スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強行採決 中山太郎委員長、また嘘ついて!


 昨日12日の憲法調査特別委員会で審議を打ち切り採決を強行した中山太郎委員長は、テレビのインタビューに答えて「これで国民の主権が確立された」というようなことを述べていたとか。

 こりゃこりゃ、嘘つきは泥棒の始まり、と言ったばかりでしょう。
 この壊憲のための法案のどこで、国民の主権が確立された、なんて言えるのでしょうかね。

 衆議院TVで中継を見ていたとき「委員長職権だ」という言葉が何度も聞こえたのですが、あれが中山氏の声ですね。

 中山太郎、83歳。
 平成12年1月の第147回国会からずっと、憲法調査会に関わっています。
 両親・兄・甥に本人を含めて親族5人が政治家。
 典型的な世襲政治屋さん。

 この方のご母堂中山マサ氏は池田内閣で初めての女性閣僚に登用されてメジャーデビューした大きな話題を呼び起こした人。私が小学生か中学生の頃。
 子供心になんだかいっしょにお祝いしたい気分を掻き立てられましたが、こうして大人になってみると、疑問点がぞろぞろ出てきます。

で、そのご子息、中山太郎氏ですが、HPには

【解釈改憲は国民権利の剥奪だ】
私は解釈改憲を拡げていくことは、国民の権利を剥奪することだと考えている。憲法はもともと西洋では、君主が国民から税を搾取するときに、それに抵抗するためにつくられたものである。したがって国民の権利を守ることが大事である。

とあります。

 それで今回の国民投票法案を特別委員会で強行採決した際に、国民の主権が確立された、なんてうわごとを言ったのか、と納得しました。

 国民投票法案の中味を知っていたら、国民主権とは正反対の位置にあることはすぐ分かるくせに。
 もしかしたら、委員長は内容を知らなかった? とも思いましたが、いくらなんでもそんなことはありえないでしょう。
 意図的に嘘をついた、としか考えられません。
 自分たち、つまり与党側が後ろめたいことをしているのは承知しているのです。分かっていてもやってしまう。やめられない。
 先の戦争に対する姿勢と同じ。

  毎日新聞は今日になって大々的にこの国民投票法案のことを報じています。いつものことながら、時機を逸してからの報道です。

 それにしても、社説で、
「与党案では投票日2週間前からテレビ・ラジオの有料広告を禁止しているが、表現の自由の観点から問題はないか」
と的はずれな批判をしているのは何のつもりか、と呆れたのは私だけでしょうか。
(社説のすぐ横には、温家宝中国首相と握手する池田大作氏の写真)。

 アベ首相は酷いなあ、委員会を強行突破させたいい訳に、こんな中山氏というお年寄りに嘘までつかせるのですから。

 もっとも、双方とも同じ穴のムジナ、というのも事実でしょう。

 この中山太郎氏は、タカ派議員連盟、「歴史・検討委員会」や神道政治連盟国会議員懇談会のメンバーです。

 歴史・検討委員会は「大東亜戦争」(アジア太平洋戦争)を総括する目的で1993年8月に設置され、「日本の戦争は正しかった」という内容の『大東亜戦争の総括』(展転社)を95年8月15日に出版しています。

 奇しくも
この日は、自民党と連立を組んでいた社民党の村山富一首相(当時)が侵略戦争や植民地支配を反省する談話を出した日。
 奇しくも、ではないですね。故意にこの日にぶつけたわけでしょう。

 同日、一方は謝罪と反省をし、もう一方ではその謝罪と反省に舌を出して、俺たちは何にも悪いことはしていない。むしろいいことをやったんだ、と言っています。

 こうした勢力が戦前から戦後、公職追放の一時期を除いて政治の中枢にいて、結果として私たちの国の政治風土が戦前からの連続性を保った、つまり戦前から大して変わらなかった、といえそうです。

 今日も仲良しの先輩格の方と、お茶を飲みながらおしゃべりしました。
 彼女は格別政治に興味を持っているわけではないのですが、良識をわきまえている私の相談相手。

 こんな私たちの国の政治状況をどうしたらみんなに伝えられるか、なんて言い出しっぺの私の言葉に反応して、ふたりでブレインストーミング(というほど大げさではありませんでしたが)。

 なにしろ、いつもいうことですが、この社会には「政治と宗教の話しは御法度」という人が圧倒的に多いのです。
 最悪なことに、近頃はこの政治と宗教が密接に結びつく様相まで呈しているというのに。
 
 で、結論はやはり、やさしい言葉を使う、ということになりますが、その前に信頼関係を築く、ということが前提になります。

 ついでにいいますと、ときどき問題になるF票、つまりフレンド票
を集める公明党支持者、はやくいえば学会員ですが、彼等にもいろいろタイプがあるようです。
 日頃はほったらかしにして選挙の時だけ頭を下げにくる人もいれば、日頃からのふれあいを心がけ、年に数回友人たちを食事やお茶に招待し、選挙の後の当選お礼にはハンカチを配る、という人も聞きます(こういうのは、公職選挙法とどう関わるのでしょうか)。

 そんな時には学会作製のビデオを見せられるのかもしれませんが、何も食事やお茶が欲しくて、ハンカチが欲しくてF票を投じるわけではありません。やはり友人関係が前提となっているわけです。
 選挙時だけの挨拶ではされた相手も困る、というより腹を立てる例の方が多いですね。

 やはり人間同士の環の中で、互いに相手を尊重してこちらの考えを伝える以外に手はないようです。

 ↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。
 

 ランキング
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私的 リベラル考

国民投票法案が委員会を通過した。「首相は憲法を私物化している」という辻元清美の言葉がすべてを物語っていると思う。確かに、あの人、この国を自分のものだと思っている。困ったもんです。この国は私達国民のものなんですが。

強行採決X2で押し切る安倍の「政治スケジュール」・・・キミらに「国民主権」を語る資格はない!

案の定と言おうか・・・12日に憲法改正の手続き法案が、衆院憲法調査特別委員会で強行採決された。 野党が委員長席の周りに集まって抗議中に、ドタバタした中で採決が行なわれたので、民主党案の採決は、いつ行なわれたのかわからないような感じだった。<自分んとこ

ひとにやさしく 【知っているから偉いんじゃない】

とりあえず昨日の不愉快な出来事を記録しておこう。在日米軍再編への協力度合いに応じて地方自治体に交付金を支給する事を柱とした米軍再編推進法案が可決、そして国民投票法案は与党の目論見通りに採決されてしまった。国民投票法

岸と壷三と国民投票法案とメディア

国民投票法案、与党単独で委員会採決 13日に衆院通過 (2007年04月12日18時41分 asahi.comより)憲法改正の手続きを定める国民投票法案の与党修正案が12日、衆院憲法調査特別委員会で自民、公明両党の賛成多数で可決された。

東国原英夫がウケ、浅野史郎がウケなかったワケ

国民投票法案が衆議院本会議で可決され、衆院を通過したが、ここに至る与党のごり押しは、昨年12月の改正教育基本法成立のいきさつからも十分予想されたことだ。報じられているように、国民投票は早くて4年後の2011年である。今

東京都知事選(2)

あらためて、東京都知事選、非常に残念ですが、浅野さんの敗北です。(泣) 「何かが変化と思いたい…都知事選、大差で敗北の浅野氏」 「<都知事選>浅野さんら4人の敗戦の弁」 「浅野氏「予想以上の負け方」…都知事選投開票」 敗因はいろいろと分析されていますし、い

我々が一緒に持ちこたえるならば

グルグルと何かが頭の中でうごめいてる・・・。 この状況をどう打開すれば・・・。 平和を願う全ブロガーに「IF WE HOLD ON TOGETHER」を贈る。 でわ。 IF WE HOLD ON TOGETHER=DIANA ROSS 利権家+創価の「自主憲法」恥ずかし~い 「憲法改悪」に断固反対する!

国民投票法案;護憲派は声をあげよ

国民投票法案=改憲手続き法案が自民、公明両党によって採決が強行されました。衆院憲法調査特別委員会の採決によって、自公はきょう、衆院を通過させる見込みです。 本来国民の合意なしにはすすめることのできない改憲の手続法案を採決強行した自民党、公明党は厳しく批判

13日の金曜日、ただいまヤップに戻りました!

4月1日の早朝にヤップを発ち、西日本から関西を経て東京という旅を終え、本日(4月13日)早朝2時30分、無事ヤップに帰ってきた。いろいろな用事や事情のため、わたしにしては珍しく長期の旅となったが、ニホン滞在中は、移動+新しい出会い+旧い友との語らい+仕事、etc.の

近々、東京都知事選があったら、・・・・ 超希望的観測

東京都議会場◆ゲンダイネット2007年04月14日10時00分「石原知事2年で辞める」説 東京都知事選で楽々3選を決めた石原慎太郎知事(74)。記者会見で気に入らない質問をする相手に食ってかかる“石原節”も復活だが、3期目の都政は難問山積で波乱含み。任期途....

自滅党・嘘つきは自民党のはじまり。嘘つきはアベシンゾーのはじまり!

↑とりあえずガスパーチョ様創りあげたい儲けがある。 美味しい利権、MD。 自滅党 ブッシュ・・・・・・軍需産業は儲かるよ! ラムズフェルド・・・準備は万全だよ! コーエン・・・・・・今すぐご購入を!  政治家1・・・・・・これで国防も私の....

ネットゴキの陰湿化と,「コメント欄」を掲示板と間違えるアホ

 今日のお花はビオラです.語源的にはラテン語(イタリア語)の viola d'amore ヴィオラ・ダ・モーレ から来ているらしいけど,viola da gamba ビオラ・ダ・ガンバ という言葉もある.要するにアルト記号 (alto clef) のついた,高音を出す楽器ということだ.気象学用語にも

自民党のいい訳

 日本の政治ちょっとおかしいよねって実は思っている日本のおかあさんたちを探したくて・・・・お玉、人気ブログランキングに登録してます。いろんな人に語りたいから、あんまり過激な事は書かないし、むずかしいことも能力不足で書けません・・それでも、お読み頂けまし..

「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(5) (貧困と闘う、フランスのある社会運動)

失業者、貧困者に無料の食糧援助をするフランスの社会運動、「心のレストラン」を紹介する記事(4)(2007年3月11日のエントリー)の続きです。今回第5回を「心のレストン」についての結びのエントリーにするつもりでした

自ら墓穴を掘っている悪政推進者達

今朝の読売系日本テレビ番組「ウェーク!」で「改憲手続き法」が取り上げられていまし

国民投票法案が衆議院を通過

先週日曜に投開票された東京都知事選、現職の石原慎太郎知事が280万票もの支持を得

【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『マジョリティの意識に届く言葉を』~「フツーの都民」のハートに火を付けられなかった浅野史郎・吉田万三の両氏

先日、文筆活動の傍ら「脱北者」支援運動などを展開されている評論家の三浦小太郎さんから、先の東京都知事選に関するコラムがメールで送られてきました。三浦さんの東京都民の捉え方には私も共感する面を感じましたので、三浦さんご本人の許諾を得た上で、当該メール文を全

「国民投票法案」衆院通過に関する雑感

 4/12の衆院憲法調査特別委員会、翌4/13の衆院本会議で、連立与党修正による「国民投票法案」が可決し参議院へ送られたのは、既にご存知のニュースだと思う。 しかし、このニュースに関して率直に思うことが何点かある。

白川勝彦氏が語る小泉純一郎の正体

 実は先ほど「小泉→安倍体制に疑問を持つブロガーのリング」なるものに,このJUGEM版人工樂園を登録してしまったのですが,奇しくもその今日,白川勝彦氏が実に面白い文章をアップして下さいました。 ★温首相来日考(その2)(永田町徒然草) 小泉純一郎前首相の靖国参

ファシスト安倍晋三

安倍晋三!私は人間として恥ずかしい。君のようなヒットラーの生まれ変わりのような自己満足のために大量殺戮国家を建国しようとする者が存在することを。私は口惜しい。君のような軍国主義者を喜んで選ぶ選挙民が居ることを。ファシスト石原を選ぶ愚かな都民と同じ悲しい山

国民投票法案/各紙の社説などを読んでみた

 国民投票法案衆院通過に関する社説や論説を、新聞各紙がいっせいに載せている。活字で読んだのは2紙ほどだが、改憲国民投票法案情報センターのサイトで各紙の社説・論説をまとめて読んだ。 産経や日経など一部の新聞を除き、少なくとも「与党の横暴」には批判的。可決し

創価の親分は「庶民の王者」

池田大作 「庶民の王者」 確かに「王者」と言ってますね。 驚いちゃいますわ。笑ってしまいますわ。 次は私が日本国の「◯◯」とでも言い出すんですかね? 池田大作 「庶民の王者」 TV朝テロップ「庶民代表」捏造編 ※この映像は直ぐに消される可能性があります。 誰

外国にある米軍基地の増強のために血税をつぎ込むなんて!!

自民、公明両党は十三日の衆院本会議で、九条改憲と地続きの改憲手続き法案と、日米軍

国民投票法案の問題点についてフランス語で発信してみる

ブログ「国民投票法案を語る」で提案されていた、国民投票法と改憲についての問題点を外国に発信する試みに賛同し、同ブログの案文を少し修正しながらフランス語版を作成しました。フランス語と法学の両方に通じた方からの意見も

投票に行こうよ。自分のために。

週末、子供と近くの河原を散策した。 野の花が咲き乱れ、いつの間にか春真っ盛り。陽射しの中で、たくさんの子供たちが何も知らずにピュアな輝きを放っていた。 日曜(4/15)の晩、TVをつけたら、現実に引き戻された。 14日のモスクワに続いてサンクト・ペテルブルクでもプー

【都知事選】「『日の丸・君が代』押し付けは個人の人権侵害」という石原慎太郎批判では、ダメなんだよ。

結局、石原慎太郎氏とは民衆の「不安心理」に巧みに入り込むことによって支持を獲得している政治家ということに尽きると思いますね。石原氏の政治手法というのは、庶民の眼前に<分かり易い「敵」>を提示して、その「敵」を徹底的に叩くことで、自らの「実績」を見せ付....

佐藤優さんの護憲論2

雑誌『世界』2007年05月号掲載の佐藤優(起訴休職外務事務官)による記事「山川 均の平和憲法推進戦略――「新たな共同体」を遠く望んで」から「護憲」に関する部分を紹介します。

「憲法改正手続き法案」超スピード審議

参院憲法調査特別委員会で早期成立を目指し「国民投票法案」は、超スピードで審議されてます。このままだとアッと言う間に成立してしまいます。 「利権家」どもにデタラメな法案が創られてしまいます。 民主党はまったく頼りになりません!参院憲法特別委:3日連続開催に 与

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。