スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラクは日本だ

人気blogランキングへ ← 参院選まで頑張ります。

 世界で一番危険な国は米国。

 イランよりも北朝鮮よりもどこよりも米国が危険、という世論調査の結果がヨーロッパで出たというニュースを最近見ました。どこで見たか忘れてしまったのですが。

 ストックホルム国際平和研究所が発表した2006年の世界の軍事支出・主要国の武器売り上げ総額でも、米国はダントツの1位でした。

 「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の数十万単位の人命だけでなく、文字通り、何百万人もの日本人の命を救ったという点では、ほとんどの歴史家の見解は一致する」 という米国特使の核軍縮枠組みづくりに関する会見での発言に見られる見解は常々疑問視されてきました。

「何百万人もの日本人の命を救った」という点でも「ほとんどの歴史家の見解に一致する」という点でも、これまで再三にわたって誤りが指摘されています。 
 それでも、まだ懲りずによく言いますよね。

 イラクのように自国が米軍の直接的な脅威にさらされていなくても、日本には世界一狂暴で貪欲な米国の触手がすでに伸びているのは、ネットの世界では結構知られています。
 残念ながら、リアルの世界ではまだまだ認知が足りません。

 さすがに牛肉については変だ、と考えている人は多いのですが、日本の富が収奪されることとコイズミ・アベ政権の施策を結びつけて考える人はけっして多くないと思います。
 その点では私は少々悲観的。民営化ユートピアを信じている人がまだまだ多いという感触です。

 3日、イラク政府は「石油法の改正案」を議会に送ったと伝えられています。
 「改正」といっても、これは日本における自公政権のいう「改正」とまったく同じ。国民にとっては「改悪」になっています。
 
 AFPには

「原油輸出からの収入を国内18の県に公平に分配し、海外資本に石油、天然ガス分野を開放することを目的とする。米国政府は、この法案に関し、イラクの宗派抗争を終結させる重要な『ベンチマーク(基準点)』になると強調する」

 とあります。

 ところがこちらによると、今年の2月、この新イラク石油法・石油出資法に対してバスラの石油労組連合は、反対声明を発表したそうです。

外国企業による石油支配を拒否する。新石油法がもし議会を通過するなら、イラク石油労組とイラク労働者は巨大なストライキで答えるだろう」と。

 新自由主義は新植民地主義だ、と喝破するカナダのジャーナリスト、ナオミ・クラインはこの新石油法について、

新植民地主義の第1段階は、未加工資源の収奪、つまり未加工資源の輸出。

  現在閣議は通ったが議会は通っていない新石油法では、この収奪が合法化されている。
 これはまさに、1950年代から70年代にかけてのアラブナショナリズムの波、資源の返還要求が出てきた状況であり、アラブ・ナショナリズムの旗印の下に築かれた産業・工場の収奪であり、90年代の旧ソ連で見られた矢継ぎ早に実施されたショック療法型露天掘り収奪であり、イラクのプランAだ」

 と言ってます。

 つまり第2次世界大戦後のアラブナショナリズムの高まりで米欧石油メジャーを生産現場から追放し、価格決定権を握った産油国は、その権利を再び取り上げられようとしているわけです。

 そのことを、イラク人自身は、

「国営で発掘運営され公平に分配してきた15年前からのシステムを今の政権が行なおうとしているシステム(註・それぞれの地域が外資を導入して行なう民営化による石油開発)に変えるのは問題です」

 とこちらで語っています。

 おまけにその法案の内容はイラク国民に知らされていないとか。
 憲法改正についても同じだった、「多くの国民にとって重要なことなのに、僕たちはそれについて内容を知らされずイエスかノーかという選択を与えられただけでした」

 とも述べられています。

 どうでしょうか? こんなことを聞くと、日本の私たちの状況とそっくり同じだと思いませんか。

 いくら自衛隊が行こうと、遠い海外。
 米軍とそれを支える民間軍事会社PMC、そして多国籍軍に蹂躙されたイラクの話しは遠い国のできごとで、人ごとのようです。

 でも私たちの国は軍事的暴力こそふるわれていないものの、政治的・経済的暴力はこれからもっともっとひどくなりそう。
 憲法問題でも、審議を尽くす姿勢が自公政権には見られません。できることなら、Yes か No かだけを問いたい、という本音がありあり。

 実際2年前、コイズミ純一郎率いる自公政権が、郵政民営化、Yes か No か、だけで選挙を戦って大勝利を収め、今日の惨状を招くきっかけをつくりました

 自殺者は毎年3万を超え、非正規労働者の割合は高くなる一方で、社会福祉への予算配分は減る一方でしょう? 
 
  これまで国土と国家予算を米軍に捧げ、ここに来て生命を捧げることも、ついそこまで迫ってきています。

 互いに憎悪を煽る昨今の社会の風潮もイヤです。
 憎悪を煽って利益を得る人はいつの時代でも存在します。
 
 分断して統治せよ――これが宗主国の植民地統治の鉄則。

 イラク新石油法制定の口実に宗派間の対立解消が挙げられています。
 そもそもイギリス女性ガートルード・ベルがイラクとイランの国境線を引いたとき、イラクの統治はイギリス人顧問団と王家とスンナ派にゆだねられました。そこでアラブ系の族長たちは、ペルシア系が優勢なシーア派のイスラーム法学者たちへの反感を煽られることになるわけです。

 伝えられる宗派間対立というものは本当なのだろうか、本当だとしてもイラクの人々自身はそんなこと望んではいないんではないか? というのがいつも消えない私の疑問です。
 案の定、欧米資本による民営化という植民地収奪の試みを許す新石油法提出の口実になりました。

 日本収奪の口実は何だったでしょうか。

 とにかく「規制緩和」と「改革」を旗印にも武器にもして乗り込んできたのがグローバリズムという米国流新植民地主義の論理で、その先鞭役を務めたのがコイズミ・竹中ラインでした。

 竹中平蔵の代理と言われる大田弘子氏は、アベ独断国会での矢継ぎ早の問題法案成立の陰に隠れていったい何をしているのだろうか、と気になります。

 コイズミ氏も新防衛相の小池氏も、地道に政策を勉強するのは大っきらいタイプとお見受けしました。

 TPOに合わせたスタイルに腐心し、権力の海を巧みに泳ぎ渡る才能は別なところで発揮していただいた方が国民にとって幸せではないか、と思いますが。


 ↓ とりあえずガスパーチョさんからお借りしました。

jimetsu-07san_cm-low.gif
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『Bashing』…目を背けることなく前を見る…人とのつながり

ロンドン中心部で爆破テロ未遂、ブラウン政権発足の翌日忘れてませんか…イラクではまだ続いていることを…対テロという名の下に戦争が継続されていることを…イラク戦争とはYahoo!ニュース 特集:イラク戦争バッシング 2005年/日本/ 82min2年前のこの映画のことを覚えてい

共産党大ブレークの予感!?

粛々と「比例区は共産党」を説く、どこがやねん、当ブログに思いもかけぬ方面から援軍来たる!まさに、伏兵ですな。いや、画策したわけじゃなく、別個に進んで共に撃つ、一斉蜂起の電脳ゲリラ戦。思いもかけぬとは、ネットウヨの牙城、2チャン方面より。そちらに疎い僕は、

『イラク─ヤシの影で』…今、考えること。知っておくこと…戦争直前

War is over, if you want it War is over now イラク戦争にかかわる良質なドキュメンタリ映画のことを知っている人は数少ないだろう…今,継続している戦争であることを私たちは忘れているのか…今,イラクで何が起こっているのか…Baghdad Burning…を知らないように…あ

安倍政権はアメリカのポチ・・

小池百合子さんはやはり、ニュースの一面を飾ってる・・・彼女の政界での仕事ぶりの中にジュゴンのお話は一行も出てこない。着ていくお洋服を気にしてらしたけど・・華やかに三度もお色直しして登場・・・・・・お玉には選挙宣伝としか受け取れないけどこれって護憲派ア....

軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人として具体的に私たちを安心させてくれない(その2) [加筆しました...加筆の加筆もしました]

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)先日のエントリー、「軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人として具体的に私たちを安心させてくれない」では、*どん

自衛隊が行くところが非戦闘地域だ、自民党が可決する法律が民主的法律だ、自民党にきいたって何が民主的教育かわかるわけがない

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)「そいつは帽子だ!」のごんさんが警鐘を鳴らしています。2007年06月23日 消えたのは何かhttp://teagon.seesaa.net/article/45666484.html年金問題

アベシ、「同日選」を打って出るか、どうか?

小沢代表、勝負賭けたなぁ!この潔さがアベシに無いのがなんともなぁ、・・・・・・●asahi 2007年07月05日12時08分民主・小沢代表、参院選で与党過半数なら辞任も民主党の小沢代表は5日、党本部で朝日新聞などのインタビューに答え、12日公示の参院選....

アフリカの内戦、同胞同士の殺戮は、欧米支配の強化のために捏造された民族対立が元で起こっている

まずは、中日新聞6月5日夕刊に載っていた、【アフリカ・ラティーナ・ピース翻訳サイト】http://africa-latina.info/index.htmlの代表:板垣真理子氏の記事を紹介したい。アフリカ映画としては前代未聞の話題をよんだ「ホテル・ルワンダ」に続いて、この4月に「シネマアフリ

ブログやHPを規制する法制度がつくられようとしているのになぜメディアは報道しないのか~パブコメその2

 「あなたのブログやHPに規制をかける法制度が定められようとしている~1人ひとりがパブコメを送ろう!」(←クリック)で、ブログやHPの規制が定められようとしていることを指摘したが、それでは、なぜ、そんな重要な法律について、マスメディアが報道しないのか、疑

原爆はなぜ日本に落とされたのか

アメリカの高官によると、原爆投下が「何百万もの命を救った」んだとさ。ふざけんな「何百万もの命救った」 原爆投下で米特使(中国新聞 '07/7/4)米国のロバート・ジョゼフ核不拡散問題担当特使(前国務次官)は三日のワシントンでの記者会見で、第二次大戦末期の広島と長

まずは参院選、野党勝利の為に! 呉越同舟の時、来たる!! 【選挙に行こう!ブログ共闘!】

人気ブログランキング ← より多くの人に伝える為にクリックのご協力を♪ お玉おばさんがアブナイ!!が今、熱い!!(笑)政治ブログランキングでお玉おばさんでもわかる政治のお話 と 日本がアブナイ!が激しいデッ

住民税増税

「生活がガーン」にも出て来ますが、6月から住民税が増税しました。 わかっていたとはいえ、あらためて、税金が跳ね上がったのを見て、 びっくりだったかたも多く、かなりの騒ぎになっています。 「全国で広がる怒り『住民税増税』」 役所への問い合わせは、窓口も電話も殺

冗談はよし子さん! (^^;)

 寝る前に美爾依さんのブログ「厚生労働省の年金検索ソフトに重大欠陥?」を読んでいたら,とんでもない話が書いてあった! 何と,ウイルスが巣食ったソフトを4万人もがダウンロードしていたという話です. 上の画像はNHKオンラインの 厚労省 欠陥ソフトを放置 の縮小

ふざけろ、クソボケ!

え~と、原爆のハナシだけど……あ?Qちゃんはもうえぇ。出番は終わった。とっととイナカ帰って、畑耕してろ。問題はコイツだ。米政府のロバート・ジョセフ核不拡散問題担当特使が「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の数十万単位の人命だけでなく、文字通り何百万人

自民党では解決しない--米国発原爆肯定発言

 久間辞任で、幕引きをはかりたかった自民党、アメリカから安倍政権を試すように、「原爆の使用が終戦をもたらし、連合国側の数十万単位の人命だけでなく、文字通り何百万人もの日本人の命を救ったという点では、ほとんどの歴史家の見解は一致する」というとんでもない歴史

現代日本の「反動的モダニズム」

 教育基本法改正に示されるような,安倍政権の「戦後レジームからの脱却」あるいは戦前レジームへの回帰(ここで思い描かれえている「戦前」がどこまで歴史的事実に基づいているのかという疑問もありますが,とりあえずそれは置いておきます)と,その徹底した対米追従外交

繰り返しますが慰安婦決議案(121号)は人権問題です

慰安婦決議案 米下院委が可決 中国系反日団体が圧力(2007/06/28 産経 一部抜粋)【ワシントン=古森義久】米下院外交委員会(トム・ラントス委員長)が26日、慰安婦問題に関する対日非難決議案を可決したが、この動きの背後では中

創価の選挙都合で辞めさせられた防衛大臣

国会閉会後に久間防衛でぇ~じんは、「公明=創価」に見捨てられるカモ?なんって思いつつネット接続を切り、仕事やら野暮用を済ませ昨日の夜、再びネットを接続したら、どこもかしこも「久間防衛大臣辞任。後任に小池百合子氏」の文字が踊っていた。 久間防衛でぇ~じんの辞

安倍晋三と金正日の敵対的共生関係?

 最近ネットで次のような噂が流れている。  「参議院選挙直前に北朝鮮拉致被害者の誰かを帰国させて、安倍政権の支持率上昇と参議院選挙の大勝利を狙うという策動が行われようとしている。安倍晋三と金正日はグルでは

正常な状態に戻すことが第一の目的

今,国会は,異常です。国会は,日本の民主主義の中枢です。だから,今,日本の民主主義は,異常状態に陥っています。民主主義は,国民の幸福の根幹です。だから,今,日本の国民の幸福は,異常事態にあります。 日経新聞の

被爆ファシズム

「原爆投下の歴史的評価は人類にとっての挑戦で、人道的に認められないことは明らか」(小池百合子防衛相)性奴隷や南京事件を否定するおまえが人類の代表のようなツラをするな。

自民党が 「B層作戦」 を再開

今日(7月5日)の「四国新聞」の記事「政局最前線」を見ると、参院選で劣勢が伝えられる自民党が、ダメージを立て直そうと局面打開に必死らしい。記事によると、自民党は、『無党派層の支持離れを食い止めるため、小泉純一

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。