スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調査捕鯨は国策なの? 妨害行動を非難するばかりですが、何か隠してませんか

南極海で調査捕鯨を行っていた日新丸が帰港した15日をはさみ、調査捕鯨に対する妨害行為について、私の知る限りで3種類のニュースがNHKで流されました。

・“調査捕鯨 妨害行為が影響”
・調査捕鯨 危険な妨害やめて
・妨害受けた調査捕鯨船を検証

 の3つです。

 まず帰港前日の14日、農水省の白須事務次官のことば。

調査捕鯨に反対するアメリカの環境保護団体『シー・シェパード』などによる妨害行為を回避する必要があったため、調査日 数が不足した。捕獲の計画を達することができなかったのはまことに遺憾だ。


 
 なんでも、昨年12月~今年3月の調査期間中、ミンククジラ等900頭前後を捕獲する計画だったのが、ミンククジラ551頭と計画の60%程度にとどまった、ということでした。

 15日の帰港直後の会見で日新丸船長のことば。

『シーマンシップ』にのっとって人命を危機に さらすような行為はしてほしくない。

     さらには水産庁成子隆英課長が、計画の60%程度にとどまったことについて語ったことば。

資金面で影響が出れば値上げ もやむをえない。

 
 なんでも
、調査捕鯨の費用が主に調査捕鯨で捕獲した鯨の販売収入で賄われていることから、捕獲した頭数の大幅な減少で今年夏以降に販売す る鯨の肉の値上げが必要になるという考えを示したそうです。 
                                                    

 そして帰港翌日の16日。

 海上保安官19人が、東京・大田区の大井ふ頭に接岸中の「日新丸」に乗り込んで調査。これまでに、投げつけられた瓶を押収。またビデオ映像を分析して瓶を投げつけたメンバーの特定を進めるなど、傷害や威力業務妨害などの疑いで捜査し、今 後、船長や乗組員からも当時の詳しい状況を聞き取ることにしている、ということでした。

 やれやれ、例の実力行使は日本人の反感を呼んで、けっしていい戦術ではないと思うのだけれど。

 でも、農水省側の言い分がどうも不可解。

 調査を行う(財)日本鯨類研究所は、共同船舶(株)から船舶を乗組員つきでチャーターして南半球ミンククジラの調査をする。
 水産庁が支出する鯨類調査資金の半分以上はこの南氷洋のミンククジラの調査に割り当てられる。
 その他の資金は国際捕鯨委員会IWCから委託された南半球および北太平洋での目視調査(←日本鯨類研究所のHPでは「目視採集調査)に、またわずかながらイシイルカ調査に割り当て。

 不条理日記さんによると2006年度のこの額は9億円ということですから、こちらにある1990年度の頃とたいして変わっていませんが、そこには
農林水産省の所管の「海外漁業協力財団」からの無利子融資については言及がありません。

 この無利子融資36億のうち10億が
(財)日本鯨類研究所は返せなかった。
 おまけに、詳しい実態調査をするという名目で捕獲数が増えた(05~06年度で440→850頭)が消費は伸びず、95~05年の10年間で在庫が倍増してしまった(1813→3945トン)。

 
調査捕鯨の資金の流れは06年度でいえば、

海外漁業協力財団は補助金12億をもらい、35億を日本鯨類研究所に無利子融資。 
日本鯨類研究所の収入65億のうち、
 クジラ肉売り上げ 55
 補助金        5億(南氷洋ミンククジラ調査へと思われる)
 調査受託       4億(南半球・北太平洋のIWC/IDCR航海へと思われる)
  その他         2億  

 (億未満は四捨五入)

   ということ。                                                       

 で、調査捕鯨の費用が主に調査捕鯨で捕獲した鯨の販売収入で賄われている、という水産庁課長氏の言葉とこの数値が食い違います。つまり、海外漁業協力財団からの無利子融資35億円分のことが、水産庁課長氏の発言には考慮されていません。
 課長氏が知らないわけありませんから、故意に隠していると考えて差し支えないのではないでしょうか。
 
 さらには、値上げもやむおえない、といっても、100グラム1000円前後という今でも破格の高値のクジラ肉の消費がこれからどれだけ伸びるのか疑問。

 おまけに水銀、PCB等の有害物質蓄積の問題があります。鯨類研究所では汚染度の高いものは販売を見送っていると述べられていますが。

 これほど不利な条件が揃っていながら、また捕獲せずとも調査は可能だと批判されながら、
無利子融資のことを隠してでも、なぜ捕獲を強行するのか、さっぱり分からないのです。

 
 暫定税率の失効のことで小池百合子氏が「(京都)
議定書の『出発の日』にガソリン値下げという逆の流れとなり、このままでは日本は世界に支離滅裂なメッセージを出してしまう」と、いかにも世界に笑われるぞ、と言いたげな発言をしましたが、これは日本政府の姿勢でしたね。

 一方捕鯨問題に関しては、世界の批判なにするものぞ、のごとく突っ走る。

 どうもそのあたりは一貫性がないのですが、何かを隠している、という点では両者の間にズレはなさそうです。
 
 政府は国民への説明を怠っていませんか。
 怠っているばかりか、シーシェパードを非難することで、世論を別な方向に誘導しようとしていませんか。

     
      
   人気blogランキングへ 
  


 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新情報⇒民主・中村てつじ参院議員「合意にいたった電子投票法案が、自民党の内部で否定されるという何とも理解しがたい状況」

 Like a rolling bean (new) 出来事録さん経由で知りました。 関連投稿「自Endと同時併行、民主党にも「喝~~~ッ」と気合いを入れるTBP「民主党政治」をスタートさせました。」 TBP民主党政治「電子投票法合意、民主の担当筆頭理事・福山哲郎参院議員事務所に電...

[トンデモ]こんなのニュースじゃないよ

J-CASTニュース : 「日本人に銛打っても許される」 豪州反捕鯨番組の異常さ オーストラリアへの反感をあおるような書き方がいやらしい。捕鯨に反対する国は日本を非白人だと蔑視してるから、というストーリーにどっぷりハマって、どーすんの。 ちなみに、かの有名なシーシ

「山本繁太郎」とは一体どういう人物なのか?

 特に 山口県内の人 に読んで欲しい.衆議院補選山口2区の自民党新人に「山本繁太郎」という人物が立候補した.さて,この人物の名前,どっかで見たことがないだろうか.とりあえず,朝日新聞の記事の引用から行ってみよう.自民・民主の一騎打ちに 衆院山口2区補選(...

国民年金過払い還付・議員立法を「運用」で踏み潰す厚労省

'''「法案を出さないと運用でできることさえやらないのか」(山井和則衆院議員)''' この怒りはよくわかる。今まで'''制度がないとして返還を拒否していた'''ものを急に'''過払い分を全額...

さあ!さあ!いよいよ9条の出番!~名古屋高裁判決

 憲法9条違反の違憲判決が出ました(名古屋高裁)  裁判所は,  「イラク特措法が合憲であったとしても、活動地域を非戦闘地域に限定...

総力特集『後期高齢者医療制度』:天下の大悪法を導入したコイズミの片棒を担いだ<原 徳壽>と言う男!

    皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ●カナダde日本語 様。  2008.04.16 (Wed) 4・15ショックが広がっている:         後期高齢者医療制度(長寿医療制度)の廃止を! --------------------------------------- ●国会傍聴記by下

山口補選・・・立候補者のしてきたお仕事って?

どうなる?山口補選・・・。野党ガンバレ!!!     庶民の暮らしが少しでも楽になるように・・・ という思いを込めて書いています。...

「空自イラク派遣は憲法9条に違反」 名古屋高裁判断

[http://www.asahi.com/national/update/0417/NGY200804170005.html 「空自イラク派遣は憲法9条に違反」 名古屋高裁判断] {{{ 自衛隊イラク派遣の差し止めや派遣の違憲確認などを求めて全国の市民3千人以上が提訴した集団訴訟の控訴審判決が17日に名古屋高裁であっ...

08年4月17日 木曜日  年金から保険料を天引き

 08年4月17日 木曜日  年金から保険料を天引き  後期高齢者と重度身障者の年金から保険料を天引きする。       先日も書いたが、家内も重度身体障害者だが、銀行口座の手続きの用紙を入れてあったが未だに詳細な保険料や説明はきていない。       と

貨幣経済への疑義――争うための経済

私は貨幣というものに対して疑義を抱く人間である。この疑義をいつごろから持つようになったのか? 漠然とした疑いはずっと以前から持って...

チベット動乱問題の過去と現代(メモ)

「お玉おばさんでもわかる政治のお話」のチベット問題の記事『チベットのこと』のコメント欄で、『反米嫌日戦線「狼」(腹破裂)』のブログ主催者の「死ぬのはやつらだ」 さんの、 他所では滅多に見られない、興味ある書き込みを発見。余りに面白いので、切り抜いて保存

鯨保護はベトナム戦争のオレンジ作戦隠蔽工作

商業捕鯨の禁止は、ベトナム戦争の枯葉作戦と因果関係があったことを知っているものは、今や少なくなった。 『ベトナム戦争における枯れ葉作戦とは、』 現在のイラク戦争と同じような、長引く勝ち目のないベトナム侵略戦争のゲリラ戦に疲弊したアメリカ軍は、対空兵

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。