スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融危機とエリートたちの欲とおごり+竹中氏の自己PRはいただけない

今日の朝日。
「米は倫理観を取り戻せ」というタイトルで、米国初の金融危機にドーハ銀行CEOのひとことが。

 危機の原因と本質をどう見ているか問われて、

みんなが失敗した。規制監督当局もだ。欲望に基づくビジネスモデルの失敗だ。これまでの金融の常識を越えて、倫理的な金融のあり方を考えなければならない

レバレッジを何回も使って、表面上は資産に基づいているかのように見せても。実際には資産の裏付けのない巨額の証券化商品を流通させるようなやり方に、米国の金融は陥った。そういうやり方をやめることだ。収入の範囲で生活する、という基本に返ることが必要なのだ……

 最後に再発防止策について問われると、

倫理的金融の慣行を作ることと並んで、誰かが警笛を鳴らす仕組みを作らねばならない。こうなることはみんなが薄々分かっていたのに、勇気を出して笛を吹く機関やリーダーがいなかった……
 
 私が「素朴な疑問」や「放蕩を尽くす暴力親分に資金援助とは! それはないでしょ、アソウさん」でど素人の私が感じたことはそうそう的はずれではなかったんだ、とちょっとほっとしながらも、高学歴、高収入、それも度はずれ、桁外れの高収入の専門家たちがはまった心理の罠を考えると、意外にもごくごく簡単なことが根っこにあるようで、驚きます。

“金融工学”などというこちらがちんぷんかんになるようなテクニック遣いの“エリート”たちが、至極当たり前の人たちだったのだ、と改めて思います。

 ロイターのこちらのページには、苦悶の表情を浮かべるトレーダーたちの姿が。

「住宅価格は値上がりし続けるという根強い『土地神話』」が米国にあったらしいのですが、この神話に誰も彼もが縛られ、住宅価格は値上がりし続けてほしい、という希望から身動きできなくなってしまったのかもしれません。

 で、竹中平蔵氏が相変わらずダイヤモンドオンラインで吠えてます。

 7頁もめくらないといけないのか、と少々うんざりしながら読んでみますと、何のことはない、金融のことはとにかく難しいから、日本に必要なのはポールソン長官のような人材だ、としか語ってません。もう、そのことだけ。

 なんだか、自分こそその人材だ、とでも言ってるようで、なんとも後味悪い記事です。

 かつて元郵政民営化担当大臣時代、テレビで、日本郵政は米国の金融機関に出資せよ、といったご自分の見識の無さを少しは反省したのでしょうか。



      人気blogランキングへ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カネ】は3番目

10月14日、朝。ネットでニュースを見る。13日の欧州各国の株式相場は、前週末の終値から大幅に値を上げて取引が始まり、上昇基調で取...

ノーベル経済学賞と現在の金融危機

『日本人4人、ノーベル賞受賞』 日本人はこれで16人が受賞、内訳は物理学賞7人、化学賞4人、生理学・医学賞2人、文学賞2人、平和賞1人、経済学賞0人。 日本人は湯川博士の例にも見られるようにノーベル賞には特に思い入れが有るが、其の選考過程には胡散臭い部

08年10月14日 火曜日  新聞休刊日

08年10月14日 火曜日  新聞休刊日 今日は一般紙の休刊日なので、テレビ番組のテロップ集。 各国が強調介入したのが効いたのか、        グラフも         庶民には直接被害およばず間接的にじわじわと、真綿で首を絞められ様に生活に響いてくるのだろう...

日銀が短期金融市場に供給した金額

日銀、短期金融市場に1兆円を即日供給 19営業日連続  日銀は14日、短期金融市場に即日で1兆円を供給する公開市場操作(オペ)を実施した。...

[民主主義の危機]民主党も“ウオール街ポンジー・ビジネス教”の狂信徒か?

[副題][日本の民主主義を退行させた“小泉劇場&民放TV(マスゴミ)”の妖しい関係の罪の重さ、http://d.hatena.ne.jp/toxandoria/20081008の<反照> 【画像1】“ウオール街ポンジー・ビジネス教”の空気を吹き飛ばすララの歌声! Great Version of - Caruso by Lara Fabi

屈辱を受け続ける日本

「蚊帳の外」に置かれた日本 テロ国家指定解除 米政府が北朝鮮のテロ支援国家指定の解除について日本側に伝えてきたのは、発表の直前だった。「蚊帳の外」に置かれた日本は、米国への信頼が揺らぐ事態に衝撃を受けている。  「ブッシュ大統領が麻生首相に直接電話...

ネットウヨを斬る!PART6

テロ支援国家指定解除-ネットウヨの利敵行為    アメリカが北朝鮮のテロ支援国家指定を解除した。反日外交官ヒル次官補の思いどおりのシナリオだ。アメリカの世論と国務省の多くは、中国の謀略、宣伝に知らず知らずのうちに洗脳されている。先日もニューヨーク...

「麻生は最短記録宇野内閣より短くなりたくないからじゃ」の雑談日記予想が当たりそうな気配で余りにも情けなくなり脱力。(笑)

 昨日のエントリーで、麻生が解散しないのは、最短記録更新、つまり「女性問題・リクルート事件・消費税導入」の宇野内閣より短くなりたくないからじゃ、。 要するにそう言うことなんじゃないだろうか。中身なし、格好だけのカッコマン麻生を見ていてそう思いました。  ...

大恐慌を読み解く

今回の大恐慌は、単なる株価の値下がりとは大きく違う。通常、株が下がると上がるはずの債権や商品先物まで下がっているのだ。最悪のケースではアメリカという国が債務不履行になる危険性が否定できない。厄介なことに、麻生内閣に対応力はない。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。