スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

節度に欠ける自公政府では、日銀の独立性を保つためには人事はことに大切です

7日、“混乱”を招かないために、日銀総裁人事にも衆議院の優越を認めるようにしようと自民党が動いていることがラジオで報じられていました。

 字面だけの、あるいは自分たちの都合だけで憲法や法律を解釈してきた政権と与党に怒りを感じている私にしてみたら、唯一、野党の意思が反映される場面なのに。
 まったく政権維持のためには手段を選ばない自民党・公明党だ! とひとりいきり立ってました。

 今日の朝日の朝刊で、

日銀総裁・副総裁人事で野党に主導権をも異議られるのはまっぴら――。こんな思いから、8日の自民党総務会では「日銀法の改正も視野に入れるべきではないか」という意見も出た。「両議員の同意を得て」と任命するという日銀法の規定を、衆院の決定を優先するよう改めるものだ。 (朝日)
                 
 と言及されています。

「中央銀行の独立性」というものがよく問題になるわけですが、こちらによると、

中央銀行の予算や政策の政府からの独立性が高い国がインフレ率が低く、財政赤字が少ないという実証結果がある。

  

 で、中央銀行の独立性を数値で示す代表的な指数によると、1980-89の80年代において各国の中央銀行の独立性は「1.00満点」でカナダ~「0.45」、フランス~「0.24」、ドイツ~「0.69」、イタリア~「0.25」、英国~「0.27」、米国~「0.48」となっており、日本はG7諸国最低の「0.18」とされていたそうです。


 1996年の日銀法改正後はこの0.18が、ニッセイ基礎研究所高橋智彦氏の計算によると0.37まで改善されたといいます。

 が、いずれにしても日銀の政府からの独立性は大きな問題なのだ、と私は理解してます。


 そして向上は見たものの、高橋氏は日銀法改正後も残された課題としてこの独立性を第1にあげています。


第一の課題に独立性の不完全性が残存しているということがある。中央銀行の独立性をみる上で、政府に対する信用供与は重要な項目である。今回改正で独立 性は全般的には大幅に向上したが、FB(政府短期証券)の引受が認められたことで現行法の問題点である政府に対する信用供与規定の曖昧さが残ったことに なった。政府側の節度が求められよう。これは、後述の短期金融市場の発展の阻害とも絡み問題である。


 また、政府代表委員に議決権はないが、議決延期請求権が認められた。議決延期請求権は類似規定が中央銀行法にあったドイツ連銀でも欧州通貨機構による 「中央銀行の独立性を阻害するため廃止すべき」との勧告を受けた。改正法はこの点世界の流れに逆行し、グローバル・スタンダードからも問題である。

 日銀の予算面も金融調節に支障を生じさせない範囲との限定はあるが、経費などの政府認可が必要という点も独立性上、問題は残ろう。

 

 ここでいわれている“政府側の節度”、これこそが、2000年森内閣以来の自民・公明からなる今の政府にもっとも欠けているものではないでしょうか。


 ですから、日銀総裁人事について、「衆参両院の同意を必要としている今の制度を改めて衆議院の優越を認めるよう法律を改正すべきだ」、つまり「野党に人事権を握られている現状は承知できない」という自民党の考えは自分勝手なものにすぎないのだ、ということです。  


 渡辺氏日銀副総裁案に国民新党を除く野党3党が不同意を決めたことだって、財金分離を主張する野党側が呑まない可能性が高いことは当然予想されたことでしょうに。


「疲れた……。アホと付き合っていられん」という笹川尭衆院議員運営委員長の言葉が伝えられていますが、この“アホ”とは誰のことなのでしょうかね。


 なんでも副総裁に提示された渡辺氏について、その人物を知るために著書の提出を政府に求めたところ、昨日の朝やっと届いたものがすべて英語だったことに笹川氏は呆れてしまったのだとか。


 ああ、政府のことだったとすれば、自民党内でも政府に対する愛想づかしがいよいよ強まってきているのね。
 こうしていよいよ解散風が強まる、ということなら歓迎なんだけれど、まさか内閣だけが総辞職して、そのまま自公は政権に居座って、総裁の首をすげ替え、なんてことないよね?!
 もしあれば、これで3人目だし、
 などと目が離せない政局にハラハラ。


 ところで不同意で問題になった事務次官と財務官の違いって何なのでしょう。

 wikiによれば、

財務省設置法の条文に従えば、「命を受けて、国の財務に関する事務その他の財務省の所掌事務の うち、国際的に処理を要する事項に関する事務を総括整理する。」ものであるが、要するに、財務省国際局の所掌事務を専担する次官級の職位である。財務官の 英語名を直訳すると「国際担当財務事務次官」のようになることからも、そのことがうかがえる。(大蔵省の旧)財務官・財務参事官・(大蔵省の新)財務官・ (財務省の)財務官のいずれも、国際渉外業務を主な任務としている点は同じである。

 
   というものらしい。

 なるほど、  「事務次官がダメで財務官がいいという馬鹿な話しがあるか。財務省の天下りはだめだ」という小沢代表の言葉はそのとおりだ、 と思いながら、さあ、これをメディアは何と伝えるでしょうか。          


 なお、NHK正午のニュースでは参院採決で 賛成票を投じた渡辺秀央氏が、財務官からの就任が天下りにあたるなんてことあるわけない、みたいなことをしゃべって息巻いていました。
 違うんじゃないかなあ、と思いながら 、あらためて 「反小沢」の立場を鮮明にした渡辺秀央氏は、以前から
「現住所・民主党、本籍・自民党」と揶揄されてきたようです。     
                     

 輿石参院議員会長は「
党の規定に従って処分していくことになるだろう」と述べていますから、なんらかの処分が下されるのでしょうが、昨年の国民投票法案の採決の際も党議拘束に造反して賛成にまわり、厳重注意処分を受けていますから、これで2度目ということになります。
 
   
     人気blogランキングへ

 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日は花祭り

          今日は花祭り(潅仏会) 大津市は昨日の雨にも散らされなかった桜が、満開となり美しく咲き乱れている。 花祭りはお釈...

先ほど、自End!TBP「自民党政治」が5000通過しました。4000から30日目でした。

 先ほど、17:23、トラックバックが5000件になりました。  5000番目のトラックバックは、 「17:21:低気温のエクスタシーbyはなゆー/アマゾンブックレビューが「言論封殺システム」を採用している?」 でした。 ※以下トラックバック件数の履歴。 2007年10月3

「踏み絵」の「民主主義」が理解できない。

思い起こせば安倍政権のとき、'''郵政民営化復党問題'''で「復党組」は'''誓約書という「踏み絵」を踏まされた。''' 関連するニュースソース及び「誓約書(復党願)」の内容が見つかりません。申し訳ないで...

08年4月9日 水曜日  民主党が揺れている

08年4月9日 水曜日  民主党が揺れている  今日の番組から日銀副総裁に関わるテロップと文字スーパーを集めてみた。{/arrow_r/}001(こちらをクリック)  そして今ニュースで、本会議で民主党から3人の造反者が出たとアナウンスがあった。  以前から何度も言ってい

名ばかりソ~リVs小沢代表:党首討論(全文掲載+映像ノーカット)

    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ●民主党  2008/04/09 【ネット中継】小沢代表記者会見(党首討論後)  http://asx.pod.tv/dpj/free/2008/20080409ozawa_v300.asx    どの映像でもお好きなのをどうぞ! ● 日 テ レ 2008

福田で選挙できる訳もなく、小泉とかこの男とか確かに用心すべきだが、この写真を見てるとこの男に出番が回ってくるとも思えません。

 この写真を見ていると、どう見ても福田では選挙はできないでしょう。(クリックで拡大) 首相、「過分な期待持たせた」と陳謝 【時事通信社】 参院予算委で答弁を求める福田首相。年金記録漏れ問題で「過分な期待を持たせた」と陳謝した。政府・与党は昨年7月、今年3

山口2区補欠選挙の「公開質問状」に答えない山本氏と「お呼びでない」福田首相。

先日の[http://blogs.yahoo.co.jp/b_z_fun_seiji_3/18340084.html 山口2区補欠選挙の「公開質問状」と、その後の岩国市]でも書きましたが、両候補に対して[http://www.geocities.jp/setouchi_net08/ 瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク(代表世話人 河井弘志)...

電子投票、民主の担当筆頭理事・福山哲郎参院議員事務所に電話し秘書のウスイさんと話して報道の真偽、予定など聞いてみました。

 末尾にご紹介する読売の記事ですが、他の新聞に出ていないので、記事中の福山哲郎参院議員の国会内事務所に電話して聞いてみました。 ※参考:福山哲郎参院議員国会事務所(それ以外の事務所等)〒100-8962東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館614号 電話 03-3508-...

種と牙

 私は都会で戦っている。少なくてもそう思っている。しかし、その敵が目の前にいる訳ではなく、制度や利権や法律であったりする。  毎日のビジネスでの葛藤も含めて、全てのニュースに怒りをおぼえない日はない。  頭脳は冴え渡り、疲れ果て、そして、家路に着く。  

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。