スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい訳にも色々ありますね、福田さん

「私は任期ぎりぎりまで解散するつもりはなかったが、政局によっては、追い込まれて解散になる可能性はある。ならば先手を打って、こちらに余裕がある状態で、勝てる態勢を作るべきだ。民主党が変わらないのであれば、自民党が先に変わって主導権を握るべきなんだよ」


 首相の狙い通り、総裁選は5人以上が立候補する異例の展開になった。多彩な候補者の競演で、民主党はかすみがち。勢いづく与党内では臨時国会での「冒頭解散論」が強まってきた。

 攻勢に立つ民主党、守勢の与党。首相の突然の辞任は、確かにその構図を逆転させた。              


 という具合に、今日の朝日は第1~2面に、1日のフクダ首相退陣表明ドキュメント

 

 なるほど、首相の辞任表明は、国民のためよりもなによりも、自民党政権維持のためだということがよくわかりました。


 それにしても、今、なぜこんな当事者しか知らない話しをわざわざメディアに流したのでしょうか? それも朝日に。

                                                                                    

 ここに登場する人物は、フクダ首相当人以外は麻生太郎自民党幹事長、町村官房長官の3人ですが、3人のうち誰が公表するにしても他の2人の了解は必要でしょうから、当然3人とも承知の上でそれなりの意図をもってこの話しをメディアに伝えたのでしょうし。

 

 問題の記事の見出しは、

 首相「先手打ち、自民党が主導権握る」

  麻生氏を前に「民主対抗論」

 首相「小沢とはもうやれない」

  関係悪化、辞任の背景

 「党が変わる勢い殺してしまう」

  「予算成立後」の勧め拒否

 「禅譲説 麻生さんが迷惑」

  出馬には期待感

  となっています。


 内容は、2年続けての政権投げだしに対する批判への弁明ともとれるような表現が続きます。


 なぜ、この時期か? という疑問に対しては、

・限られた時間の中であったが、しっかりした経済対策ができあがった(と読めます) → 「よいタイミングだ」

・太田農水相等の問題で臨時国会を乗り切るめどが立たなかった(と読めます) → 「今なら国民にも迷惑をかけずに交代できる」

 等のいい訳が続き、とどのつまりが「無責任と言われるかもしれないが、いま辞めるのが、最も責任のある辞め方だ。今を失えば、機会を失う」


 と応えてます。


 結局、自民党の都合で首相の座に就き、自民党の都合でその座を降りる、としか読めないのですが。


 今が辞任のベスト・チャンスという判断は、まあ、福田康夫氏のプライドとか美学の問題がからんでいるのかもしれません。就任当初からゲンダイネットあたりでは、いつプッツンして辞めてもおかしくない的なこと言われていた人ですから。


 またこの詳細なやりとりだって脚色可能なわけで、けっしてプッツンで辞めたのではありません、といいたいのかもしれません。

 いずれにしてもごくろうなことです。


「党として反省・謝罪がない」(神戸新聞9月6日

「どの顔で官邸にいるのだろう」(中日新聞9月7日

「無責任もほどほどにしていただきたい」(秋田魁新報9月5日

「小泉純一郎元首相は言っている。「にぎやかな総裁選を」。劇場型政治の主役らしい発言だが、政治混乱への反省がない。「にぎやかに」やればマスコミも国民もついてくるとの確信が感じられ、不快だ……」(熊本日日新聞9月4日)

「二人の首相が根なし草だったのは、選挙で信任を得るという「根拠」を得なかったことが大きい」(北海道新聞9月3日

「本の表紙だけ変えても中身が変わらないのではだめだ」(東京新聞9月3日

「「私は自分自身を客観的に見ることができるんです!」と気色ばむ首相。自らの貧乏くじも見通していたということだろうか」(中国新聞9月2日

「任期中の実績とやらを並べ立てたときは、聴きながら目が点になった人もいるだろう」(西日本新聞9月2日)

 

 等と厳しく批判する空気を読んだ末の、懸命のいい訳かもしれません。


 でも、当初の目論見通り、自民党はドンチャン騒ぎで、総裁選は総選挙の前の格好の売り出しチャンスになってます。

(一太氏は5年後を見据えているのかな? それとも、何度目かの正直を狙っているのかな? この方の軽く突飛な行動は理解不能です)。

 

      人気blogランキングへ

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自民党議員の醜態出演

今日のサンデープロジェクトに出演していた面々には、驚きを覚えた。 総裁選候補として出演しているのにもかかわらず、総理大臣になったら何をやるのか、が全く用意されてなく、総花的な見解に終始していたからだ。総裁候補として名乗りを上げる以上、この国の現状をど...

国民不在の自民総裁選・・・めくらまし大作戦!

華々しい総裁選祭り・・ のために辞任したのかもしれない。 福田首相で印象に残ったことばは・・・ 「あなたとは違うんです!」 ・・...

<衆院選>11月9日投票有力に 早期解散、自民内の大勢

民主党は今何をしているのだろう。やっぱりこの党では駄目なのだろうか。 <衆院選>11月9日投票有力に 早期解散、自民内の大勢 9月8日2時33分配信

総裁選の行方

9月に入って暑い日が続く。 福田総理辞任によって、自民党総裁選挙が行われるということで、 新聞テレビはあれ以来毎日、誰が出るとか出な...

08年9月8日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年9月8日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・わがまま勝手な先進国{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・カビと先生とパラリンピック{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログで...

ジ~ンと来るなぁ「おじいちゃん、おばあちゃん。お身体の具合はどうですか。薬代、がまんしてませんか。ごはん、抜いてませんか。」

 生き抜く力さんの、「第46回 小沢総理、新しい政権の基本政策案を公表!!」の末尾に紹介されている画像です。 (クリックすると拡大します) 小沢代表メッセージ  民主党のHPでも画像。でも何で画像なんだろうね、。これだと、どんなに良いメッセージでも検索エン

フクダ辞任:小沢代表挙立候補者記者会見(ノーカットで!)+盛り下がる「総裁選」、TBSでは自民党支持率やや下がたんだって。ふふふン~♪

  当  ブ  ロ  グ  へ  の     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう!   「あ・そ~」、曰く、・・・・・   『私と小沢さん、   どちらが首相にふさわしいか選択選挙でーーーーーーーっつ!』      キ   ャ   ハ  

『あなたの暮らし、あなたの思い。すべて、僕にぶつけてください。国民の生活が第一。』では、民主党の方針に反対することも含めてぶつけさせていただきます。

民主党の現代表、小沢一郎氏が無投票で3選になりました。小沢氏は立候補の届け出と同時に次の新政権の基本政策案を発表しました。 ●民...

メディアと自民党 “仲良く”ボウリング(「しんぶん赤旗」日刊紙2008年8月25日2面)

 自分の勤務する会社(事業所)の名前にはあまり文句を言わないのに、なぜ「共産党」

-

管理人の承認後に表示されます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。