スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪われる背景

「我が社のポリシーは、プロの国際的な専門技能と優秀なローカルスタッフの現場の経験をミックスさせた質の高いサービスです」
 こんなうたい文句を聞くと、一見ごくありふれた企業ですが、「プロの国際的な専門技能」とか「現場の経験」とかなんだろう? 僕でも私でもできるのかしら? なんて思ってそのビジネス内容を知ったら、目をむくことになります。

 2005年の5月、イギリスの会社に雇われて米軍基地に物資を運ぶ車両の警護をしていた日本人が、帰路に襲撃、拘束されたことが報じられました。斎藤さん、44歳。
 この斎藤さんが所属していた会社が、いわゆる民間軍事会社PMCと呼ばれるものです。

 軍事には全くといっていいほど興味のなかった私が、『FACTA』編集長阿倍重夫さんのブログで知った『外注される戦争』が気になって、半日の間没頭し、とうとう読み終えました。

 著者菅原出(いずる)さんは日本財団の関連団体、東京財団の研究員で、PMC研究の機会を与えてくれたのが東京財団の元会長、日下公人。同財団に菅原さんを紹介するきっかけを作ったのが『正論』編集長、上島嘉郎とあると、私がこんな本を読むのは悪い冗談ではないか、とひとり苦笑い。

 少ない兵力と資金でイラク戦を遂行しようとした米軍が常に兵員不足に悩み、PMCバブルが現出しますが、このPMCの業務内容は、実に多岐にわたります。
 単なる傭兵会社ではありません。
 ビジネスを起こしたのは、軍のエリート部隊や特殊部隊、情報機関で実績を積んだ「安全提供」「リスク管理」「危機管理」のプロたちですが、戦闘まで請け負うのは少数のようです。

 正規軍の後方支援、つまりロジスティックス、兵器の修理・メンテナンス、インテリジェンス、偵察、監視、地雷・不発弾処理等から、部隊や紛争地の治安を担当する警官の訓練まで請け負います。CIAの工作員の警護をするのも仕事の一つですし、今やアフガニスタンやイラクに足を踏み入れようとしたら、PMCとの契約が欠かせないとか。

 ついでに述べておきますと、グアンタナモ基地アブグレイブ刑務所での収容者虐待に関わった尋問官の15名もPMC所属という民間の契約者です。ですからその不正行為は軍法会議でも裁くことがきません。

 そうした紛争地、ことにイラクでのPMCの実態が描かれた中で私の印象に残ったこと、「戦争広告代理店」について少し。

 イラク戦争開始前に、ブッシュ政権は戦争に対する米国民や国際世論を味方に付けるために、民間の広告代理店を使って大々的にプロパガンダを行う。これを請け負ったレンドン・グループは9.11テロ事件以降、5,600万ドル(約67億2,000万円)以上の仕事を米国国防総省から委託されている。

 パナマの独裁者ノリエガ将軍追放に際し、CIAの望み通りにことが進むようキャンペーンや心理戦をデザインしたのがこの会社。世界中のメディアから当時の英・伊の首相、ローマ法王まで引き込んでいる。ノリエガ勢力の暴力沙汰を映像に撮り、数時間後には世界中のメディアが報じるように配信手続をし、さらにはノリエガの対抗馬のためにサッチャー英首相・伊首相・ローマ法王(当時)たちとの会談までもアレンジしたのだ。

 ブッシュ・パパの第1次湾岸戦争の際はクエート政府のプロパガンダを支援する。
 湾岸戦争後の追い落としターゲットはサダム・フセイン。
「世界中のメディアに対して『いまや湾岸戦争に敗れ十分に抑止されている一地方の指導者に過ぎないサダム・フセインを、世界平和に対する深刻な脅威であると信じ込ませること』」が次の仕事だった。
 最初はCIAが、次は米国防総省がスポンサーになって、一民間企業が国民の価値判断を巧妙に操作した。もちろんこれには、欧米側の情報機関がイラクの大量破壊兵器開発に関する見積もりを誤っていたことも大きな原因だったが。

 イラク戦争は「選択の戦争」だった。
 時の政権が他の政策オプションもあったにもかかわらず、戦争というオプションをあえて「選択」したのだ。だからなるべく低コストですませたい。

 と、ここまで読み進めたとき、とたんに私は不安になりました。

 あまりの無条件さでアメリカに奉仕する政権について、森田実さんがちらっと言われた「弱味を握られているのではないか」ということば。
 そして今現在アメリカで進行中のアベ・バッシング、ひいては日本バッシングが、イラク侵攻前、ネオコンがフセイン政権に対してやったのと同じ手口の攻撃だ、という田中宇さんの分析。
 さらにははなゆーさんが懸念する大衆レベルでの日本たたき。

 こうした警告を1度に思い浮かべてしまったからです。
 残念ながら今のアベ政権は、国際的な動きに対処できていません。従軍慰安婦発言では言質を取られ、その後の釈明も効果なしです。政権を維持するための内向きパフォーマンスにばかり囚われているからです。
 
 折りもおり、昨日3日の毎日夕刊に、元外務審議官の田中均氏が「三極会議で見た世界との落差 内向きに転じる日本 国際関係の再考今こそ」と寄稿されていました。

 諸外国から見ればナショナリズムの回帰とも映る近年の日本の内向きな傾向に私は強い危惧を持っている。このままでは日本を国際社会の中に融合させていくことはどんどん難しくなっていくだろうし、日本の常識は国際社会の非常識となり、場合によっては日本が孤立していることにすら気がつかない、といったことになりかねない。
と、田中氏は言われています。
 
 こうした現状にあまりに無策なアベ政権。見識の無さと我が身かわいさの先行。
 
 それにアメリカの戦争広告代理店が情報戦・心理戦を仕掛けてくるときの戦略に、この国の政治家たちはいかにも簡単に乗ってしまいそうではないですか。

 金と女に特別弱いものが大物と考えられている日本の政治風土で、《身辺がきれいな大物政治家》がどれだけいるでしょうか。
 近頃はこれにカルトも絡んでいます。

 日本のリーダー達の弱味を握ることなど、実に簡単なこと、朝飯前のことかもしれません。

 メディア操作で作り上げられた政治家たちの虚像が崩れたとき、いうなれば化けの皮がはがれたときの有権者の反応を考えれば、身に覚えのある政治家たちは戦々恐々として、簡単に戦争広告代理店に操られる、と疑っても不思議がないような……。

  ↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。
 
ランキング
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分が歴史の輪の一つだと思うこと

都知事選の構造の背景には、基本的に、東京は勝ち組の集積地だ、ということがあります。企業の本社があり、その中で会社の勝ち組が働いている。そういう企業からの広告収入で成り立つメディアがあり、そういうメディアが支えるネオコン政治が永田町で推進される場です。

原子力発電所 本当に安全なのか?(2)

  副題:知ることからはじめよう  (beyond the nuclear age) 朝日新聞の声の欄に「原発に頼らぬ社会を作ろう」(小森千治さん4月2日付け)が載った。その全文をここに紹介する。 「もうやめませんか、原子力発電所を。数え切れないほどの事故が起きているのに、その

ざる法!公務員「天下り」やっぱりマジッシャン!高級官僚!

「天下り」禁止の法案なんて、どうせ自分たちの首を絞める法案をまじめに天下国家のために官僚が作るわけがないし、絶対服従の官僚を排除したら国会答弁書をきちんと作る者がいなくなる。どうせ抜け道を作るに違いないという予定通り、ウルトラ技を考えたようだ。********朝

民主党は右翼議員を追放せよ!

民主議員の団体名借用、高額本押し売り 都内の出版社(朝日新聞) - goo ニュース 咲いた,咲いた,右翼議員の洟が♪ なんて冗談を言ってる場合じゃない.岐阜県から参院議員として当選2回の,山下八洲夫氏の政治団体(国会職員や私設秘書たちと言い換えても良いだろう)が

美しい国づくりの国民運動&「?」のCMにアブナさが漂う?+上田・東国原の問題発言に怒!

<また二つの記事をまとめてアップするので長いのですけど、お許しを。m(__)m> 2日のニュースで、一番イヤ~な気分にさせられたのは、この件だった。 政府は2日、安倍晋三首相が掲げる「美しい国づくり」に向けたプロジェクトを検討する企画会議の発足と有識者メンバー

自民・民主の対決軸はあるのか。党首討論未開催のわけ

国会のなかでの民主党の態度が自民党から注目されている。自民党は、国民投票法案の成立には、どうしても民主党を巻き込むことが必要だと考えているようです。マスメディアも、今朝もニュースで伝えていましたが、民主党とも共同修正にこぎつけたいと考えているようです。一

官邸鑑定団を始めてほしいものです。

美しい国作り内閣が 美しい自分探しだっけ・・・美しい国つくり企画会議を開催した。何かビューティーコロシアムのコピーみたいだけど。官房長官は自分探しの度をとか 今時中学生・高校生でも言わないような台詞を決めぜりふと勘違いしていた。それにしても意味不明な官邸

第2章 ICCの傘に入って軍備オフ~国際救助隊・国際人道支援隊を結成せよ!/1.「軍備オフ」への不安に答える(1)

 前章では、ICCが戦争抑止力になること、アメリカにかわる安全保障のための傘にな

忘れることは恥

 戦時下を生きた人々の体験については、多くの記録が残されている。聞き書きであったり、書簡や日記であったり、ルポルタージュであったり。国民総動員体制の下で人々が具体的にどんな生活を送ったのか、何を考え何を恐れたのか……等々の詳細を、私はそれらの本によって知

ネット発の新党

色々な著名人のブログを読んではいるが、一番私と考えが近いかなぁと思うのが天木直人氏のブログだ。というとちょっと偉そうだが読んでいて文章力は当然、ダントツに違うが私の思っているような事が具体的に書かれている。

都民は女か

 政治評論家の森田実氏が一昨日付のコラムにおいて「若い友人のA君から電話がきた」として,次のような話をご紹介になっている: 森田さん、日本人はどうしたのだろうか。東京都民はどうしたのだろうか。つい先日、駅で夕刊新聞を買って広げてみると、〈都知事選――浅野

浅野支持伸びず

都知事選は、あいかわらず石原慎太郎氏が有利のようです。 浅野史郎氏は、支持が伸び悩み、むしろ後退さえしているようです。 (ダブルスコアで圧勝されることも、覚悟したほうがいいかも。) 「慎太郎、圧勝ムード…浅野氏、民主支持層からも距離」 「都知事選、石原氏先行

イヨッ!出ました××の一つ覚え「美しい国づくり」キャハハ~♪+まだまだやるぞ!ナントカ還元水1本5000円!

↑  ↑  ↑  ↑  ↑庶民も立ち上がるぞ!勝手連SOBAさん、チュー太がSOBAさんのTシャツを着ました!「共謀罪」阻止まで、頑張りましょう!(いくら名を変えたって「共謀罪」は「共謀罪」です!)●:首相官邸(平成19年4月3日...

憲法は弱者のためのモノ。だからこそ・・・

  カンボジア・シュリムアップの市場です。   その昔、お玉はある年上男性から「石原の言ってることは奥が深い、あの発言の表面だけをとらえてはいけないんだよ。」と言われた。たしかに新聞報道は差別発言の部分だけをとらえて「問....

ソロモン地震ニュース、WTC7崩壊報道、サイパンの投身自決画像、御巣鷹山日航ジャンボ機事件の真相など

去年の1月1日に「これから毎日ブログを更新します」って書いて以来、毎日とはいかないまでも、あけても3日くらいだったのが、ついに4日間更新なしという記録を「更新」してしまった。いかん、いかん、今日の日付もあと少しで変わろうという時間、この数日間のニュースなどか

07年4月5日・木曜日  政治も社会も自然も異常が多い

07年4月5日・木曜日 二日お休みしてディスを見ていないと目が楽になり、もう歳だからお休みをしようかなと思っていても、PCの前に座ると、何かしたくなると言うことはPC中毒になっていまったのだろうか。 最近は政治も社会も自然も異常が多いというか、毎日の報道でヘンチ

新人へ三人の言葉

 お休み前のテレビで、お三方の新入庁、新入社時の挨拶のコメントを抜粋したテロップが張り付いていたので取り込んでみた。 東国原知事は、官僚が作ったものは心がこもっていないと、自分の言葉で話していたらしい。 私は、政治家の挨拶は自分の考えたもので挨拶すると思

「障害者自立支援法」に関する浅野史郎氏の見解

友好ブログ「うみおくれクラブ」のゆみさんが、浅野史郎前宮城県知事に「障害者自立支援法」に関する質問メールをだしたところ、浅野選挙事務所より回答がとどきました。ゆみさんに承諾を得た上で、「質問」と「回答」を転載させていただきます。

わかりやすく言えば...

埼玉県の上田清司知事が、県新規採用職員就任式の式辞で、『自衛官が「人殺しの練習」をしている』と発言したとのことで、批判を浴びている。だが、これは実は軍事力というものの本質を突いた発言ではないかと思っていたところ、

官僚は抵抗勢力? 何に対して?

 官僚への風当たりがきつい。政府はいろんな方向から攻撃しているみたい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。