スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新自由主義=新植民地主義の行き着く先 

海舌さんがナオミ・クラインについて「 Naomi Klein氏のイラク観察は的確⇒三つの植民地主義の合体」を書かれています。

 私が読んだ彼女の講演録と同じようなものを海舌さんも読まれたようです。

 4月7日のエントリー「新植民地主義と国家の民営化 ワーキングプアにもなれない人たち」でナオミ・クラインさんの講演録の抄訳を載せていますので、再度ここでそれをとりあげます。

 ***** 以下、ナオミ・クラインの紹介とその講演録の抄訳(訳:とむ丸) *****

 新自由主義新植民地主義だ、と喝破するカナダのジャーナリスト、ナオミ・クラインさんの話しを聞いてみましょう。
 著述家としてもジャーナリストとしても評価の高いナオミ・クラインさんは、先頃ニューヨークであった講演で「国家の民営化」について語っています。

 彼女は『ネーション』『ガーディアン』のコラムニストで、『貧困と不正を生む資本主義を潰せ――企業によるグローバル化の悪を糾弾する人びと』や国際的なベストセラーブランドなんかいらないの著者。
 この秋刊行予定の著書はThe Shock Doctrine: The Rise of Disaster Capitalism です。

 ではナオミ・クラインの講演から要約します。


 国家のあらゆる面を民営化しよう(完全民営化法人ユートピア)という動きは1973年のピノチェトがクーデターで政権を握ったチリに遡る。この時ピノチェト政権はミルトン・フリードマンの弟子にあたるシカゴ大出身の経済学者たちと手を組んだ(このことについては、花・髪切りと思考の浮遊空間さんも書かれています)。

 この時のプロジェクトは新自由主義と呼ばれるが、 従来の植民地主義とは異なる意味で「新植民地主義」といえる。

 新植民地主義の第1段階は、未加工資源の収奪、つまり未加工資源の輸出。

 第2段階が、大恐慌の後遺症の中と戦後好景気の時期に構築された医療保健制度・教育制度・道路・鉄道の収奪。
 つまり国家そのものの露天掘り

 アメリカにおいても、レーガン政権以来過去30年間にわたってこの民営化プロジェクトが推し進められてきた。
 タコの足でイメージされる国家の組織が、電話制度や道路サービスのように次々に民営化されて、まるで不要だとでもいうように足が切り落とされてきた。そして最後に残されたものは中心のコアと呼ばれるものだけ。

 ブッシュ政権は、 この最後に残ったコアを狙い、私たちが国家と考える本質的な部分、行政府そのもの・社会保障の管理・福祉・刑務所・軍隊の類を民営化してきた。

 2004年にイラクを訪れて目にしたものはハーパーズマガジンに寄稿した「バクダッド・ゼロ年」で述べたが、植民地主義と新植民地主義のこうした施策の積み重ね、収奪の追求だ。

 現在閣議は通ったが議会は通っていない新石油法では、この収奪が合法化されている。
 これはまさに、1950年代から70年代にかけてのアラブナショナリズムの波、資源の返還要求が出てきた状況であり、アラブ・ナショナリズムの旗印の下に築かれた産業・工場の収奪であり、90年代の旧ソ連で見られた矢継ぎ早に実施されたショック療法型露天掘り収奪であり、イラクの「プランA」だ。

 さらにポストモダンの時代は、イラクを侵略した米軍、米陸軍そのものが収奪された。これがポストモダンのイノベーションで、マクドナルド、タコベル、バーガーキング等のファーストフード産業を引き連れて戦争を遂行していくプロセスでの自己収奪といえる。

 イラクではありとあらゆることが大惨事になっている。
 確実にイラクの人々に惨禍がもたらされたが、同時に米国の納税者たちにも惨禍をもたらした。

 イラク情勢が悪化すればするほど、この戦争はますます民営化されるようになり、ロッキード・マーチン、ベクテル、ブラックウォーターといった会社がいよいよ儲かるようになる。

 イラクでは「任務の自然増殖mission creep」が固定化して終わりが見えず、多国籍軍に参加していた国々が撤退すればするほど、請負業者が潤う構造になっている。この間の事情を実証したのがジェレミー・スカヒルの本、Blackwater:The Rise of the Worlds Most Powerful Mercenary Army

 イラク、アフガニスタン、イラン、イスラエル、パレスティナ等での戦争や温暖化問題等の脅威、資源戦争の煽り、原油価格の高騰等を前にして、ダボス会議で唱えられた持続可能なグローバリゼーションは、もはや真実を映していない。
 
 the Guns-to-Caviar index (実際の訳語が分かりませんので、一応、「大砲vsキャビア指数」としておきます) は、戦闘機(大砲)とエグゼクティブの自家用ジェット(キャビア)それぞれに費やされる金額の間には反比例の関係がこの17年間、ずっと見られた。

 それがここにきて、突然、両方が共に上昇するという正比例の関係になった。

 これは、怖ろしく大量のキャビアを買えるほどの大砲が多量に売られていることを意味する。そしてこの経済活動の中心にいるのがブラックウォーターだ。

 戦争で暴利をむさぼるものと闘うためには、そうしたビジネスが成長する機会を取り除くこと。これは不安定な社会の空気や地政学的な要素をもっと平和的で安定したものに変えていくことだ。

***** 以上 *****

 ナオミ・クラインさんは、新自由主義をポストモダン時代の新植民地主義である、と喝破し、次のように新植民地主義を段階づけました。

第1段階:未加工資源の収奪

第2段階:行政機能の民営化。「国家そのものの露天掘り」

第3段階:戦争遂行プロセスでの「自己収奪

 天然資源に乏しい私たちの国では、第1段階は未加工資源の収奪ではなく、国鉄民営化に始まる一連の改革でしょうか。

 そしてコイズミ以来、第2段階に手をつけ始めています。

 防衛庁が防衛になって、第3段階が見え始めました。

 イラクでは「任務の自然増殖mission creep」が固定化して終わりが見えず、多国籍軍に参加していた国々が撤退すればするほど、請負業者が潤う構造になっている、という戦争遂行プロセスでの自己収奪を説明しましょう。

 この請負業者の一つが、以前のエントリー「奪われる背景」で書いたブラックウォーター等の民間軍事会社PMCで、『外注される戦争』にあげられているPMCはすべて、アメリカ、イギリス資本です。このあたりは、ブッシュのアメリカと同様に、ブレアのイギリスがイラク戦の深みにどんどんはまっていったことと関係あるかもしれません。

 兵站部門、つまり後方支援こそ、民営化の面目躍如、といったところ。

 イラクでは治安の確保が不十分なところで復興ビジネスが始まりましたが、軍隊以外の政府機関・民間企業・NGOの民間人をまもることは米軍のミッションには含まれていなかったのでPMCの安全サービスが必要でした。

 混乱に乗じて「ひと花咲かせよう」とイラク入りしたビジネスマンや元軍人たちは「安全ビジネス」市場に新規参入してきました。

 イラクの警察・軍・司法機関を育成するのもPMCが請け負っています。

 問題は、この軍事部門の民営化だけではありません。

 1990年以来米軍は、ソマリアでも、ハイチでも、アフガニスタンでも、イラクでも、民間企業と兵站支援契約をどんどん結んできました。

 そうした企業の一つは、イラクとクェートで5万人の従業員を抱え、60カ所で業務を展開し、米陸軍の基地の建設・管理運営、計20万人の連合軍兵士の食料・洗濯、上下水道、電力の供給、米軍向けガソリン・潤滑油、ガス、スペアパーツ、弾薬その他戦争遂行に必要なあらゆる物資の輸送を手がけています。
 イラクでこの会社と契約して働く民間人は約10万。

 そして増大する一方のイラクでのコストに音を上げた米軍は、基地の運営でコストを削減を目指します。

 人件費の安い、劣悪な環境でも文句を言わない第3世界から従業員を募るだけではなく、兵士の生活する基地の環境そのものを安上がりなものにし、さらには新鮮で栄養価の高い食事と清潔な食事環境を提供してきた企業との契約を打ち切り、食費のコスト・ダウンを図ります。
 当然、食事の楽しみを初めとする兵士たちの生活そのものの質が大幅に低下することなったでしょう。

(こうした事情は、すべて菅原出著『外注される戦争』に描かれたものからとりました)。
 
 イラクで活動する民間企業とその仕事は数限りなくあります。

 世界中のさまざまな地域の人が戦場と隣り合わせの職場で、安くこき使われ、米軍自体が商売の対象にされる一方で、特需に湧く民間の軍事会社や兵站支援を請け負った企業は莫大な利益を上げる、という構図。

 国土が戦場となったイラクの人々は、土地も生活も破壊されて、命を奪われる。

「安全保障のコンセプトが変わった」と菅原氏は言いますが、 軍隊関係者でも軍事研究家でもない私は、こんな世界、やっぱりおかしい、と言いたいです。

 ↓ ランキングに参加しています。よろしかったらクリックをお願いいたします。

    人気blogランキングへ

 Abe07henoko01                                                           ← とりあえずガスパーチョさんからお借りしたバナー。 
     (クリックしてご覧ください)。


*追記: ベクテル社Bechtel Corporationとは、

Logo_bechtel


世界トップクラスのエンジニアリング、建築、プロジェクト管理会社の1つ。サンフランシスコに本社を置き、世界中に60を 超える事務所を構え、約40,000人を雇用。Bechtel社は、140か国で20,000を超えるプロジェクトを完了し、現在、66か国で 1,100のプロジェクトに携わっている。


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

愛国なら護憲でしょ

「Under the Sun」の仲間である「とりあえず」が、またまた素晴らしいエントリーをアップした。「護憲と改憲」である。改憲賛成という方に、ぜひ読んでほしい内容です。現下の政治状況においては、護憲こそが日本国の独立を担保するものであり、改憲は米国の世界戦略に日本

李登輝氏をマンセーする靖国カルト教信者達

「日本李登輝友の会」HPよりhttp://www.ritouki.jp/5月30日 成田空港 李登輝氏 来日↑クリックすると大きくなります生命の光 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!▼正式団体名 宗教法人 原始福音・キリストの幕

日本で平和の会話が出来なくなる日 【世代間平和格差】

人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるためによかったら協力を♪毎日投票数が増え続けています。本当に有難うございます。 昨日のコメントで頂いたようにネットをしている方々の「このままではいけない!」と

コムスン問題を見て・・・

 コムスンの介護事業所不正申請問題が波紋を広げています。私は西武ライオンズファンなのですが、本拠地ドームやファームの命名権をグッドウィル(コムスンの親会社)が持っている関係もあり、ただでさえ不振のチ...

今日の世界経済を理解するために

マイケル・ハドソン  世界経済は純粋に経済上のものなのだろうか?  経済上の現象には暗部があり、その一連の邪悪な動機は、経済に重大な影響力を持つにもかかわらず、権力と支配を求める不合理な目的から生じ、経済に逆効果をもたらすものなのである。 何世紀にもわた

「規制緩和」という劇薬を、副作用をまったく知らせずに、投与したのは誰だ!

日本に「規制緩和」を持ち込んだのは、学者や経済界はとりあえず別にして、政治権力的には「戦後の総決算」を旗印に登場してきた中曽根康弘氏です。「戦後の総決算」とは、社会主義的国家を新保守主義・自由主義国家に転換させる、“自国破壊”的な政策です。中曽根氏は、日

日本JCの教育介入:授業を支配し、子どもの頭を支配するのか

JCが歴史教育アニメ 授業での上映依頼(朝日新聞電子版6・8)「日本青年会議所」(日本JC、会員約4万人)が制作し、戦後の「贖罪(しょくざい)意識」を批判的に取り上げたアニメDVDを使った上映会が各地で進められ、中学校1校で授業として実施されていたことが

殿のおゴミに何をする!

私もブログで書いたが、環境省が「電球から日本を明るくしよう」という、新聞の全面を使った安倍の写真。選挙ポスターまがいの全国紙の全面広告は、誰が考えてもおかしいのに、民主党はやっと問題にし始めたそうである。 末松氏らが「税金を政治利用している」などと指摘し

何故こんなに頑張れるのだろう?みならわなくては!

ん~と、唸ってしまった!!!ある種自民の広告に使われやすい選手であるが、この挑戦する姿勢に感動する。正直言って、彼はすでに過去の人になりつつある。輝かしい過去の栄光を捨てて、これだけ自分を責め続けているこの姿勢に驚愕さえ覚える。この小さな体!日本選手の中

自衛隊監視問題・・・久間大臣らのあきれた発言+年金問題アレコレ+サミットで安倍の顔が

<いつもクリック有難うございます。m(__)m お陰様で、政治ブログ1位キープ!何と総合ランキングでも25位枠が近づいています。人気ランキングも20位内キープ!・・・参院選に向かって、前向きに頑張るです!(@_@。> 自衛隊の保全隊とやらの監視活動の件について、そ

自衛隊の市民監視は大したことない、と思う方に送る詩と本

自衛隊の市民監視はさすがに、自衛隊の中からも「やり過ぎだ」の声が上がっているようだ。自分は監視されても困るようなことはしていないから構わない、と言う意見やコメントをネット上でも散見するが、そういう方々は、「権力」が何たるか全く分かっていない能天気な人間だ

「陸上自衛隊が市民を監視」 の報道をめぐって

まず、「きっこの日記」 または 「きっこのブログ」 から 『反 「新党日本」 宣言 ~ 「田中康夫」 「有田芳生」 を落選させよう!』 を読みにいらした方は、1つ前の記事(下記URL)に飛んでください。http://caprice.blog63.

ZAKI選対、動き出しました!

(転送歓迎) 28日に正式に9条ネットからの参院選全国比例区、立候補が報道機関に発表されました。 何しろ初めての選挙なので、選対の立ち上げと諸々の手続きや選挙カーやライブの準備などに忙殺され、更新が遅くなっちゃってごめんなさい。^^; きのう、東京で決起ライ

07年6月10日・土曜日 日本の存在感

07年6月10日・土曜日 日本の存在感 昨日、書き込もうと思っていましたが、イラク派兵訴訟の説明会に行き時間がなかったので今日に書き込みます。    G8で安倍首相は自分の存在感が認められたと喜んでおられた。 しかし「ノルドドイチェ・ノイエニュース」紙の中で安

コムスンはコイズミ構造改革の果実

コムスンの問題は介護保険が開始された時点で厚生労働省は予想していたことだろう。結果が出た後でしたり顔で言うのは後出しジャンケンのようだけど。迷惑駐車をなくすために民間で駐車違反取り締まりから逃れる方法をNHKニュースで放送していたように。違法駐車した運転手

京都弁護士会館の筋向かい

京都弁護士会館の筋向かい 昨日は、イラク派兵差し止め訴訟の大阪高等裁判所控訴の説明会が京都弁護士会館でありました。      午後6時30分からなので例の如く弁護士会の筋向かいの京料理・谷口で早めの夕食をすませて会場入りした。 難しい話の先に料理を紹介すし

[暴政]<寄生>住血吸虫が取り付いた美しい日本

ゴヤ『自らの子どもを喰らうサテュルヌス』 Saturn Devouring One of His Chidren. c. 1820-23. Oil on canvas、 146 x 83 cm. Museo del Prado  Madrid、 Spain 『・・・今の日本が掲げる“美しい国の美意識”、つまり「価値観外交を推進する議員の会」が掲げるような美

イラク派兵差し止め訴訟・高裁控訴の説明会

 イラク派兵差し止め訴訟・高裁控訴の説明会 出席氏名に署名して控訴理由書を頂いて、耳が遠いので前の席に座る。 簡単な控訴理由書を伺うが、偉そうに訴訟団に加わっていても、専門的なものは老人にとっては内容の把握は難しい。 兎に角、裁判の日時はしっかりと書き留

村野瀬玲奈さんのレジーム・チェンジ声明文のミニ・バージョン

↑ナイアガラ・オン・ザ・レイクのQueen streetのジェラニウムAbEndでも話題の美人秘書、村野瀬玲奈さんが今から一ヶ月前くらいに共同声明 『私たちは現日本政府の体制変革(レジームチェンジ)に反対します』をブログ

柳沢発言と自民・公明政権の危険性/植民地主義反対憲法と『戦争をなくすための平和教育:「暴力の文化」から「平和の文化」へ』

2007.2.3.12:00ころ ずっと気になっていた、左サイドにある「カテゴリ

保険も年金もある贅沢な国で...

世界に200ほどの国があるとして,日本のように年金制度がある国はどのくらいあるのでしょうか.郵政民営化の絡みで,米国保険業界から日本の保険が狙われているなんて話を聞いた中では,保険というものは世界中見れば先進国にしかないとどっかに書いてあったような..先

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。