スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01/21のツイートまとめ

tomyume

@reservologic @336atsuko さる大企業勤務の夫を持つ友人が言ってました。彼女は投票日には集団催眠状態は解けてましたが会社命の人だっていますし選挙運動に協力しない別の友人は、社宅住まいなのにと悪口を言われたとか。選挙運動に協力していると、その気になるんです。
01-21 16:35

@reservologic @336atsuko みたいですよ。家族も含めて、決起大会でウヮーっと盛り上がると、かなりの人でもその気になるらしいです。
01-21 16:07

RT @kamiura_jp: ダボス会議に向け、世界規模で人口の1パーセントが、富の半分を占有していると国際機関が発表した。極端な貧困のため自立した生活できない人が増えている。日本でも一部の高所得者に富が集中する傾向が強まっている。格差を是正する政治の力は作用せず、日本の軍事…
01-21 15:19

RT @kemu1957: @GeorgeBowWow @SandarHax ➡️その通り。米軍基地は、日本政府さえその気になれば、全面撤去も可能。占領ではないのですから、米国は日本政府の決定に従うしかないのです。米軍基地は、アメリカの圧力と同時に、歴代自民党政府が進んで…
01-21 15:03

@hanachancause 私には投票権はありませんが、都知事選、色々な意味で悩ましいですね。小泉純一郎の胡散臭さも気になるけど、共産党にも疑問があるし。。でも、安倍政権をこのままにしてはおけない、というのは確かですね。
01-21 14:32

@tomyume で、そんな町で大きくなった舛添少年は、今に見ていろ、俺だって、と上昇志向を強めていったのは想像に難くない。多分、上を見て育ち、下のものや弱者は視野の中に入っていなかったのではないか。功成り名を遂げても、さらなる上を目指す、というのが彼流だと思う。
01-21 14:11

@tomyume の意識は現在も高齢者の方々にしっかりと染みついている。そんな職員宿舎のすぐ隣で両親は商売を営み、舛添少年も職員さんたちとの彼我の違いを幼いときから味わっていたに違いない。成績優秀の彼は両親の自慢の息子であったであろうし、家族はこぞって彼を応援していたのでは。
01-21 14:04

@tomyume 舛添少年の両親が営む店のあった荒生田市場は、幹部職員の宿舎と隣り合わせだった。なにしろ、鎌田慧さんに言わせれば、労働下宿があったのは北海道の炭鉱と八幡だけだ、という土地だ。文字どおり、ピンからキリまでの人が生活し、末端従業員は幹部職員を「雲の上人」と言っていた。
01-21 13:58

舛添要一という人物は、彼が育った八幡という町を抜きにしては語れないのではないか、と思う。1901年から官営に始まる製鉄の歴史。帝大出の幹部社員が住む町から職工が住む町まで、従業員宿舎は職制によってきっちり分けられ、それぞれが置かれた町の性格を形作っていた。
01-21 13:53

スポンサーサイト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。