スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウソをつくのがうまい人

日曜の朝、なにげなくTVをつけると、三宅某が、徳光アナが、いろいろ言ってます。
 話題は自民党総裁選。
 ご丁寧に、忘れるほど昔の「角福戦争」まで引き合いに出したナレーターの解説まで。
 つまり、福田総裁が実現したあかつきの、田中角栄の秘蔵っ子である小沢氏との闘いは、はるか昔の田中角栄vs福田赳夫の争いにまで遡れる、というわけです。

 ご本人の思いが本当にそこまで辿り着くのかどうか知りませんが、ニュース番組を模した娯楽番組らしい取り上げ方です。

 そして極めつけは「どちらが首相になろうと、桝添厚労大臣は留任させてほしい」という、司会の立場を忘れた徳光アナの自民党出席者たちへの要望。

 これはメディアを仲介にした財界の要求であり、桝添氏の高い人気を背景にした視聴者へのデモストレーションで、世論誘導でしょう?

 福田総理誕生も、桝添厚労相留任も既定路線なのかな。

 桝添留任は何のためか、と考えると、やはり「残業ゼロ法」を「家庭団らん法」と言い換えた度胸で、ホワイトカラー・エグゼンプションをごり押しさせるためではないか、と思います。

 そもそも桝添氏は「家庭の団らん」を知ってるのか? 知ってないでしょっ。

 あの態度、女性や人生に対する姿勢を見れば、彼が“団らん”と認識したとき、果たして家族の他の成員は“団らん”と受けとめるのか?
 他人様の家庭をのぞき見る趣味はないので、少なくともあの、人を馬鹿にしたような暴君の調子でやられたら、私にとっては団らんどころか、それこそおぞましい光景が繰り広げられるんだろうな、と考えてます。
 
 ですから「家族団らん法」の「家族団らん」なんて、あくまでも桝添氏のひとりよがりの“家族の団らん”にすぎないんです。他の人びとにとっては、あくまで「残業ゼロ法」なんです。

 で、ショーとしての政治ニュースに辟易した後NHKの日曜討論を見たのですが、まあ、こちらは終始紳士的に2人の総裁選立候補者本人の意見表明が行われました(ただしじっと腰を据えて見たわけではないので、見落とし、聞き落としもあります)。

若者が希望を持てて、お年寄りが安心して暮らせる(ような社会を目指す)」という言葉が、なんとまあ、共産党でもなく民主党でもなく、自民党総裁選候補者福田康夫氏の口からついて出たのは驚きでした(イヤミです)。

 そんな改革路線修正の見解はアソー氏も同じでしたが、お二人とも、「何でもかんでも国に頼ってはいけない」というオチまでついてましたが。

 とにもかくにも、コイズミ改革に対する怨嗟の声にやっと耳を傾ける姿勢が出てきたのでしょうか。

 で、当のコイズミ氏はこれをどう見ているのでしょう。
 まさか、オレの失政の尻ぬぐいをしてくれ、と福田氏に頼んだ上で支持を確約したわけではないんでしょう?

 実をいうと、分からないことだらけです。

 以前から問題にしていましたが、いったいなぜ、1年前にコイズミ純一郎は安倍シンゾーに首相の地位を譲ったのでしょうか。

 もともとアベ氏は日本会議派の人たちの希望の星で、安倍首相待望論がしきりに叫ばれていました。そんなアベ氏を身近に見ていたコイズミ純一郎が、彼の極右傾向を知らなかったわけないでしょう?

 コイズミ純一郎は“改革”、つまり新自由主義政策を推し進めるに際し、右派を黙らせるためにアベ氏を官房長官に抜擢し、さらには首相にまで推した。そして右派にも対米隷従派と対米独立派がいるようだけれど、右派の多数を占める隷従派をうまく括弧付き改革に引きずり込んだ。
 こうしてアベ氏を利用してその取り巻き右派をコイズミ改革側につけた……という具合にシナリオはなるのでしょうか。

 すべてはカイカクのため。すべては米国の要望に沿って。
 目的のためには手段を選ばず。
 おまけに‘御輿は軽くてパーがいい’。

 アベ氏は米国にとってCIAのエージェントだった岸信介の孫であったし、極右ぶりも、あくまでも国内問題に限ればかえって都合が良かったのかもしれない。ところがその右派ぶりは従軍慰安婦問題で分かるように、米国自身にも切っ先が向かった、というところでしょうか。

 もともと対米隷従派の右派は矛盾を抱えているんです。
 米国が押しつけた憲法だ、と現行憲法を非難し、米国が端緒を作ったともいえる戦後民主主義の体制=戦後レジームを攻撃しながら、米国が好きでたまらない、米国が行くところならどこまでもついていきます、という態度ですものね。

 どうしてそうなるのか、私もしばしば頭を悩ませましたが、要は、自分にとってその方が都合がいいし、楽だから、ということでしょう? そしてこれを正当化するために、いろいろと詭弁を弄するわけです。
 そういえば憲法を作ったのは米国でもリベラル派で、本来の米国政治の潮流からは外れたものなのだ、なんて講釈を私にたれる若ものがいましたっけ(ただし、彼は若いだけあって、真剣でしたが)。

 ところが思いがけずアベ政権が次から次へと弱点を露呈していく。軽くてパーではどうにもならなくなってくる。さらにはコイズミ改革のウソが、次第に一般レベルでも理解されるようになってきた。

 ここにきて、もう少しうまくウソをつき通せる人物は? ということで、アソー氏でもなく福田康夫だ! ということになった……とか?!

 もちろん、一番ウソをつくのがうまいのは、コイズミ純一郎氏ですが。


 ふー、思いつくままに書いてみました。あくまでもこれは独断と偏見に満ちたとむ丸の私見です。モーソーかもしれませんがあしからず。


  
 人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。
    よろしければ、クリックをお願いいたします。m(_ _)m


*追記:眠り猫さんのところにすごい話しが載っています。

 アベ氏は北朝鮮を締め上げて、テロを起こさせようとしていた、ということです。
 とすると、米国が北朝鮮に対して宥和政策をとるようになったことがアベ氏にとっていかに困ったことだったか、よくわかります。
 詳しくは眠り猫さん「『猫の教室』 平和のために小さな声を集めよう」をご覧下さい。
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

提言を受けて...:政府ができることやるべきこと

質問: 政府ができることやるべきことの提言についてから続きます。 政治家は表舞台に立つ人ですから、能弁で魅力的な人物であれば誰でもいいでしょう。 政治家に協力することは厭いませんが、地盤も金もなく権力に危険性を覚えている私が政治家を志すことは無謀です(笑...

第6部  京城と総括編  その3

第6部  京城と総括編  その3  私が物心付いてから終戦までの事を一通り書きました。  その中に書きそびれましたが、植民地を統治する朝鮮総督府は、大東亜戦争が始まって一年ほど経ってから日本人との差別が緩和されてきた感じです。  その一つに朝鮮人と並んで...

「自End」リンクリスト設置の詳細な説明です。最近の機能リニューアルに合わせ説明画像を大幅に入れ替え分かりやすくしました。

 自民党政治を「The END(ジ・エンド)」させたいと思う同志諸君は、エントリ

「インド洋」って何処よ?

 自民党の新総裁は福田康夫氏でほぼ決定のようだ。ほぼ決まりの総裁選挙をだらだらと23日まで続ける意味があるのだろうか?勿論国民にとってという

適正な検定手続きで高校教科書から沖縄戦「集団自決」\"軍強制\"の記述をなくすには

沖縄戦「集団自決」教科書記述削除関係記事が連発になっている今日この頃。 本日付の報道をまず収集。 琉球新報 2007.9/16 9:31付報道にて「国会議員共同声明へ 『撤回が県民総意』」  29日に宜野湾海浜公園で開催さ

護憲派の鑑・おたかさんの衆議院議員復活を念じて、おたかさん当ブログで颯爽とデビュー!+ガンバレ社民党

   これくらいの字を        アベシにも書いて貰いたかった、・・・ ●日米安全保障条約の維持 1994年7月18日 第130回臨時国会での所信表明演説にて「自衛隊合憲」、「日米安保堅持」と明言し、日米安全保障条約体制の継続を確認した。この際、演説用...

あらサンケイさん!意図的?ショートショート!

仕事に飽きて遊んでいたらあら?何かしら?***「産経新聞」*********http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070916/jkn070916006.htm【お詫び】 ?? 本日の産経Webで記事と無関係の写真が掲載される間違いがありました。お詫びいたします。 (2007/09/16 14:20)***...

損して人とれ 【損して得とれ より】

人気ブログランキング ← に参加中! 応援ポチッ随時募集中ですw 【一行日記】 マジメに仕事をしていたらあっという間に一日が過ぎますね(笑) まず最初にいつもコメント下...

労働者派遣法が、派遣労働者固定法に!?

「登録型派遣は禁止を」高木連合会長  連合の高木剛会長は13日の記者会見で、見直しの議論が始まる労働者派遣法について、日雇い派遣のような登録型派遣は原則禁止を求める方針を明らかにした。企業側の求めに応じ人材会社が登録スタッフを一時的に雇って派遣する仕...

「ミス・ポター」観ました

「ミス・ポター」観ました

『超人 高山宏のつくりかた』

 こんばんは。今日は、高山宏先生の『超人 高山宏のつくりかた』を読んで、私が考えたことを書きたいと思います。  高山先生は、まず、現在、人文学そのものが「くだらん世迷言」として葬られる時代において、鼻持ちならぬほどの構想力・突破力を必要とする<新>人文...

ネメシス

数日前に知った独立系メディア「デモクラシー・ナウ・ジャパン」、ブックマークしました。 デモクラシー・ナウ・ジャパン 元CIA顧問で作家、学者、批評家のチャルマース・ジョンソンさんの動画をぜひご覧ください。 こちらから 新しい本「ネメシス」についてです。(3...

イグアナ福田は小沢のパクリ!

    休日でニュースは事故一色!少し時間をかけて考えてみた。どこかイグアナ福田の言っていることはどこかで聴いた内容が多い。そう思っていたらこのロイターの記事をさきほどみかけて納得がいった!どことなく小沢の香りが漂う!なるほどさすが調整のみに生きる男戦...

【衝撃情報】品川正治氏講演会より。「対北朝鮮強硬策の目的はテロの誘発」

一昨日の記事に書いた、14日に行われた品川正治氏の講演会において、品川氏が述べられた衝撃情報をお知らせしましょう。実は、一昨日の記事のコメント欄で、レスとして既に述べているのですが、品川氏の発言を正確に記して、誤解の無いようにするためと、そこから類推さ...

ブログを始めて2年経ちました

2005年9月にブログを始め、2年が経過しました。 月に2~3本ほどのエントリーを続けてきました。このエントリーで87本目となるようです。 TBは696本(いかがわしいTBを含む)で、 コメントは151件という数字になっています。 アクセスは、おおむ

[参考情報][映画『ブラック・ブック』に見る“美しい国”崩壊の危機の真相]の残照

・・・カリス・ファン・ハウテン (Carice van Houten)は、この映画『ブラックブック』で映画部門の最優秀女優賞を受けたオランダの女優です。 <注>当記事は、[映画『ブラック・ブック』に見る“美しい国”崩壊の危機の真相、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20070915

財政再建をしなくていいんですか?と聞かれて

 久しぶりに周南ねっとの仲間が事務所に来て、新周南新聞に投稿した記事を読んだ市長さんから電話があった、という話を聞いたあと、徳山駅周辺整備計画に大型商業施設がいる、いらないで議論になりました。昔からこの点で、彼とは意見が対立していて、話は必ず平行線にな...

07年9月17日・月曜日 イラク米軍

07年9月17日・月曜日 イラク米軍 9月12日の記事に「治安改善」世論は冷静と載っていたが一方ではイラク米軍手詰まりとグラフなどで説明している。(拡大はここをクリック) イラク米軍  イスラム教の様な国家のことは一庶民には全く理解ができない。今日の新聞にサドル...

きっこさん、ありがとうございます!+当ブログからコイズミと医療関係を抜粋+猿の惑星とあ・そ~、イン・大阪

きっこさんに感謝致します。 あ り が と う ご ざ い ま す! このブログ立ち上げ時は、 1日目1人でした。←お名前も分かっています。           未だに感謝しています。ありがとう! でもって、2・3・4・5人、・・・・・・ 阿....

阻止か国家崩壊か!!郵政民営化は何としても解消するべきだ!!

 郵政民営化は絶対に阻止しなければならない(メディアの世論誘導はなぜ?) 前掲

-

管理人の承認後に表示されます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。