スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市議会が全員一致で憲法9条堅持を求める

人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ろう、と思っています。

 ご協力をお願いいたします。

               ありがとうございます。 m(_ _)m




 福岡県中間市をご存じでしょうか。

 北九州市の西隣に位置する人口47,274人(4月現在)の小さな住宅都市です。平成の大合併では隣の北九州市との合併話しが進みましたが、結局市議会で否決され現在に至っています。

 おもしろいことに、ここの市議会(定数19)が、21日、憲法9条の堅持を求める意見書案を全会一致で可決したのです。

 市議会勢力図は公明3,共産2,無所属14人で、無所属の多くは保守系。
 それでも保守系議員の1人は、

「憲法改正については、もう少し慎重に議論を進めるべきではないか」

 と話しているそうです。
 
 意見書は9条第1項(戦争の放棄)、第2項(戦力の不支持・交戦権の否定)の堅持を求める内容で、共産市議の原案を修正した上で他の議員も同調し、全議員の共同提案になった、と22日の毎日にあります。

 共産市議の1人は「正直びっくりした」と述べているとか。

 市民の目線から見ると、多分こういうことになるのでしょう。
 戦争をしたくない、というのは市民レベルでは保守も革新も関係ない。

 「保守」とはもともと、ものごとの急激な変化を好まないことを指しますから、私たちの国では圧倒的に保守が多かったと思います。

 ただし、戦前レジームを引きずる保守と、戦前レジームを知らない保守があり、戦前レジームを引きずる人の中にも、善意の人とそうでない人たちがいます。
 この善意の人たちが再び戦争を望んでいるとは考えにくい。
 憲法を変えて戦争をしたがってているのは、善意の人たちではありません。

 また現行憲法の下で育ってきた戦前レジームを知らない人にとって、本来ならば、ものごとを急激に変えることでもある改憲には大きな抵抗があるはずです。

 その抵抗という垣根を越えて改憲を実現するために、実にさまざまな手だてが加えられて大義名分をうち立てることが図られました。そのあたりの理屈は、保守といわれる団体や政治家のサイトに溢れています。

 こうした大義名分を立てる手だてのひとつが“伝統” 。

 戦前レジームを知り戦後の急激な社会と習俗の変化にとまどう人たちの心に、巧みに“伝統”で訴えかけて自分たちの主張を正当化してきたのが、「保守」を標榜する勢力でしたが、同時に戦前レジームを知らない世代に対しては、“伝統”でナショナリズムを煽りました。

 その成果の一つが、「元号表記」のみに統一されている公的記録。
 いちいち西暦に置き換えなければ、世界の動きとつながりを持たせることができません
 これを見るたびに、せめて元号と西暦を併記してくれ! と叫びたい気持ちに駆られます。

 外交でも環境問題でも矛盾した政策を掲げてきた政権担当者たちですが、ここでもまた、「国際化」を主張しながらも一向に「国際化されない」政治の一端を垣間見ることができます。
 
 奈良・平安の昔から、祝い事や天変地異等が続いて元号が改められる時代が長く続き、1世1元制が定められたのは、たかだか139年前の明治維新の時にすぎません。それが敗戦後法的根拠がなくなり、再度法制化されたのが79年。戦前に生を受け戦争を生き抜いてきた人たちの記憶にあるのは、確かに1世1元制ですから、そこに訴えかけたわけです。

 そして国民には強制しないが公務員には強制される、ということから、公文書はすべて元号で統一されているのでしょう。
 これがまた教育界で問題になりましたが、成立の経緯についてはこちらが詳しい。
 それによると、政府が元号法制化を決めたのが福田内閣で、このときの官房長官が晋三氏の父、晋太郎氏です。 

“伝統”でごまかそうとする人たちにとっては“伝統”は単なる道具に過ぎないのですが、善意の人たちは、感傷も手伝い、その道具にいとも簡単に騙されます。

「そこまであなたが戦争に反対していたなら、なぜマイクの前に立ち、その旨を宣言しなかったのか」(というマッカーサーの問いに昭和天皇はこう答えた) 「歴代の天皇で、側近の意見に反して行動した者はいません。1941年の時点で、もし私がそんな行動を取れば、間違いなく首をかき切られていました」 (47年1月22日)

 という天皇の言葉
英国機密文書にあるということですが、この天皇の認識が正しければ、天皇制も一つの道具、舞台装置に過ぎなかった、といえそうです。

 自覚するにせよしないにせよ、戦時中にあって皆が塗炭の苦しみを味わっていたとき、ひたすら私財蓄積に熱心だった人もおりました。それが開戦に賛成した動機か、それとも開戦の結果かは知りませんが。
 アベ氏の祖父岸信介は、そのとき確かに権力の中枢におりました。

 今日、民間軍事会社PMCを含めた軍需産業が、世界各地の紛争で莫大な利益を上げているのは事実でしょう。
 経団連も9条を変えたいと公言して憚りませんから、
どんな理由をつけようとも、戦争によって得られる利益を求めているのだ、と考えるのは当然のこと。

 さらにいえば、日本会議等には「手始めが9条だ」と明言する人もいるわけですから、9条を突破口にして私たちを臣民化する計画も進行中なのかな? と考えるのもあながち杞憂ともいえません。

 小さな地方都市の議会を構成する全メンバー19名が示した憲法9条堅持の意思。
 これはごく当たり前の市民の感覚ではないでしょうか。

 

2007-06-03_17-05-33-anime.gif

 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悪夢の郵政選挙後の日本国民の生きる力を占う選挙!それが夏の参院選!

人気ブログランキング ← より多くの人に伝える為にクリックのご協力を♪ 政治ランキングにリベラルブロガーが続々参戦中です!皆で応援を^^寄らば大樹の陰長いものには巻かれろ腐っても鯛 日本人はこんな、こと

新自由主義と、ネオコンの台頭を否定しよう!

(将来の日本がどうなるかの天王山は、7月29日、是非投票に!!) 今回は、具体的な話から離れて、現在のコイズミ路線を継承する安倍政権が目指す、政治の方向について、その基本思想から述べたいと思います。しかし、そこには、複雑な問題が隠されているのです。 コイ

いいぞ、中川幹事長!

 中川幹事長は参議院選挙に「政治生命をかけている」らしい。つまり、自民党が過半数を割ったら、自分の政治生命はなくなる、従って幹事長を辞めるだけではなく、政界から引退するということであろう。財団法人の土地に事務所を建てて税金逃れをするような人間で最低だ、愛

日本国憲法第二章戦争の放棄第九条一項二項のテーマ

日本国憲法第二章戦争の放棄第九条一項二項のテーマ、作った時の状態でアレンジも加えずに、なんとかまちがえないで弾きました。 ご自由にダウンロードしてお聞きください。 日...

瀬戸内寂聴さんが語る平和;流れに抗う

瀬戸内寂聴さんが、インタビューのなかで、平和について語っています。同じ作家たちの平和と反戦についての強い関心と熱い想いによせる、同時代人としてのまなざしを、私は感じるのです。瀬戸内さんの発言部分はアンダーラインで示しています(しんぶん赤旗6・25)。文

非拘束名簿式比例代表制への疑問

周知のように、参議院選挙の比例区は、「非拘束名簿式比例代表制」である。だが、どのような経緯でこの「非拘束名簿式」が導入されたかを覚えておられる方は、意外と少ないようだ。1980年までは、候補者を選ぶ「全

女性の政治参加パワーはヤマも動かす!+教育3法改正で、文科省が国旗、国歌などを強制可能に?!

 昨日は久々に、ランキングで10000P超え。(~~)と~っても感謝です。m(__)m そして、25位枠入りを果たした「喜八ログ」さんも書かれていたのだが、リベラルor護憲派の女性ブロガーが、次々とランキングに参戦しています。「とむ丸の夢」さん、「わんばらんす」さん

自民党のメディアを使った情報操作と各国の年金制度比較

フジテレビが自民党と癒着しているのは、今始まった話ではないが、そんなフジの『報道2001』 (6月21日調査・6月24日放送)によると、参院選で「自民党に投票する」(21.2%)が「民主党に投票する」(19.0%)を逆転

首都高速を走る地対空ミサイル

いやぁ、驚きました。自衛隊車が3列車列を組んで首都高速道路3号線を走行しておりました。良く見かける隊員を運ぶ為だけのトラックではなさそうで。かなり仰々しい車だなぁ、と思って近づいて見れば・・・・・車輌後方

全会一致で「9条堅持」の市議会決議

 新聞記事よりも、市民のブログの方が、大切な情報を的確に知ることができるように思います。 とむ丸さんのブログ(「とむ丸の夢」)は、「どうして、そんな大事なことが・・・」と思うような、目からウロコ系の出

【慰安婦決議案】外交委員会を通過!

 従軍慰安婦問題に関する合衆国下院121号決議案が,とうとう外交委員会で可決されました。 米下院外交委員会は26日、旧日本軍による従軍慰安婦問題について、日本政府による公式謝罪や歴史的な責任などを求める決議案を賛成多数で可決した。 外交委員会の全体会議で、

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。