スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コイズミ・アベ・バトル?

人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。

 ご協力をお願いいたします。

               ありがとうございました。 m(_ _)m


久間防衛相が、原爆投下はしようがなかったと発言して大きな問題になっていますね。

 この発言した場が千葉県柏市の麗澤大学での講演会。
 麗澤大学と言えば何度か私も言及したモラロジー研究所が母体となっている大学です。

 身内のおしゃべり会でつい本音が出てしまった、ということでしょう。

 この方はいろいろ巨額の金銭疑惑がある方なのに、ずいぶんと口の軽い方のようですね。
 自民・公明の与党が絶対多数を占める国会運営で好き放題できて、油断しているのかもしれません。緊張感の足りない人だ!

 さて、参院選を前にして、一般有権者にはわけ分からない情報がいろいろと出てきますね。
 
 逮捕された公安調査庁元長官らが「総連から4億3000万詐取」したという事件も、新聞には「全容判明」とありますが、それですべてとは思えないような……。

 もっと分からないのが、川口順子・中山恭子をおしたてての「コイズミ・アベの『怨念代理バトル』」というもの。
 どっちもどっちのバトルですが。

 難病を患って車いすを使う川口氏を「あなたが行けないところは、私が代役を務めます」とまでいうコイズミ氏に対して、首相補佐官として官邸入りした中山氏に“強い要請”をして参院選に立候補させたというアベ氏。

 これが前首相と現首相をバックにした「オンナの戦争」だと週刊誌は伝えます。
 さらにライターは前首相の秘書飯島氏だといわれるこちらでも、アベ氏のことは以前からボロクソくそみそに言われてます。 

 でも、自分の後継はアベ氏だと強調して日本会議メンバー待望の首相を実現させたのは当のコイズミ氏だったのでは? と考えると、またまたわけ分からなくなります。

 川口氏が官邸入りすると中山氏が即座に補佐官を辞任した2004年9月の時点で、すでに日朝国交正常化を重視するコイズミ氏と拉致問題で人気を得たアベ氏のバトルが始まっていたといわれています(『サンデー毎日』7月8日号)。

 そんなバトル相手であったのならば、なぜあれほどまでに後継者としてアベ氏の名前を挙げたのでしょうか?

 あの時アベ氏なんぞを後継指名しなければ、今日の惨状もこれほどまでではなかったのにと、思わず恨み言の一つでも言いたくなりませんか?

 もしかしてコイズミ氏の意に反してアベ氏を後継首相に推さざるを得なかった事情でもあったのでしょうか。

 アベ氏を首相に望んだのは誰だったのか? どんな人たちだったのか? と考えると、やはり日本会議‐統一協会のラインが真っ先にあげられます。

 首相就任前にメディアを席捲したアベ氏の「国民的人気」というものも、ねつ造された匂いがぷんぷんでしたし、かなり以前から日本会議のメンバーたちの間ではアベ首相待望論が出ていました。
 
 そういえば皇室典範問題では、コイズミ氏は日本会議側勢力からだいぶ攻撃をされていましたね。
 天皇制は王政とは違うのだ、とかなんとか言いながらY遺伝子とか何とか、インテリジェント・デザイン論を思い起こさせるような説を唱えて気を吐いていた人たちを見て、これもまたわけ分からない思いをしたものです。
 
 それが、

「歴代の天皇で、側近の意見に反して行動した者はいません。1941年の時点で、もし私がそんな行動(戦争に反対だ、と国民に宣言すること)を取れば、間違いなく首をかき切られていました」 (47年1月22日)

 という昭和天皇の言葉で、ちょっと分かりました。

 天皇は道具で天皇制は舞台装置に過ぎない、と考えれば、その道具や舞台装置をできるだけ自分たちの考える完璧な形で維持する必要があったのだ、と思い至ったのです。

 これが、崇められるものは貶められる、の実態です。

 ちょうどあの頃、皇室典範問題で右派から非難ごうごうだったとき、水面下ではコイズミ・アベ・バトルの真っ最中だったのかな? と今にして思います。

 そしてこの日本会議-統一協会ラインに乗っかって各種勢力がそれぞれの思惑と利権をもとに調整・取引した末のアベ氏の首相就任だったのかもしれません。

 いや、もしかしたらアベ氏のことですから、調整もせずに見切り発車だったのかも(笑)。

 おかげで私たちは無惨な国会運営をみせつけられ、この後、アベ政権下で成立した無茶な法律に拘束され、さらには増税で追い打ちをかけられ苦しむ、という算段になるわけです。

 これは歴史に残る内閣ですね。
 コイズミ政権も酷かったけれど、アベ氏の政権はさらに酷い。

 で、60年後には、これもなかったことにするのかな? とちらっと思ってしまいました……。


Abe07yakuza


とりあえずガスパーチョさんからお借りしました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「責任政党」 (不定期連載『決まり文句を疑う』)

与党、特に自民党は「責任政党」と自負しているように思います。長く政権に座にあったからそういう自負もわからないではありませんし、自民党の功績もある程度認めるにやぶさかではありません。どの時期のどの事柄についての功

日本の戦争責任と戦後責任を国際世論の前でただす機会が訪れた

2007年6月14日のワシントンポスト紙への「従軍慰安婦(性奴隷)への強制性を否定する全面意見広告」はブログ界で反響を呼び、私が急いで作った名簿も多くのブロガーの方に紹介していただき、簡略版も作ってくださった方もいて、こ

『<生きにくさ>の根はどこにあるのか』

 こんばんは。今日は、社会哲学・現代日本社会論のN氏による『<生きにくさ>の根はどこにあるのか 格差社会と若者のいま』(前夜セミナーBOOK、2007年)を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。 この本のなかでN氏は、次のような議論を展開しています。「自分を

真性のバカQ間発言に対する真性のアホアベシが擁護の発言。所詮この程度のもんよ!ってか総理大臣があの程度だもん良い閣僚が集まるわけないじゃん。

●時事通信 2007/06/29-16:06 辞任要求3回は超大物?=伊吹氏が柳沢氏に軽口  伊吹文明文部科学相が29日の閣議前の写真撮影で、柳沢伯夫厚生労働相に対する野党の問責決議案を話のタネに「(辞任を求められるのは)何度目?。3度もやられたら超大物だね」と軽口....

【宣伝】Niphonese's Bookmarks on del.icio.usへご訪問を

 Bloggerブログのフォーマットで出しているこのブックマーク集については,5月10日のポストでもご紹介しました。これは別に遊びでやっているものでもなんでもなくて,多くの人に読んでほしいと思っているものを精選のうえクリップしているつもりですので,是非ご訪問をお

安倍晋三は日本人の知性劣化の象徴だ

昨日来ニュースを騒がせている久間防衛相の妄言については、何も論評する気がしない。こんな人間が初代の防衛大臣を務めている現状に呆然とするだけだ。これが現実だとは信じたくないが、事実なのだ。久間の顔や、空港か

右も左も関係ない。

週末に大学時代のゼミのOB会に行ってきた。 見知った同士、一年ぶりの顔合わせに楽しいひと時。 でも、今年は何かが違って、余り専門分野とか仕事の詳細の話になっていかない。 辛口のコップ酒をあおりながら、後半はずーっと政治・経済論議。 気が付けば恩師と二人っきり

平和は「退屈」ですか

 こんなかわいらしいバナーがあります。まだ、詳しい事は公表されていませんが、ワクワクします!日本から世界に向けて9条と平和について発信する世界会議・・・素晴らしい企画です。   ←主婦の視点部門で4位でした・・ 「一億人死ぬ状況で、それ...

やはり被害者でいたがる日本人

久間防衛相へのバッシングは思いのほか激しかったようです。防衛相は「しょうがないという言葉だけ独り歩きしている。内容の前後関係で判断してほしい」と弁明しましたが、確かにそうかもしれません。 しかし、右も左も躍起になっていたようで、聞き入れる冷静さは示しても

映画:日本の青空

 駅頭で「九条の会」の署名をしたら、「日本の青空」上映のチケットが送られてきた。そういえば、どこかのブログに載っていたことを思い出し、女房と出かけた。[画像] インディーズ・ホームページでストーリーを次のように書いている。 「沙也可(田丸麻紀)は『月刊アト

07年7月2日・月曜日  久間発言に対して昨日の続き

07年7月2日・月曜日  久間発言に対して昨日の続き     昨日も久間発言に対して,戦中時代の体験から私の感じたことを書ました。 しかし書き足りなく続編を書きます。 私がブログを始めた時に、自分の思いだけを書くことに撤することにしましたから。間違いがあっ

党首討論というB級映画

今朝のNHKニュースは、昨日おこなわれた党首討論のもようを伝えていました。自民、民主の党首討論で、その内容のすべてが伝えられているわけではありません。なので即断は危険なのでしょうが、率直にいえば、B級映画をみせつけられた思いです。9・11テロリズム以後、

バカは死ななきゃ・・・

 "善は急げ"の反対は"急がば回れ"。"三人よれば文殊の知恵"の反対は"船頭多くして船山に登る"・・・ひとつの諺というのは同時に逆の諺も有名であることが多い。あることが正しくてもそれをやりすぎるとかえってよくないのは当り前

おまいらは日本共産党のすごさを知るべき

はてな匿名ダイアリー - おまいらは日本共産党のすごさを知るべきhttp://anond.hatelabo.jp/20070630233528(宇宙ヤバイのテンプレを改変)これ昨日「はてブニュース」見てブックマークしたときは、30ぐら

政権交代を止めるな。政権交代は、あらゆる改革につながる本丸。

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)以前、キャッチコピーを考えてみたらどうか、という内容の提言をしてみたことがありました。選挙向けにちょっと思いついたので、メモ。政権交代を止める

「言葉」が空虚な政治

 久間大臣のコメントについて今さら何を言おうでもありませんが,思い出したことをい

安倍政権が誕生した場合の、その性格予測

◆これは、日本の正統な保守陣営の再集合政権である。つまり、反小泉であり、アジア主義である。参考→2006.09.11 Monday小沢氏の立候補表明は頂けない2006.09.12 Tuesday安倍氏が青木・森・小沢・亀井・平沼・石原・福田氏等連合に丸飲みされていること◆つまり、今後の安

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。