スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“やれば立派にできる”という言い合いっこ

28日のアソウVS小沢の党首討論。

“あんちょこ”用の紙を握ってどうにか終えた首相について、

「アソウ節がなくて物足りないという向きもあるかもしれないが、麻生さんもやれば立派にできる。これからもしっかり運転して頂く」

 と官房長官が記者会見で述べたのだとか。
 また公明党の幹事長は、「ほっとしました」と。

 ほっとされて、“やれば立派にできる” と言われたのは、お遊戯会でも学芸会でもない、100年に1度の難局にあるという私たちの国の総理大臣。

 なんだか、情けなくて、恥ずかしくて、泣きたい気持になります。

 何でこんなことになってるの? 

 国民的人気などというキャッチフレーズをぶち上げて欺いたようなもので、その影響は私たちの国の現在と未来に、国のあり方そのものに及ぶのですから、振り込み詐欺よりはるかに悪質ではないですか。
 
 IMFへの10兆円融資話も総額2兆円の定額給付金と同じで、金融危機に機能しなかったIMFへの批判、不要論が各国から噴出してますから、笑われているかもしれませんね。

「IMF体制を変えて各国が自国の内需拡大をすべき」というオバマ次期大統領(駑)への嫌がらせ」ともとられることも考えられそうとは上杉隆さんの分析ですが。
 
 もともと、ただ手に入れることだけが目的だった首相の座。
 就きさえすればいい、後は霞ヶ関を頼りにすればどうにかなる、とでも思っていたのかしら。それとも、自分はできる、立派にできる、おじいちゃんみたいになれる、と本気で思っていたのかしら。

 解散権は首相にある、他にはない、みたいな解説がされています。

 そうだとすれば、国民からの信頼もなく、国政を預かる力もない首相がいたずらに居座り続けることができるのは制度的な欠陥なのかしら? 
 
 う~ん、こんな居座り方は制度ができたときには想定外だったのかな?

 
     人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【新報道2001】吉田茂の孫としての自覚があるなら出処進退を明らかにせよ【アホウ太郎】

 週明けの12月1日から臨時国会の延長戦がスタートする訳だが、 野党に転落することだけを恐れるアホウ首相とシロアリ政党ジミンの首脳部 どもは、細田幹事長や管選対副委員長が語ったようにあくまで 2次補正予算と解散総選挙を先送りにする方針 であるようだ。  だが、

支持母体のバイバイ化?

自民の有力支持母体の一つ 日本医師会の 二つ目の離反が判明した。 茨城の離反に始まり 今度は保守の強い 新潟で地殻変動が起きたという。 ******「新潟日報」***********医師連、自民以外も推薦容認へ  各郡市医師会が次期衆院選の県内小選挙区で自民以外の政党

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。