スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「9条を語れ」 何のための、誰のための改憲か

大津留公彦さんのところで、You Tubeにアップされたクローズアップ現代「9条を語れ 平和は今」を見ました。

 見逃していたので、大津留さんに感謝! 

 それにしても経済活動を支えるために自衛隊を海外に派遣すべきだ、という経済同友会の高坂節三氏の言葉は衝撃的でした。

 自衛隊に守られながら商売をする。
 守られないとやっていけない商売って何だろう?

 エネルギー、繊維製品、鉄鉱石、紙パルプ、大豆、小麦等々、どれをとっても日本はもはや輸入なくしては経済がまわっていかない。邦人保護も必要だ、と高坂氏は言う。

 私たちの生活は海外からの輸入に頼っている。
 その輸入が滞りなく行われるのには、シーレーンを確保する自衛隊の力=兵器+兵士が必要だ、ということか。

 何から商売を守る必要があるのだろうか? 
 その商売は私たちの生活に、ほんとうに益をもたらすものなのか?
 いったい誰がそんな商売で儲かるのか?

 こんな疑問が頭の中をぐるぐる回ります。

 それにしても不思議なのは、自衛隊に守ってもらえば、場合によっては先制攻撃をすれば万事OK.と考えるところ。
 戦争に負けることは可能性として十分あると思いますし、勝利宣言してからもイラクで続く米軍犠牲者のことを考えると、とてもOK.と考えるわけにはいかない、とても商売どころではないと思うのですが。

 いや、確かに戦争そのものを商売にしている人たちはたくさんいました。

 民間軍事会社PMCが世界各地の戦争で、とりわけ今はイラク・アフガニスタンで莫大な利益を上げていることは、「新植民地主義と国家の民営化 ワーキングプアにもなれない人たち」や「奪われる背景」で述べてきました。

 すでに英国資本のPMC日本支社は昨年発足していますし、さしもの米軍も今ではPMCなしには戦争そのものが遂行できません。
 昨日9日はチェイニー副大統領がイラクを電撃訪問したと報じられましたが、こうした要人も、PMCの警護なしにはイラクに足を踏み入れることさえできなかったのではなかったかしら。

 で、こうしたPMCも、もちろん財界の知恵もの達は視野に入れているでしょうから、これと自衛隊はどういう関係になるのでしょうか。

 先例は米軍にありますから、十分そこから類推できるように思います。
 米軍とPMC、自衛隊とPMCのことを考えていくと、私たちの生活を守るため、つまり私たちの生活を維持するための輸入品を守る、というのはあくまでも表向きの大義で、本音は違うのではないかしら、という疑念が頭をもたげてくるのです。

 戦争によって成りたつ経済、戦争によって成長する経済、戦争によって儲かる経済、そんなアメリカン・スタイルが手本になっているとしたら、これはもう、究極の悪魔の選択でしょう。
  
 そんな悪魔の餌食になるのは、屈強な若者たち。
 
 戦争という名誉的なもので死にたい、という‘破滅的な願望’ を口にする31歳のフリーターもこの番組に登場していました。

 戦争でも起きないと、今の不安定な生活は変わらない、というこの男性は、コンビニのアルバイトで得る収入はひと月12万でした。もう10年間、その生活だといいます。
 軍隊ならば、給料は国が保証してくれる、とも言っていました。

 いろいろな意味で誇りを奪われて、どこかで自信を失い、それでも‘名誉的なもの’で死にたいと「名誉」を口にする若者を、私たちは笑うことはできません。

 30過ぎても、ほんとうに子どもというのは健気です。この若者も、10年のあいだ親元に錦を飾れないことで、さぞ唇を噛みしめる思いを味わったことでしょう。
 名誉なんかどうでもいい、君がいることそのものが私の名誉だ、と断言して受けとめる親がいれば、などと私はすぐ考えてしまうのですが。
 
 貧しさが誇りを奪うということもありそうな最近の日本社会。

 以前にも伝えましたが、私の父は徴兵制の甲種合格で正月明けに入営すると、翌月には2.26事件に遭遇するという経験をしました。
 
 その関係で父のような一兵卒について少しばかり調べたとき、兵士っちの出身家庭があまりにも貧しいのに驚いたものです。

 旧制中学を出た私の父など例外中の例外でした。
 ある部隊の兵士の身上書をみると、出身が「極貧」と記されている家庭の多いことに驚きましたが、それでさえ、実際よりもワンランク上で記録されているのだ、という話しでした。

 この「極貧」のイメージが私にはなかなか掴めませんでした。そこで年寄りに尋ねてやっと分かったのは、住まいでさえ、木造の家があればまだましだった、ということ。

 つまり、山に穴を掘って住まいとしていた人たちがいたというのです。
 もちろん病気になっても医者に見せる金はありませんから、診察を受けられるかどうかは、篤志家が身近にいるかどうかにかかっていたかもしれません。
 そんな生活の中で育って軍隊に行けば、当初は白いごはんも食べられて天国だったといえそうです。

 クローズアップ現代のレポートは、あまりに重い課題を私たちに突きつけてきました。

 ただ、経済同友会終身幹事の品川正治さんの存在に救われる思いをしました。

 20歳で中国に出征、戦後の引き上げ船の中で、戦争放棄を歌った憲法の草稿を初めて読んだというこの方は、9条を変えるな、変えることは日本企業の経済活動にプラスにならない。問題は経済の中で解決すべきであり、外交の中で解決すべきである、と言われています。

 この品川さんが、財界の良心としてさまざまな場で発言されていることを知ったのは結構最近です。

 さあ、少しずつでも、改憲に動こうとする力に抗していこう、と勇気づけられます。

 
↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

  人気blogランキングへ 

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9条、第三のオプション

「論座」6月号に、加藤典洋氏の「戦後から遠く離れてー私の憲法「選び直し」の論」が載っている。私は加藤典洋氏の著書はほとんど読んだことが無いのだけれど、今回加藤氏が取り上げている内田樹氏の「9条どうでしょう」は既に読んでいるので、その内田氏の「憲法がこのま

留学生の素朴な疑問--私の答え3

 前に書いた留学生の素朴な疑問については、自分なりにいくつか答えを出してみたつもりだが、個別の疑問というより、なんとなく全体として感じたことがあった。それは留学生と話していて、違和感を覚えるほど何度も民主主義という言葉が出てきたことである。他の留学生と話

すべてを明らかに…前長崎市長の妻が手記

●讀賣テレビ (05/10 08:39)すべてを明らかに…前長崎市長の妻が手記 暴力団幹部に銃撃され死亡した長崎市・伊藤一長前市長の妻・十四子さんが9日、手記を公表し、「夫の死を無駄にしないためにも、すべてを明らかにしてほしい」などと、悲痛な胸の内を明かした。...

私は戦争を望みます

かれこれ十数年もフリーターを続け、結婚どころか親元に寄生して自分ひとりの身ですら養えない現況は耐え難い屈辱である。しかし、世間は平和である。平和という言葉の意味は「穏やかで変わりがないこと」つまり「今現在の生活が全く変わらずに続いていく事」である。「就職

日本がアブナイ! 今こそそう声をあげよう! 【選挙に行こう】

昨日に引き続き「読む前に押す??」作戦 (笑)人気ブログランキング ポチっと♪参院選もち~かづ~くは~ちじゅう~はちや!ポンポン^^さぁ、八十八夜も、最早ありませんが7月下旬には参院選があります。

[産経に電凸] 古森記者の「米軍の軍命令」誤報について(2)

[慰安婦問題]産経・古森氏が、また歪曲報道http://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-61.html[産経に電凸] 古森記者の「米軍の軍命令」誤報についてhttp://dj19.blog86.fc2.com/blog-entry-62.htmlの続きです産経新聞・

緊急通信  参議院憲法調査特別委員会にメール・FAXを送ろう!!

 07/05/11緊急通信 国民投票法が民主党も賛成して成立しそうになっています。休刊中ですが、いてもたまらず書き込みました。 憲法が日本の現場と合わないと、自民・民主はそう言いますが、現憲法に合わない国家にしたのは誰ですか。 合わない国家にした事は、政治家が憲

五月の空の下に想うこと

寒冷前線が暑苦しい空気を洗い流し、今朝は久しぶりに風爽やかな五月(さつき)晴れがフッカツ。 昨夜は仕事で行けなかったけど、大津留公彦さんが教えて下さった日比谷・野外音楽堂の改憲反対集会には集中豪雨の中、2000人が集まって結束を誓い合った。 情報を下さった大津留

憲法九条の理念を守る現実的な道

連休明け早々、いきなり忙しくなってしまって、一昨日、コメントやトラックバックの取扱いに関するお知らせの記事で済ませてしまったあと、昨日はついにブログをお休みしてしまった。その間、「お前の最近の記事はネッ

車内で拾った産経新聞にビックリ

 通勤電車の中でたまたま拾った産経新聞に興味が湧いた。普段、購読していない新聞だけに、ワクワク感さえ与えられた。 産経新聞の4月18日付け「産経抄」を一読して、ビックリした。 政治記事に弱い私でもこの怪しげな論理にビックリした。 米バージニア工科大学の乱射

[民主主義の危機]英国民のドレスデン爆撃への反省と「ブレアの退陣」

映画『ドレスデン、運命の日』 フラウエン教会(聖母教会/Frauenkirche/2007.4.5、撮影toxandoria) フラウエン教会の前に立つマルティン・ルター像(2007.4.5、撮影toxandoria) ・・・・・ドイツ映画『ドレスデン、運命の日』はシャンテシネ(東京)で上映中ですが、以降

信用できる人がお金を借りなくなることで代わりに国家に借りさせるのが「新型社会主義」の入り口

「貨幣蓄蔵機能」は害悪の根源です。しかし、貨幣蓄蔵が貸し出しの必要条件だとしても、利息取得の十分条件ではありません。>なぜなら、私達が、幸せに暮らすためには、物やサービスを生み出す「経済」が必要です。そして、経済が動くためには、どうしてもお金が必要になる

壊憲阻止の実力闘争を構築しよう!!

 自公与党は数の暴挙をもって国民投票法案の参議院特別委員会採択を行った。満腔の怒

【国民投票法案】参院委員会で可決

 参院憲法調査特別委員会は11日夕、憲法改正の手続きを定める国民投票法案の採決を行い、自民、公明両党の賛成多数で可決した。同案は14日の参院本会議で可決、成立する。1947年の憲法施行から60年を経て、国民投票に関する法制度が整うことになり、与野党各党の

まだ未完成の国民投票法~付帯決議全文

国民投票法案の参議院特別委員会での可決は,大変残念でした。 しかし,くよくよ悔やんでいたり,怒ってばかりいても仕方がないので,現実を直視して,次の事を考えないといけません(正直いうと,情けなくなりますが・・・)。

国会議員の皆さまへ 2007年5月14日

国会議員の皆さま、参議院憲法調査特別委員会において決議された国民投票法の付帯決議への真摯な取り組みをされることをお願いいたします。法的な拘束力は無いとはいえ、法案を提出した自民党もこの決議を受け入れたことをお忘れにならないでいただきたいと思います。国民の

[民主主義の危機]「陰気な改憲」で行くか「陽気な論憲」とすべきか?

正義を量る天秤『リブラ』(libra)、フランクフルト、レーマー広場にて 2007.4.10、toxandoria撮影 レーゲンスブルクのお嬢さんたち 2007.4.7、toxandoria撮影 レーゲンスブルクの街角風景(四重奏) 2007.4.7、toxandoria撮影 <注> 「論憲」というコトバは、改憲か護憲か

パンダ、好きですかー?

昨日付で作成したバナー、さくらさんのご要望の後にも、おさかなさんからもリクエストを頂き、バージョンアップいたしました。その他に、「今のままが好きな●条」を、と、リクエストなさりたい方もいらっしゃるか

自民党と民主党候補者に改憲の賛否を問うアンケート

反戦な家作りさんの 【緊急】賛同ブロガー募集! 「自民党と民主党候補者に改憲の賛

パンダ、好きですかー?

昨日付で作成したバナー、さくらさんのご要望の後にも、おさかなさんからもリクエストを頂き、バージョンアップいたしました。その他に、「今のままが好きな●条」を、と、リクエストなさりたい方もいらっしゃるか

朝まで生テレビ2時間40分

全編がここで見れましたので紹介します。朝まで生テレビ2時間40分をまるまるどうぞ!

松岡大臣自殺は多きな背景がある?

この事件には大きな背景があるような気がします。徹底究明が必要です。

農林水産大臣自殺の背景

農林水産大臣自殺の背景

oppose revision of Japanese constitution

村野瀬玲奈さんが提起されカナダde日本語が広めている海外に憲法改定反対世論を広めようという運動に賛同するものです。

身に沁(し)みて思ふ夜のあり

blockquote>身に沁(し)みて思ふ夜のあり戦場に曝(さら)すべく子を育(はぐく)み居らねば関係性というブログを紹介します。

山口か田村か?

誰のための改革か 美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・ というブログに とく

東京・大阪・京都の選挙情勢

東京・大阪・京都の選挙情勢

ファスレーン365日本チームの活躍

バンブー・ブロックは大成功

忘れられた島の闘い

今夜のそのとき歴史が動いたを見よう

日本チームの活躍を伝えるコットランドの新聞の記事

ファスレーン365日本チームの活躍を伝えるイギリススコットランドの新聞の記事です。

「日本国憲法 誕生」を再度見た

NHKスペシャル「日本国憲法 誕生」を再度見た。今日10月7日の放送は2007年4月29日(日)の再放送でした。これについては前にも書き案下が改めての思いがありますので再度書きます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。