スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恥と日本文化と死刑執行

ははははは、と笑ってしまいました。

 オーストラリアでの出来事。

 州政府の閣僚がパーティで裸踊りをして、結局、辞任に追い込まれたという話しです。
 BBCの見出しは「‘ブリーフパンツ’大臣 失職」。

 件の閣僚は州警察相でしたが、3か月前の事件当時は州住宅相。 
 当初は本人も強く否定していたそうですが、ことの報告を何人からも受けた州首相は、「無視できず」に辞職を勧告。
 当人も否定しきれずにとうとう辞職。
 記者に囲まれ、人間だから過ちを犯すこともある、と述べながら、穴があったら入りたい状態だったようです。

 なぜそこまで問題になったかというと、場所が場所。
 パーティは州議会の自分のオフィスで開かれたもので、そのパーティもいってみれば「ランチキパーティー」をうかがわせ、緑のカウチの上でテクノミュージックにあわせて踊ったときのいでたちはビキニスタイル("very brief" とありますから)、しかもオフィスの女性スタッフもいっしょに踊ったのだとか。

 そりゃあ、問題になりますよね。

 こうして元弁護士で大学講師のこの方は議員になって9年。大臣職を棒に振ったということですが、政治家としての将来がどうなるかは、まだはっきりしないそうです。

 まあ、このニュースなど、羽目を外しすぎて世の人々が目を剥いた、という単純な話しです。

 さて、国内のニュースで驚いたのが、「法治国家の秩序を守る責任者として粛々と職務を遂行する」と述べて3人の死刑執行を発表した保岡法相。

 この方は内閣改造後の8月2日の初閣議後の記者会見で終身刑の創設にからみ、「日本は恥の文化を基礎として、 潔く死をもって償うことを多くの国民が支持している」と述べていましたから、やるだろうな、とは思ってました。森内閣時代にも法相として執行書に署名してますし。

 それでも、じきに任が解かれることが分かっていて、なぜ、今? と、とまどいを禁じ得ません。
 自分がいる間に少しでも執行しておこう、ということなのでしょうか。

 だいたい、統一協会の合同結婚式に代理として妻を出席させたこの方のにこやかな微笑みが、私には気持ち悪くて仕方ありません。 
 
 日本は恥の文化を基礎として、 潔く死をもって償うことを多くの国民が支持している、という主張も分かったようで判らない論理です。

 保岡氏同様、2度の死刑執行を命じた森山真弓氏も同じようなことをいってました。曰く、

「わが国では大きな過ちを犯した人がたいへん申し訳ないという強い謝罪の気持ちを表す時に、死んでおわびをするという表現をよく使うのですが、この慣用句 にはわが国独特の罪悪に対する感覚が現われているのではないかと思われます。国民の死刑制度に対する受け止め方も、ヨーロッパとはかなり違うところがある のではないでしょうか」。

 死刑は日本の文化だ、といわんばかりの森山氏の口調には、異論を拒否して死刑を“粛々と”行うことへの並々ならぬ意思を感じ、背筋の寒さを覚えます。

 死刑は、日本の文化ではない、と思う。

 遠く平安朝に遡れば、810年の藤原仲成の処刑以来、350年近くにわたって朝廷が死刑執行しなかった、という事実があります。死刑判決があれば減刑し、死刑は廃止されていたも同然だったといわれます。
 
 また平重盛は父清盛に死罪を思いとどまらせようと、「死罪を行えば海内(かいだい)に謀反の輩(ともがら)たえず」と訴えたことが平家物語に記されているのだとか。

 そして真宗大谷派を信仰する、第3次小泉内閣の杉浦法相が、「(死刑執行命令書に)サインしません」「私の心の問題。宗教観というか哲学の問題だ」と述べたのは記憶に新しいところ。

 死刑は日本文化だ、と断じてそれ以上の議論を拒むのは、どうみてもおかしいと思います。




         人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「マル激トーク・オン・ディマンド、5金スペシャル(2008年08月30日)、映画とイラク戦争と大統領選挙」なかなかいいですよ。

 最初のNEWS(52分)では伊勢崎賢治さんのペシャワール会についての話を聞けます。また角谷浩一さんの民主党離党騒ぎの話などが参考になります。  次の、PART2(90分)ではゲストは町山智浩さんと武田徹さん。  最後のPART3(48分)では町山智浩さんです。  対談はご

狙われている日本の農家

日本を守るのに右も左もないさんの農林中金の金は着々と国際金融資本の手に落ちようとしているの記事の中にで、 さらには、農家のお金(農林...

1973年9月11日(火曜)チリの9・11

2001年9月11日、噴煙をあげながら崩れ落ちるWTCビルの映像を見て、多くのチリ人たちが、それを28年前のモネーダ宮殿の姿に重ね合わせたと言う。 1973年9月11日は、アメリカCIAに支援されたピノチェト将軍率いる軍事クーデターで選挙で選ばれたアジェンデ左

08年9月12日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年9月12日 金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞の見出しと世論調査{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・汚染米・テレビの番組から{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・パラリンピック6 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属し

自民党祭りは、崩壊祭り!

本格論戦スタート、景気・財政で5候補が訴え 自民党総裁選に立候補した麻生太郎幹事長(麻生派)、小池百合子・元防衛相(町村派)、与謝野馨経済財政相(無派閥)、石原伸晃・元政調会長(山崎派)、石破茂・前防衛相(津島派)の5氏は11日、立会演説会と街頭演...

楽しくなけりゃ、ブログじゃない。(笑)何年か前からTVはほとんど見なくてこの歌もネットやってなけりゃ知らなかったかもネ。

 TVってのは時間泥棒だと思っていて、最近はほとんど見てない。TV中毒から解放されたければブログをやることですネ。えっ、ブログ中毒じゃないのって?それはあるかもね。(笑)でも、それはいいの。TVは受け身で洗脳されるだけ、ブログは自分で調べたり、読むに値...

911アメリカ同時多発テロ事件におもう

今日は、911・・・。 しかし・・・ 外にいても、ほとんどが誰もその話はしていない。 みんな忘れちゃってる・・・。 もう、だいぶ経っ...

自民総裁選告示・・・慎重姿勢の麻生、悠々自適の与謝野、小池は小泉頼りか?

最新の記事一覧・・・9月分はコチラ 8月分は、コチラ  10日、自民党の総裁選の告示が行なわれ、下記の5人が正式に出馬 した。<excite コチラ> 石原伸晃 (51・山崎派・衆6回、東京・元政調会長) 小池百合子(56・町村派・参1回、衆5回、東京

9月11日、3人の死刑を執行~日本政府にとって「9・11」は他人事なのだろう……。

保岡興治法相は9月11日、3人の死刑を執行したと発表しました。死刑執行は6月17日の幼女連続誘拐殺人事件の宮崎勤元死刑囚ら3人以来...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。