スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一兵卒にとって、戦争なんていいことなんか何もない

これも朝日の投書。
 17歳の高校生が、留学先の米国で仲良くなった友人のことを案じていました。

 アフリカ系アメリカ人のその友だちは、成績優秀だったが、家の経済状態を考えて軍隊に入ると決めたのだとか。

 話しに聞いていたとおり、任務が終われば大学に行く費用は軍が出してくれるよ、と誘われたようです。

 それについて、こんな話しをその高校生は書いています。

私が通っていたメリーランド州の公立高校では、卒業が近づくと軍服姿のリクルーターたちがカフェテリアにまで入り、笑顔で入隊の勧誘をする。最前線の兵士を確保するのに必死なのだ。決まったブース内でしか動けない一般企業のリクルーターより優遇されていると感じた。

 

 漠然と知っていたことが、こうして具体的な形で伝えられると、あらためてアメリカ社会の苛酷さに衝撃を受けます。

 教育現場そのものが、軍のリクルーターを優遇しているわけですね。

 日本人留学生にいろいろと親切にしてくれた心優しい青年が軍隊に入り、どんな経験を重ねて良き兵士としてイラクやアフガニスタンに赴くか、その将来のことを考えずにはいられません。

 ベトナム戦争当時、貧しさゆえに海兵隊に志願しベトナムに従軍したアレン・ネルソンさんは、帰還後ホームレス生活を経て精神科医の治療を受け、自己と格闘し、15年の歳月をかけてPTSDを克服しました。
 
「人を殺すたびに、心の中の、何か大切なものが死んでいくのを感じました」と語るネルソンさんは、帰還したとき母親に、「お前は私の息子じゃない!」と言われたそうです。

 人を殺すたびに心の中の大切なものが死んでいく。そうやって心が壊されていく。
 一兵卒にとって、戦争なんていいことなんか何もない。

「戦場で殺し合いをするのは、貧しい庶民同士です」とも、ネルソンさんは言います。

 それはギリシアの昔からそうだったようです。おそらく、ギリシアよりももっと前から。

 ホメロスの『イリアス』には、故小田実さんによると、怒って人間に罰を下すアポロンの矢は、大王や英雄には当たらず、犠牲になったのはいつもただの兵士だったとか。
『イリアス』を私は中学生頃読んだままで、次のような詩はとんと忘れてしまっていたのですが。

  「彼(神官)が祈り、話したのをポイボス・アポロンが聞き、オリユムポスの頂から心底怒って降りて きた。……からだの動きにしたがって、夜のように彼は動き軍船の列から離れて陣取って、列のまっただなかに矢を射放った。……矢が襲ったのは騾馬ども、次 いで足速い犬ども、さらには兵士ども、彼らを狙って、切っ先鋭い矢は飛んだ。あと屍を焼く火は絶え間なく分厚く層をなして燃え上がる」

 アポロン神の怒りの矢は、まずラバを狙い、次に犬、そして兵士たちに向かったわけです。怒りの元となったギリシア方総大将アガメヌノーンには向かわなかったわけです。

 あんまりにも、悲しいではないですか。


    
  人気blogランキングへ
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

08年9月15日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年9月15日 月曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・身勝手なのは何処の国{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・二つの謝罪文{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・パラリンピック9{/arrow_r/} (ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グル...

ボリス・ヴィアンと沢田研二 (不定期連載『異議申し立てのための文化的インフラ』)

「異議申し立てのための文化的インフラ」シリーズとして、フランスの「作家」ボリス・ヴィアンについて書こうと思いたち、「ボリス・ヴィ...

戦争の悲惨さ

昨夜9時からのNHK総合テレビで NHKスペシャル「戦場 心の傷(1)兵士はどう戦わされてきたか」という番組で イラク帰還兵に広がる...

ママたちへ 「お子さんを残して戦争に行けますか? 」

「ママはイラクへ行った・・・」 なんと悲しい響きでしょうか・・・。     いつも、ご訪問&応援をありがとうございます! ↓ 党...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。