スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「イラク転用」否定のウソと新たに発見された「沖縄核密約」

石破茂防衛相は7日のテレビ朝日サンデープロジェクトで、「イラク転用」疑惑について、「今、米国からいろんな資料を取り寄せて防衛省内で分析している。現時点で目的外使用はないという心証を得つつある」と、

 高村外相はフジテレビの番組で、「(補給を受けた艦艇が)イラク作戦に行ったことはないと思う。米国からもそういう回答を得ている」

 と説明したそうです。

 35年前毎日新聞西山記者の暴いた「沖縄返還を巡る密約」を裏付ける米側の公文書が、2000年、02年と相次いで、見つかり、さらには沖縄返還交渉を進めた最高実務担当者の吉野文六元アメリカ局長が2006年にその存在を認めたというのに、今だに政府はこれを認めていませんね。

  あくまでもシラを切るつもりのようです。


 イラク転用疑惑も、疑惑どころか、とうの昔に政府は転用を承知していたのだと思います。でも、この「沖縄返還を巡る密約」同様に、どうしても認めるわけにいかないのでしょう。


 事実は“密約あり、イラク転用もあり、”にもかかわらず。


 いったん認めれば、これまでの政府の主張がことごとく正当性を失います。
 ウソと分かっていてもウソをつき続けなければならない。


 沖縄返還を巡るに密約については、西山記者(当時)のスクープである土地の原状回復費四百万ドルを日本側が極秘に肩代わりする密約の以外にも、


「四百万ドルは機密のごく一部。VOA(米国の政府系ラジオ局)の移転費用など協定に書かれていない負担は、すべてが密約といえる」

ベトナム戦争で経済的に疲弊していた米国では、

「議会は『なぜ沖縄をただで返すの か』と反発した。だから(日本政府は)早く協定をまとめようという流れだった。三億二千万ドルを協定に入れてくれと持ってきたのは大蔵省だった。大蔵大臣 も外務大臣も(首相の)佐藤さんも認めているから、入れざるを得ないと。(佐藤栄作首相が国民にアピールしたように)沖縄は無償で返還されるという先入観 が日本側にあったから、ああいうこと(密約)になったのだろう」
 
 と吉野氏は証言しています。

 何度も言いますが、それでも政府はけっして認めない。

 インド洋で海上自衛隊が無料で給油したものがイラク戦に転用されてきたことも、政府はけっして 認めない。

 とにかくウソにウソを重ねても、有権者が信じてしまえばいい、大きな声で、ぶれずに主張し続ければいい。ウソをつくのが悪いのではない。ウソを信じる方が悪いのだ、と考えているのかな? なんて。

*「イラク戦転用」を否定するウソについては、拙ブログ「またウソをついた外務省」をご覧下さい。

 なお、この沖縄返還を巡る密約については日刊ベリタ「沖縄返還密約『吉野文六証言』の衝撃と米軍再編」に詳しく掲載されています。

 そしてここに来て、「沖縄核密約」の存在を示す公文書が、米国立公文書館で発見されたというニュース

「返還に合意した六九年十一月の日米首脳会談に向け、米大統領補佐官だったキッシンジャー氏が当時のニクソン大統領にあてたメモで、佐藤栄作首相との密約締結手順を記載している」

「沖縄返還時の核密約の存在を明示した交渉当事者の公文書発見は初めて。日本政府が依然否定している密約の存在を米公文書が裏付けた形だ」

 等と説明されています。

「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」という三原則を最初に示したのは佐藤栄作首相(当時)で67年衆議院予算委員会、そして68年の施政方針演説で明言したそうです。さらにこの原則を、返還される沖縄にも適用されるべきだ、と決断しながら、一方では米国へ「いざ、というときには持ち込んでぜんぜん構いません」と言っていたわけです。

 うーん、日本の外交を調べていくと、否が応でもこの2枚舌を操る政府・外務省の姿を目にすることになります。
 国民への説明と、米国や他の国々への姿勢が食い違う……あっ、この核密約については、米国以外はだまされたのでしょうね。だから、ノーベル平和賞まで貰ってしまった……。

 キッシンジャー氏がニクソン大統領(当時)にあてたメモで、「返還に伴う沖縄からの核兵器撤去に触れた共同声明文について交渉の進め方を進言している」といいますから、交渉当事者以外の目をいかに誤魔化すか、知恵袋のキッシンジャー氏がいろいろと働いたのでしょうか。

 これについては、当時佐藤首相の密使を務めた若泉氏(故人)が『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』という自身の著作で秘密交渉の一部始終を暴露したということです。

 そしてこの沖縄核密約問題は、今回米国側からも存在を裏付ける文書が発見されたわけです。
 
 うーん、それでもやっぱり政府はやはり否定するのでしょうか。

    
人気blogランキングへ ← ランキングに参加しております。
    よろしければ、クリックをお願いいたします。m(_ _)m


スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

インド洋での給油活動やイラクでの航空自衛隊の米兵輸送活動は「テロの鎮静化」や「人道援助」としての成果を本当にあげているのかどうか、安倍首相はデータにもとづいて具体的に語らなければならない

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)テロ対策を名目にしたインド洋での給油について、所信表明演説によると、安倍首相が職を賭けて新法成立をめざすそうです。参議院で野党が多数を握っているこ

アメリカはプレゼント油を必ずイラク・イランに回します!

嘘つきは首相になれる!自民総裁はアメリカに一番媚びた奴がなれる!アメリカの言う事なんてこれっぽっちも信用していない!だっていちいち洋上で核兵器積み替えるわけ無いだろう!栄作の言葉と非核三原則なんて政治家も国民も信じていなかった!佐世保や横須賀寄港の原潜や

新自由主義経済の結末はバブル崩壊か恐慌

経済に詳しくない私がこのような記事を書くのは僭越と言うものだが、経済に詳しくなくても、過去30年間の日本の世相を見てくれば、ある程度のことはわかるというものである。 「新自由主義」と言う言葉は、比較的新しく言われるようになった言葉だし、特に新自由主義の

オレが、オレ我の、我を捨てて! 踊らされないために 【庶民共闘】

人気ブログランキング ← に参加中です! 応援有難うございます♪ 【2行日記】    「管理者だけに」のコメントの中に多くの人に読んで欲しい素晴らしい文章がある。勿...

民主党小沢代表の思惑はいかに?

小沢代表論文「政権とればISAF参加」 国連中心強調インド洋で海上自衛隊が行う給油活動をめぐって、民主党の小沢代表が近く論文を発表する。激しい対米批判を展開し、給油活動への反対姿勢を改めて強調。そのうえで、国連決議に基づいてアフガニスタンで活動する国....

[集団自決]教科書検定でどう書き換えられたか

前回のエントリー[沖縄戦集団自決]誤りだらけの産経【主張】で、「検定は、軍の関与や体験者の証言を否定するものではない。」というのはウソであると指摘したんですが、実際にどう書き換えられたか詳しく見てみましょう。

●天木直人氏のブログ http://www.amakiblog.com/arc

保険というより増税だ

参議院選挙の際に、民主党が子育て支援のための手当や農家への戸別所得補償などの政策を発表しました。それに対する批判として、財源はどうするのかとよく言われます。新しい政策を始める場合に財源が問題にされるの

綺麗事では済まなくなった「テロ特措法」論議。

 ちょっと一息ついています。北海道の建築関係は仕事の山と谷との落差が大きいと言われていますが、今年はまた一層激しい。私もこの十日間ほど篭もり

「核密約」に見る日本という国の危うさ

沖縄返還時に「核密約」示すメモ見つかる1972年の沖縄返還後に、米軍が有事に際し核を持ち込むことを認めた「密約」が、69年11月に当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領の間で行われた首脳会談で取り交わされていたことを裏付ける米政府の公文書が6日、見つか....

誤解され続ける政治家 小沢一郎  (とことん嫌われる政治家 小沢一郎)

「世界」という左翼論壇に小沢党首が「ISAF参加」を表明したことが自民のみならず、民主党内でも物議を呼んでいます。

07年10月9日・火曜日  昨日のテロップ集 最終編

07年10月9日・火曜日  昨日のテロップ集 最終編1・道路特定財源、余剰分は一般財源と政府与党で合意が出来ていたようだが、二階氏は一般財源に反対しているようだ。特別会計。ここにも官僚の影が映っている。 {/arrow_r/}(ここをクリック)2・民主党の小沢代表の言ってい

報道ドラマスペシャル でっちあげ 鹿児島えん罪事件の真相

 報道ドラマスペシャル でっちあげ 鹿児島えん罪事件の真相 夜遅く、たまたまテレビをつけていて、見たのですが、ものすごくショックでした。こうやって、えん罪は作られていくのか、と恐くなりました。県議の方が逮捕される時、本人が拒否しているのに、顔を隠すように服

ニュースペーパーの映像ありました

ニュースペーパーの映像をyoutubeで探しましたらありました。日本テレビのすっきりという番組に出たときのものです。

[民主主義の危機]「テロ特措法&ドーピング」問題に共鳴する軍需利権型資本主義の暴走

平和宮[国際司法裁判所/International Court of Justice](2006年8月、撮影) EU-Dictrictにある欧州委員会ビルの風景(2006年8月、撮影) ・・・これらの画像は、当記事内容と直接の関係はありません。 ・・・・・・・・・・ ●ドーピング(スポーツ選手の禁止薬物汚染

-

管理人の承認後に表示されます

訂正と補足 「きらり」でなく「ぎらり」

昨日の金八先生の紹介した茨木のり子の詩の記事で間違いがありました。詩の題が違っていました。「きらりと光るダイヤのような日」ではなく「ぎらりと光るダイヤのような日」が正解でした。

惨絶たる類型

MSM産経ニュース2007.10.15 22:27付より「検定撤回は将来禍根 米軍施政下「沖縄戦の真実」封印」と題された阿比留瑠比記者・小田博士記者による記事がとんでもないと、ni0615さんからお知らせいただいて、一読してみた。即、

人生は自分が出した答えだけが答え

今日の金八先生で最も印象的だったには次の言葉人生は自分が出した答えだけが答え

ライスショックの再放送を見た

BSでライスショックの再放送を見た。これほど日本の農業が危機に瀕しているとは思わなかった。むしろ日本では一路に米が作れなくなりつつあるといった方が正確だろう。

日米年次規制改革要望書自動翻訳

アメリカ政府の日米年次規制改革要望書が10月18日に発表された。またまた日本の国民には難題が降ってきそうである。(ビジネスマンにはここにビジネスチャンスがあるということでしょう)マスコミは全く報道していない。ブログで散見する位である。訳はまだないようなので前

トルコの狙いはキルクック

私は嘗てイラクに住んだことがあります。それもクルドの問題で話題になっているキルクックに。前にその体験を講演したことあがりそれはブログ記事に残っています。

田んぼをつぶすな!

nhkの番組ライスショックのショックが大きくて日本の農業はつぶれるのかと悲しんでいる。そんなときに年間契約したあきたこまちの新米が届いた。やはりうまい!

小沢さんと福田さんはどんな話をしたの?

小沢さんと福田さんはどんな話をしたのだろう?国会審議や党首討論まで延期して開かれた「密室協議」しかもお連れは冒頭と最後の役10分だけで二人だけで1時間も話している。

お父さんとの最初の思い出は何でしょうか?

strong>お父さんとの最初の思い出は何でしょうか?今日に金八先生でみんなに投げかけれた問いです。皆さんいかがでしょうか?思い出せますか?

教訓1

加川良の教訓1という歌がある。1971年の歌だが非常に現代的なテーマを持った歌だと思う。

落合監督は辞めたらどうだろうか

日本シリーズの優勝決定の試合で8回まで完全試合だった山井投手を落合監督が変えたことはどうしても理解できない。

「アベする」から「オザワる」へ

民主党の小沢一郎代表が辞任すると言う。安倍晋三という人の辞任があったはずだがすっかり小沢一郎と言う人の辞任にお株を奪われてしまった。「アベする」が今年の流行語になる予定だったようですが「オザワる」に取って代わるかも・・

ナベツネとラックフェラー

当分小沢ネタが続きそうだ2つ記事を紹介します。1つは防衛利権の力学もう一つは小沢辞任へのナベツネとラックフェラーの影響力の話

読売とナベツネは責任を取れ!

「大連立を持ちかけたのは小沢氏という「謀略報道」について読売とナベツネは責任を取るべきだろう。これはどうも読売の全くの作り話だったようだ。

8・21山里会でのナベツネ講演

「年金問題や税制、そして憲法や安全保障など多くの懸案事項を一挙に解決するために、大連立が必要なのである」?

「大連立」の真相ニコニコ動画2つ

ニコニコ動画と言うものをはじめて見た。映像にコメントがオンラインでできると言うのはなかなか面白い。コメントを書いたらすぐに反応が来るのが面白い。

ルール違反の言葉

今日の金八先生で自殺抑制ロールプレイングゲームと言うものをやっていた。学校でこれをやらざるを得ない状況が悲しい。

平成のロッキード事件

私が最近真っ先にチェックする11・24付け週刊現代に「平成のロッキード事件」と小沢騒動の真相という特集記事があった。民主党支持者も良く読むべき記事だろう。記事は3本立てでその1は松田賢弥氏の書いた野中広務と「小沢一郎と消えた湾岸戦費1兆円」

ナベツネが仕掛けた大連立は大増税の罠

11・24付け週刊現代に「平成のロッキード事件」と小沢騒動の真相という特集記事の二回目です。

両方を牛耳るのは秋山直紀氏

11・24付け週刊現代の記事の続きです。

Madam i\'m adam(金八先生)

駿の女形が美しかった。 なんだかすごみがあった。 この配役は最初からこの踊りを前提にしていたのだろう。

武力で平和は作れません!

12月15日で「新テロ特措法案」=洋上給油・派兵法案は廃案になります。 今の状況の中では「新テロ特措法案」は「新テロ促進法」と言えるのではないでしょうか? 武力で平和は作れません!

それを乗り越えるだけの「技術」や「思想」を!

低気温のエクスタシーbyはなゆーにトラックバック頂いた「日本のブログの限界→リアル社会に影響力を与える力が弱い」という記事の中の以下の記事が目についた。

「希望は戦争」

☆中島岳志的アジア対談:フリーター、「左派」or戦争--赤木智弘さん 

若者が右傾化する理由

赤木智弘氏が気になる。

「反戦と抵抗の祭(フェスタ)2007生きのびる」

「反戦と抵抗の祭(フェスタ)2007  生きのびる」

we have a dream

木曜日の夜はティシュが要る。金八先生の今回のスピーチの白眉は「we have a dreamと答えよう」であり。番組の最後の金八先生の言葉はやはり「we have a dream」だった。

反戦と抵抗の祭りー生き延びる

8時間半に及ぶ長い集会に参加した。しかも間に表参道・原宿をサウンドデモというトラックの荷台で行うロックコンサートと共に行うデモまで入っていた。雨宮処凛さんと赤木智弘さんの話を聞く為に出掛けたがそれ以外にもなかなか刺激を受ける事の多い会だった。

限界集落

今日のサンデープロジェクトで「限界集落」という言葉を知った。高齢者率が高く集落を維持できなくたった集落です。なかなかショックな内容でした。サンプロは司会者の態度は気に入らないが特集がいい。

みんなで生きのびる道を見つけるぞ!

反戦と抵抗の祭〈フェスタ〉」のサウンドデモ

「サラエボの花」(原題「グルバヴィッツァ」)を見た

今日映画「サラエボの花」(原題「グルバヴィッツァ」)を岩波ホールで見た。映画が終わってもエンドロールが終わるまで誰も立ち上がらない。この映画の持つ力と岩波ホールの客の意識の高さを同時に感じた。

「限界集落」2

今日のサンデープロジェクトの特集は先週に続いて「限界集落」 今回は都市の「限界集落」も取り上げられた。

新テロ特措法は新テロ促進法

新テロ特措法は[新テロ促進法]又は「アメリカの報復戦争支援法」「テロとの戦い」や「国際貢献」するものではない。日比谷野音の新テロ特措法に反対する集会に参加した。

私の生きていてもいいのだ(ワーキングプア?)

過去に2回、NHKスペシャルではワーキングプアの問題を取り上げ、大きな反響を呼び、「ワーキングプア」という言葉は急速に社会に広がっていった。今回(12・16)はその3回目で海外の取材を含めその解決策を探る。

一気に通知文を

NHKスペシャルの年金特集を見た。

民主主義~世界10人の監督が描く10の疑問 ▽米国▽ボリビア

BS特集 33か国共同制作 民主主義~世界10人の監督が描く10の疑問 ▽米国▽ボリビアを見た。なかなか世界の報道陣の叡智と勇気を感じる番組だった。

今年見た映画NO1は!

今年見た映画の評価をして見ました。旧作は外しました。今年は新作は11本しか見ていない?BLOGに残った感想文はこれだけしかありませんでした。直感でなく少しでも客観的にするために娯楽性(おもしろいか)、社会性(社会的に意味があるか)、芸術性(芸術的に優れているか

今年のテレビ番組ベスト10

今年の私のテレビ番組に関する記事は下に挙げた42本です。ジャンルも内容も千差万別で少し無理がありますがコメントなどの反応も加味してあえて自分なりのベストテンを作って見ました。

今日(12月29日(「カストロ・人生と革命を語る」というフランスのテレビ局のキャスターがインタビューしたものの再放送がBS1で 5回4時間以上に亘ってあった。このインタビューはほぼ5年前のものだが、カストロは現在病床にある。これだけの長時間のインタビューはもうない

連歌で遊ぶ

連歌というものがあります。 志村建世のブログとそれに影響を与えた杉浦 ひとみの瞳の真似をして私もやってみようと思います。

伊藤真氏VS小林節氏

マガジン9条の伊藤真氏(伊藤塾塾長・法学館憲法研究所所長)と小林節氏の対談が興味深かった。 ほとんど二人のトーンが合っている。 憲法のことを知らない「無知」へ警告している。 護憲派も改憲派も憲法のことをもっと勉強すべきだろう。

大津留公彦のブログ2 的2007年

大晦日の夜に2007年を振り返ります。 (「がきつか」にチャンネルを奪われましたので紅白を見ておりません) 今年のトップニュースは ブログ的には  AbEndついになる 個人的には  転職し家族と暮らすことになる 世の中的には  参院選で自公敗退し野党が過半数と...

元旦の歌

あけましておめでとうございます。 今年も当ブログをよろしくお願いいたします。 元旦の歌を作りました。 今年は短歌でスタートです。

ゲバラのような人間に

(「カストロ・人生と革命を語る」というBS1の番組の第一回目「歴史は私に無罪を宣告するだろう」に続いて2回目を書きます。 この回はカストロの盟友ゲバラのことです。

ファスレーン365の話を聞いた

イギリスの核兵器を無くす運動ファスレーン365の昨年夏の日本チームの英国での活躍の様子を代表である佐賀大学の豊島教授から正月の上京の機会に他の三人と一緒に直接聞く事が出来た。 豊島教授の書いた報告記事は雑誌[世界]の1月号に出ていると聞いていたので事前に読

テレビでユーチューブ?

会社の中も外も昨日今日とこの話題で持ちきりだ。 それは1・8の日経の1面を飾ったこの記事だ。 ユーチューブが見られるテレビ、松下が北米で発売へ

新型インフルエンザの対策を

テレビで新型インフルエンザの特集がある。 明日はドラマで明後日はドキュメンタリーで。

草思社の破綻・読書離れの深刻さ示す

草思社の破綻・読書離れの深刻さ示す という記事が今日の日経の40面にあった。 草思社は新年早々民事再生法の適用を申請した。

インターネット新聞『JanJan』に参加した

大津留は最近インターネット新聞『JanJan』に参加した。 「ファスレーン365」の記事も本日掲載された。

頑張れ!限界集落

国内には約8,000の限界集落があると言われる。 限界集落が消えることは、単に集落がなくなるだけではありません。 農山村の自然破壊、河川下流域での都市景観の変貌、近海漁業の打撃と、その影響は広域におよびます。 これはそのままにしておける問題ではない。

大事なのはプランではなく「思い」(矢祭町)

自治体再生? 続・矢祭物語 ~「善意の図書館」で地域再生~

黙祷を捧げました

今朝5時46分テレビの式典に合わせて黙祷を捧げました。 今から13年前阪神・淡路大震災がありました。

円高をなぜ喜ばないのか?

円高を日本人は「アプリーシエート」しない。 為替高は英語では「アプリーシエート」といい喜ぶべきことなのだが・・

映画「北辰斜にさすところ」を観た。

映画「北辰斜にさすところ」を観た。 今年の私的ベストテンに入ることは間違いない映画です

日本はもと縮んでいくのか?

今日株価は13000円を割り経済の世の中を揺す振っている。 株安と同時に円安が問題となっている。 今日106円になった。

ALWAYS 続・三丁目の夕日

 「always続・三丁目の夕日」を東京の上映最終日に新宿で観た。

「続・夫婦善哉」の未発表原稿

1月27日のETV特集は面白かった。 禁じられた小説~7千枚の原稿が語る言論弾圧~ という番組タイトルだった。

Itpro expo 2008

ビッグサイトで開かれているItpro expo 2008にに行った。 KDDIなどが作ったワイアレスブロードバンド企画のワイマックスの話を聞いた。

岩国と京都に春を!

岩国と京都の国に抗う無党派候補のホームぺージから紹介します。

鬼平こと長谷川平蔵

昨夜のその時歴史は動いたは鬼平犯科帳の鬼平こと長谷川平蔵

若者は「母べえ」を受け入れるか

映画「母べえ」を見た。 終わった後に隣の妻も回りのみんなも泣いていた。 私もウルウルしていた。

京都市長選速報(残念!中村氏は惜敗

京都市長選速報(残念!中村氏は惜敗 まことに残念だが中村氏は惜敗となった。 まこ

「九条」を輸出するー 講演と交流の会

小生の参加するファスレーン365日本実行委員会と非暴力平和隊・日本が共同で講演と交流の会を行います。 テーマは何と【「九条」を輸出する です。

未来から見たい

今夜の金八先生は家路でラジオで聞いた。

九条世界会議に参加して

幕張メッセで5月4-5に開催された九条世界会議に参加しました。 歴史的な会議になった事は間違いないでしょう。

九条世界会議はいかに報道されたか?

資料として九条世界会議はいかに報道されたかを記録します。 検索で得られた記事を紹介します。

「9条世界会議」 ・ 現場からの生中継

「9条世界会議」を学生がe-mobileでネット放送を行った。 経験豊富なジャーナリストの 桂 敬一さんはこう語っている。

非暴力が暴力に勝った

9条世界会議ネタが続きます。 会議の前に撮られた3人の出演者のお話をyoutubeから紹介します。 高遠菜穂子さん・雨宮処凛さん・堤未果さんの3人です。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。