スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民営化病の結果が見えてきて見直し気運を高める風が吹いてきているけれど

まるで熱病にかかったように、民間にできることは民間で! の合い言葉を口々に唱えて投票場に人がなだれ込んでからもう3年。
 あの時、郵便局の民営化がいいのかどうか、わから~ん、と年寄りは困り顔で知り合い同士互いに訴えてましたが、コイズミ純一郎氏に同調したもの同士、互いを求め、民営化賛成の意思を確認するかようにしゃべり合っていた光景は、私の周囲ではどちらかというと若い人に見られました。

 だって、民間にできることは民間に、ってみんな言ってますよ、とか私も言われましたっけ。
 右を向いても左を向いても、新聞読んでもテレビを見てもラジオを聴いても、ミンエー化一色。
 民営化病は、まるでゲリラ豪雨でした。

 私はどうして民営化に反対だったのか、というと、民営化そのものについては正直言ってよく分かりませんでした。でも、コイズミ純一郎という政治家がどうしても好きになれなかった。信用する気にならなかった、といっていい。

 米百俵の逸話を話すあたりも、なんだかスタイル先行で、“巧言令色少なし仁”の輩のように映りましたし、年金未納問題にいたって、“人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ”のせりふには、なにおかいわんや、でした。

 ついでに年金未納問題についていえば、中川昭一現財務大臣が、実に21年間も年金を納めていなかったのには呆れましたね。
 はなから納める気がない。
 年取って記憶力が少々低下しましたが、21年間未納の“21”という数字はしっかり頭にインプットされました。

 民主党の菅氏が四国行きまで追いつめられるのに、いろいろ発言のコイズミ純一郎や21年未納最長記録の中川氏が見のがされているのはなぜ? とわけ分からなかったですね。
 
 まったく、うまく逃れる術を心得ている人たちです。

 あれから、新自由主義の風が吹きすさび、人々のあえぎ声が聞こえてくるのが皆の目にも分かってきて、おまけに金融危機の襲来もあって、明らかに新聞の論調も紙面作りも違ってきましたね。

 昨日17日の朝日。

「資本主義は本質的に不安定」と岩井克人氏の寄稿文の中に、

近年はいわば、新古典派の考える理想郷を作る壮大な実験がグローバルな規模で行われていたと考えていい。実験の正否を問うテストは、90年代後半のアジア通貨危機あたりからあり、ほころびは見えていたが、今回の危機で実験は破綻した

 という一節も。

 今日の朝日は、元大蔵相財務官で、プラザ合意、ルーブル合意をふくむ通貨外交を担ったという行天豊夫氏が「欲望と倫理 バランス不可欠」という見出しで寄稿しています。

冷戦に勝利したあと、ある種のおごりというか、市場が万能だとする新自由主義に基づく『ワシントン・コンセンサス」に覆われてしまった

 という一文が見えます。

 民営化から民営化見直し。
 この転換点はどの当たりにあるのでしょうか。

 かつて、ヨーロッパはナチズムに、アジアは日本の軍国主義と国体護持運動に覆われたましたが、その時もこれと似たようなものだったのでしょうか。

 つまり、民営化に浮かれて社会の潮流がそこにあると考える人の声が圧倒的に大きく、民営化に反対を唱える人を白眼視していたのが、ある潮目を境に見直しが世の中の主流になる、ということですが。

 もちろん当時の言論統制は現代とは比べものにならないくらいでしょうから、ナチズムや軍国主義・国体護持運動の規模と程度もとても比較にならないかもしれませんが、それでも新自由主義の旗を振り、国民への情宣活動に大いに力になったものが、反省もなく今度は見直しの旗を振る。これには、ちょっととまどいを覚えます。

 で、民営化推進の張本人竹中氏は、とうとう政治から違う方面に興味の対象を移したのでしょうか。

1の努力で10の成果。日本一の学習法、初公開。何を勉強したらいいのか?座標軸に書いてみると、面白いほど今の自分がわかる」というハウツーものの本を出したようです。

 ご自分の今の立場、おもしろいほどわかっているのでしょうか?


   
   人気blogランキングへ       
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

08年10月18日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年10月18日 土曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・余り気味の介護保険とテレビの切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・今日も暗い朝日の見出し{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特

義務教育を忘れた教師たち

このblogを読んでいる教師にはこんなことはないと思うが、義務教育のなんたるかを知らない教師たちがいるようだ。 特別支援教育対象児童が校内で最近トラブルが増えてきた。昨年度は少人数クラスをうまく利用し落ち着いていたのに、問題が大きくなったのは今年だ。 しか...

天命の革まる時?

今日の世に倦む日々UBSの危機とスイスの破綻 - 資本主義の歴史と象徴が崩れる を読んだ時、もう1週間が経とうとしているのだけれどど、先週...

国税の『聖域』 巨大宗教法人 【中編】 ~落合博実『徴税権力 国税庁の研究』より~

 この本の引用シリーズを始めた翌日だったかに、民主党の石井一さんが、公明党の政教一致ぶりについて質問されたそうで、この記事も思わぬ...

社会保険庁は不正天国

年金改ざん:レセプト抜き隠ぺい 無資格者に医療費 厚生年金をさかのぼって脱退させる不正な「遡及(そきゅう)脱退」を隠すため、各地の社会保険事務所が無資格者となった被保険者の診療報酬を政府管掌健康保険から肩代わりした上、不正が発覚しないように該当する診...

08年10月18日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年10月18日 日曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・医師会物語{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・時事放談のテロップ{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループの...

ナンミョーの創価まみれの自民より、創価にもの言える、ただそれだけでも民主党を支持する価値があると雑談日記は思います。

 今日のお勧めエントリーは、ぬぬぬ?いろいろあるけど...明日晴れるといいねさんの「カルト宗教擁護」も 「サラ金擁護」も 「朝鮮パチンコ擁護」も 「ハゲタカ外資擁護」も この際「一掃」やりませんか?マルチ擁護と一緒に。 @起爆のタイミングを誤ったしょぼい

農薬に最も影響されている野菜って?

野菜の性質というのは、だいたいどこの国でも同じだと思う。 でも、野菜の洗い方などは各国で違うところもあるようですね。 ただ、私たちが...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。