スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統合幕僚学校の「歴史観・国家観」の教育内容見直しに注目

 (エール大学教授) ポール・ケネディは、オバマにルーズベ ルトのように行動することを勧めているのです。  私は、日本においてルーズベルトよりも早く「ニューディール」を実行し、ケインズよりも早く「修正資本主義」の理論をつくりあげた高橋是清(2.26事 件で暗殺された当時の大蔵大臣)という政治家がいたことを、全政治家に思い起こしてほしいと思っています。「麻生よ、小沢よ、高橋是清に学べ」といいたい と思います。

 と、
25日の「森田実の言わねばならぬ」で、高橋是清の話しが出てきました。思わず膝を打ってしまった私です。

 そう、森田さんが「ルーズベルトよりも早く『ニューディール』を実行し、ケインズよりも早く『修正資本主義』の理論を作り上げた」と言われる高橋是清蔵相が殺されたのが2月26日の早朝でした。

 手元にある『二・二六事件と郷土兵』から蔵相邸襲撃に参加した兵士の手記を読むと、朝の4時頃突然非常呼集がかかり、明治神宮の参拝に行くと偽りの目的を告げられて、それと知らずに襲撃に出発したようです。

 呼集時、中隊長から命じられるままに取りに行ったズッシリ重い雑嚢の中に実弾が入っていることを
知った手記の作者は、その時のことを次のように述べています。

「実弾を持って神宮参拝とは奇妙な話しだが、命令とあれば別に不思議ではない」

 蔵相邸に向かう途中の5時前、初めて本当の出動目的を告げられたそうです。何と告げられたか、本人の文章をそのまま引用します。

「高橋蔵相は奸賊であるのでこれらを倒し、昭和維新を断行するのだという。私は大変なことになったと思ったが命令があれば従うまでと心に決め、他の兵隊たちも別段動揺は示さなかった」

 そしてこの襲撃は「アッという間に目的を達したとのことである」

 この、アッという間の出来事で、後悔してもしきれない人材を日本は失ったわけです。

 中隊長に、
奸賊を倒して昭和維新を断行する、と言われれば何の疑いも持たずにその命に従うのが軍隊とはいえ、かえすがえすも残念でした。

 高橋是清を「
奸賊」と断言した中隊長は中橋中尉と言って、上記の手記によると、

「何か冷たい感じで変わったところがあったように見受けられた。考え方が右翼的で、将校団の中でも異質の存在だったらしい。以前頭の切換えをさせようと満州に派遣したそうだが、帰隊してみると相変わらずの考え方のため、将校団にとけこめなかったという話しをきいたことがある」

 というような人物だったようです。

 が、7月に処刑された後には、

「私たちはやり場のない悲しみで一ぱいだった。彼の憂国の至情はどうし将校に優るとも劣らぬ強固な持ち主であったはずで、決行の日まで部下に告げなかった胸のうちはさぞ苦しかったことであろう」

 と言われています。そして処刑後間もなくこの中尉の幽霊騒ぎまで起こったとか。

 憂国の情が人一倍熱かったとしても、
国と民の将来を憂えた真面目で誠実な人柄だったとしても、奸賊」と判断し「昭和維新」を断行すべきだ、と考えたことが正しいとは言えません。
 いったいどんな理由でそう思い込んだのでしょうか。

 こんな歴史を考えると、田母神元航空幕僚長が押し進めた、憲法からも政府見解からも逸脱した自衛隊の幹部教育はやはりずいぶん危険です。

 で、
自衛隊トップの斎藤隆・統合幕僚長が20日の定例会見で、田母神俊雄・前航空幕僚長が統合幕僚学校長時代に新設した講座「歴史観・国家観」について見直すことを表明したらしいのですが。

「「全体のバランスからみてやや隔たりがあるという印象を受けるかもしれないが許容される範囲を逸脱したとはいい切れない」

 とか、

「今回の件をふまえ、よりバランスの取れた教育内容になるよう見直しを検討したい」

 とか、なんとも煮え切らない見直し表明です。

 政権は、もっとしっかりして。


    人気blogランキングへ  
 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米国の「4代目ポチ」、麻生首相(資料)

『CIA極秘ファイルの破壊力』 霍見芳浩 大統領選間近ということもあるだろうが、米国では「麻生政権誕生」は無視されている。 どうせ短期政権だろうという予測と、「ブッシュのポチ」四代目という見立てだ。   米国民の関心から日本が消えて久しい。11月4日の大統領

08年11月26日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年11月26日  水曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・テレビのテロップ編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで、それぞれ特徴のあるブログです。 老人...

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。