スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラクの自由作戦の酷さ 自衛隊はどうなる?


 今日で連休もお終い、と思うと憂鬱になる。
 月曜の朝になると、さらに憂鬱は深まる。
 休み明けブルー。マンデーブルー。

 なにも、もっと遊びたいわけでも休みたいわけでもない。

 休みが明けると、国会が動き始めるからだ。

 連休でなくとも、金曜日は緊張する。
 この時何事もないと、
 土曜日はほっと安堵のため息をつく。
 けれど日曜日は、翌日の国会のことを考えて、憂鬱になる。

 まあ、なにも私一人が背負うことなど全然ないのだけれど、行きがかり上諸状況を知ってしまったから、黙ってもいられなくなったし、憂鬱になるほど私たちの国は危うい状況だ。

 おまけに近郊の朝市に出かけると、あべこべ総理と並んで誇らしげな笑顔を見せる漁業組合関係者と思しき人物のポスターが会場に貼ってあり、とたんに興ざめ。不快極まりない。

 さて、先週金曜日にイラクに駐留する米陸軍兵士と海兵隊員1767名を対象にした精神衛生調査の結果が米国防総省から発表された。

 前89ページにわたるこの報告書については、アルジャジーラが比較的詳しく報じている。私はNHKラジオの午前のニュースでこの報告のことを知ったのだが、同日夜にはasahiを初めとするネット上のニュースの多くはすでにリンクが切れている(キャッシュの表示がなかったので削除されたのだろう)。
 唯一残っていた毎日のものもいつ切れるか分からないので、魚拓をとる。

 今朝も念のために検索すると、「イラク米兵にPTSD拡大 長期、複数回派遣で増加 ― 東京新聞 22時間前」とあるのだが、すでに読めない。
 こんなところにまで、規制が働いたのだろうか?

 張本人の米国の調査報告書はちゃんとネット上で読めるというのに。
 Mental Health Advisory Team(MHAT) IV  Operation Iraqi Freedom  05-o7 FINAL REPORT がそれ。

 当事者が堂々と公表していて、日本では隠されたというのはどいうことだ?

 
 毎日とアルジャジーラから拾った調査結果等は、次のようになっている。

・仲間の兵士が無実のイラク人を死傷させたことを報告するのは、調査対象となった陸軍兵士・海兵隊員の半数に満たない。

・怒りの激しい兵士たちは、激しい戦闘を経験した、あるいは陽性の精神症状を隠してきたなどして、非戦闘員を虐待すると思われる率が倍増する。

・もっともよく見られる虐待は、非戦闘員に対する言葉による侮辱である。

・派遣期間が延長されたり派遣回数が多いほど、問題が増大する。

 具体的には、
 
・目の前で非戦闘員を侮辱、もしくは悪態をついた。

海兵隊員 30%
陸軍兵士 28%

・必要に迫られていないのにイラク人の財産に損害を与えた、もしくは破壊した。

海兵隊員 12%
陸軍兵士 9%

・必要に迫られていないのに非戦闘員を殴る、あるいは蹴り上げた。

海兵隊員 7%
陸軍兵士 4%

 そしてもっと怖ろしいのは、拷問を容認する、というより拷問をさせてくれ、という声が強いこと。

 調査対象となった1,320人の陸軍兵と447人の海兵隊員の3分の1以上が、仲間の兵士や海兵隊員の命を救うために拷問が認められるべきだとし、38%近くが、「暴徒についての重要情報」を集めるために拷問が認められるべきだと答えた。

 そしてこの報告書の発表をしたポラック陸軍少将(女性)は、男・女に関わりなく、「負傷した仲間を見続けてきて、そうした考えを持つことは当たり前だと思う」。でもみな、「そうした考えに従って行動しているわけではない。みな、拷問はしていない」と語った。

「非戦闘員には敬意をもって接しなければならない」と考えているのは陸軍兵で47%、海兵隊員で38%にすぎない。

 米軍のイラクにおける軍事行動は、2004年のアブグレイブ刑務所での虐待と2005年11月19日のハディーサにおける海兵隊によるイラク民間人24名の殺害報告も含め、イラク人拘留者や民間人を虐待していると批判されてきた。

不安、抑鬱、急性ストレスをみせる割合が、派遣期間半年未満の陸軍兵では15%、半年以上では22%に上っている。

 イラクの自由作戦に参加した兵士に関して10万人につき1年で平均16.1名の自殺者を記録した。

全体として陸軍兵の約20%、海兵隊の15%に、不安、抑鬱、急性ストレス等の精神症状が見られた。

 陸軍兵士の間では精神面で何らかの症状を示しているのは、初回の派遣で17%だが、派遣2回目以上では27%に上昇。
 

 陸軍兵のモラルは海兵隊よりもひどいが、これは海兵隊の派遣期間が6ヵ月と陸軍よりも短いせいとも考えられる。

 そして最後にこのレポートは、1年におよぶ陸軍のイラク派遣期間を短縮するか、再度派遣するときは18ヵ月から36ヵ月の間を開けて兵士の回復を待つように勧告した。

 ところがだ、ゲーツ国防長官は先月、陸軍部隊のイラク・アフガニスタン駐留期間を現在の1年から最長1年3カ月に延ばす新方針を発表している。

 戦闘員・非戦闘員にかかわらず、相手国イラン・アフガニスタンの人びとの人間性を無視するのと同時に、自国の兵士も男・女関わらず、人間性を無視・否定されている。

 それも「自由作戦」の名の下にだ!

 なんだか、このまま自公政権の目指すままに進んでいったあかつきの、自衛隊員の姿を見せつけられるようではないか。 

↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

  人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

沢田教一・カメラの眼から平和を考える。

●沢田教一『ウィキペディア(Wikipedia)』●ピュリッツァー賞 受賞カメラマン 「沢田教一」 の記録 1970年10月28日、ベトナム戦争下のカンボジア。 沢田教一カメラマンは、UPIプノンペン支局長と共に、取材のため 国道2号線をチャンパクへと向かっていた...

[慰安婦問題]産経・古森氏が、また歪曲報道

占領時、米軍も「慰安婦」調達を命令 ホンダ議員「旧日本軍は強制」言明http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070505/usa070505005.htmhttp://megalodon.jp/?url=http://www.sankei.co.jp/kokusai/usa/070505/usa0705

普通の人々らに、「舐めたらアカンぜよ!」 と気づかせたい^^  【選挙に行こう】

2ヵ月後には参院選がある。その結果如何では、それから3年も経てば国民投票が実施され、大きく我が国が変わっていく可能性もあるわけだ。 戦後、約60年間変わらなかった憲法が変わるという事は、政治家をも含む、ほとんどの人が

【イラク情勢】空自派遣の2年延長は不要

 イラクのマリキ首相は4日、エジプト東部シャルムエルシェイクで共同通信と単独会見し、イラクでの航空自衛隊の輸送支援活動について、需要は長く続かないとした上で「今年中にも日本の部隊は必要なくなる」と言明、日本には経験と技術を生かした文民による復興支援を求め

更新記録

「民法改正運動の展開」-「2003年前半」の下の 「市民活動家たちの期待」に、加筆修正をする。

「こどもの日」に「安倍晋三TBP」へのTB件数が9000件に到達

昨日(5月4日)、当ブログは新しい記事を公開しなかった。2月13日以来80日ぶりだが、これは以前からの計画通りで、5月4日から6日までの3日間は、短信を除いて新規の記事を公開しないつもりだった。人間誰しも充電の時間が

憲法改悪阻止のための提言~「戦後レジーム」という言葉を使ったマスコミに意味を聞こう!~ぜひ実行を!

 安倍は、「戦後レジーム」という言葉がお好きなようです。戦後レジームからの脱却…。本当に脱却しないといけない「戦後レジーム」は、自民党支配なのに…。安倍は、「戦後レジーム」という訳の分からない言葉で改憲に向けた雰囲気づくりをしている。この短い言葉を多用す

「日本国憲法 誕生」(3)「ベアテの贈り物」と「日本の青空」

連休を皆様はどのように過ごされただろうか。連休は終わったけれど、連休特集(笑)「日本国憲法 誕生」の3回目、今日は基本的人権、そして女性の人権について。

立花隆さんの講演会に行ってきました。そして、その感想を元に憲法を取巻く情勢マッピング・マトリクスを修正してみました。

 東京駅前丸善3Fのセミナールームで立花隆さんの講演会を聞いてきました。2時から

「いい番組でした」という反響を伝えましょう。

昨夜のETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」 いかがでしたか?お玉へのメールで感想を伝えてくださった方々や今回、前回のコメント欄の様子、何より昨夜のお玉への人気ブログランキングのポチの数をみてますと、みなさん、とても気に入って頂けたのかなあと感じてます。.

07年5月7日・月曜日 気象用語 

07年5月7日・月曜日 今日は早朝から家内のa heartの検診で循環器センターまで行って、テレビを見る時間もなく休刊日なので新聞もありませんので、肩のこらない映像を送ります。 (参考資料・07年4月28日土曜日、TBSサタデースバット)昨日、護憲+のHPの視聴覚コーナー第四期

ネット工作員は数字の魔術師……そして、張り子の虎(笑)・その2

 いわゆるネット右翼(左翼)など、ネット上にて様々な工作を行う人たちがいるという。 例えば、自分たちに都合の悪い主張をする個人や団体のサイトに、誹謗中傷やコメントスクラムなどの攻撃を仕掛けたり、ランキングな

仏大統領にサルコジ氏!・・・何故サルコジなのか?

■実態のない幻想・・・21世紀における「一億総中流意識」◆東京新聞 2007年5月7日 夕刊仏大統領にサルコジ氏 決選投票 ロワイヤル氏下す ―――――― 一部抜粋 ――――――サルコジ氏は、高失業率を改善するため

ずさんな施設経営者 + 改憲と護憲の構図

■回避可能な事故 / 安全管理流れるプールでの女児の事故も記憶に新しく、その後の対策がどうなっているのかも、また夏が巡ってくるというのにあまり報道されていない。そしてまた、子供たちが楽しみにしているゴー

その向こうへ行こう ~ トヨタ実質世界一に

5月10日東京新聞1面に,『トヨタ,実質世界一』の記事.記事の最後には,「他社を意識するより,顧客に満足してもらえる車を売ることに全力を傾けるのが第一」という社長のコメントがあります.何気ないコメントのようですが,とても考えさせられるものです.社長コメントの

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。