スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ODA テンパーセント・マダム

 Photo_4


 英国王室の宝。 王冠と宝珠。


0001_3


0002_2


0003_2


0004_2


4番目は大英帝国王冠。 最後はインド帝国王冠。

「あれも、これも、イギリスが私たちの国から奪っていったもの」。
 いつか我が家に来たミャンマーからの留学生が、王冠を飾る宝石類を指さして言ったことばです。


 かつて大英帝国が強奪していったこうした宝石を、今はミャンマーの軍事政権幹部がかすめ取っているのか、との思いを強くしたYou Tubeで見た動画『ダイヤに埋もれた夜』。英語版原題は“Heaven & Hell”。
 ukiukiさんの所で知りました。


 結婚をするミャンマー最高権力者の娘の髪、首、胸を飾るおびただしいダイヤに呆れながら映像を見ていると、軍事政権幹部やその家族の会場に乗り付ける車が、毎日私たちが目にしてるものに似ていることに気づきました。
 それもそのはず、その中の1台には紛れもなく“Celsor”の文字が。


 さて、若い人は知らないでしょうが、40年近くも前のこと。インドネシア、スカルノ大統領(当時)の第何夫人かになった日本女性、通称デヴィ夫人は、しょっちゅう女性週刊誌に登場していました。
 知り合いの女性が、デヴィ夫人が着ていたあのベージュのセーターがほしい! なんてやってましたっけ。


 そんなデヴィ夫人のグラビアを飾る写真の1枚に、宝石類を散りばめたピンクのドレスを身まとったものがありました。
 インドネシアの人びとが生活苦に喘いでいるとき、こんなことして! と若い正義で胸を痛め、怒りを覚えた私。


テンパーセント・マダム」という言葉をご存じでしょうか。
 私は、元参議院議員の、木枯らし紋次郎こと中村敦夫さんのブログで知りました。


「政府の途上国援助(ODA)という名目で海外に出ていく税金や財政投融資金は、日本の特定の企業グループや政治家に還流されるシステムになっていた。話をまとめるために、事業費の10がマルコス夫人に賄賂として贈られた。夫人のあだ名が、『テンパーセント・マダム』だった」


 とそこに書かれていたのです。


 試しに海外事業もよく手がけていた企業に勤める知人に確かめてみますと、たしかにその通りでした。


 デヴィ夫人がテンパーセント・マダムであったかどうかは私は知りません。まあ、スカルノ大統領を追い落としたスハルト大統領の夫人がやはりテンパーセント・マダムと呼ばれていたわけですし、デヴィ夫人は日本の商社から送り込まれた人だ、と当時言われてましたから、可能性は大いにあります。


 で、保坂展人さんによると、日本は先進国間ではミャンマーに対するODAの最大の援助国といいうことです。


 ミャンマー軍事政権の最高権力者タンシュエ国家平和発展評議会議長の娘の結婚式に集まった女性の中にも、このテンパーセント・マダムがいるのかな? などとつい想像してしまいます。


 それにしても、軍は市民を守らない、これを痛感させるミャンマーの体制。


 一人ひとりの兵士は、貧しい市民から出た人たちでしょうに。


 それに、ODAからの環流を受ける政治家って、誰なんでしょうか。


 各国の抗議や制裁が相次ぎ、犠牲者が出て、日本政府も重い腰を上げたようですが。


 
 人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。
    よろしければ、クリックをお願いいたします。m(_ _)m




 

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民意を無視する自民党

 新総理が福田康夫に決まった。オランウータンの形態模写が特技だと聞いている。  

ミャンマー軍事政権による民衆デモ武力弾圧の件

(初出9/27のエントリーを整理・加筆して、29日付に修正)8/15の燃料費大幅値上げに対して市民から抗議行動を受けているミャンマー軍事政権は、9/26にデモの武力弾圧に踏み切り、報道関係の外国人(日本人)を含む多数の死者を出す

経済効果が期待できない民営化にかまけすぎれば、日本が沈む

昨日(水曜日)発売の「ニューズウイーク日本版9・7」の記事を紹介する。「ニューズウイーク」は、記事でも出てくるが、衆議院解散後に総選挙で小泉与党の勝利を切望したワシントン・ポストの関連子会社である。その「ニューズウイーク」が、日本版ではあるが、小泉郵政民

ビルマ(ミャンマー)の情勢を悲しみをもって見ながら、軍隊と独裁政権は民衆を守らずに自己の暴虐を隠そうとするものだとあらためて確信する。

(人気blogランキング参加中)前回のエントリーに続いて、ビルマ(「ミャンマー」は軍事政権による呼び名)での、軍政による民衆への弾圧の件です。まず、駐日ビルマ(ミャンマー)大使館に電話してファックス番号を尋ね

07年9月29日・ またもやミャンマー

07年9月29日・ またもやミャンマー 新聞もテレビもミャンマー一色だ。 しかし、私たちはメディアのニュースを見るだけで何もできないのは歯がゆいが仕方がない。  首相は制裁に慎重と言っている。しかし、民衆に銃口を向ける国家に私たちの税金から援助はしてほしくな

イカレジイサン「海自給油活動継続、新法で目指す。」「民主党に喧嘩を売るつもりはない。」⇔本当は喧嘩を売っている!+コイズミの対イラク攻撃、米支持を表明を振り返ってみよう。

私は、イカレジイサンは、『海上自衛隊のインド洋での給油活動での新法』の、「作成」⇒「提出」⇒「法案成立」までを見越して、防衛相に 石破茂 を起用していると思っています。イカレジイサン内閣、で、新任及び横滑りは、外務大臣⇒官房長官「町村 信孝」防衛....

高校歴史教科書検定撤回全県集会

3時 宜野湾市で高校歴史教科書検定撤回全県集会が行われている。沖縄県内のテレビ局 NHK RBC OTV QAB(TBS フジ アサヒ系列)4局全てがライブで放送している。高校野球決勝で沖縄が出場してもこんなことはないかもしれない。会場は俯瞰図で見ると満杯だ。子ども連

「内政干渉」はありえない

 今のビルマに「内政」はない。あるのは国家テロリズムだけだ。政治とは、武器を持たない市民に発砲することなのか?少しでもマシな「政治らしきもの」を回復させるために、あるいは回復するための療養期間を確保するために、国際社会が一定の介入(たとえばアムネスティが

ビルマ(ミャンマー)国民のために日本ができること と 言論封鎖

人気blogランキング  平和を願う人々の思いを全国へ届けたいと頑張ってます。いつもクリックしてくれてありがとうございます! ■ビルマ(ミャンマー)国民のために日本ができること と 言論封鎖どうし

9条フェスティバル

大井町きゅりあんで開催された九条フェスティバルに言ってまいりました。着いたのが3時ごろでしたので、天木さんや鈴木邦男さんがご出演になる講演は聞けませんでしたが、いくつかの展示と、タヴェルニエ監督の「今日から始まる」を観ました。もっと早く行って「我、自衛

今さらですが総裁選ネタ

おはようございます。保守論客達と同じぐらいの勢いで没落中(ブログランキングがw)のやっしゃんです。福田新政権が誕生したというのに、今さらですが総裁選ネタです(^^コラム風のけっこう共感できたブログを見つけ

多分、私もあなたも加害者なのだ。

ビルマの民主化運動、民衆デモに対する武力による弾圧については正直言って、何から言えばいいのかよくわからない。とりあえず自分の考えを整理するために。他のブロガーの言を待つまでもなく「軍は国民を守らない」と

誤解の解き方

「無期懲役といっても刑期が決まっていないだけで、7年もすれば出てくる。日本は終身刑もなく犯罪者に著しく甘い」といった発言に対し、「たしかに、無期懲役は終身刑ではないが、無期懲役の平均は21年6ヶ月だ」などと言って反論している人をときどき見かけますが、こういう

国家主義教育の安倍辞任で、沖縄集団自決検定に明るい兆しが?+ミャンマー+スプリンターズS

 今日は、JRAの中山競馬場で、芝短距離の王者を決めるスプリンターズS(GI)が行なわれる。  ちなみに6年前の今日(01年9月30日)に、3月に行なわれた高松宮記念に続いて、このレースを制覇し、春秋スプリントGI2冠に輝いたのが、私の溺愛するトロットス

福田政権もおカネ問題が続く+平沼復党に小泉牽制&落選組に資金援助+教育再生、☆

最新記事の一覧は、カレンダーの<September2007>をクリック。 昨日、知人から「もしかしたら、☆はまだ希望があるんじゃない?」 と言われ、つい「ふ、ふ」と福田鼻笑いをしてしまいそうになったmewだったのだけど。(~~) 何と今週、3位の阪神に3連勝して、ゲーム差

チュークの沈船に眠る遺骨と産経新聞の記事

2週間ほど前の産経ウエブに載った、ミクロネシア連邦のチューク環礁に眠る日本人の遺骨に関する記事が物議をかもした。(右の写真はヤップの沈船の残骸、戦争とは関係ありません)このブログの読者からも何件か問い合わせを受けたので当該記事を読んでみると、産経だからと

相撲協会は変わるのか

瓶殴打、時津風親方が弟子らに口止め 「警察に話すな」(朝日新聞)この事件の当事者である親方が、部屋の弟子らに口止めしていたことが明らかになりました。経過をみても明らかなように、当該親方の対応に誠実さの一かけらもみられません。事態は、いよいよ「かわいがり」

「機会の平等」も「完全な市場」も存在しない

はじめに、このところ弊ブログの記事にいただいているトラックバックやコメントをくださった皆さまに、お礼を申し上げる。当ブログでは、トラックバックにはできるだけお返しをするようにはしているが、遅くなるこ

今ミャンマーで起きてることは、単に中国利権から米国利権へ乗っ取るための策略

今回のミャンマーデモ発生からのメディア報道を見ていると、当初から欧米メディアがやたら煽ってるのが気になってた。911NYテロや、ベネズエラ・チャベス大統領に関する報道の時なんかと同じだ!たとえば、ベネズエラのチャベス政権反対デモの時なんかは、15万人規模のデ

Free Burma!からの呼びかけ

 Free Burma!というサイトからメールにて呼びかけをいただきましたので,以下のその日本文を紹介させていただきます:「ビルマに自由を!」について私達、国境を越えたブロガー達は、ビルマの平和的な革命を指示〔原文のまま〕するための活動をしています。ビルマの皆さん

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。