スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領でなかったらいい人なんでしょうが

任期終了をひかえてブッシュ大統領は、ホワイトハウスが公開したインタビューの中で、

「5000万人を解放し、和平実現に尽くしたとして知られる大統領となりたい」

「何よりも先んじて、政治的勝利を得るために信条と魂を売らなかったとして名を残したい。わたしは一連の価値観を掲げて大統領に就任したが、同じ価値観を持って大統領の任期を終了する」

「国民に対して、隣人に手助けをするよう働きかけてきた。アフリカ大陸でのエイズ問題とマラリアへの取り組みを行った。高齢者が医療と処方薬を得やすくした」

 などと語ったらしい。

 解放された5000万人の中には、イラクやアフガニスタンの人々も含まれているようです。

 悪い冗談だろう、と私たちは思ってしまいますが、なんだか、ブッシュ・ジュニアは本当にそう信じているような気がします。

 隣のおじさんだったら、気のいい人ね、で終わっていたのでしょうが、たまたま‘超大国’アメリカの大統領だったことが、世界にとってもアメリカにとっても、不幸でした。
 もちろん、本人にとっても……「和平実現に尽くした」とは世界はまず考えないでしょうから……むしろその反対でしょうから。

 いや、たまたま大統領だったわけではないですね。
 多くの選挙民を名簿から外すなどした不正の結果大統領に当選したわけですから。まあ、そのことは、もう、アメリカどころか世界中に知れ渡ってしまったでしょう。

「アフリカ大陸でのエイズ問題」についても、ちょっとからくりがあるようです。

「2002年7月、『ニューヨーク・タイムズ』はジョージ・W・ブッシュがアフリカを救ったという記事を載せた」

 と、『金で買えるアメリカ民主主義』でグレッグ・パラストが書いています。
 なんでも、エイズ治療薬をアフリカとカリブの国々が買えるように、ブッシュ・ジュニアのアメリカが5億ドルを提供するとか。

 で、パラストによると、数千万人のアフリカのエイズ患者に安く薬を届けようと考えたアルゼンチンを脅して同国の「人命救助計画」を頓挫させたのが、アメリカ通商代表部が2000年6月に出した文書で、この時はまだクリントン政権下でした。
 特許権者の許可なく特許薬品を輸入しようとしたマンデラの南アフリカにエイズ治療薬が供給されることを阻止するために、アルゼンチンに圧力をかけたのだとか。

 後に製薬会社はエイズ治療薬をアフリカに定価の1/4で提供することに同意しますが、この価格はアルゼンチン製の薬と競合できる値段。
 それでも十分利益は出て、さらに欧米人は、それにきっと日本人も、その4倍もの定価で買わされていることになります。

 おまけにエイズ治療薬の特許を握るのは巨大製薬会社ですが、抗エイズ薬を合成したのもHIVウィルスを発見したのも、さらにそのウィルスに先に作られた抗エイズ薬が効く実験をしたのも、その製薬会社ではなかったそうです。
 製薬会社は特許を申請しただけで、実際に抗エイズ薬として効果があることを見つけたのも、アメリカの国立衛生研究所だったという話し。
(ちなみに、そこで生きたHIVウィルス相手の危険な実験に立ち向かったのは日本人の研究者でした)。

 こうした巨大製薬会社のために働くのがアメリカの通商代表部というところ(ついでにWTOも)で、政権を握るのが民主党から共和党に変わっても、それは変わらなかったとか。

 まあ、そんなこんなで、人道的な措置という理由だけでアフリカのエイズ問題にブッシュ・ジュニア~アメリカが立ち向かったわけではないでしょう。
 クリントン時代に製薬会社の利益が確保され、ブッシュ時代にそれを買うための資金を提供した、ということ。

 これって、エイズ治療薬の開発にアメリカ人の税金がわんさと使われ、さらにアフリカへ5億ドル提供するために税金が使われ、その結果もうかるのは巨大製薬会社という私企業だけ、という構図になるということ?

 でも、こんな構図、日本でもしょっちゅう見つかりそうですね。
 国民の財産が私企業に移転した、ということになるのかしら。

 そういえば、最近、「西川・日本郵政 国民の財産を勝手に切り売り」などというニュースがありましたね。


    人気blogランキングへ  
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

08年12月3日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次

08年12月3日  火曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・政治編{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・新聞の切り抜き{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・アメリカとは{/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 下のURLは私の所属している護憲+グループのブログで...

黙っていてはいけない!大声で糾弾しようよ!

揺れる・ぶれる・ばらまくは自民の特許?首相の支持母体の派閥が微少のためafoを支えるのができない。選挙用に選んだ代表が選挙をしないから離反しお友達内閣ゆえバラバラに好き勝手に発言。あげく閣僚が”?”の連発のため一般議員までが言い放題!ばらまき交付金だけで

-

管理人の承認後に表示されます

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

なかのひと
twitter
    follow me on Twitter
    カレンダー

    tokura_203-52.gif

    最近の記事
    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最近のトラックバック

    smilelink_203-52.gif

    月別アーカイブ
    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    プロフィール

    とむ丸

    Author:とむ丸

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。