月28日世界に衝撃のBBC疑惑のビデオが世界に広まってしまった。
翌3月1日安倍晋三が従軍慰安婦は強制でないと発言する。
2日、3日とBBCが安倍発言を批判。欧米の新聞が追従し世界的に広まる。

昔日本の軍部は不都合なニュースは発禁にした。
GHQは別のニュースに差し替えた。
現在はもっと進歩して不都合なニュースを隠蔽する時は、大衆がもっと興味を引きそうなニュースを作って大々的に宣伝する。
戦後初めての海外派兵したときはマラソンの高橋選手落選で一般紙が号外まで出した。
耐震偽造事件が大問題になると、火消しにライブドアを槍玉に挙げる。マスコミはホリエモン叩きに躍起になる。

爆破の時間が遅れただけ

一介の記者云々の話ではなく、WTC1&2が午前中に崩壊して、計画では正午にはWTC7が爆破する予定だったのでしょう。
其れが半日遅れたので変なことになった。
アメリカの放送局もWTC7の崩壊予告をしていますから。
ブッシュ政権の完全なる自作自演か、過激派の攻撃に便乗してエンロンやワールドコムなどの金融犯罪の証拠隠滅を図ったか。?
主犯か便乗犯か、何れかでしょう、どちらにしても計画は実行された。

日本国内でも三鷹事件や松川事件等で事件発生直後に政府高官が共産党員や国労組合員と犯人を特定する。
其れを証明する証人も証拠も次々と出てくる。裁判では全員有罪何人にも死刑判決が下される。
20年後に警察が隠していた新証拠が出て被告全員が無罪となるも、もちろん真犯人は捕まらず仕舞い。何となく恐ろしい共産党のイメージも人々にひろく広まった。国労組合員の大量首切りも実行できた。
誰の為にもならない列車妨害事件でも十分に目的は果したのです。
規模は違いますが両事件は余りにも共通点が多すぎます。

ううむ、力作ですね

とむ丸さん力作ですね。外の様子がよくわかりました。

布引さん、こんばんわ。
いつもコメントをありがとうございます。
で、提案ですが、布引さんもいろいろご意見を持ってらっしゃるようですから、どうでしょう、そろそろご自分のブログを開設されませんか?

luxemburgさん、こんばんわ。
褒められて、イェーイ、という気分です。

頭から日本悪者と決めつけての論議は
不毛の論議。世界中が日本が悪いと言っているとか(いかにもまことしやかに言いくるめて相手を攻撃する論法がまかり通るとでも思っているそれのは腹が立つ。世の中そんな人間は少数派なんだよ。白を黒といい含める人間は曲がった人間だ。

片手落ちさん、はじめまして。
あなたの論理に従うなら、はじめから白と決めつけて、黒を白と言い含めるのも曲がった人間だ、ということになりますね。

URLの表記もありませんし、午後にでも削除させていただきます。

とむ丸さん、こんにちは

パソコン初心者でブログのことが良く分かっていません。
元々気心の知れた友人数人とメールの遣り取りをしていただけで、意見を公開する考え自体が余りありません。
『とむ丸の夢』は最初から読まして貰いましたが慧眼には脱帽。私が勝手に友人の一人に加えていました。(コメントが長すぎる等問題があれば御指摘下さい。)

知性も経験も不足しています。我慢も忍耐も有りません。自分より賢い人と話がしたいとは思いますが、愚者と論争したくありません。
ブロブを始めたとしてもコメント欄は削除しまくりで空っぽ、私がコメントを送っているブロガーしか残らない結果になり現状と其れほど代わり映えしないと思います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。