スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめられっ子との私的体験

 福岡県のいじめによる中学生の自殺が大きな反響を呼び、文部科学省も乗りだしました。連日大きく報道されて、山谷補佐官やら「ヤンキー」先生、小渕政務官も聞き取り調査をしたことが朝刊に載っています。

 山谷氏は「学校と教委の連携やパイプの流れ具合が悪い」といい、ヤンキー先生こと義家教育再生会議委員は「教育行政の構造上の問題を考えなければいけない」と語ったとか。これを読んで、不安が頭をよぎります。教育行政の構造上の問題とは何を指すのでしょうか。
 小渕政務官の「さまざまな理由があり、現時点では(因果関係は)明らかでない」という言葉の真意はどこにあるのでしょうか。

 実をいいますと、私はかつていじめに悩んだ女子中学生を2週間弱預かったことがあります。

 彼女は今、元気に女子大生生活を楽しんでいますから、もうそろそろこの話も少しはしてもいいかな、と新聞を読みながら思いました。

 私の大事にしている友人の親戚筋のお子さんでした。繊細で可愛らしい子でしたが、誕生時の小さな事故で神経が1、2本切れたとかいうことで、片足に軽い障害がありましたが、ほとんど分からない程度のものでした。それでも人が自分の足に注意を向けるのを非常に嫌っていました。

 中学生になったとき同じクラスの男子生徒が中心になっていじめを始めたということでしたが、足のことをからかわれたのが発端かな、と推測されるくらいで、詳しい話しは何も聞いておりません。実際、彼女は、いじめの話の1つひとつを他人に聞かせるような精神状態ではありませんでしたし、私も無理矢理聞く必要もないと考えました。

 部屋をひとつ与え、子供たちが使っていたものを自由に使わせ、とにかく2週間、私は彼女のおしゃべりにつきあい、言いたいことを言わせて聴くことに徹しました。あちらこちらにも連れていき、ふたりで遠足気分を味わいながら、自然も楽しみ、遊び回ったものです。

 このとき当然級友たちは学校で勉強をしていたわけですから、夜は夜で、私に見られながらの勉強です。

 結局2週間で、もう帰りなさい、と宣言。

 駅で見送りながら、また来てもいい? という彼女に、勉強しない子は駄目、と言い放った私。

 どういうわけか、私にも今だに謎が解けないのですが、不思議なことに我が家からの帰宅後、彼女は元気になって、決して高い学力レベルの学校ではありませんでしたがとにかく進学先の高校でうまく波に乗れて、現役で大学入学。この知らせを受け取ったときは、私もうれしくて、思わず心の中でバンザイを叫びました。

 私が何をやったか。大したことはしませんでした。じっと耳を傾けて、時にはわがままとも思えるような彼女の行動も放ったらかしでしたし、いじめから心身の不調を来していたため黄色い胃液を吐き、他者や小さな動物まで思い入れ強く接するのを見ては面食らったり、まあいろいろでした。

 結果的に、彼女の負のエネルギーを私が引き受け、かわりに自分の正(生にも通じますね)のエネルギーを与えたことになりました。傷ついた気を私がもらって、私の健康な気を彼女にやったことになります。ですから、今だから正直に言いますと、私の方はかなり疲れ、回復に少々時間もかかりました。

 そして忘れてはならないことは、そんな私の回復には家族を初め、友人たちの力があったこと。

 セラピストでもなく、ましてや医者でもない私が、なぜわざわざそんなことをしたのか、彼女を引き受けようと思い立ったのか。それはただただ、友人の可愛がっていた子の苦境を知って何か縁を感じただけのことでした。

 うちにおいで、ただその言葉だけを信じて、中学生が新幹線に何時間も乗ってやってきたのです。もちろん私の方は仕事ではありませんから、費用の方は滞在費を含めていただきませんでした。そして往復の旅費は、中学生が自分のお年玉を貯めたものから出したようです。

 色々と話しを聞くうち、自分のことを世界で一番惨めな存在であると彼女が受けとめていることに気づきました。あんなに優しい両親も、優秀なおばちゃんも、良くできたおばあちゃんも持っていながら、ただ、自分の不幸を恨むだけでした。

 最後の晩は、いかに彼女が恵まれているか、私が話しをする番になりました。そんな私の話を言葉通りに受けとめて、ぱっと顔を輝かせたときの元気な声が、今でも響いてくるようです。

 後に、中心になっていじめていた男の子と繁華街ですれ違った経験を友人に話したそうです。

 私の方は遠くてもすぐ気がついたの。でも相手は、すれ違うときも気づかなかった……とは彼女の言葉です。そんなものかもしれません。

 このいじめっ子については、「家庭生活が大変だったらしいの。私をいじめて気が済むならそれでもいい、と思ったのよ」と私には言ってました。これに対し、良くないよ、ちっとも良くないよ。いじめられたら怒りなさい、と思わず口走った私。

 だれも聖女になる必要はない。

 初めのうちは、自分がいじめられていることを泣いて否定した子でした。いじめられている惨めな自分を認めたくなかったのかも知れません。そして、そんな心がちょっとした身体症状にも表れて、親御さんや周囲の人を悩ませていたのです。

 あれから何年経ったでしょうか。この春、彼女に会ってきました。今、元気になって、きれいになって、生活を楽しんでいます。
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

教育基本法を改悪するな!衆議院 教育基本法に関する特別委員会 名簿

24日に共謀罪が強行採決という事態はどうにか逃れられましたが、実はコレは教育基本法改定のための布石ではないかという観測も出ております。そんな殺伐とした空気の中、衆議院の「教育基本法に関する特別委員会」の名簿がころがっていました。いや~、なんか「おどれが教育

自由公明党を解体せよ! ー衆議院補欠選挙よりー

テレビに登場しない森田実さん。いや、呼ばれないのか。2005年9月の総選挙での自民党圧勝を、自らのWEBサイト等で「電通の力が大きい」と主張した事が引き金となって、以降テレビにはほとんど登場しなくなったそうである。

教育基本法を変えても、そんなことでいじめはなくならない(その4)

これはお玉の理解であって、多分もっともっと深い意味のある話だとわかっていますが・・言わずにおれないはなし。昨日の予告。「社会ダーウィニズム」。勘違いと反発は必至・・・Runnerさんのご忠告を受けつつ・・それでも書くのがお玉なところでして・・・(^^;..

損得勘定から国家破産を考える

● 統治者の意図的破壊行為や無能の可能性国家破産(債務不履行)の可能性は、それによってどういう損得が発生するかということを軸に考えると見えやすいと思います。ざっくばらんに言えば、国家破産したほうが支配層にとって得であれば、意図的にでも(必要がないのに)債

「好きだ!」と言えばいいのに…

わたくし、高校教員の端くれをしておりまして…昨今の「イジメ」の問題について、思うところは多くあります。その中で…とりあえず一つだけ触れたいと思います。世間の風潮というか…報道の方向とういか…どうも「学

AbEndフォーラム 作ってみました^^

政治・時事関連のブログの数も私がブログをやってから約1年。かなり増えてきたように思う。私もその隅っこの端くれにいるわけだ。 でその記事を書く際に、元ネタは何かというとやはり一番多いのは、普段私が毛嫌いしている

[暴政]Ooh oh!安倍総理好みの「教育統治」で本当にイジメも児童虐待もなくなりますか? 

【画像の解説】 Christina Aguilera ・・・・・1999年秋のデビューながら、もの凄い勢いでスター街道を驀進中のアメリカン・ポップスの歌手。ポルトガルのファドを感じさせる新曲のバラード『HURT』(toxandoriaは、今はまっています!)、初めてのスペイン語版CD『mi re

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

いいお話を読ませて頂いて、私もhappyな気持ちに
させて頂きました。
いじめられている方は、どこかでそのことを恥に思って
しまう子が多くて、教師にも親にも言えず。
かと言って、自分でどうしたらいいかわからずに、
精神的にも弱くなって、自分で自分をがんじがらめに
してしまう子が少なくないように思います。
<私もチョットそうでした。>

でも、きっと、とむ丸さんが、彼女のがんじがらめに
なった心の鎖を解きほぐしたのかな~と思ったりしたです。
<たくさんの生&正の気も、彼女の心を強くしたかも
知れませんね。>

彼女が高校、女子大学に進学して、生活を楽しんでいる
ようで、本当によかったです。(~~)

ハムニダさんのところからTBにやってきました。
いじめている子ども・授業を破壊する子どもってのも
根っこの所でひずみがあるんですよね。
「それをこっちに向けるな、このやろう!」といえるかどうか
が大事なのかもなあ。
このやろう!と大声でいうタイプになってからいじめられなくなってるな。私。

Michael Ende "MOMO"

とむ丸さんはまるでミヒャエル・エンデの『モモ』の主人公のモモのような存在だったのでしょうね。手許にはあいにく岩波の日本語版はなくて,ドイツ語の原書しかないんだけど(岩波版はドイツ語版と装丁が似てます);子育てを一通り終えて自分の時間を持てるようになったとむ丸さんが,その女の子のわがまま話をじっと聴く,それだけで失っていた自信を取り戻せさせた,ということなんじゃないかな。そりゃ,こんなこと,専門のカウンセラーでも,どっと疲れますよ。

でも,彼女が自分をいじめていた男の子たちのことにも思いを寄せた時,彼女自身の中で変化が起こったのでしょうね。モモもそうです。見せかけの「いじめゼロ」の学校の中は実は砂漠と化していて,子供たちは自分自身を見つめる時間も遊びも奪われて勉強を強制される。それを指摘する人々は精神病院に隔離され,時間泥棒によって「表向きの繁栄」ばかりを見せ付けられていた。それを破壊したのがモモなんです。とむ丸さんはただ2週間彼女につきあっただけで,彼女自身が立ち上がるきっかけを作ったのかも知れません。人間,やはり時間に余裕を持たないとね。これを「ゆとり」と言い換えたとたん,もしかすると時間泥棒が忍び込むのかも。

mewさん、(まめ)たぬきさん、こんばんわ。
実はわたしも中1のとき、クラスの男子何人もからいじめられました。卒業した小学校は転校してきて1年ちょっとしか在学しませんでしたし、仲良しは皆中学では別のクラスで、いじめた子たちはみな、もう一つの小学校出身者でした。
気分が悪くて休んでいた保健室から帰ると、机の上にはヌード写真が。ばっかじゃないの、と思って、その写真を置いたと思しき子のところに、きちんと返しに行きました。相手は黙って受け取ったところがおかしいでしょ。
ある日の放課後は、男子が5、6人で私一人を取り囲み、その中の1人は野球のバッドを床に打ちつけて、どん、どん、とこれ見よがしにやってました。怖いもの知らずだったのでしょうね、そんなこと無視して、結局その男の子たちの環を突破。
そうこうするうち、なんとなく治まりました。当時はまだそれほど悪質でなかったのかも知れません。私も元気いっぱいで、ひるみませんでしたし。でもクラスの女の子たちはほとんど知らない子ばかりで、誰も助けてはくれませんでした。
他にも、いつも耳が大きいとからかわれている子もいましたし、担任教師そのものが嫌って、怒りの対象になっていた子もいました。その子については、なぜ先生がそれほど嫌がったのか、当時も今も私には理解不能です。
そうしたいじめが、なぜ自殺者まで出るほどエスカレートしてきたのか、教育行政の構造上の問題とは何を言いたいのか、じっくり見ていき考えたいです。

kaetzchenさん、こんばんわ。
ちょっと上げられすぎで、はずかしい。
>「ゆとり」と言い換えたとたん,もしかすると時間泥棒が忍び込むのかも
という言葉に拍手。

おはようございます

とむ丸さま、おはようございます。

こちらからもTBが送れないようなので、最新の記事を下に貼っておきます。
小樽・札幌の大型フォトギャラリー(音楽付きで、2つのヴァージョン)があります。是非ご笑覧ください。

http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20061026

体験者

私の3人の子供は、いじめにあった悲惨な経験をしました。言葉では言い尽くせません。いま、命があるだけでも神に感謝してます。2人の子は中学3年間、1人は中学1年半行きませんでしたが、高校はそれぞれ違う形で卒業いたしました。この17年に及ぶ苦難の結果は、今幸福という神からのプレゼントを頂きました。上の2人はしっかり社会人としての責務を果たして、結婚もし孫も出来ました。下の子は1週間前から、引きこもりから脱出をし、フリーターとはいえ、労働社会にようやく参加でき、親として涙してます。今朝のTVで(土佐)の若者達の暴れまわる光景を見て、何故このような若者が、今この日本で増えてきているのかを考えると、やはり国政の犠牲者と思えます。私の子供のような人たちも犠牲者です。私は56歳ですが、私の年代は受験地獄とさえいわれた時代ですが、私は、親から勉強を強いられたこともなく、むしろ中学生の頃は、勉強より体を大事にしろとさえいわれるほど、自ら勉強をしました。恥ずかしいことに進学校に入学したのにもかかわらず、高校では居眠ばかり(本当です)。当然ビリからウン番での卒業でした。でも56年生きてますと学問はなくても、知識を得ることはできるものですね。皆さんのようにはいたりませんが。

いじめゼロの世界

個人的感想ですがとむ丸さんのエピソードは虐めの範疇に入らないのではないでしょうか。?
物理的なダメージを与えられてはいない。言葉の暴力は有ったのでしょうか。?
時代にも因りますがエロ写真は男子にとって貴重品です、意味が全く違っていた可能性も有りそうです。
セクハラと同じで程度が問題です。煩わしいとか不愉快とかを感じる程度の場合には本人と相手との認識やコミュニケーションギャップの可能性も考えられます。

忘れたい思い出ですが、子供時代に物理的な嫌がらせを集団で受けた記憶が有ります。持続的にに一定期間続くと流石に鬱陶しい。今なら虐めと表現するのでしょう。
此れは虐めとは違うかもしれませんが、教室で非常に危険な遊びが流行ったことが有りました。
休憩時間に教室で座っている者に頭から制服を被せて、大勢で文字どうり袋叩きにするのです。一時は大いに流行り、危なくておちおち休憩する暇も有りません。
結果、教室中の全員が休憩時間中は壁に背中を付けてお互いを警戒するしまつ、あまりの馬鹿馬鹿しさに気が付いたのか、いつの間にか止めてしまい教室に平和が訪れました。

虐めゼロの恐怖

今のマスコミや文部省のやりかとを見ていて、彼等の考えている虐めゼロの世界を想像してみました。
虐めは少なければ少ないほど良い、此れは間違い有りません、しかし虐めゼロの世界はどうでしょうか。?
同級生達がお互いに対して興味も干渉も無ければ虐めは自動的に無くなります。
殺人や傷害事件に対しても想像してみました。
殺人も傷害事件もゼロになった世界。殺人や傷害事件は少なければ少ないほど其れに越した事はありませんが、しかしゼロになった世界は矢張り恐ろしい世界に違い有りません。

農婦さん、こんにちわ。
3人の子供さんが、全部ですか! きっと、優しい子供さんばかりなんでしょうね。私が世話した子は、この時点ですでに教育委員会の配慮で別の学校に転校していました。でも、転校したからっといってそれまで受けたいじめによる心身への影響が無くなったわけではないんですよね。むしろいじめられた時の思い出に苛まれるような形で自分を痛めつけているような感じでした。ある種の感受性がひどく鋭くなっていて、こちらがとまどうほどの思い入れを見せる。そうした心の傷が癒されるのにはずいぶん他人には言えない苦労を重ねたことだろうと推察いたします。
農婦さんのなにかしらどっかりした力強さは、そんな苦労の末のたまものなのでしょうね。末の子供さん、私も陰ながら応援しております。

布引さん、こんにちわ。
虐めの範疇には入らないか? そうかもしれませんね。でもあれでもっと度を越していたら、私は学校へ行くのがいやだと親を困らせていたでしょうね。
発端はズボンなんです。まだまだ子供時代から抜け出していなかった私は、細くてすらりとした子供の体型そのものでした。で、母がグレーのスラックスをデパートで買ってきてくれたのがうれしくて、学校にもはいていきました。当時は制服がなかったのです。それを男の子たちが「マンボズボンをはいてきた」と騒ぎ始めたわけです。朝、登校すると、パシリの子が「マンボズボンが来たぞ」と言って他の子に報告に行く、とまあ、こんな具合でしたから。
他愛がないと言えばそうなのですが、やはり、とても不快なことに変わりありません。ちなみに、中心になって絡んできた子は「できのいい兄」を持った「できの悪い弟だ」と、後で知りました。

虐めゼロの世界ですか! ふーむ……大人の世界の虐めはさらに陰湿ですから、ちょっと想像ができません。でも布引さんの言わんとするところ、何となく分かります。無機質な極端に人工的な世界でしょうか。

すみません…

先日はご訪問いただきまして、ありがとうございます。こちらには始めてお邪魔させていただきます、Combattler-Vでございます。

TBを送らせていただいたのですが…どうも不慣れなもので、失敗してしまいました。申し訳ありませんが、削除していただけますようよろしくお願いしますm(_ _"m)ペコリ

再度チャレンジしてみます(^^;;

済みません。今思えば、いじめをした子供は、何か満たされずにストレスを抱えていたようにも思えます。結果転校生とか、体の弱い子、弱者にやいばが向けられ、まわりのものは傍観者で、誰も助けず、無視されたということは、大人でもたえがたいことだとおもいます 大河内君の事件の時娘は登校拒否をしてましたが「登校拒否をする勇気をもちさえすれば、大河内君は死なずにすんだのに」と言いながら泣き叫びました。私が教育委員会に抗議しなかったのは、//・・・姑の兄弟が皆教育関係の職業で、訴えることが許されなっかたという経緯もありましたが、CTスキャンを受ける程の暴行、言葉のいじめ、集団でいじめから身を護るのには、登校拒否しか道はありませんでした。でも得たことは、思いっ切り、遊びをさせることが出来、スキー、スケートゲームセンター、ボウリング
。そいう方面では自信をつけることが出来ました。

農婦さん、こんにちわ。
ずいぶんすさまじい虐めを経験されたようで、言葉もありません。自分の身を守るために登校拒否せざるを得なかったわけですね。でも、登校拒否したり転校したりするだけでは子供は癒されません。そんな意味でもお母さんは子供たちに寄り添って、選択した道を親子で肯定できる結果になったのはすごいですね。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。